2009-04-23 21:10:51

スーパー耐久

テーマ:レース


ほぼ週刊チョロQ通信-ST


 今年のスーパー耐久はどうやら1Dayらしいという噂が富士のブリーフィングルームで囁かれていたのは、先日のフォーミュラニッポン第1戦の時のこと。スーパー耐久のウェブサイト を見ると、確かに第1戦のもてぎと第2戦の菅生、それに第6戦の岡山、第7戦の仙台ハイランドは『1Day開催大会』となっている。しかし第3戦の鈴鹿と第5戦の富士は注釈なし。この二戦は今まで通り2Dayでやるのだろうか?


 スーパー耐久。

 四駆が走る唯一のBigイベント。

 バラエティに富んだ車種の豊富さではスーパーGTにも負けない。全日本戦になっていないせいなのか、今ひとつ人気が出ないのだが、私はすごく面白いイベントだと思う。最近はBMWが強すぎてちょっと興ざめだけどね。

 

 さて、今週になって大変なニュースが飛び込んできました。昨年まで15回続いた十勝24時間レースが、今年は中止とになるというのだ。

 昨年、サーキットを所有する会社の破綻が表面化し心配されてはいたのだが、やはり現実のものとなってしまった。

 このレースには富士のオフィシャルも毎年数多く参加しており、私もいつかは行ってみたいと思っていただけに本当に残念です。

 早く環境が整って、伝統あるレースを再開されることを心から祈ります。


※画像はスーパー耐久のオフィシャルサイトより



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-22 21:32:22

2009 富士チャンピオンレース 第1戦

テーマ:レース

ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR11


  2009年4月18日、富士スピードウェイ西ゲート、午前6時45分。

 早起きのオフィシャルさんたちが続々と集まってきます。



ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR12


 その横ではゲートオープンを今か今かと待ちわびるエントラントの皆さん。





ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR13

 関係者用のゲート前に陣取るトランスポーター。中身はFJ1600でした。





ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR14

 今回はある意味において自動車のプロ、レース・オフィシャルの皆さんの愛車を紹介しましょう。


 まずはMさんのMRS。

 このスポーツカーから渋い中年が降りてくるところなんざあ、絵になりまっせ。






ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR15


 続いてついこの間までバリバリのインプレッサに乗っていたNさんのアクセラ。

 「普通の車」に乗り換えたって言っていましたが、大根の輪切りみたいなぶっといマフラーを付けたマツダスピード・アクセラです。



ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR16


 A氏のトゥデイ。

 こういう古い車を大事に乗っている人は、無条件に尊敬します。

 帰りは国立府中までずっと一緒でした。





ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR17


 私とはセクションの違うオフィシャルさんのコルト・ラリーアート・バージョン。

 ナンバーからすると、かなり遠方から来られているようです。






ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR18


 Oさんのアルファ。

 オートサロンではお世話になりました。ここのところご一緒する機会がありませんが、またよろしくお願いします。





ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR19


 そして私めの愛車。後のではなくて、前のワゴンです。

 この車も11年目を迎えました。






ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR110


 さて・・・、K君のハイエース。

 東名では何故か前を走る車がスッとよけてくれるそうです。





ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR111

 この車のホイール。タイヤがピレリゼロでなくて一安心。




ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR112


 受付開始時間が近づき、オフィシャルさんたちが窓口の前に並び始めます。

 この日は受付時間が遅かったため、早起きのオフィシャルさんがこの後に50人ぐらい並びました。




ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR113


 さて、明けて12日。朝5時に起きて宿から須走口の登山道の入り口まで走りました。

 この日は一日中富士山がきれいに見えました。





ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR114


 須走の護国神社の桜。

 だいぶ散っていますが、まだまだ楽しめました。東京はもちろん、麓の山北でもすっかり散ってしまっていますが。



ほぼ週刊チョロQ通信-09FCR115


 それもそのはず、旅館のロビーではまだガスストーブが焚かれています。

 このあたり(須走)は標高約800メートル。高尾山より高いんですね。

 年に一回の4時間耐久レース、楽しかったです。

 結果は富士スピードウェイのホームページ でご覧下さい。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-13 23:04:03

ポルシェRSスパイダー NAVI Team Goh

テーマ:

ほぼ週刊チョロQ通信-RS


 チーム郷といえば、あのマセラッティ、どこに行っちゃったんでしょうね。

 ぜひとも本ちゃんのレースで走っているところを見てみたかったのに、残念でなりません。


 このマシン、カラーリングを見ると、数年前のアウディを思い出さずにいられません。ドライバーも荒だしね。

 メンテナンスはやはり秦野中井あたりの、あのドイツ車スペシャリストのガレージでしょうか?


 日本のマスコミは、今からきっちり取材しておいた方が良い様な気がするなあ。


※画像はオートスポーツウェブより


 

ブログランキングは 270位くらいです。クリックに感謝!クリック!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-04-05 22:15:06

2009 Formula Nippon 第1戦 富士

テーマ:レース

ほぼ週刊チョロQ通信-matsuda!

           +ZOOM

 北朝鮮が『人工衛星』を打ち上げ、マレーシアでジェンソン・バトンが二連勝をした頃、遠くはなれた日本の富士山の麓では2009年のフォーミュラ・ニッポン第1戦が行われたとさ。


 結果はゼッケン2、インパルのブノア・トレルイエが優勝。2位はDOCOMOの伊沢、3位はaheadインパルの平手。

 平手はポールポジションも獲得。若手の活躍の目立ったレースになりました。


 上の画像は1コーナーでの松田とロッテラーの接触。ロッテラーはペナルティーとなりましたが、松田はエンジンがかからず、リタイヤとなってしまいました。

 その他にリタイヤはやはり1コーナで曲がらずにまっすぐ突っ込んでしまった、リチャード・ライアン。救急車で運ばれたので心配しましたが、レース後にピットの裏で楽しそうに話していましたので大丈夫でしょう。重症だと思っていたので、思わずしげしげと顔を見てしまいました。


 サポートレースのF3、FCJ、CIVICレースともにデッドヒートが繰り広げられた良いレースでした。特にF3は、「ここでがんばれば、来年はFポンだ!」とばかりに、もしかしたらFポンよりも内容が濃かったのではないかと思わせるほどでした。

 上位がトムスばっかりというのが、気になると言えば気になるのだが。


※画像はAUTO SPORTS WEBより




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-03 18:56:55

2009年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第1戦 富士スピードウェイ

テーマ:レース

ほぼ週刊チョロQ通信-FN09

           +ZOOM   

             ※フォーミュラニッポン オフィシャルサイトより


 明日(4月4日)からフォーミュラ・ニッポン第1戦参加のために富士スピードウェイに行ってきます。


 私にとっても、富士スピードウェイにとっても、今年初めての公式戦、しかもいきなり全日本戦。まあ、毎年のことなのですがね (^O^)


 今年はマシンをスイフト製のFN09に一新し、更にエンジンもTOYOTA、HONDA共に新型。速さは先日の富士モータースポーツドリームで実感済みです。


 今年のFポンはデカイし、速いし、迫力あるぞー!



ブログランキングは 200位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-02 22:50:27

BROWN GP in AUSTRALIA FINAL

テーマ:F1

ほぼ週刊チョロQ通信-BROWN GP!

           +ZOOM


 えー・・・・・・、勝っちゃいましたね、壊れることもなく。


 HONDAは一年半前からこのマシンの開発を始めていたそうで、多分2008年は捨てて2009年からの新レギュレーションに賭けていたのだろう。


 HONDAの開発の方向性は間違っていないことは証明された・・・どころか、最高のレベルにあった訳だが、泣いているだろうなあHONDAの関係者は、多分彼らにはこの結果は判っていたのだろう。これでHONDAのエンジンを積んでいたらどれだけ速かったでしょうね。


 前半戦はこのまま勢いに乗ってかなり良いところにいくでしょう。

 ヨーロッパラウンドからは他のチームも開発が進んでくるでしょうが、最後ぎりぎりで逃げ切れるかな?ポイントは、好成績に呼応してどれだけスポンサーが集まるか、だと思います。


 ブラウンGPにとって本当の意味で真価が問われるのは来年。

 今年はHONDAの残した遺産で喰っていけますが、自前でミッション、ギアBOXを開発しなくてはならない来年が本当の意味で実力が問われる時です。


 それにしても、これだけのパッケージを作成しながら撤退しなければならなかったとは、自動車メーカー本田技研工業の危機感はかなり強かったのでしょう。


 ビッグスリーとやらの経営者達に爪の垢でも飲ませてやりたいね。



※画像はヤフーニュースより



ブログランキングは 200位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。