2007-10-28 00:21:53

ちびっこチョロQ トラックコレクション

テーマ:ちびっこチョロQ

とら1

           +ZOOM

 ある日、携帯に着電、

 セブンイレブン某店のオーナー(以下セ):「セブンイレブンですけど、チョロQが入荷しました」

 私(以下サ):「え?三丁目の夕日ですか?(確か11月のはずだけど)」

 セ:「いや、あれは11月。その前に注文してましたよね。」

 サ:「え?それ、僕じゃなくて、他の人じゃないですか?」(そのセブンイレブンでは私のほかに数人のコレクターが注文をしているのを知っている。)

 セ:「まあ、とにかく一度見てください。」


 と言う訳で、会社帰りに寄ってみると、果たして注文していないこのトラックコレクションが二箱。

 サ:「これ、私はお願いしてないですよ、多分他の人だと思いますが」

 オーナーが不在で、娘さんと思われる女性が、

娘:「そうですか、違いますか・・・」

サ:「ええ、・・・・・頂いてもいいですけど、もし他の人の注文だったら申し訳ないから、一日待ちましょう。それで誰も注文していなかったら、買いますよ。」


 と、その日はそのまま帰り、翌日電話すると、果たして他の人の注文品だった。

 オーナーはしきりに恐縮していたが、何箱仕入れたのかと聞くと、三箱だと言うので、「これもご縁ですから」と、店頭用に仕入れていた残りの一箱を買ってしまったのだ。

 「ご縁」というのは、コレクターが自分を正当化する便利な言葉です。



とら2

           +ZOOM

 今回のコレクションで一番欲しかったのが、この二台。

 箱買いしなければ、この二台だけを狙い撃ちしようかと思っていました。



とら3

           +ZOOM

 サーキットでは、時には田舎臭くも感じるダンロップの黄色ですが、こうして見ると映えますね。屋根のロゴがカッコイイです。

 ところで今回のコレクションは一箱(大箱)9個入りで、通常品が8種+シークレット1種で一箱でコンプリート出来る親切な内容になっています。

 今までのちびっこチョロQは一箱12個入りで、通常品12種+シークレット1種なので、最低でも二箱買わないとコンプリート出来ないのですが、通常品11種+シークレットで一箱でコンプリートできるようになったら、コレクターも嬉しいし、タカラトミーの品格も上がるのになあと思っていたら、今度の『スカイラインGTRヒストリー』は通常品11種+シークレット1種の全12種。

 まだはっきりは分からないが、おそらく一箱でコンプリートできる可能性が高いと思います。


とら4

           +ZOOM

 今回のトラックの車種は全て日野のプロフィア。敬意を込めて日野バージョンもラインナップ。

 それにしても大きい(笑)。ほとんど普通のチョロQと同じ大きさです。

 セブンイレブン・バージョンは、今までヴィッツの営業車、スタンダードサイズのトラックが出ていて、今回が三つ目。次はどんな”手”が来るのか楽しみです。


 さて、スルーしようかなと思いましたが、一応触れておきます。

 今回のシークレットはこの画像の一番左のリカちゃんトラック。

 旧タカラの看板商品リカちゃんとのコラボレーションはいいと思います。関係者の思いが伝わる企画です。しかし、せっかくのシークレットがシール仕上げというのがいただけません。手抜きは、言うなればプロの買い手(笑)である、世間で言うところのコレクターが一番嫌うところです。
 今回、無理にシークレットを作る必要はなかったのではないか?という気がします。

とら5

           +ZOOM

 タンクローリーはいらないなあ、と思っていたのですが、こうして写真を撮ってみると迫力があって、意外と良いです。

 出来れば鏡面仕上げのタンクローリーを作って欲しかった。

 皆さんも経験あるでしょ?鏡面仕上げのタンク車の後で自分の車を映して遊んだこと。これがシークレットってどう?



 ところで、来週末富士スピードウェイでスーパーGTの最終戦がありますが、富士での開催の時は特別規則で燃料は全車エネオスのヴィーゴを使うことになっています。GTの時はメカニックがドラム缶を台車に乗せて、車検場裏のガソリンスタンドまで買いに行っています。

 しかも特殊な配合のレース用ではなく、普通のハイオク。聞けば日本のハイオクガソリンは非常に高品質なので、F1のエンジンでも適合するそうです。



ちびっこチョロQのホームページ

日野自動車のホームページ

エネオスのホームページ


ブログランキングは270位くらいです。クリックに感謝!クリック!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-10-20 16:35:59

無印良品

テーマ:チョロQ

muji1

           +ZOOM

 金曜日夕方、有楽町の無印良品に行ったら二階のエスカレータを上がってすぐのところにチョロQが売っていた。

 バスとタクシーとトラックの三種類。

 チョロQ学園の行事日程 では11月15日発売となっているのだが、どうやら一足早く、10月18日に先行販売されたようです。

muji2

           +ZOOM

 箱はこんな感じ。

muji3

           +ZOOM

 カメラの色彩調整があまり良くなくて恐縮です。

 実際の色は生成り色と言いますか、薄いグレーです。

muji4

           +ZOOM

 型はスタンダードの都バスと同じものだと思います。

muji5

           +ZOOM

 タクシー。
 これもお馴染みの金型。


muji6

           +ZOOM

 成型色かと思うくらい、塗装の仕上げはキレイです。

muji7

           +ZOOM

トラック。

これも、随分バリエーションのある型ですね。

muji8

           +ZOOM



 ところで、おもしろいことに気付きました。

muji9

           +ZOOM
 ボディー裏の刻印ですが、”タカラトミー”ではなく”カラトミー”となっています。

 印刷のかすれかなと思ったのですが、他のもみんな”ク”。どうやらミスプリントのようです(笑)。


無印良品のホームページ


ブログランキングは400位くらいです。クリックに感謝!クリック!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-10-16 18:06:20

チャンピオン第五戦の昼食

テーマ:レース

つぼぐち

 昼は”つぼぐち”。この日は朝もつぼぐちだったが、どうも体調が悪く、写真を撮り忘れるどころか、半分ほど残してしまった。


 この昼飯も、きっと美味しかったんだろうが、体調不良で今一つ楽しめず。

 天婦羅が野菜の精進揚げだったのですが、これだけがかろうじて美味いなあと感じました。

 作った人に悪いぐらい、味覚が鈍感な一日でした。



ブログランキングは290位くらいです。クリックに感謝!クリック!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-10-15 20:24:34

兵どもの夢の跡・・・・

テーマ:風景

stand

 30年ぶりの富士スピードウェイでのF1が終ってから二週間。サーキットにはまだ殆どの仮設スタンドが残されている。


 もちろん戦いの主役はF1を操ったドライバーたちだが、今回のレースは、あらゆる意味で観客もまた戦いを行った兵(つわもの)。

 レースを戦い、雨と戦い、そして・・・・・。

 来年は私も戦います。


ブログランキングは290位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-10-14 21:54:39

富士チャンピオンレース 第五戦

テーマ:レース

全景

           +ZOOM

 仕事の都合でF1に行けなかったので、富士スピードウェイは一ヵ月半ぶり。

 富士に行く時は、これまでは国道246や東名高速やその周辺の一般道を使っていたのだが、この夏に明神峠を越えて山中湖に出、道志村を通って国立に出るルートを教えてもらい、ここのところ帰路はこのルートを使っている。
 今日は往路もこのルートを使い、明神峠で朝のサーキットを撮影した。

 

 この写真は全景、左側にモビリタ、稜線に隠れてストレートは見えませんが、コカコーラコーナー、100Rの入口、300Rの入口、右側に木の先端にかぶってテクニカルセクションが見えます。



ピット

           +ZOOM

 ピットビルを中心に、Aパドックの一部、レストラン折鶴、グランドスタンドの屋根の一部、300Rの入口部分が見えます。



コカコーラ

           +ZOOM

 コカコーラコーナーと100R。

 左側はサーキット内の外周道路とモビリタのバンクのあたり。


テクニカルセクション

           +ZOOM

 ダンロップコーナーから最終コーナーまでのテクニカルセクション。

 真中の黒っぽい長方形はネッツコーナーの仮設スタンドです。

 
 肝心のレースの方ですが、誰が呼んだのか私の担当エリアでは、クラッシュ、コースアウトが相次ぎ、この日一番忙しいポストとなってしまいました。

 レース進行中に路面の清掃を行うという、非常に難しい作業のオマケも付いてきました。

 私はフラッグの担当だったので、路面には出ませんでしたが、フラッグを振りながらの監視、非常に緊張しました。


 誰が呼んだんでしょうねえ?ねえMさん・・・・。


富士チャンピオンレース第五戦の結果



ブログランキングは290位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-10-07 18:38:22

スズキ SX-4 コンセプト

テーマ:モドQ

SX41

           +ZOOM

 ラリー・ジャパン・シリーズの最後はスズキのSX-4。

 スズキが満を持してWRCに送り出す最新兵器である。

SX42

           +ZOOM

 それにしても、この車は何?

 ランエボの記事で書いたが、塗装を剥がしたら何の車か多分わからない(笑)。


sx41

           +ZOOM

sx42

           +ZOOM

 今年の2月にチョロQはスタンダードシリーズでこのSX-4を出している。

 これがその画像だが、一番上の写真と比較して欲しい。全く同じ車と思えないほど、形が違う。

jisha

           +ZOOM

 今年のモータースポーツジャパンで展示されたSX4WRC。

 チョロQの方は屋根にルーフバーを付けたノーマルタイプですが、この画像を見ればどっちに軍配が上がるか一目瞭然。

 ちなみにアイザックさんがこのWRCモドQに触発されてブログでカスタマイズの様子を書いています 。その記事に塗装を落としたチョロQが載っていますので、一度ご覧下さい。

 塗装に頼らなくても、ちょろQのデザイン・金型成型がいかにすばらしいかと言う事が良く判ります。


ブログランキングは130位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-10-06 18:29:21

ランサーエボリューションIX

テーマ:モドQ

runcer1

           +ZOOM

 まあ、元々オヤジグルマがベースなので、カッコイイクルマとは言えないかも知れないが、この造りはひどいよね。もう少し実車を良く観察して欲しかった。

 ボンネットの段差のキレのなさは何だろう。このシリーズの共通の特徴はノーズ部分の傾斜のなさ、サイドの丸みのなさだが、このクルマは特にひどいと思う。

 ペイントを剥がしたら何の車か多分判らない。

runcer2

           +ZOOM

 特にこのリア部分。広く特徴的な形状のトランク部分は良く表現できているが、このリアウインドー、Cピラーのラインはないだろう。

 インプレッサとの違いを出そうとしたのかも知れないが、あまりに実車とイメージがかけ離れてしまっている。単純な曲線一本で表現されたこの部分は、あまりにひどくて思わず声を出して笑ってしまった。

 企画した人がよっぽど車に疎いか、車好きの目を甘くみた結果だろう。


ブログランキングは130位くらいです。クリックに感謝!クリック!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-10-05 18:09:06

スバル インプレッサ

テーマ:モドQ

imp1

           +ZOOM

 今回のラリーカーシリーズ、ラリージャパンの公認を取って、というよりタイアップの企画のようだ。シャシーにラリージャパンの刻印がある。

 我々日本人にとってWRCと言えばスバル。

 このマシンはPWRC(プロダクションクラス)の新井選手のマシン。

imp2

           +ZOOM

 はい、ここら辺からモドQのモドQらしさと言うか、馬脚を現しましたよー。

 まずはノーズ部分。

 このブルドックみたいな鼻っ面の潰れ具合はナンなんでしょうねー(笑)。

 多分、実車をそのまま縮小すると、このくらいの角度になるのでしょうが、デフォルメせずにそのまま小さくすると実車の印象が損なわれてしまう見本のような出来です。

 ボディーのサイドもヒドイ!ちょうどドアの部分ですが、殆どRが付いておらず絶壁状態。

 設計が稚拙で三次曲線を出せていないのか、金型の工作技術が未熟なのか、それともその両方なのか?

 ついでに言えば、リアウインドウの絶壁ぶりも際立っています。

 リアウインドウが立ち、トランクが小さいのは、屋根を大きくしてゼッケン”14”を描こうとしたからだと思います。


 しかし、いくらアラを探したところで、基本的に出来は及第点を与えられるもので、キャンペーンの素材に使おうとする企業に、何もチョロQじゃなくてもいいのではないかと思わせるには充分である。

 ただでさえ、チョロQの発売が縮小傾向で、われわれコレクターは残念に思っているのだが、チョロQにもがんばって欲しいものだ・・・・って誰に言えば良いのか。


ブログランキングは190位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-10-04 23:05:43

フォード フォーカス

テーマ:モドQ

forcus1

           +ZOOM

 以前、フォードのエスコートという車があって、ラリーでも活躍した車だが、車格としてはカローラクラスでヨーロッパでは良くレンタカーに使われていた。

 15年位前のことだが、イギリスで仕事をしていた時に同僚と一緒にスコットランドに遊びに行き、このエスコートでネス湖の周りを走った事がある。

 湖の南側にワインディングロードが続くところがあり、足周りのクイックさを楽しみながら右へ左へと走っていると、ブラインドになっていたコーナーの先が思ったよりキツくなっていて、明らかにオーバースピードで突っ込んでしまい、完全にコースアウトした!と思った瞬間に足回りが見事にこらえて、クルマは何事もなかったようにコーナーをクリアしました。

 日本車だったら完全にイってるよなあ、冷や汗をぬぐいながら同僚と話し、白バイにスピード違反の切符を切られた後のように、おとなしく町まで戻たのでした。


 名車エスコートの流を汲むこのフォーカスもラリーで勝つために開発されたような車だ。

 今のところエスコートのように大成功とまでは言っていないようだが、F1に比べ今一つメジャーになりきれないWRCのためにがんばって欲しいものだ。


forcus2

           +ZOOM

 さて、この二台はチョロQではない。

 コーヒーのWANDAにオマケとして付いているプルバックカーである。

 チョロQではないのだが、いつもの通り世間的にはその区別が付いておらず、ウチの近所のファミマでは堂々と”チョロQ付き!”と手書きのPOPを掲げて売っていました。


 しかしモドQとしては最高の出来、特にロゴやステッカーの印刷は超リアル仕上げにも勝るとも劣らない。筋彫りの表現も合格点。今回のシリーズ、4車種、5台の中でも特にこのフォーカス二台は最高の出来だろう

 ただ、この二台で力尽きてしまったようで(笑)、他の3台はやっぱりナ、という感じ。ココは素直に誉めておいて、貶すのは次回以降にとっておきます。


アサヒ飲料WANDAのホームページ

なぜかメーカーのHPに載っていないキャンペーンの情報



ブログランキングは220位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。