1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-05-28 22:12:39

富士チャンピオンレース 第二戦

テーマ:レース

fcr21

           +ZOOM

 5月27日、富士チャンピオンレースの第二戦に行ってきました。


 朝、ポストのデッキに立つと、菜の花の匂いがしました。しかし、周りを見ても黄色い花は見当たらず、ふと下を見ると、ランオフエリアの端の芝生にクローバーの花がびっしりと咲いています。匂いの元はこれでした。

 クローバー、シロツメクサ、匂いを感じたのは生まれて初めてでした。淡い菜の花のような匂いも、日が高くなるに連れ、時折むせるような強い香りをあたりに漂わせていました。



fcr22

           +ZOOM

 さて時間は少し遡って、レース前のパドック。思わぬところにARTAの旗が・・・。富士スピードウェイと言っても、この地方戦のチャンピオンレースはローカルレースもいいところ。

 不思議に思ってガレージの中を覗いて見ると・・・。


fcr23

           +ZOOM

 オートバックス・カラーのロードスターが1台、しかもナンバー付きの一番下のカテゴリーのレースの出場車輌です。

 もともとARTAは若手のレーサーを育成することを目的としているが、こんな底辺のカテゴリーまで手掛けているとは、さすがに10年続いただけのことはある。


 さてレースの方は、大きな事故こそはなかったものの、私の担当区域では、回る、止まる、ゆっくり走る・・・・。まあ『ぶつかる』っていうのがなかっただけましかな。



fcr25

           +ZOOM

 レース終了後、パドックの真中をノロノロと移動するトヨタF1。どこに行くのかと、ギャラリーが数人付いてゆきます。



fcr26

           +ZOOM

 ガレージに行くのかと思いきや、マシンはあらぬ方向へ。



fcr27

           +ZOOM

 そして最後には、マシンはパドックの端にあるレストラン折鶴へ(笑)。展示用のモックアップでした。




fcr28

           +ZOOM

 レース後のパドックでもうヒトコマ。コンドー・レーシングのトランスポーターが二台来ていました。
 先日のGTで大破したZを修復してのテストでしょうか、それとも8月のフォーミュラニッポンのテストか?


 

ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク ナイフとフォーク


fcr29

           +ZOOM

 さて、お待ちかねのお弁当。

 朝食のおにぎり弁当。GTの時と同じものですが、実は大変な勘違いをしていました。

 朝のおにぎりなので、”つぼぐち”だとばかり思っていたのですが、この画像の箸袋に書いてあるように、天神屋のものです。カヤクご飯のおにぎりが美味しいんだなー。天神屋さん、失礼しました。



fcr20

           +ZOOM

 昼。

 朝に続いて天神屋。チャンピオン・レースの第一戦の二日目と同じもの、今日の鮭はハラスの方で美味しかった。当りッ音譜


ブログランキングは 180位くらいです。クリックに感謝!クリック!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-05-26 14:18:46

ELVIS! ELVIS! ELVIS!

テーマ:

ELVIS

+ZOOM

 発行人が中学生の時、エルビス・プレスリーのブームがあった。エルビスと言えばロックの大スターなのだが、あのスタイルがロックと呼ばれることに、いまだに違和感を感じる。


 GT富士500キロレースの記事の中で、リアル・レーシングのNSXのノーズが他車と違うような気がすると書いたが、やっぱり違っていた。

 とは言っても、全く新しいものではなく、既存のカウルにアタッチメントを付けているようだ、

 オートスポーツ誌によると『エルビス』とか『キヨヒコ』と呼ばれているらしい(笑)。つまりモミアゲですな。

 リアルだけでなく、他のチームもトライしていたみたいです。目的はドラッグの解消。


 さて今週の日曜日は富士チャンピオンレースの第二戦、そして来週は全日本スポーツカー耐久です。1000キロという距離は未体験、どうなりますことやら。


ブログランキングは 240位くらいです。クリックに感謝!クリック!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-05-24 21:43:20

チョロQファンクラブ

テーマ:モロモロ

fun

 チョロQファンクラブから更新の案内が来たので、年会費を振り込んだ。
 一応チョロQのコレクターを自称しているので、ファンクラブに入っているものの、最近は会報も来ず(確か年二回発行がいつの間にか年一回になったような・・・)、年一回の会員配布の特注チョロQのための会費かと思うと、なにか虚しい。

 成人のコレクターが会員の中心だということは分かっているだろうから、会報も開発秘話や開発者のインタビューなど、もっと大人向けの内容にならんものか。振込用紙に保護者の名前を書かせるのも勘弁してほしい(爆)。



ブログランキングは 250位くらいです。クリックに感謝!クリック!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-05-20 12:57:19

レガシーツーリングワゴン覆面パトカー STD33

テーマ:チョロQ


pato1

           +ZOOM

 4月から99種類から60種類への改編が始まったチョロQのスタンダードシリーズ。

 4月はミキサー車とこのレガシーツーリングワゴンの覆面パトカーが新製品としてリリースされ、既存の何種類かが新しいパッケージで店頭に並び始めている。

 新パッケージを売場に浸透させるためか、5月はチョロQの新製品はない。Qステアが一種類出るだけである。

 以前も生産を担う中国の旧正月の関係などで、2月にチョロQの発売がないことがあったように記憶しているが、かなり久しぶりの現象。これからはチョロQから、より利益率の高いQステアに生産をシフトしていくという、タカラトミーのメッセージかもしれない。


pato2

           +ZOOM

 昔のチョロQは、屋根の上に何か乗せるのが好きだった。スキー板だったり、カートだったりタイヤだったり。それが嫌いで買わなかったり、買っても取り外して穴をパテで埋めたり、20年以上のコレクションだが、この部分がポッコリ抜けている。

 その頃のトラウマなのか、パトランプというのは全く趣旨は違うものの、今一つ良いと思えない。あるいは実生活でのトラウマか。

pato3

           +ZOOM

 コインホルダーのシール。

 製品番号がありません、箱には書いてあるのですが。まだ改編があるのでしょうか。


ブログランキングは 220位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-05-19 18:45:56

ミキサー車 スタンダードNo.8

テーマ:チョロQ

タンク1

           +ZOOM

 バリバリのレーシングカーのC9もあれば、このような働く車もあるのがチョロQの魅力。


タンク2

           +ZOOM

 とは言っても、はっきり言ってあまり興味はないので、あっさり紹介します。

 白いミキサー部分、回転するのかと思ったら固定式なのね。

 このシャシーはR32GTRと同じくらいよく使われているのではないでしょうか。可動式のダンプの荷台の軸が残っています。

タンク3

           +ZOOM

 コインホルダーのシール。

 搭載されるエンジンの種類が書かれ、製品番号は載っていません。今後はすべてこの形式になるのでしょうか。



ブログランキングは 220位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-05-17 22:10:38

ザウバー・メルセデスC9

テーマ:チョロQ

C9-1

           +ZOOM

 この製品をどうやって取り上げようか、少なからず悩んだ。

 タルガの製品名は、メルセデス・ベンツ・レーシング・セットの中のC9となっているが、これは間違いなくザウバー・メルセデスC9である。

 F1に進出し、今ではBMWに買収されてしまったザウバーだが、この頃はメルセデスと蜜月の関係だった。

 

 さて、上の写真、右が1990年に発売されたスタンダード(No.024)のザウバー・メルセデス、こちらは逆にC9というコードネームが付されていない。

 そして、右が今回タカラの別働隊タルガから発売になったC9である。見ての通り、リアカウルが脱着式になっており、しかもエンジンが細密なペイントで表現されるという、チョロQでは始めての手法を試みている。そのペイントが、また非常に丁寧で美しい。

 スタンダードのC9は実車の雰囲気を実に良くあらわしている。350円のスタンダードなので、凝った細工はないものの、ソリッド感の強いシルバーのカラーリングと相まって、歴代のチョロQの中でも秀逸と言ってよい出来に仕上がっている。

 点数を付けるとすれば、90年製のC9は120点、しかし、07年製は残念ながら60点しかあげられない。


C9-2

           +ZOOM

 07年製にカウルを付けたところ。まるで違うクルマである。

 製品化のアプローチが異なるというレベルではなく、このリアカウルは異様。明らかにおかしい。ネットで”ザウバーメルセデスC9 ”というキーワードで簡単に画像を検索できるので、一度見てもらいたい。実車は90年製のようになだらかな優美な曲線を描いているが、07年製のリアカウルは実車とは似ても似つかず、まるで70年代のプライベーターのCan-Amマシンのようだ。



C9-3

           +ZOOM

 横から見たところ。

 右側の90年製に比べて07年製はキャビンの高さがかなり低く、実車のイメージに近いものの、リアカウルの異常な隆起のために全体のバランスがメチャクチャになってしまっている。

 ここ数年のチョロQの細部の仕上げの技術の高さはすばらしく、中国本土に生産拠点を移した際に一時品質が低下したものの、再度この製品で昇華しているといってもいい。

 しかし、チョロQの本分はデフォルメによフォルムの美しさであるはずだ、細部の美しさを勝ち得ても、デフォルメが失敗では評価は出来ない。
 リアタイヤとカウルの隙間から覗くと、エンジン部分とカウルの間には結構隙間があり、どうやらこの不恰好な形状はエンジンのためではなく、カウルの脱着の機構のためのようだ。


 次回作に期待したい。


タルガのウェブサイト

メルセデス-ベンツのウェブサイト


ブログランキングは280位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-05-16 23:15:22

ファントム

テーマ:風景

RR

 今日の昼に、東京は有楽町で見かけたロールスロイス・ファントム。

 かつての世界一の高級車も、今ではマイバッハにその座を奪われた感があるが、このカタマリ感と押し出しはさすがである。

 上司と一緒に歩いていて携帯でこれを撮ったのだが、『オイ、写真なんか撮って、中から変なのが出てきて撃たれでもしたらどうする!』と本気で慌てていました。(笑)


ロールス・ロイスはフェラーリで有名なコーンズが正規代理店になっています


ブログランキングは390位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-05-14 23:33:36

AMG

テーマ:


amg1

           +ZOOM

 ウチのマンションの駐車場に停めているベンツ。

 以前、超扁平タイヤを履いた謎の車として紹介したことのある車です。いつもカバーをかけているのですが、この数日珍しくむき出しでした。


amg2

           +ZOOM

 なんとこのクルマ、AMGでした。

 AMG、英語で言えばエー・エム・ジー。しかし普通はドイツ語読みでアー・マー・ゲーと呼ばれることが多いようです。

 そういえば、同じドイツ車のBMWは以前はドイツ語読みでベー・エム・ベーと呼ばれることが多かったように思うのですが、今はすっかり英語読みのビー・エム・ダブリュという呼び方が定着しています。濁音が多いドイツ語読みを嫌って英語でマーケティングを行なったのでしょうか。




amg3

           +ZOOM

 これが全体像。

 やたらホイールが大きいのと車高が低いのを除けば普通の車です。



amg4

           +ZOOM

 これが話題の超扁平タイヤ。ピレリ・ゼロです。



amg5

           +ZOOM

 ブレーキは純正ならばAMGのブレーキーが付くはずなのですが、ブレンボが付いてます。

 ホイールも純正ではないようですし、エアロパーツもわざと地味な物に変えている形跡もあり、見えないところにかなり金を使っていると見ました。あるいは逆に本当はメルセデスのノーマルなのに、車高を下げてAMGのエンブレムを付けてるだけ、という可能性もありますが・・・。


amg6

           +ZOOM

 目つきが悪いと言えば悪いなあ・・・、でもどこか憎めない。なんか、鯉のぼりみたいだと思いませんか?


ブログランキングは330位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-05-06 11:16:04

スーパーGT第3戦 富士GT500kmレース 予選日

テーマ:コレクション

gt1

           ZOOM
 ゴールデンウィーク後半、毎年恒例のGT500キロレースに行って来ました。

 5月3日憲法記念日、朝6時。サーキットはまだ動き出していません。前日から乗り込んでいる各チームのトランスポーターが静かに体を横たえています。

 Aパドックのほぼ中央に陣取るホンダのモーターホーム。惚れ惚れするようなカッコよさです。




gt2

           ZOOM

 チーム・クラフトのトランスポーター、ピカピカです。今年はじめてみました、新調したのでしょうか。



gt3

           ZOOM
 ご存知坂東組、レーシングプロジェクト・バンドウのトランスポーター。大きなレースの時は、エンジン・メーカーごとに固まるようにピットが割り振られます。



gt4

           ZOOM
 GT500クラスのチームはトレーラ式のトランスポーターを使っていますが、300クラスとなると、このようないわゆる大型トラックを使っているチームが多いようです。

 今年からユンケルがメインスポンサーになったチーム・タイサン。



gt5

           ZOOM

 オオーッと、これはなつかしい。実はこの”マッハGoGoGo”という漫画(昔はアニメではなくマンガと言いました)が私のモータースポーツの原点なのです。

 このチームはこのマッハGoGoGoをチームのイメージキャラクターにしており、数年前初めて登場した時はドライバーの登録名まで三船剛(マンガの主人公)にするという凝りようだったのですが、残念ながら使用マシンのヴィーマックがマッハ号とは似ても似つかないスタイリングだったので、ガッカリした記憶があります。

 もちろん、ヴィーマックは良いマシンですし、このチームも良いチームですが、マンガのイメージが強すぎまして、ハイ。



gt6

           ZOOM
 朝のパドックをうろついている時に、なつかしいCOXのトラックを発見。

 以前チョロQのコレクター仲間とワーゲンのレースの観戦に通っていた時によく見かけました。何よりCOXの社長のJさんには大変お世話になったので、本当になつかしかったです。

 今回のレースにはコックスが直接係わるカテゴリーは無いはずですが、もしかしたら何処かのチームのサポートを行なっているのかも知れません。



gt7

           ZOOM
 さて、5月3日予選日は、大きなアクシデントもなく無事終りました。と、言うのはメインカテゴリーのGTの話し。

 実はこの日行なわれたスーパー・カートのレースで、コースアウトしたマシンに、もう一台が突っ込み、ドライバーが肋骨を骨折するというアクシデントがありました。

 特にカートのドライバーはコースアウしたり、コース上で止まっても、再スタートしようとマシンから離れずに粘る人が多いのですが、一台がコースアウトした場所は他のクルマもコースアウトしやすい場所であることが多い、つまり今回のように他のクルマが後から突っ込んでくるかの可能性が多いので、止まってしまったら、すぐにマシンを離れて安全な場所に避難するべきです。

もちろん他のカテゴリーのドライバーにも言えることですが、車よりもレースよりも、まず命が大事、でしょ?


gt8

           ZOOM

 予選が終って予選上位のマシンは再車検を受け、正式結果発表までパルクファルメ(車輌保管場)に保管されます。残念ながらこの中の数台は最低地上高違反でスーパーラップのタイムを剥奪されてしまいました。

 一番手前は今年300クラスに復活したガライヤ。カッコイイです!




gt9

           ZOOM

 ゼッケン88、ランボールギーニ・ムルシエラゴ。日本人には発音しにくいからなのか、昨年からムルシェRG-1という名前で登録されています。

 昨年は300クラスで1回優勝していますが、今回もウェイト・ハンデがないせいか良い走りをしていました。




gt10

           ZOOM
 今年から500クラスに新規参戦したリアルレーシングNSX。

 もう生産を中止したNSXですが、新規にチームを増やせるとは、ホンダはかなりホワイトボディーをストックしているのではないでしょうか。
 この画像を見ると、ノーズの形状が他のNSXと違うように見えるのですが・・・・。



gt11

           ZOOM

 ハンコック・ポルシェ。

 このチームは昨年の富士で表彰台をGETしています。ハンコックというのは、スポンサーのハンコック・タイヤ、つまり韓国タイヤのことで、その時は韓国製タイヤがはじめて上位入賞ということで、夜遅くまで大騒ぎでした。

 ところでこのハンコック・チームに、今年からかつてNEWビートル・レースで活躍した坂本裕也選手がセカンド・ドライバーとして参加しています。

 坂本選手はワーゲンのカップ・レースに参戦した後、スーパー耐久、全日本耐久(06年LMP-2優勝!)と着実にステップアップを果たし、今回とうとう国内最高峰のGTレースに参戦したのです。下積みのころからずっと見てきたドライバーなので本当に嬉しいです。CRT応援団の皆さーん、当時の坂本君のサイン、取っといたら高くなりますよー(笑)。

 300クラスは、はっきり言って参加することが目的のようなチーム、ドライバーもいますが、このハンコックは完全に勝ちを狙っているチーム。しかもファーストドライバーの木下はかなり高い実力を持ったベテランなので、この一年坂本選手にとって学ぶことはかなり多いはずです。是非とも表彰台に登る姿を見せて欲しいものです。



gt12

           ZOOM

 昨年の覇者、トムスのSC430。今年からは酒造メーカーの宝山(西酒造) がメインスポンサーに付きました。

 TAKATA童夢に続いて予選2位。



gt13

           +ZOOM
 で、予選1位はTAKATA童夢NSX。

 直線番長何のその、だったのですが、決勝では・・・。



gt14

           ZOOM

 予選終了後、第二メディアセンターで行なわれた予選後のミーティングが終わり、窓の下を見ると・・・


gt15

           ZOOM

 ゼッケン31、apr MR-Sがタイヤ交換のデモンストレーションをやっていました。これは予選終了後のキッズ・ウォークのためのアトラクション。



gt16

           ZOOM

 ふと見ると、ピットロードにこんなにいっぱいの人が。GTの人気のすさまじさを感じます。


続く・・・・・


ブログランキングは320位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-05-06 10:44:46

スーパーGT第3戦 富士GT500kmレース 決勝日

テーマ:レース

gt17

            ZOOM

 さて、明けて5月4日みどりの日、決勝の朝を迎えました。12番ピット、トイストーリー・レーシングのガレージ入口に立つバズ・ライトイヤー。





gt18

            ZOOM

 「私の名前はバス・ライトイヤー。ここから先は関係者以外は立ち入り禁止だ。不審者はこの私が一歩たりとも中に入れないから覚悟しろ!」・・・なんちゃって(笑)。





gt19

            ZOOM

 このチームには今年から躍進著しい大嶋和也という選手が参加しています。F3でもダントツの速さですが、GT300でも第一戦で3位、第二戦優勝、そして今回の第三戦3位とルーキーながら空恐ろしい結果を残しています。

 特に今回は50キロのウェイトハンデを積んでの3位、もしかしたら今シーズン途中から500に乗るチャンスがあるかも知れません。まだ20歳になったばかりという若さです。(んん!?第一戦3位ということは、第二戦もウェイト積んでたってことだよなあ・・・)





gt20

            ZOOM

 坂東組のセリカ。

 GTAの運営の方もがんばって下さい。


gt21

            ZOOM

 ガライヤ。

 やっぱカッコイイわ・・・。



時計時計時計時計時計時計時計時計時計時計時計時計時計時計時計

 さてさて、一日中富士山が見えるという好天に恵まれレースは順調に終了、と行きたかったのに、なんとよりによって私の担当地域で大きなアクシデントが発生してしまいました。

 幸いドライバーに怪我は無かったようなのですが、隣のポストは消化器を4本も使い。私のポストはオイル処理用のピートソープを使い切ってもまだ足りないという大仕事になってしまいました。

 思えば今回、予選の前日の練習日にも同じ場所で同じようなアクシデントがあり、伏線があったといえばあったのですが・・・。色々な意味で勉強になりました。


 レースの結果はもうご存知の通りですが、予選ではかなり早く、また安定していたNSX勢を抑え、終わってみれば23番22番のZが1-2フィニッシュ。しかも予選11番手、13番手からのJUMP UPです。

 正直、特にZがすごく速いとは感じなかったのですが、ファステストもTAKATA童夢NSXが出してますし。


gt22

            ZOOM

 さて、レース終了後の車検場前。車検を受けるガライヤ。堂々の300クラス優勝です。





gt23

            ZOOM

 エア・インテークのカバーを開けるメカニック。

 この大きな銀色の部品、最初インター・クーラーかなと思いましたが、このクルマはNAエンジンなので給気関係のパーツだと思われます。カッコイイのー。





gt24

            ZOOM

 500クラス3位、フォーラムエンジニアリングSC430。

 レース後の車検場では、メカニックも緊張しつつも何処かほっとした表情です。





gt25

            ZOOM

 300クラス2位のムルシエラゴ。

 このクルマは今回予選から本当に良い走りをしていました。終始白煙を吐きながら走っていたもう一台のムルシエラゴや、弟分のガヤルドの調子の悪さと対照的です。





gt26

            ZOOM

 500クラス準優勝の、22番モチュール・オーテックZ。

 本当にいぶし銀のような勝利でした。






gt27

            ZOOM

 さて、決勝の正式結果が発表になると、車輌保管が解かれ、マシンはガレージへと戻ってきます。

 イクリプス・アドバンSC43。土屋エンジニアリングのクルマです。

 せっかくスーパーラップに出たものの、最低地上高違反でタイムを剥奪されるなど、今回は冴えませんでした。




gt28

            ZOOM

 雨宮RX7。

 このクルマもスーパーラップでマシントラブルを起こし、タイムアタックを断念するという”冴えない組”だったのですが、決勝8位はさすがです。早くメインスポンサーが見つかることを祈っています。





gt29

            ZOOM

 83番のヴィーマック。

 予選19位、決勝7位。今回は出走44台中完走31台、結構なサバイバル・レースでした。



gt30

            +ZOOM

 レースが終ると各チームは一斉に撤収作業にかかります。トランスポーターに積み込まれるのを待つ、イクリプス・アドバンSC430のホイール。



gt31

            +ZOOM

 風呂上りの伊藤大輔選手。ではなくて、レース後ガレージの裏でファンサービスする伊藤選手。

 今回は9位と振るいませんでした。決勝でも今一つマシンに伸びが無いように感じられました、多分マシンの調子が悪かったのだと思います。

 激Gで見る、伊藤選手のチームラジオでのボヤキ、泣きの交信が好きです、良いヤツなんだろうなあ・・・って気がします。次はガンバって下さい。



gt32

            +ZOOM

 トランスポーターに積み込まれる”宝山TOM’S SC430”。

 予選は2位、しかし今回も不運でした・・・。


 さて、こうして500キロレースは終了しました。

 次のBIGレースは6月頭の全日本スポーツカー耐久選手権 。噂によると今回の倍の1000キロ だそうです。次の日休み取らないと無理かなあ。


ブログランキングは320位くらいです。クリックに感謝!クリック!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。