2006-12-31 16:35:54

ホンダN360レーシング仕様 イトーヨーカ堂ノスタルジック・シリーズ③

テーマ:チョロQ

N3061

 第三弾の情報がなかなかなくて、ヤキモキさせられたヨーカ堂ノスタルジック・シリーズ。今回は目先をちょっと変えて軽自動車の名車、N360である。


N3602

 発行人は以前筑波サーキットで、軽自動車の草レースの運営に係わっていたことがあって、このN360やホンダZ、スズキ・フロンテクーペなどの旧車をいっぱい見てきた。

 特にこのN360は、親しくしてもらっている深川のご隠居ことSさんが、NZレーシング・スポーツ・クラブ というホンダ車のクラブを主宰していることもあり、思い入れが深い。今でもSさんの周りには、このN360を普段の足に使っている人も多い。

 サバンナとセリカは白を基調にしたカラーリングだったが、今回はブリティッシュ・グリーンのボディーにイエローのライン。旧車の聖地、日曜日の筑波サーキットで見かけそうな車だ。


 今回のN360、私の家の近くの店では昨日(30日)から販売をしていたようですが、店舗によっては初売りで1日から販売というところもあるようです。


 さて、2006年も今日でおしまい。皆さん一年間ご愛読ありがとうございました。

 来年も皆さんにとって、良い年でありますようにと祈念いたします。


ブログランキングは 180位くらいです。クリックに感謝!♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-26 23:20:52

赤ちゃん本舗

テーマ:モロモロ

 珍しく日経新聞の一面に『タカラトミー』の文字。赤ちゃん本舗を傘下に収めるという記事だ。

 13面にも関連記事があり、「少子化時代、異色の融合」とある。流通の最上流にあるメーカーのタカラトミーが、一番川下の小売業に進出するというのは、かなり特異な出来事らしい。

 実は小売業といえば、原宿のキディーランドも旧タカラの関連会社。しかし、今回の赤ちゃん本舗は店舗数67、ベビー用品専門店では上場企業の西松屋に次いで二位、トイザラスのベビー用品部門をも上回っている。他のメーカーや問屋、小売店まで心穏やかではいられないだろう。


 さて、赤ちゃん本舗と言えば、かつては特注チョロQを出したこともあり、旧タカラとはいい関係があったのかもしれない。

 会員制をとっていたせいか、ベビー用品の印象が強すぎたせいか、けっこうレアなものが残っていたりして、郊外の店までよく足を運んだものだ。

 今回の株式取得で限定チョロQをまた販売、などという話ではもちろんなく、新生児の四割にあたる40万人分ものデーターを毎年獲得している赤ちゃん本舗のデータを有効に利用したいということのようだ。

 でも、やっぱり限定チョロQにも期待したい。


ブログランキングは 180位くらいです。クリックに感謝!♪
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-12-23 16:25:33

CHORO-Q EXHIBITION 1980-2006

テーマ:お出かけ

CHORO-Q EXHIBITION 1980-2006 に出かけてきました。


building

 場所は青山オーバルビルの2階、GoFa というギャラリーです。


gofa

 非常階段のようなところで待つこと1時間弱、いよいよ開場です。


nyujyo

 入口はこんな感じ、まるで何処かの事務所のようです。


 広い会場ではありませんでしたが、今回の展示はコレクター・マニアは必見です。チョロQそのものの展示数は少ないものの、金型の関連の資料、当時の販売店向けの新聞の生原稿など、今までの展示会では見ることが出来なかった資料が目白押しです。

 どうやらタカラトミーのN氏が個人的に保管していた資料がかなりの部分を占めているようです。会場ではそのN氏自ら入場者の質問に答えてくれていました(あ、もう一人質問攻めにあっていた人がいましたね(笑))。

 私も中学生のコレクター君から「チョロQ、集めてるんですか?」と声をかけていただき、貴重なコレクションを見せてもらいました。ウエストポーチから直接出してきたのにはびっくりしましたが、チョロQが好きだという今の気持ちを大事にして欲しいと思います。チョロQを持ち運びする時はケースに入れましょうね。


 会場でアンケートがあって、一番良かった展示は?という質問があったのですが、私の答えはルイジ・コラーニのデザインチェック用のレジンモデル。コラーニ関係の資料の展示は今回初めてではないかと思います。そのほかにも、木製の金型の原型(しかも製品にならなかった型)など初めて見る貴重な資料がたくさんあり、旧タカラの製造技術を知る上でも非常に興味深い。工業史という観点から言っても貴重な資料だと思います。


kaijyo

 会場内は撮影禁止なのですが、主催者に一枚だけ撮影、ネットへの掲載を許可していただきました。

1kai

 会場の一階はフランス車 のショールーム。


kaijo

 一階のロビーから見上げる会場。

 白い帯の部分が会場です。どうやら二階のエレベーターホールをギャラリーに利用しているようです。

 旧知のコレクター諸氏と昼食を取り、帰途につきました。

 周辺情報は『スーパーB級コレクション伝説 』で。



ブログランキングは 160位くらいです。クリックに感謝!♪
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006-12-22 18:16:03

カーズコレクション 3台セット

テーマ:チョロQ


cars


 ライトニング・マックイーン、三態。

 一番手前のラジエター・スプリングス・バージョンが一番のお気に入り。

 単品、Bookに比べると、フロントの継ぎ目の辺りの仕上げがちょっと雑。


ブログランキングは 170位くらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-21 22:15:51

とと丸カー

テーマ:チョロQ

totomaru

 最近、運動不足解消のため、休日にまとまった距離を歩くようにしているのだが、その散歩の途中に三駅ほど先にあるコンビにに何気なしに入った時に発見。

 すでに発売から2ヶ月以上経っていたが、二つ残っていた。

 コンビニ限定品はこういうことが時々があるんですね。しかも、必死に探している時には見つからなくて、思いがけない時に見つかるんです。

 屋根の白い部分、印刷といっていいのか、塗装なのか、ともかく縁取りの細い二本線まで綺麗に表現できている。何気ない部分だがとてもいい仕上がりだ。


ブログランキングは 160位くらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-19 22:38:09

GT500-Z、  ニスモフェスティバル限定セット

テーマ:チョロQ

NISMO

 2006年バージョンの実戦タイプと、昨年のニスモ・フェスティバルで走ったテストカーのセット。

 今回、ニスモはフェスティバル 当日には会場で販売せず、終了後にネットショップ でのみ販売を行なった。

 購入のための列に並んでいるとイベントを見ることが出来ない、という声に応えてということだが、あまりの極端な販売方法に少なからず驚いた。
 ただあの長蛇の列の半分以上は、今年は会場に足を運ばなかったのではないだろうか。大変申し訳無いのだが、かく言う私もその一人である。

 昨年、11月のトヨタフェスティバルは汗をかくほどの晴天に恵まれたのに、12月のニスモフェスティバルは雪。

 今年、トヨタもあまり天気に恵まれたとは言えず 、時折雨に見舞われ、そして、『ニスモはきっと寒いぞー』と思っていたらやっぱり雪。

 正直に言って、会場で限定品の販売があったら行っていたと思います。でも寒いよねー12月の富士は、相当の覚悟が要ります。

 無理にトヨタの後に富士でやろうとせずに、モータースポーツジャパンのようなスタイルで、もっと早い時期にやった方がいいのではないだろうか。何もサーキットに固執することはないと思う。

 限定品は半分を当日会場で販売、残り半分を後日ネットショップで販売、という方法はどうだろう。

 どうしてもいち早く手に入れたいコレクターは、当日列に並び、イベントを見ることが出来なくても納得するだろうし、イベントを見たい、だけど限定品も欲しいという人はネットで買えば良い。

 今回の試みは積極的な姿勢として評価したいが、当日会場で限定品が買えないとは、なんだか気の抜けたコーラのようだ。

 

 製品については言う事はありません。当然のごとく良い出来です。テストカーの直立したワイパーが雰囲気を醸し出しています。

 最近のチョロQのパッケージの凝りようは凄いなと思っていたのですが、この製品も透明樹脂のパッケージ材が一段と進化している。


ブログランキングは 190位くらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-18 23:08:30

R33 GTR SKYLINE HISTORY Vol.5

テーマ:今月の新製品

R33

 実車ではGTRの中で一番人気のないR33。

 スパルタンなGTRをラグジュアリーな方向に持って行こうとして、ボッテリとした車になってしまった。しかしそれは稀代の名車(と私が勝手に思っている)、R34を生み出すためのプロローグだとすれば、許せるように思える。


 この製品の最も注目すべき点は”色”である。

 数々のブログでも取り上げられているが、このミッドナイトパープルという色で、タカラトミーは今までにないトライをしている。

 マジョーラの様に、見る方向によって色が変わるように見える。色が変わるというより、色の濃淡が微妙に変わる感じだ。

 ボンネットの裏は、艶のないメタリックな青が塗られている。多分この上に透明度の強い青か黒系の塗料を混ぜたクリアを厚めに塗っているのだと思われる。対照的にウインドーは半艶消しの黒に仕上げられ、妖艶なボディーカラーを引き立たせている。このシリーズも五弾目だが、思わぬ不人気車種で、思わぬ秀作にめぐり合った。


 ここに来て、タカラトミーの頑張りが目に見えてきて、非常に嬉しい。



ブログランキングは 230位くらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-12-17 10:07:52

Google Earth

テーマ:モロモロ

 最近Google Earth(グーグル・アース)を導入した。

 ちょっと前にグーグル・アースの担当者がアメリカから来日し、盛んにプロモーションしていたのだが、ヤフーでもやっている地図の画面で見られる航空写真だと思っていた。

 ところが見てみようとして、ソフトをダウンロードしなければならないことに気付く、しかも14メガもある。

 これは何か違うぞと思ったら、もー全然違うの!!

 航空写真ではなく衛星写真。しかも使い勝手が非常に良い。自宅を空から見て、次の瞬間、ニューヨークのタイムズスクエアに一気に飛ぶことが出来る。

 先日は、運行が終了となったコンコルドが見ることができないかと思い、ロンドンのヒースロー空港を見ていたら、使用されていない滑走路の片隅に、パイロンに囲まれて置かれているのを発見した。パイロンまではっきり見える。

 

 目印をつけることが出来るようになっていて、私は国内のサーキットから始まって、今、海外のサーキット探索に取り組んでいる。現在F1で使われているサーキットもいいが、すでに使われなくなったサーキットやローカルサーキットを見るのも楽しい。


 その他に凝っているのは、イギリス。

 この国には飛行場がいっぱいあって、使われなくなった飛行場がサーキットや駐車場に転用されていたりしている姿を見ることも出来る(シルバーストンもそうですね)。

 ロンドンの南部には米空軍の基地と思われる飛行場も発見。ここは、イギリスには珍しい野球のグラウンドがあったので、そうではないかと推測している。


 ただ前に書いたように、見るためには10メガ以上のソフトをダウンロードしなければならず、PCの環境によっては快適な動作が難しいかもしれない。

 また、場所によって画像の精度に差があって、一つの飛行場のちょうど真中にその境界線があって、滑走路の半分が溶け出したように見えてしまったりする。

 まあ無料なのでしょうがないのだが、画像も結構古い。富士スピードウェイは改修前の姿だし、今新しい高層ビルが完成しつつある東京の新丸ビルも、昭和期の古い建物のままだ。多分有料版では最新の画像を見ることが出来るのだろうと思うが、まあ、タダだから・・・。


 PCの環境に余裕のある方には、絶対オススメです。


ブログランキングは 260位くらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-12-15 20:27:35

AVUS

テーマ:レース

avus

 先月だったか、レーシングオン誌を何気なく見ていたら、AVUS(アバスと読むのだろうか)というサーキットが紹介されていた。

 ドイツのベルリンの近くのサーキットだが、1959年にただ一度だけF1が開催された。

 歳が判ってしまうが、1959年といえば私の生まれた年。この頃はF1も今で言えば草レースに毛が生えたくらいの規模だったろうから、タイトルがかかっていたかどうか・・・。

 しかし、特筆すべきはこのAVUSというサーキットのレイアウト。約4キロの二本のストレートをヘアピンカーブとバンクで繋いだだけという、キチガイじみたレイアウトである。

 気になってGoogle Earth で苦労して探したのだが、今は閉鎖され、一般道か、高速道路の一部として使われているようだ。


気になる人はこの座標でGoogle Earth で見てください。

52°29'05.47" N, 13°15'19.74" E


ドイツのF1マニアの個人のホームページ を参考にしました。


ブログランキングは 370位くらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-12-03 17:51:05

イオン限定 コスモスポーツ パトカー

テーマ:チョロQ

cosmo

 すっかり定着したこのシリーズ。最近判ったのだが、どうも二回に分けて入荷されるらしく、今回も数店で「品切れだけど、多分また入る。」というようなことを言われた。但し今回はかろうじて初回入荷分が残っていた店で購入しました。前回までの車種は結構残っていますね。

 

 さて、コスモスポーツですね。

 この車、ウルトラマンに出てたとか、みなさん色々思い出をお持ちだと思います。

 歳がばれてしまいますが、私の場合この車を実体験で知っているます。

 私の父親が初めて買った車が、ファミリア800という車でした。今思えばBMWに似たスタイルを持った名車ですが、当時はダサいファミリーカーにしか見えず、もっとカッコイイ車を買えばいいのにと思ったものです。

 そんな中にも楽しい出来事がありました。ある時千葉にあった販売会社の本社に用事がある父にくっついて行くと、担当のセールスマン氏が「いいものを見せてあげるよ」といって社屋から少し離れたガレージに私を連れて行き、シャッターをガラガラと開けました。そこで私が見たものは、床にへばりつくように低く、鋭いノーズと異様に長いボディーをもった白いコスモスポーツでした。

 その時の驚きといったら例えようがありません。世の中にこんなカッコイイ車があるのかと、大きな衝撃を受けました。

 この車買ってー、と言ったもののもちろんダメ。以来父親が販売会社に行く度について行き、セールスマン氏におねだりして見せてもらっていました。今で言えば日産のディーラーに行ったら、ガレージの奥にGT500仕様のZが置いてあったというところでしょうか。

 今回のパトカーが千葉県警仕様なのも、なにか因縁を感じます。


 出来栄えはだんだん良くなっているようです。



ブログランキングは 170位くらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。