1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-06-28 23:23:30

スカイラインGTR(KPGC10) Qショップ06限定第2弾

テーマ:今月の新製品
hakosuka

 長い記事ばかり続きましたので、今回はあっさりと。


 チョロQのお家芸、ハコスカ。既存の金型だと思うのだが、どうもAピラーの処理が気になる。

 このアングルだとキレイなのだが、後から見ると妙に太い。

 白はどうしても色ムラや製造過程の汚れが出やすいので、選ぶのに苦労した。

 細かな部品の表現などはさすが。地味だが秀逸、通好みの逸品と言えましょう。


ブログランキングは130位ぐらいです。クリックに感謝!♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-28 00:17:55

株主総会

テーマ:お出かけ

 タカラトミー初の株主総会に行ってきました。

 開始5分前に会場に到着すると、驚いたことになんと1300人ほど入る会場のホールはほとんど満員。やがて富山社長の司会のもと、総会は始まりました。

 この富山社長、いつ見てもニコニコしている人で、この日も会場の後の方で子供がグズル声がすると、議長席からその方へ顔を向け、目を細める場面がありました。

 佐藤副社長は議長席の隣で、まるでガキ大将がいきなり生徒会の役員をやらされているかのような、どこと無く落ち着きのないというか、すわり心地の悪そうな様子でした。

 さて、富山社長の司会の下、議事は粛々と進んでいったのですが、にこやかな富山社長の顔が厳しくなる場面がありました。

 若い株主が、『タカラの株100株を持っていた株主は、合併によって、単位未満株になってしまい、今回株主優待品を貰うことが出来ない。それは仕方がないかも知れないが、せめて今回だけでも救済措置として単位未満株の株主にも株主優待品を配布すべきでないか』と発言したのです。

 佐藤副社長(旧タカラ会長)は『やはりその質問が出たか、困ったなー』という表情で一瞬天を仰ぎ、質問に答えようと腰を浮かしましたが、富山社長はそれを制し、「公式の場ですからはっきりと申し上げなければなりません」と前置きをし、改めて「それは出来ません」と毅然と言い放った。

 たぶん、富山さん個人としては発言者の株主の言うことは尤もだと思い、出来ればそのようにしたいと思っていたのだろう。しかし、社長としてそうする訳には行かない。

 富山さんは二代目社長で、学校はイギリスの地方大学に留学し、いつもニコニコしていて、いかにもお坊ちゃんという風情で、あの心優しさが新会社の社長としてウィークポイントになるのではないかと心配していたのだが、あの毅然とした仕切りぶりを見て安心した。あれなら大丈夫だと思う。

 

 株主優待のことを言えば、配当金のように定款や総会の決議を根拠とする株主と会社との契約関係に基づく経済行為ではなく、あくまでも会社の気持ち、言うなればお歳暮やお中元のようなものなので、ある日突然なくなったとしても、会社に文句を言えるようなものではない。とは言っても実際タカラトミーの株主には優待品目当ての株主が多いし、かく言う私もその一人なのだが・・・。


 このブログで、質問を募集したりしたのですが、今回は質問はしませんでした。それどころか、時間が無くて、質問時間の途中で退席しなければならなかったのは本当に残念でした。

 さてこのあたりで、この日のお土産を紹介しましょう。


kabunushi

 まずは受付横でもらえる”おーいお茶”、タカラの手提げ袋の中には本日セブイレブンで先行発売の”ポケモンチョロQピカチュウカー””ポケットモンスター人生ゲーム・ポケット””ばけぎゃもんカード(?)”、女の子用の”きらりんレボリューション・マスコットなーさん(???)”、”トートバッグ”に”プラレール博inAPPIのパンフレット”、”お菓子三種”。『商売物ですみませんけど、いっぱい入れときましたんで・・・』という感じである。

 正直なことを言えばもう少しプレミア度の高いものを入れて欲しかった、株主はわざわざ時間を割いて会場まで来ているのだから。

 そういえば先日の三菱自動車の株主総会では未発売のi(アイ)のチョロQが配られたようですね。

 たまたま当日、会場の東京會舘 に買い物に行っていた友人がいて、ロビーで株主さんがお土産の袋から出しているのを一瞬見たのですが、彼の話だとコルトのバージョンR のチョロQではないかと言うことでした。しかし、正解はアイだったようですね。最近のQショップスペシャルと同じ立方体のクリアケースに入って、なかなかいい感じの製品のようです。(チラッと見ただけですが)


 さて話を元に戻しましょう。

 今回質問しなかったものの、新生タカラトミーに言いたいことが幾つかあります。

 合併後初めての決算を迎えて、タカラトミーはなかなか株主優待の内容を発表しませんでした。新しい会社は赤字になることも充分考えられ、その場合株主優待が取りやめになることも充分考えられた。

 結局株主優待品の配布は行われるものの、決定したのは、権利確定日の後。優待の発表を見てから株を買っても今回は優待品はもらえません。

 ”株主優待は会社の気持ち”というものの、タカラトミーの場合それを目当てで株を買う株主が多いのも事実。権利確定日前に発表していれば、優待目当ての買いで、少しでも株価は上がったはず。まったくマヌケである。もっと市場との付き合い方を勉強して欲しい。別に、相場操縦をしろとか不正行為をしろと言っているのではない。株主の有利になる情報を株主の利益になるタイミングで発表することに問題がある訳がないのだ

 

 タカラトミーの公式ウェブサイトにIR情報 というページがある。IRとは(Investor Relationship)、日本語では投資家対応とでも訳すのだろうか。

 株主総会というのは、企業にとって最大のIRイベントであるはずなのに、タカラトミーのウェブサイトではとうとう株主総会の情報が載ることがなかった。この点に関しては、もしかしたらIRの担当者が新しい会社法を解釈し間違えているのではないかとも思うのだが、せめて日程ぐらい載せるべきだっただろう。


 合併したての会社で、精一杯やっているのだと思う。株主総会も派手さはないが、今のタカラトミーの力の範囲内で背伸びしないで、きちんとやっているという印象を受けた。

 しかしIRに関しては全く失望した。役員だけでなく、社員レベルでも自分達の行動が株式市場、株価、株主利益に直接影響を与えると言うことを(特に小さい会社はそれが顕著であるが)肝に銘じなければならない。この点がタカラトミーのIR部門には欠如していると言わざるを得ない。

 実は株主総会の二週間ほど前に、タカラトミーのIR課に電話をしてこの点を聞いてみたのだが、質問には答えるが、株主総会の情報をウェブサイトに載せるつもりはないと言われた。

 残念だが、ぜひとも感覚を研ぎ澄ましてもう一度、業務を見直してほしい。何万人もの株主がいつもあなた方の仕事に注目しています。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-27 00:18:28

ゴルフ GTI カップ

テーマ:レース
vw1

 もう一週間がたってしまいました。先週のザ・ワンメーク祭りの中で、ゴルフのワンメークレース、ゴルフGTIカップの第二戦が行われました。

 昨年までは年に数回、CRT(チョロQレーシング・チーム)の応援のために全国からチョロQのコレクターが集まったゴルフGTIカップ。今年はタカラトミーの合併の影響で、CRTの参戦、シリーズスポンサーとしての参加が見送られましたために、バンカラ応援団の姿を見ることのない寂しいイベントとなってしまいました。


vw3

 さて、応援団の姿も様変わりしたのですが、エントリーリストを見てびっくり。知っている名前が一つもありません。昨年までは全日本耐久やGT300にも出場するようなドライバーがエントリーしていて、あの荒聖治がスポットで参戦するなど、華やかな趣があったのですが、今年からは参加型イベントに志向を変えたのだとか。

 あの坂本選手の愛機、No.55 Duo号もクラブマン・クラスの黄色いゼッケンが付けられています。


vw4

         昨年まではここにChoroQの文字があったのですが・・・


VW2

 参加型イベントという方法は正しい姿だと思います。特にNゼロ(ナンバー付き車輌のレース)は入門レースの位置付けですから。しかし、17台エントリーして4台しか白いゼッケン(エキスパートクラス)がいないというのはちょっと寂しい。

 渦尻社長によると、サーキットを走るのは初めてというようなドライバーがいっぱいいるそうで、運営の方も大変でしょうが、オフィシャルも大変。制限速度60kmのピットレーンを100km超で走り抜けるなんて、初心者ならでわナンだけど、こっちはもう目が点です。

 ただ、今回は耐久(21周)だったためか、無理なバトルがほとんどなく、皆さんその点では非常にマナーが良かったです。


では、今年の参加車輌を少し紹介します。


 

vw5

              クラブマン3位


vw8

              クラブマン7位


vw6

   エキスパート2位、ガルフカラーっぽいカラーリングが雰囲気出ています。


vw7

 こちらは本物(?)のガルフカラー。GTIカップの併設イベント、サーキットトライアルの出場車輌。14位でした。ちなみにドライバーは女性です。


 さて、次回第三戦は7月30日ツインリンクもてぎ。久しぶりに開催されるフォルクスワーゲン・フェスタの中での開催。このイベントはワーゲンオーナーでなくても楽しい。見に行こうかどうしようか、悩みは深くなるばかりである。


ゴルフGTIカップ第二戦の結果

フォルクスワーゲン・フェスタの情報はこちら


クリックに感謝!♪
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-23 22:42:57

リムジン

テーマ:
bentsu

 朝8時過ぎ、東京駅の丸の内側には黒塗りの車が列を作る。グリーン車で通勤する会社の役員達を迎える車だ。

 いつも横目で眺めながら会社まで歩くのだが、今朝は見かけない車が、いつもの車列から少し離れたところにぽつんと停まっていた。

 停まる姿は遠慮がちではあるが、こんな下品な車に誰が乗るのだろう。どうせならマイバッハにすればいいのに。



すっかり100位台の常連になっちゃいました(泣)。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-19 22:55:45

ザ・ワンメーク祭り 2006富士

テーマ:レース

 それにしてもダッサイ名前。ワンメークレースだけ集めちゃおうという発想は面白いが、どうせならフェスティバルとかにしとけばよかったのに。

 土曜日はなんとか持ったものの、日曜日は富士名物雨と霧。で、こんな具合・・・・

ame

コースもこんな具合

kiri

 日曜日の決勝は一律30%減算。少しは早く帰れるかと期待したのですが、こういう時は思わぬ伏兵が足をすくってくれるもので、この日もサポートイベントのランボールギーニの走行会の最終ラップでギヤルドがクラッシュ。その車が超低速の牽引でダンロップからパドックまで戻るのをイライラしながら見ていました。


 そんな訳で、今回はいいトコが無かったので、朝一番のガレージでも紹介します。

gc21

 GC21のガレージ。

 飲み干された缶ビールは深夜の作業が終った祝杯でしょうか。27番は今回の優勝車です。

taiya

 GC21のタイヤ。

 雨になることが確実だったので、レインタイヤの方が多く用意されています。



VITZ

 新しいヴィッツ。


integra

 生産中止になったインテグラ。


artetta

 こちらもゴールラインが見えてきたアルテッツァ。

 来年はレクサスブランド、オートマでレース開催でしょうか?


march

 日曜日の朝。車検を受けるために順番を待つマーチ・カップカー。

 いつもの事ながらヤンチャ坊主が多く、蹴るわ、噛み付くわ、引っ掻くわと大変でした。あ、もちろんドライバーじゃなくて車がですよ。

 気が強いの、荒くれ者、大人しいの、正義の味方・・・ホント、車を主人公にアニメ映画が一本作れそうです。

ブログランキングは120位ぐらいです。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2006-06-15 22:19:22

マークさんとチューゾーさん、チョロQに影響を与えたコレクター達

テーマ:
宝

 20年に渡るチョロQ収集の歴史の中で、私の記憶に残るコレクターが二人いる。

 一人はブログ『 買わないで後悔するなら 買って後悔したほうがイイ・・・ 』の管理人、マークさんである。伝説の『品川オフ会』の初期メンバーであり、古くからチョロQのカスタマイズにも取り組んでいる。

 彼のブログを見ると、タイトルの下に、リーボック・カラーのR32スカイラインGTRの画像が誇らしげに掲げられている。このGTR、もちろんマークさんのカスタマイズ・チョロQ。良く見ればカラーリングだけでなく、ホイール、屋根のアンテナなど、細かなカスタマイズが見て取れる。

 以前はチョロQの発売日の朝によく量販店で遭遇したものだが、そんな時「改造のベースにするから」と、ありふれたスタンダードを大量に買い込んでいたのを思い出す。


 ある時、インターネットでチョロQの情報を見ていておやっと思った。セブンイレブン限定のちびっこチョロQ第8弾のラインアップの中に、マークさんのリーボックGTRが入っているのだ。このセットは、このR32の他にレーシングタイプのR34が三種類、54Bスカイライン2000-GT、フェアレディーZ・ロードスターなどバラエティーに富んだものだったが、イメージカーとしてリーボックがフィーチャーされていた。

 もちろんマークさんのカスタマイズ・チョロQがモデルになったなんて、どこにも書いていないし、マークさんもそんなことは一言も言っていない。しかし、私には、タカラがマークさんの作品をみてこの製品のヒントにしたとしか思えないのだ。少なくとも、私はそう確信している。

 ただ、私が言いたいのは、タカラが素人のアイデアを真似をしたと言うことではなく、コレクター、カスタマイズ・チョロQの作者としてのマークさんの感性をタカラが認め、それに触発され、そして製品が生まれたと言う事実なのだ。


 もう一人のチューゾーさん。この人は厳密にはコレクターと呼べないかもしれない。この人がチョロQを集めていたという話を聞いた事がない。

 この人はチョロQを創っていた人なのだ。と言ってもタカラの関係者ではない、チューゾーさんは既成のチョロQで型を取り、名前の通り金属でチョロQを鋳造してしまうという凄い人だった。

 最初はボディーとシャシーだけだったようだが、そのうちホイールも鋳造し、最後はエンジンまで(板バネ以外、ギアに至るまで)鋳造してしまうという徹底ぶりだった。

 究極のカスタマイズであるので、チューゾーさんが作った鋳造チョロQは数点しかなかったはずだ。

 そのチュウゾーさんの作品は、ちびっこチョロQ第8弾のシークレット、金と銀のR34GTRに影響を与えている。このチョロQはチューゾーさんの作品と同じく金属のボディーを持つ。もちろん鋳造はボディーだけで、チューゾー作品のようにエンジンやホイールまでは手が回っていない。

 こちらも、もちろん公式にはチューゾーさんの名前は出ていない。もし、しつこくメーカーに問い合わせれば、純金製、純銀製チョロQの前例や、今ならトミカの名前も出るだろう。しかし、チューゾーさんの作品にインスピレーションを得ていることは間違いあるまい。画期的な製品を生み出すために、外部の刺激を利用するのは決してまちがった方法ではない。そして、メーカーに刺激を与えたチューゾーさんこそ賞賛されるべきである。

 かつてチューゾーさんはホームページとブログで自身の作品や、作品の製作経過を公表していた。詳しいことはわからないが、彼にとって鋳造は本業であり、チョロQ作りはその余技であったようだ。

 しかし、彼はある日突然ホームページも、ブログも閉鎖してしまう。なにか事情があって職業を変え、余技のチョロQ作りも止めてしまった。

 残念なことに鋳造チョロQも全て鋳潰してしまったそうだ。

 今、手元に彼の作品についての資料が全くないので、全て記憶をたどりながら書いているのだが、その出来栄えはまさに工芸品の域を越え、美術品と言っても過言ではなかった。

 特にチューゾーさんの作品は、民俗学関係の博物館に収蔵されてもおかしくないほどの精巧さだっただけに本当に残念だが、チューゾーさんの第二の人生を影ながら応援するばかりだ。


 英語にremarkable(リマーカブル)という言葉がある。”注目に値する”とか”顕著な、重要な”という意味である。私にとって、この二人こそ、まさにリマーカブルなのである。



更新しないとランキングも急降下、現在200位台です(泣)。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-10 17:43:24

ミウラ コンセプト

テーマ:
miutra2
miura1
miura3

  今年1月のデトロイト・モーターショーで発表されたミウラ・コンセプト。チョロQの記事を書いている時にいろいろ検索しているうちに、この画像に行き当たった。

 この画像、あらゆるメディアに同じものが載っていて、どうやらメーカーの配布したオフィシャル画像のようだ。

 メーカーによる旧車のリメイクというと、フォードGTがあるが、このミウラも本気で作るのだろうか。

 初代?は横置きエンジンだったためタイヤサイズなどに制限があったようだが、今度のも結構後が短いなあ。

 くれぐれもGT300で走らせようなんてことは考えない方が良いと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-06-08 21:14:51

一番身近なチョロQ

テーマ:チョロQ
keitai

 よくチョロQ関係のホームページやブログで、『一番好きなチョロQは何か』とか『一番チョロQにして欲しい車は何か』という問いかけがされる。かく言うこのブログでも、先日この手のアンケートを行ったが。

 さてでは、一番馴染みのあるチョロQは何だろう。

 私の場合はこのカルソニック・フェアレディZ、光る携帯ストラップだ。とは言っても電池をかなり前から取り替えておらず、今は全く光らないのだが。

 このチョロQをSO505iに付けている。携帯はいつも身に付けているが、”スーパーB級コレクション伝説 ”の画像もほとんどこの携帯で撮っている。この機種は蓋を開けずに横位置で写真を撮れるので、よくデジカメと間違えられる。

 この携帯は何年か前にY電機で1円で買ったもの。Zもディスカウントショップで半額以下で購入。日本のデフレはいつ終わるのか。景気は良いらしいが、本当にそうならば(実感がないのだが)、今までの経済理論で説明しきれないスパイラル(ねじれ)が起こっているのではないだろうか。

 あなたの一番身近なチョロQは何でしょう?


クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-07 21:16:16

左近よ、お前もか!

テーマ:レース

 山本左近 渡英。

 スーパーアグリF1のサードドライバーに。


 やっぱり、でも今アグリか?今さらサードドライバーか?

 Fポンはともかく、GTを捨ててまで・・・F1って魅力的なんだろうなあ。



クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-06-06 20:13:23

アルファロメオ・コンセプトカー

テーマ:
alfa

 昨日で終わってしまったのだが、丸ビルのイベントスペースで行われていた『ロハスデザイン・ウィーク2006』というイベントに出品されていたコンセプトカーのモックアップ。

 動力付きのプラットフォームと、上に乗せるカプセルを組み合わせることにより、様々な状況で使えるというもの。



ベロタクシー

 同じイベントにこんなものも出ていました。

 最近丸の内でもよく見かけるベロタクシーの模型です。トレンドは卵型、かな?


丸ビルのイベント情報


ブログランキングは80位ぐらいです。クリックに感謝!♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。