2005-07-30 12:05:18

ディズニーランド限定トミカ

テーマ:ミニカー
 5年ぶりにディズニーランドに行って来ました。その顛末は兄弟ブログ”スーパーB級コレクション伝説”で紹介するとして、今回園内で買った限定トミカの紹介です。
 
 左から『ミッキーのロードスター』『ビッグバッドウルフのストリートロッド』『ドナルドのサーフワゴン』です。ロック・アラウンド・ザ・マウスというショーに出てくる車で、実はもう1台『ミニーのコンバーティブル』というのがあったのですが、買いませんでした。
 これがチョロQなら当然全部買うところですが、トミカのコレクター諸兄には申し訳ないのですが、食指が動かず、私が買ったのは真中のストリートロッドだけ。後は娘と息子の所有物です。

 ストリートロッドは派手なフォルムとファイヤーパターンが気に入っているのですが、実は出来が一番いいのはサーフワゴンで、一部別添付のシールでの仕上げとなっているものの、ボディー横の浮き輪や装飾がボディーと一帯成型で表現されています。
 
 他にも、パークの周りを走るバスや、ウェスタンリバー鉄道の蒸気機関車、グランドサーキット・レースウェイのゴーカートなど、TDRではトミカを良く見かけました。
 トミーはスポンサー(ウェスタンリバー鉄道)になっているので当たり前なのでしょうが、トミー・タカラの誕生を機にチョロQの登場も期待したい。
 ちなみに今回、ディズニーランド/シーではチョロQは一つも見かけませんでした。
 例のインディー・ジョーンズも販売が終了しているようでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-29 18:46:15

新パッケージ

テーマ:マジョレット
 しばらくマジョレットとはご無沙汰していたのだが、久しぶりにスーパーに行ってみるとマジョレットのパッケージが一新していた。
 今度のはご覧の通り、シトロエン・クサラWRCがプジョー307、フォード・フォーカスそしてナゼか横向きのスバル・インプレッサを従えてこちらに迫り来るようなデザインである。この一つ前のデザインもWRCのマシンを中心にしたデザインだったが、今回のはWRCオンリー。
 まだ捕捉は出来ないものの、クサラやフォーカスも当然ラインナップされていると思われるので、今から楽しみである。


 まだ2軒(同系列の別店舗)のスーパーでしかこのパッケージは見ていないが、内容は大きく変わっていないように思える。
 しかし、この四輪バイクの青メタは今回新パッケージで初めて見た。隣の赤は以前から良く見かけたのだが。
 息子用に買った物だが、ホットプレスのホイールがボディーと同色で、とても美しい。フィクションとノンフィクションの境目といった所だろうが、こういうセンスはさすがと言わざるを得ない。

 ところで、新パッケージの裏に”うぇぶ かばや”会員募集中!!と書いてあったのでさっそく登録して、「お菓子について」というアンケートをやったが、食玩についてかなりウェイトを置いたアンケートだった。
 アンケートに答えると謝礼ももらえるようです。会員向けにマジョレット・モータースポーツ・セットなんていうのを販売してくれないかなあ。

うぇぶ かばや 会員募集のページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-26 19:20:28

今月の新製品その3 ザナヴィニスモZ 2005年型 そして2004年型 

テーマ:チョロQ
 ザナヴィ・ニスモZ。
 ニッサンのワークスマシンである。昨年はゼッケン1 本山・ライアン組が見事に優勝し、東銀座の日産自動車本社前まで優勝報告会を見に行った事を思い出す。

 画像左の2004年型のゼッケン1は、昨年秋のニスモフェスティバル限定で、ハセミZとのセットで発売された。
 右が今月発売された2005年型ゼッケン1だが、2004年型と比べ、スポンサーステッカーの位置はもちろん、微妙なカラーリングの違いも忠実に表現されている。

 2005年型は空力を煮詰め、フロント・リアのオーバーフェンダー部分がドラッグを減少するために直線的でエッジの効いた形状になっているが、これも新金型で見事に表現されている。
 新金型と言っても、R1・R2のようにガラッと換えるのではなく、実車で変わっていない部分は全く変えていない。このやり方は非常に好感が持てる。
 いかにデフォルメが売り物といっても、やはりモデルカーというのは、あくまでも、まず『実車ありき』であるべきで、実車の歴史・沿革というものを尊重すべきだと思う。
 変わっていない、つまり継続性があるものを、わざわざ雰囲気が変わってしまうほどの新金型を導入する必要はない。
 このZの企画は非常にセンスがいいと思うのだが、R1/R2のチグハグさはどうしたことなのだろう。やはりこのあたりが今のタカラの姿なのだろうか。
嗚呼。

昨年12月の優勝報告会の記事です
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-26 13:41:45

Mac キューブ

テーマ:チョロQ
 古いコレクターの方にはおなじみ、マクドナルドとのコラボレーションのキューブである。
 この製品、なぜか私はリアルタイムで遭遇していない。
 日本にいない時だったのか、コレクションにやや熱意を失った一時期に発売されたものなのか。後にコレクションBOXに出ていたものを購入したのだが、いつ発売されたものだったのか。
 
 実は今週は夏休みで、この黄色いキューブは月曜日に中野ブロードウェイをぶらついていた時に、300円で出ていたバラシ。
 状態は中の下。キレイになるだろうとおもった裏の刻印の汚れがなかなか取れずにショック。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-25 20:50:16

今月の新製品その2 スバルR1 そしてR2

テーマ:チョロQ
 スバルR2は木村カエラというモデルを最近CMに登場させていている。『セッパク、マツバ、ルリ(雪白、松葉、瑠璃)・・・』とやるアレである。女性を意識したCMと見るが、オトーサンも大好きである。
 さてチョロQだが、今回の新製品はR1、R2は昨年4月に発売。2が先で後から1と言うのはなんとなく違和感を感じるが、実車がこの順番で発売されたので仕方がない。
 今回のR1、R2とは全く別の金型を使っている。最近のスバルの特徴的な飛行機の胴体と羽を表したフロントグリルもR1の方が”胴体部分が”やや大きい。全体的にR1の方がR2よりもやや角ばった感じだ。

 さて画像の手前の青いR2は、MARKさんのブログのプレゼントで貰ったカスタムチョロQです。
 なかなか紹介する機会がなかったのですが、やっと約束を果たすことが出来ました。MARKさんとしては軽い改造で、自作のデカールを貼っただけですが、その細工の細かさにはいつもながら感心させられます。

 R1とR2。同じコンセプトで造られた双子車なのだから、わざわざ大きく金型を換えずに、フロントやリアの部分はR2を生かした方が面白かったと思うのだが、どうだろうか。

R1のウェブサイト
R21のウェブサイト
木村カエラのCMはココから
木村カエラのホームページ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-25 18:49:34

今月の新製品 ヴィッツ&ヴィッツRS (RSはバックシャン)

テーマ:チョロQ
 今月の新製品、スタンダード59番ヴィッツは、同じ番号で初代との入れ替わり、画像の赤いのはQ-SHOPパックのRSである。
 全体のバランスが良く取れていて第一印象は◎。
ドアやボンネットを表現する筋彫りもシャープで良い。ファンクラブの初代チョロQもドアノブがペイントで表現されていたが、このヴィッツでは彫刻。ドアノブを積極的に表現するのがこれからの流れなのか。
 秀逸なのはRS。RSの特徴のLEDテールランプが見事に表現されている。ウチのボロデジカメで上手く画像がUPできないのが残念である。
 今までのQ-SHOPパックは値段が高いばっかりで、ガッカリさせられるものが多かったが、今回のヴィッツRSはこのテールランプだけで充分500円の価値はある。
 これからもこういう企画を望みたい。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-21 21:16:16

今日届いたもの

テーマ:チョロQ
 クサビ、くさび、楔型。英語で言うとウエッジ・シェイプ。
 今日会社から帰ると、パソコンの前にこの箱(?)が置いてあった。タネを明かせば、チョロQファンクラブ事務局からの小包。そう、中には例の初代チョロQが入っています。
 チョロQの出来は・・・ちょっと手を入れすぎかな。
 ドアの取っ手を着色しているのは面白いなと思ったが、窓のモールはちょっとうるさい。小さ目なフロントガラスに大きすぎる車検ステッカー。ボンネットの白の塗り分けと黄色いヘッドライトもオモチャっぽくていただけない(オモチャだけど)。

 チョロQのブログなのに、ここのところ全くチョロQの話題が登場せず、たまに登場したと思えば、小包の箱の話題。読者が減るのも道理か・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-17 07:10:24

GOLF GTI CUP

テーマ:レース
 7月3日、ツインリンクもてぎにいってきました。話題が前後して恐縮です。
 今回は前日にサーキットに近くで泊まりだったので、前日の練習走行の取材をしたかったのですが、なにしろ到着したのが6時半で、走行は全て終わった後でした。
 さてレース当日。この日は16番ポスト、バックストレートの入口、ヘアピンコーナーの立ち上がりです。
 この日はF4やらヴィッツやら、盛りだくさんで、とくにヴィッツは台数が多い上に接触が多くて大変でした。前回のレースで、走行をめぐってレースの後でドラーバー同士が小競り合い、なんてことがあったらしく、監視するこちらも緊張しました。

 さてワタシ的なメインレース、GOLF GTI CUPです。
 今年はポルシェカップから戻ってきたDUOの坂本がダントツの速さを見せているのですが、このレースも途中まで20番永松が食らい付いて、あわやと思わせるシーンもあったのですが、そこは経験の差か、次第に坂本に話されて、ファイナルラップには50メートルほどの差になっていました。
 結果は1位55番坂本、2位は20番永松。99番チョロQレーシングチームの岩本は総合5位、クラブマンクラス1位。
 岩本選手、どうやら今回はマシンの調子がよくなかったようで、予選でも時間前にピットに入ってしまいました。

 画像はチェッカーフラッグを受けた後のパレードラップでライトをパッシングし、クラクションを鳴らしてコースサイドのオフィシャルの祝福に応える坂本。オフィシャル冥利に尽きる瞬間である。
 坂本はニュービートルの頃からずっと見てきているので、活躍の楽しみな選手である。契約の問題とかあるのかもしれないが、色々なクルマに乗り経験を積んで、早くステップアップしてもらいたいものだ。東名サニーに乗らんかなー。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-10 19:36:20

JCCAクラシックカー・フェスティバル

テーマ:レース
masami 仕事とレースで忙しくてなかなか更新できませんでしたが、先週はモテギ、今週は筑波、来週も筑波と大忙しです。
 影山正美。本当に好きなんだねレースが、こんなローカルレースに普通こんなに何回も一流ドライバーは出てこないものだが。
 いかに東名パワーのフルチューンといえども、1300ccのサニーで3000ccのZに立ち向かうのはなかなかきつく、影山はこのレースではまだ勝っていない。
 本人はマジで勝ちたいようで、第二ヘヤピンで、インからアウトから、ものすごいバトルを見せてくれた。
 どうしても抜かせない75番吉田Zにこぶしを振り上げる影山。まるでF1のバトルを見ているようだった。
 写真は、チェッカー後のパレードラップで”どうだ!”とばかりにガッツポーズをする影山。結果は今回も2位だったが、いつかきっと1位になる日まで、彼はこのレースに出場し続けるのだろう。

さて、このブログの画像の保存容量が限界になりつつある。
どうしたものか・・・

 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-09 19:43:23

モナコ

テーマ:有名人
 デューク更家の家は、モナコのF1コースのトンネルの上のマンションらしい。お友達になって招待してもらいたいものだ。
 そういえば更家の娘がネルソン・ピケの娘と小学校の時同級生だったと、オートスポーツ誌か何かで読んだことがある。
 羨ましい。

デューク更家のウェブサイト
ネルソン・ピケの情報
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。