1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 22:45:30

プジョー206 ラインナップ

テーマ:マジョレット
プジョー206達 マジョレットのコレクションというのは一期一会的なところがある。
 この画像の右奥の金色の206CCガブリオレは、実は最初現行のWRCマシン307のベース車両の307CCだと思い込んでいて、「ノーマルはいいから、早く(307の)ラリー車出ないかなー」と思いつつ、買わなかったものである。
 その後、307WRCが出て、それならベース車と並べて写真を撮りたいと思いつき、あちこち探し回ったのだが、今度は全く見つからない。やっと見つけてブリバリしてみれば、実は206だったと言う笑い話である。
 
 おそらく現在日本で手に入る全てのマジョレット・プジョー206である。
左手奥からWRCカーのベース車両、水色のXS、その隣がハードトップを持ったガブリオレCC。そして手前にラリーカー3台。真中のシルバーのマシンは重鎮S氏から譲っていただいたものである。
 こうしてノーマルと並べてみると、WRCはだいぶデフォルメしているのが良くわかる。ずいぶん華奢なフォルムである。その華奢なボディーに、このクラスのミニカーとしては精密なカラーリングを施し、シャープでスポーティーな印象に仕上げている。
 307CCもほしい!

PEUGEOT 206
PEUGEOT 206 Motor Sports
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-29 18:09:24

ナンだこりゃ

テーマ:ブログ
 登録すれどもアメブロのpingとの相性の悪さで、最近はほとんど見に行かないBlog Runkingの自動車ランキングを久しぶりに覗きに行くと、『新型ステップワゴン情報ブログ』と言うのがダントツの首位である。
 アホらしい。コメントもトラックバックも付いていないのに、この大量のアクセスが組織的なもの以外何者でもないのは赤ん坊でもわかる。まあマーケティングの新しい手法なのだろうが、こつこつ地味にブログを作っている身としては怒りを覚える。
 なにもこれ見よがしにランキングの登録しなくていいだろうに。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-29 17:52:53

キューブ

テーマ:チョロQ
きゅーぶ ステップワゴンの記事でも触れたが、クルマを買い換えたいと思っている。
 ターゲットは7~8人乗りのミニバン。実はこのキューブにもキューブ・キュービックという7人乗りのロングボディーの設定があって、一応候補としてあげていたのだが、今回改めて見ると、三列目が余りにも狭く、候補から外した。こういう角ばったスタイルは好きなのだが。
 28日、第四土曜日だということを忘れて、気合を入れてディーラーを回ったために高い収穫率を記録した。

 実車の雰囲気を良く捕らえています。特にフロントマスクが良い。同心円のスタイリッシュなホイールも忠実に再現されています。
 細かなライト類の着色が非常に丁寧です。これは手作業ではないでしょう。
印刷に近いような方法を取っているのか。
 一度工場見学してみたいなあ。

新型キューブのウェブサイト
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-28 17:49:42

ポルシェ911GT3 クリア

テーマ:チョロQ
ポルシェ 発行人の知り合いにユウさんという人がいて、レースの世界ではなかなかの大御所なのだが、若輩者の発行人などにも気さくに声をかけてくれる人である。
 そのユウさんが、二月に都内某所で会った時に『今度会ったらあげる』と言っていたのがこのポルシェのクリア。
 二月以降、海外出張に行ったり、インフルエンザで倒れたり。なにせ相手は大御所なので動静はわかるものの、こちらから全く連絡がとれない。
 そんなユウさんと先日富士スピードウェイでばったり。『ああ、ゴメンゴメン、会ったら渡そうと思ってずっと持ってたんだ』と言いながら大型のカメラバックの底から取り出して、ハイと目の前に突き出した。

 このポルシェは、2005年のポルシェ・カレラ・カップの発表会で関係者に配られたもの。裏の刻印はなく、ケースもない。透明のピニールに入っており、製造日と思われる”20050117”の数字が押されたシールが貼ってある。奇しくも発行人の誕生日と同じ日付。何か縁のようなものを感じる。

 ユウさん、ありがとうございました。

ポルシェ カレラカップ ジャパン 発表会
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-28 17:30:03

アルファロメオ GTA1300 ジュニア

テーマ:チョロQ
ALFA GTA 2年ほど前、カーグラフィック誌が企画し、販売されたセット。
 正式にライセンスを取っている唯一のアルファロメオ・チョロQである。
 6000円という価格で販売され、当時『最も高いチョロQ』の名をほしいままにした。
 先日の富士で、このセットが非常に高値で取引されていると聞いた。それでもネットで12000円くらいでの取引と聞いていたのだが、富士から帰ってきた次の日、クマさんから『中野ブロードウェイのD車輪で42000円で売ってる!』という話を聞き、まさかと思いながら見に行くと、本当に42000円の値札が付いていた。
 驚きである。この話を家族にすると、嫁と娘は、売ってディズニーランドに行こうと大騒ぎ。売らねーヨ。
 この画像のものは、CG誌の読者プレゼントで貰ったもの。ケースの内側には日本モータージャーナリズムの重鎮小林彰太郎氏とCG誌加藤編集長のサイン入り。
 今回改めて刻印を見ると、右手のレーシングタイプがCO-012、ノーマルがCO-013だった。刻印違いはないと思うのだが・・・。

Web版カーグラフィック誌 Web CG
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-24 23:04:57

TOMY COMPANY, LTD.

テーマ:チョロQ

  新会社タカラトミーの英文商号である。

 つまり新会社からリリースされるチョロQの刻印にはTOMYの文字が入るわけだ。

 富士のグランドスタンドでこの話題になったとき、多少のことには動じない歴戦のコレクター諸氏もさすがに沈黙した。

 せめてカタカナでタカラトミーと入れてもらえないだろうか、富山社長。


プレスリリース

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 22:11:05

富士チャンピオンレース+VW おまけ

テーマ:風景

Lecsus

 富士スピードウェイのメインゲートをくぐって少し行くと、右手にこの建物が見える。

 入口には”LEXUS”の文字。エッ、こんなところにディーラー?と思ったが、実はこの建物は富士レクサスカレッジ、2億円をかけて作ったレクサス専用の研修センターである。

 先日お披露目を行ったトヨタの高級車ディーラー、レクサスだが、さすが気合の入れ方が違うね。金持ちは違う。というよりこれだけの投資を確実に刈り取るのがトヨタだし、確実に回収できると思うから作るのもトヨタ。

 トヨタのやることだからレクサスもきっと儲かるんだろうなあ、という気分になってる、世間一般に。なってないか?

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 22:02:45

プジョー206

テーマ:コレクション

206in Padock

 佐賀太郎さんから譲ってもらったプジョー206をさっそくブリバリして、サーキットのパドック風のジオラマに置いてみました、と言うのは真っ赤なウソ。

 先日、富士のAパドックで見かけたクルマ。派手なカラーリング、派手なエアロ、だけど中身はノーマル。確か1,2年前に正規ディーラからリリースされたものと記憶している。

 40を過ぎると恥ずかしくてこんな派手なクルマには乗れない。エアコンは付いているのか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-22 22:20:51

富士チャンピオンレース+VW

テーマ:レース

 年に数回観客としてレースを見に行くのだが、全てフォルクスワーゲンののレースである。

 CRT(チョロQレーシングチーム)を、チョロQのコレクターが集まって応援するのだが、レースも然ることながら、近況やコレクションの情報など、お互いワイワイやるのが楽しく、いつも楽しみにしている。


 5月21日。

 めずらしく土曜日のレースとなったこの日、初めて一般道で富士に向かう。国道246を一路西へ、途中朝食を買うために足柄のサンクス、マジョレットの探索にイオンの秦野店と二箇所に停まって約3時間かかった。途中流れが悪いところは数箇所あったものの、渋滞ほどと言うほどではなく、ストレスのないドライブだったが、今回わかったことは東京から静岡県小山町までの道程、松屋が一軒もない!

 この日の朝食は松屋のカレー、あわよくば今月発売のスープカレーを食べようと思っていたのだが、とうとうかなわなかった。吉野家は幾つかあったのだが。



 メインゲートから入ってコースまでの途中、富士見道路と言うらしいが、富士山が見事である。リニューアルイベントの時はここをひたすら歩きました。







  この日のメインレースは富士チャンピオンレースなのだが、サポートレースのフォルクスワーゲンにすっかり主役の座を奪われている。

 この日の富士スピードウェイはどこもガラガラで、ピットで話す声がグランドスタンドで聞こえるぐらいだったのだが、VWのホスピタリティー・テントが置かれたBパドックだけは別。

 ゴルフGTIカップ、Lupo GTIカップ、VWレーシングカップの開幕戦、そしてサーキットトライアルと盛りだくさんで、パドックの賑わいと華やかさはまさに最高潮である。




 パドックに入って一番最初に目に入ったのがこのディアブロ。真っ黒なトランスポーターがちょっと危ない雰囲気です。




 ランボールギーニのパドックの様子はこんな具合。皆さん気合入ってました。

 この日はそのほかにもF4のレースもありました。




 VWのパドックにはなんと初代CRTドライバーの坂本選手が。

 今年は再びDUOのドライバーとして参戦する。

 テレビの取材中のワンショット。インタビューアーはカーグラフィック誌の加藤編集長。自身もカーナンバー5で参戦。




 さて、これが今年のCRTのウエポン、ゴルフGTI。ドライバーは岩本匡史。去年はカストロールチームからルポGTIカップを戦っていた。今年もクラブマンなの?

 昨年までの可愛らしいカラーリングと打って変わって、今年は攻撃的なカラーとなった。デザインしたのは誰?




 こちらはDUO坂本号。

 いつものカラーリング、いつものカーナンバーである。こうしてみるとルポよりだいぶ大きいのが実感できます。

 坂本君、今年優勝したらF1のテストおねだりしたら?




 VW名物(?)ケータリングサービス。

 ケータリングサービスだけではなく、VW=コックスのホスピタリティーは年々豪華で手際良くなっている。

 今年からポルシェカップの運営を任されたが、このホスピタリティの良さも一因ではないだろうかと思う。

 来年は応援団ではなく、関係者の一員としてこのテントの中にいたいものである。

 しかしそうなるとオフィシャルが出来なくなるが・・・





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-22 22:17:53

富士チャンピオンレース+VW その2

テーマ:レース

 ゴルフGTIカップのスタート直前のひととき。 ポールポジションは55番DUO坂本。白いゼッケンのエキスパートクラスに混じって、黄色いゼッケン、クラブマンクラスの99番CRT岩本号は予選三番手。









 レースは大きな波乱もなく、ほとんど予選の順位のままフィニッシュを迎えた。

 クラブマンながらエキスパートに混じって総合3位の岩本は見事だったが、ポールの坂本がブッチギリの優勝で、レースとしては面白みが全くなかった。

 ノーマルの2000CCクラスの車には、富士のような大きなコースよりは筑波のような短くてテクニカルなコースのほうが向いていると思う。

 それにしてもブッチギリと言うのはいただけない。VWのトップカテゴリーはルマン・ドライバーの荒をスポットで迎えるほどレベルが高かったのだが(しかもその荒が勝てなかったのだ)・・・

こうなってくると筑波や鈴鹿で小競り合いをしていた頃が懐かしい。






 Aパドックのガレージの中で、スタート前の最後の調整を行うF4。まさにエンジンの世界である。










 F4の決勝。ヘヤピンカーブの模様。

 はっきり行ってゴルフGTI以外まともに見ていませんでした、すみません。










 ヘアピンを抜けるヴィッツ2台。 今年も旧型でシリーズを行うようだが、来年はどうなるのか。トヨタは旧型車を引っ張るのが好きだが、さすがにヴィッツは引っ張れないだろう。









 ダンロップコーナーからネッツコーナーを望む。

 ホッケンハイムのスタジアムセクションのような雰囲気のこの区間は、間違いなくこのコース最高の観戦ポイントだろう。

 F1開催の時は画像の手前のダートにも仮設のスタンドが作られることだろう。







 ショートコースと、旧コースのバンク。

 実はこの日一番見たかったのがこの風景だったのかも知れない。

 富士名物のこのバンクを、日本のレースの黎明期を作った何人もの英雄達とマシンが走り去っていった。

 現在はメモリアルパークとして公開されているが、この日は工事中で残念ながら中に入ることは出来なかった。



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。