1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-01-31 23:47:07

チョコQ

テーマ:チョロQ
 土曜日、朝6時。
 ジャスコって大きな会社なのに、食料品売り場だけと言えども24時間営業って言うのは凄いね。おかげで何の恥ずかしさも感じることなく、バレンタインコーナーに入ることが出来ました。
 見た目はまさにチョコレート。チョコエッグを思い浮かべるのは発行人だけではあるまい。企画としてはかなりのHITなことは間違いない。
 これぞ”チョコQ”と呼びたいところだが、そうは行かないのはご存知の通り、タカラには海洋堂が移籍したチョコエッグ改めチョコQが存在するからだ。しかしこの企画の担当者、相当悔しがっているのではないか。
 車種はZ32、2000GT、ヴィッツだが、ヴィッツはウインドーとボディーを一体成型にする現在の生産方式になってからの型なので、通常はクリアで成型してボディーに色を塗るという製造方法を取っている。今までこのヴィッツで成型色(クリア以外の)を見た記憶が無いのだが、そういう意味でも意外と珍品かも知れない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-27 22:51:45

これが噂のQVOLT

テーマ:
 宮川でから揚げを食べ、取引先で会議を済ませた帰り道、久しぶりに日本橋GARAGEに寄ってみると、ありましたよQVOLT(キューボルト)。
 鳥山明デザインのQ-CARトラックである。
 トラックと言うだけあって、後部に100リットル以上入るという四角いトランクルームがついている。荷物がほとんど積めないというキューノの弱点を見事に克服している、って言っても199万円で9台限定。サーどうぞと言われてもナー・・・。
 携帯で写真を撮っていると、担当の人が話しかけてきて、適当に話を合わせていたのだが、「そういえば、電気自動車から撤退するんじゃなかったでしたっけ?」と言うと「いや、あれは新聞の先走った報道でして」と言うのだが、そうは言っても今まで販売した電気自動車のメンテナンスなどのサービスが中心となり、業務の拡張は考えていないということだった。まあ、”当たらずも遠からず”というところか。
 今までのタカラの電気自動車の中では一番実用性の高いデザインだ。屋根も付いているし、ドアも付いている(しかも両側!)。窓ガラスは無いが小雨程度なら問題なさそうだ。 
 三月の発売に向けて予約を受け付けているそうだが、まあ頑張ってほしい。
 それにしてもバランス悪そうだなあ、重心高くて。

☆☆ランキングが復活しました!☆☆
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-01-26 22:30:41

マジョレット ポルシェ

テーマ:ミニカー
 今、エコノミストの森永卓郎氏『ミニカーから全てを学んだ』(えい出版社)という本を読んでいて、この本によるとマジョレットは本国フランスでも、日本と同様ミニカーのコーナーで売られることがあまりなく、なかなか手に入りにくいようだ。世界最大の小スケールミニカー・メーカーだそうだが、不思議なブランドである。

 さて、ポルシェ996である。高田馬場のPというスーパーで入手。この店、台紙から外して棚の一番下の一番端という、およそ力を入れていないのが丸わかりの場所においてあるため、期待通り全く売れず、2ヶ月の間ほとんど車種が変わらないという店だが、以前インプレッサを入手したことがあり、念のためにと時々覗いていたのだ。
 この日、期待せずにいつもの”ハジッコ”をチェックすると、商品が増えている。ブルトーザーやオヤジ車をかき分けて奥を見ると、この996が出てきたと言う訳だ。

 ボディーには”2003GT2”と大書きしてある。デモンストレーションカーやモーターショーの展示車などに良く見られる手法だ。








 しかし、良く見るとリアのボンネットの上に”SAFETY CAR”の文字が。とするとフランスの国内レースで使われたセーフティーカーなのか?しかし、セーフティーカーに必ず付いている屋根の上のランプが付いていない、当たり前のように。この開き直りがラテン系でいいですね。
 しかし、こんなに次から次へと新種が現れるんじゃ、しばらく魔女狩りは止められません。


ランキング復活!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-24 22:17:24

サンダーバード・クラッシック

テーマ:チョロQ
 新宿歌舞伎町のセブンイレブンで購入。拙宅の周りではとうとう発見できずに、新宿に行ったついでにたまたま入ったこの店で箱が開いてはいるものの、全く手付かずの12個を一括で入手。
 
 内容は1号、2号、4号、ジェットモグラ、ペネロープカーで、それぞれノーマル塗装とリアル塗装。リアル塗装と言ってもちょと汚れている程度なんですが、ジェットモグラと4号はそれなりにイイ雰囲気です。

 









1箱12個買って、
 1号:ノーマル2個、リアル1個
 2号:ノーマル1個
 4号:ノーマル1個、リアル1個
 ジェットモグラ:ノーマル2個、リアル1個
 ペネロープカー:ノーマル2個、リアル1個
という内容でした。


 前回の実写版が、ちびっこチョロQというにはあまりに大きく評判が悪かったので、さすがに反省したのか、かなりスリムになっています。
 特にジェットモグラとペネロープカーがキレがあってイイと思います。


 では、前回の映画(実写)バージョンがどんなにデブッチョだったかというと・・・

 右側が実写バージョン、左がお人形さんたちが活躍したクラッシック・バージョンです。左手前の1号だけが入れ替わっていますね、ゴメンナサイ。
 今回のクラッシックバージョンに比べて、実写バージョンがいかにデカかったか良く判ると思います。この中でデザイン的にクールでいいと思うのは4号かな。後は全くダメ。
 特にペネロープカー。サンダーバードだからってフォードのサンダーバードを持ってくるなんて、まるでアイデアにひねりの無いオヤジギャクのような企画である。そもそも大衆車のサンダーバードが名実ともに最高級車であるロールス・ロイスにかなうわけがなく、ネオクラッシックのフロントグリルが滑稽を通り越して哀しみさえ感じさせる。
 一見1号がシャープでカッコよく見えるが、これもアシモが一晩でターミネーターになってしまったようで、なんだか異質感を感じる。
 確かに、人形がテグスをキラキラさせながら動くクラシック版は、メカニズム設定、劇中での科学理論など、今では小学生でも言わないような稚拙で古臭い物が多いが、デザインのセンスは非常に高質だったと思う。
 新しさ・独自性を出したかったのかも知れないが、実写版はもう少しクラッシックのデザインエッセンスを取り入れてもよかったのではないか。

 ところで、未だに2号のリアル塗装が手に入りません。もしお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひご協力を。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-01-23 13:32:04

スープラとNSX

テーマ:チョロQ
 今月の新製品、スタンダードはなく、セリカLBのQショップ・スペシャルとこの超リアル二台である。

 ウッドワン・スープラ。
 型は昨年出たデンソー・スープラと同じもの。ステッカー類の印刷も非常に精密に表現されています。








 実は発行人はこのウッドワン・スープラのコックピットに座ったことがあります。
 旧モデルでしたが、池袋のアムラックスのTRDのコーナーに展示してあって、係りの人に断って乗り込むことが出来たのです。頑強なロールバーが複雑に張り巡らされ、非常に乗り降りが困難だったのを覚えています。






 



 もう一台のARTA・NSX。
 スープラに比べるとスポンサー・ステッカーも少なく、寂しい印象は否めません。テールランプが省略されています。ボディーカラーのオレンジに溶け込むからと省略するのではなくて、濃い赤などできちんと塗ってほしいものです、1200円という値段を考えれば当たり前なのでは?
 
 ARTA。GTだけでなく色々なカテゴリーに進出しており、発行人がオフィシャルとして参加するレースでもこのオートバックス・カラーのマシンを時々見かけます。オレンジと白のデザインがサーキットによく映えます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-01-23 12:21:01

セリカリフトバック

テーマ:チョロQ
 ここのところマジョレットのことばかりを書いていて、いい加減呆れられてしまいそうなので、このあたりでまとめてチョロQの話題を書きたいと思います。

 セリカリフトバック。
 車好きの間ではセリカリフトバックといえば、72年に登場した。初代である。ダルマセリカにギャランGTOの後部を移植したようなスタイルは、完全にギャランの物まねに思え、当時の発行人(13歳)は大いに憤慨したものだが、未だに熱烈な愛好家が多い。今度のチョロQ化もこちらの方だと思っていたのだが、実際にモデル化されたのは77年に発売された二代目である。初代と違って最初からLBとしてデザインされたようで、全体に統一感のあるフォルムだ。
 発行人にとってはあまり印象的な車ではないのだが、この車の最上級クラスにXX(ダブルエックス)の名が付けられ、それがやがてスープラへと発展してゆくことになる、トヨタにとって歴史の一里塚となったモデルである。

 チョロQを見ると、ヘッドライト周りの銀の塗装が旧車っぽくってイイです。しかしLBの豊かな長いキャビンの表現が中途半端になってしまっており、残念です。中国の旧正月の影響で製造と販売チグハグになっているようだが、2月のスタンダードの色違いにはぜひとも白を入れてほしいものだ。
 それにしても今回のQ-SHOPパック、セリカLB GTラリーとなっているのだが、ラリーっぽいカラーリングが一つもないのはどうしたことだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-23 12:13:57

メルセデスSLセット

テーマ:チョロQ
 JAFの通販で3990円。
 実はこのセットの内容は別バージョンだと勘違いしていまして。当然中身は同じです。出来がいいのは以前紹介したとおりですが、またかさばるものを買ってしまいました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-16 09:20:07

マジョレット プジョー206

テーマ:コレクション
 プジョー206。
 赤の#1を捕捉以来、『あとは銀だ』と探し回っている時に、近所のスーパーで見つけたのがこのクラリオンカラーの#21。このバージョンの存在を知らなかったので、見つけたときはちょっと信じられない気持ちだった。
 アーティスティックなカラーリングに、ノーズには"Clarion"の文字、サブ・スポンサーとして"PEUGEOT FINANCIAL SERVICES"の文字も。
 以前カバヤにマジョレットをHPで取り上げてほしいとメールを出したら一応取り上げてくれたが、まだ形だけ。現行品を全部紹介してくれないものか。

大変だあ、ランキングから消えちまった!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-11 22:34:22

マジョレット パジェロ

テーマ:ミニカー
 今最も手に入れにくいと噂されるミニカー、マジョレットである。
 正月に幕張のカルフールに行った時に、さすがフランス企業、玩具売り場にマジョレットのコーナーがあった。しかし今話題のRACINGはなく、真っ赤な台紙にカバヤのものとほとんど変わらないラインナップが300円で売られていた。

 実はパジェロは好みでなかったので買っていなかったのだが、近所のスーパーでバージョン違いが三種類そろっているのを見つけ、思わず手が出てしまった(泣)。

 まずは台紙の絵にも載っているカーNo.205。PIAA、ラリーアートなどのスポンサーステッカーもリアルである。"OPTIC 2000"というイベントステッカーが貼ってあるので、このラリーレイド・イベントに出たプライベーターがモデルと思われる。
 屋根の上にもへり確認用のゼッケンが貼ってあり、実車雰囲気を良く出している







 この個体は台紙が古いのでもしかしたら一つ前のシリーズなのかも知れません。ゼッケンもなく、普通のお子様向け玩具という感が強い一品です。
 コレと上の205号車は半月ほど近所のスーパーにさらされていたのですが、前述の様にパジェロは守備範囲外だったので買わなかったのです。
 しかし・・・・・






 そしてある日、発行人はこのHP ヒューレット・パッカード カラーのパジェロを見つけてしまったのです。
 PCの画像では確認できませんが、ラリーアート、NGK、ミシュランなどのスポンサーロゴも白と青のボディーに映えます。
 ノーズに黄色いイベントステッカーがあるのですが、残念ながら文字が小さくて読めません。いずれにしろラリーレイドに参加しているプライベーターだと思いますが。ウィリアムスF-1と同じ白と青のカラーリング、いいなあ。実車を見てみたいものである。



 ココまで書いてみて、やっぱりブリスターのままだと写真がつまらんと、つくづく思う。しかしマジョレットに関してはブリバリする根性はありません、はい。

クルマのブログ検索はココ
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-01-10 10:57:22

としまえん フリーマーケット 

テーマ:チョロQ
 ちょっと更新をサボっているうちに、チューゾーさんはじめ強力なライバルが出てきた。ランキング機能が停止しているのでどのくらいか判らないが、相当下がっているはずだ。>ブログランキングではランキング圏外になっちまったし(笑)。 

 拙宅の生活圏内にある”としまえん”では年に数回フリーマーケットが開催される。秋口から春先の入場客が少ない時期に開かれるのだが、毎年1月には必ず開催される。
 9日土曜日、家族連れで繰り出したのだが、今回はいつもの1/3ぐらいしか出店が無かった。同じ日に西武ドームでもやっているので出店者が分れたのかも知れない。
 
 今年はチョロQを出していたのは2店、以前は掘り出し物を見つけたこともあったのですが、この日はこの4点。
 左からファイヤー・バード(№17)、ポルシェ924(№16)、R34スカイラインGT(№37)、ランチア・ラリー(№14)。4個で600円、いずれも絶版品なので掘り出し物といえないこともないか。
 愚息所有の恐竜フィギャの付属品でジオラマ風に仕立ててみました。

自動車のブログ 探すならココ</リンク
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。