チョロQ☆スタイル

チョロQの最新情報、コレクション、タカラトミー関連情報などを
キュートな視点でお伝えしたいと思います。


テーマ:
チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル

今日のテーマはQシリーズ。

NSX-CONCEPT
色はパール。
スーパーカーを手の平に乗せられるのはどこか
ワクワクします。小さいながら、特徴をよくとらえています。
忠実な再現でもありますね。
チョロQの中でも(旧)NSXは車高がかなり低い部類に入ると思われますが、
コンセプトもその路線で、ルーフ部分がややつまんだようにキュっとなっていて
チョロQのデフォルメらしさも感じられます。


{884B39B9-A536-4F6C-B29F-0DC5B8E35982:01}


{6BB0E5BE-7885-44A9-9A5F-99DAFDC8002D:01}
リアライトの塗装や造形はもう一歩といったところ。
ポルシェらしいというかアストンマーチンにやや似たNSXのリアライト。
こういったデザインは最近の主流なのでしょうか。
もう少しワイドな表現が欲しいと個人的には感じました。
逆にギュっとつまったところがチョロQらしさでもありですが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル


今日のテーマはQシリーズ。


かつてのSTD(スタンダード)(以下STD)という言葉は
なくなってしまいましたし、350円という価格も
変わってしまいまい、税別で550円に。

ファンの中では、「Q-XX」と言うシリーズがSTDに相当する
ものと思っていると思われます。タカラトミーのチョロQの
ページもだいぶ充実してきましたね。そのQから始まる
商品名のシリーズが発売されて約1年。18種になり、
働くクルマ、スーパーカー、などなど、車種も多彩になりつつ
あります。

一番、嬉しかった発売はやはりNSXのコンセプト。
後に記事にしますが、チョロQでコンセプトが発売されたのは
2001年のZコンセプト以来。GTRのコンセプトだって発売されて
いない中、NSXのコンセプトに対する想いや、その車業界での
話題性も感じさせます。今年の1月にF1ドライバーの、
フェルナンド・アロンソも欲しいというニュアンスの事を
ツイッターでつぶやいたというのがネットの記事になっており、
印象的でした。

今年、F12berlinettaを運転する機会があったのですが、
ブガッディなどの数台を除けば、多分、世界一の性能に
近いと思うのですが、やはり暴れ馬で、2速で軽く100キロ
は超えるし、恐ろしくコーナーも曲がります。一方で安全
運転すれば主婦でも運転できる高性能な車とも思った。
NSXの新技術の4輪を独立に制御というものは新しい
フィーリングなんだろうという想像ができます。
チョロQでもコンセプトばかりでなく、量産車のNSXの
発売も期待がかかるところ。

また、サギノミヤさんも言及されていて、同感だったのが、
タカラトミーの株主優待。これにチョロQが入れば、
チョロQに対する上層部の見方や、タカラトミーのイメージが
伺えます。

なかなか更新できませんが、9月はチョロQ月!
(ファンの中での想いもあり)ですので頑張ります。
世間は9連休もあるみたいですが、ここ数年生活環境も
変化し、逆にスタイルは明日から6連勤。

よいお休みをお過ごしくださいませ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを

キュートな視点で初心者にも丁寧に

お伝えするチョロQ☆スタイル


今日のテーマは「NSXタイプR」。

其の三です!


チョロQ☆スタイル-NSX typeR 99 60 front

左:STD99種時代の「NSX-R」

右:STD60種時代の「NSX typeR」


*STD…Standardの略称。通称STD。

     読み方は(エス・ティー・ディー、

     略称ながらスタンダードと読んでも

     いいと思います。)


クイズ?!補足、解説

前回の記事で90種と60種の違いが写真から

分かると書いたのですがその違いはボディ

の透明部分、スモーク部分に着目です。

NSXで言うとボディ上部ですね。

昔のほうが濃く、スモークながら透明度も高い

です。一方60種になってからはスモークの

透明度は落ちます。


名称

実車の名称変更「NSX-R」から「NSX typeR」

に伴いチョロQも変化しています。実車「NSX-R」

は「NSXタイプR」からの名称変更。なので90種

時代のは、初期型で、60種時代のは特別仕様車

でしょうか。型は同じながら名称を変更することで

仕様違いを意識させます。

チョロQ☆スタイル-NSX typeR 99 60 rear

左:STD99種時代の「NSX-R」

右:STD60種時代の「NSX typeR」


コインホルダー

99時代のは実車で使われたのと同じような

字体を再現していると思わます。「NSX」の文字が

白で、「R」の文字が赤なのも実車を思わせます。

STDナンバーは懐かしいです。


60種時代のはエンジン名が表記されてSTDナンバー

は無し。車名は記載されるものの、そのクルマ独自

の字体やオリジナリティは無し。そのことが逆に

おもちゃらしさを演出している気もします。


チョロQ☆スタイル-NSX typeR 99 60 reverse
左:STD99種時代の「NSX-R」

右:STD60種時代の「NSX typeR」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。