チョロQ☆スタイル

チョロQの最新情報、コレクション、タカラトミー関連情報などを
キュートな視点でお伝えしたいと思います。


テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル


今日のテーマは「崖の上のポニョ」。
新宿駅西口広場でのポニョのPR。
読売新聞の特別協力によるもの。
65枚の広告パネルがすべてポニョに。
キャンペーンは8月1日~8月31日まで。


アニメでのリサカーを見たかったのもあったので
ナイスタイミング。印象的なシーンを撮影しました。


ponyo4


ponyo3


ponyo5


ponyo1


ponyo2



リサカー

7月18日発売。映画「崖の上のポニョ」よりリサカー。
多くのネットショップでは既に売り切れていて、
下記の商品リンクはカーホビーショップ アンサー」
さんより。800円。定価は840円。


リサカーのチョロQ☆スタイルでの
関連記事はコチラの記事 です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Risacar package top
チョロQ最新情報コレクション
をキュートな視点で初心者にも丁寧にお伝えする
チョロQ☆スタイル


今日のテーマは「ポニョ」。
登場人物のリサのクルマ「リサカー」の
チョロQの紹介です。リサカーというのは
リサの家族内での愛称だと聞いたことが
あります。一台840円税込み。


スタジオジブリ製作の映画「崖の上のポニョ」


チョロQはリサカーの登場。まずは箱の上から。
「崖の上のポニョ」のリサカーのパッケージ上部
(冒頭写真)


Risacar package Left side
「崖の上のポニョ」のリサカーのパッケージ左サイド

Risacar package
「崖の上のポニョ」のリサカーのパッケージ正面

Risacar package Right side
「崖の上のポニョ」のリサカーのパッケージ右サイド

seal
      付属のオマケシール

Risacar front
     「崖の上のポニョ」のリサカー

ボディ
ピンク色が基調。桜よりは濃く、原色すぎない
柔らかさを感じます。バンパーは桜の花びら
に近い色に感じます。


車種は?
チョロQを連想していたらちびっこチョロQ
「ミラ ウォークスルーバン」を思い浮かべて
いました。いざチョロQを実際見てみると、
フォルムの系統は似ているなと思いました。

WEBによるといくつかの掲示板で論じられていて、
blogでも書いている人をしばしば見ます。三菱の
「ミニカトッポ」が多数意見のようようです。さらに
フロントランプの形状に注目すると、1990年式が
一番似ていることが分かりました。


Risacar side


ウィンドウ
ブルークリアのウィンドウ。ボディのベース色
がブルークリアです。

購入の動機となったのは映画、車種の魅力の他に
ウィンドウでした。チョロQの公式サイトではウィンドウが
すべて青く塗られている印象でした。実際はブルークリア
でした。これが決定打となり購入したのでした。


Risacar rear


リア
デザイン、カラー、コインホルダーともに

非常にきれいにまとまった印象のリア
コインホルダー色によってバンパーが肌色系
にも見えます。(色の錯視の一つ、色の同化
ではと思います。)


コインホルダー
「333」のナンバープレートが印象的で、ドアの取っ手
も含み、クルマのデザインの一部にもなっている、
工夫されたかわいらしいコインホルダーデザイン。



映画「崖の上のポニョ」
宮崎駿監督。原作、脚本、監督は「千と千尋の神隠し」
以来7年ぶり。

個人的な話ですが、まだ見ていません。
ポニョに関する印象的だったことを紹介いたします。
背景知識で噂で聞いたのが原作となるモチーフ。

アンデルセンの「人魚姫」がモチーフだそうです。

また、ポニョは「ブリュンヒルデ」が本名で、その名前は、
ワーグナーの「ワルキューレ」に登場人物にも出てくること、
夏目漱石の「門」の宗助とポニョの「宗介」との関連性が、
公式サイトで紹介され非常に印象的でした。

仕事の流儀では、宮崎監督があるシーンを書く映像が

印象的でした。宗介を自分に重ね、トキさんを母に重ねて

絵コンテを書いているシーンが。

登場人物
ポニョ        :  奈良柚莉愛
宗介         :  土井洋輝
リサ         :  山口智子
耕一         :  長嶋一茂
グランマンマーレ :  天海祐希
フジモト       :  所ジョージ
ポニョのいもうと達:  矢野顕子
トキ         :  吉行和子
ヨシエ        :  奈良岡朋子
など

登場人物の右側が声の出演。
特に、リサ、耕一、グランマンマーレは
「声の出演」を見ると、一目見て面影を
感じさせるところがおもしろい。リサは
山口智子さんをアニメのキャラクターにした
感じ。耕一は長嶋一茂氏とどことなく全体の
雰囲気が似ている。グランマンマーレは
やはり、一目見て天海祐希さんに重ねあうような、
アニメ化するとこうなるような、深みもぴったり

なような。キャラクターから天海さんの声が

聞こえてくる気がします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


  
   ↑ バットモービル  front ↑


チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル。




昨日に引き続いてバットマンチョロQ
実車のバットモービルの話も踏まえながら
膨らましていこうと思います。
特にフォーカスを当てていこうと思うのは
バットモービルの実車の話。
劇場映画に
足を運ぶ&チョロQ購入のモチベーションに
プラスアルファとなるかも。



映画バットマンビギンズの話
 アクション映画。
 ハリウッド映画でも評価の高い渡辺謙が出ている映画。
 配役の「ラーズ・アル・グール」と言う名前は


 アラビア語で「悪魔の頭」とのこと。
 「恐怖を支配するには己が恐怖をなれ」と説く謎の人物。
 

 バットマンことブルース・ウェインは心の深い闇を持ち
 それと戦おうとするのだが、戦う対象が抹殺されてしまう。
 その末、放浪の旅に出る。転々とする世界の旅。
 
 謎そして伝説の人物ラーズ・アル・グールの元で修行を積む・・・。




   ↑ バットモービル rear ↑


実車のバットモービルにまつわる話
 写真も載せたのですが、このバットモービル、
 モチーフはランボルギーニやハマーだとか。
 車両製作班なるものが存在し、テストを入念に重ね
 実用的に使えるほどの出来栄えだそうです。
 
 
 また、撮影使用のバットモービルの8台中5台はガソリンで
 実用的に走るそうです。
 すごい台数ですね。1億かかっているともいわれています。
 カーチェイスのシーンでは170キロ超のスピードを出すなど、


 まさにモンスターマシンですね。
 タイヤの溝などもバットモービル用に専門家に彫らせたそうです。
 磨り減り具合の違うタイヤのセットの用意も相当のこだわりぶり
 なのです。

 
 また、パリ?(多分)では道路を貸切バットモービルを一般公開
 したとのこと。映画の力ってすごいですよね。東京でもやってほしかった。



バットモービルのスペシフィケーション 

  排気量   :5700cc
  最大出力 :340ps
  車体重量 :2.5t
  最高速度 :170km/h超

 
とのこと。


以上の話を踏まえたうえで肝心のチョロQと
比べてみると、(ドリームランドさんのページのもの)
ちょっとワイルドさが足りない感じがします。
自衛隊チョロQもそうなのだが、A品番のような彫りのある、
そしてインチの大きい専用のタイヤを作ってもよかったのでは。
なんて思ったり。。映画のグッズを作る以上もう少し
実車の雰囲気を考えて欲しかった感じ。


6月18日からすでに公開されている「バットマンビギンズ」。
ロードショー見た皆様どうだったでしょうか?
見た方のバットモービルの実車、チョロQがどんな印象なのかも
気になるところです。チョロQ☆スタイルでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。