チョロQ☆スタイル

チョロQの最新情報、コレクション、タカラトミー関連情報などを
キュートな視点でお伝えしたいと思います。


テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを

キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル




今日のテーマは「Qステアで遊ぶ」。
8月19日チョロQ学園オフライン講座の後編。



レースまでのタイムスケジュール
講座の流れはすみやさんが各テーブルをまわり
ながら基本を操作解説してださったり、すみやさん
自ら微調整やマシン調整してくださります。マシンや

コントローラーの基本操作を理解したところでスイッチ
オン!テーブル練習。ストリートレーサーさんや
プラモ好きさんはツールボックス持参!テスト走行を
重ねながらマイマシンを決定、微調整!様々なパーツ
を持ってきていて、マシンを操るドライバーとなるばかり
でなく、まるで実車のレースのメカニックもこなしている
感じ。集中力も高く、調整には余念がない!操作に
慣れてきたらコースを使って各自練習!



Qステアコース練習
練習では4台、A、B、C、Dバンドすべてのバンドフルに
使って走行練習。他のテーブルで練習している赤外線も

飛んできて時折混線、操作不能に。赤外線が届く距離が

思っている以上に及ぶのは意外でした。参加した皆さんも
同じことを思っていたみたいです。





QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ

練習に熱中していると時間がたつのはあっという間!


スタートのシグナルが近づいてきます!

QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ





Qステアの公式レースのワンマットサーキット
のグランプリコースαを使ってのトーナメント戦。



レース序盤戦
色んなレベルのレーサーが対決する序盤戦。
Qステア初めての方は操作に少しずつ慣れていき
コースデビュー。そしてはやくもレースデビュー!
(Qステアが各自一台ずつプレゼントされるので、
Qステア初体験の方にとって今回の講座はピッタリ
でした。)Qステア初心者が一生懸命ゴールに向かって
操作しているのが印象的でした。5周走りきるまで、
心の中で頑張れ!と思いながら一生懸命応援です!


レースマシン
RX-8、RX-7、カルソニックスカイライン、ハマー、
ハコスカ、R32スカイラインなどなど、チョロQでも
実車でもお馴染みの12台のレーサーが揃う。
(あと、6台が・・・。全て紹介できずゴメンナサイ。)


勝ちの条件
マイマシンの調整やらで写真がすべてなくての
レポート(ゴメンナサイ)となりますが、2台ずつの
トーナメント!先に5周した方が勝ち!というルール。


対決&タイムアタック
2人の対決でどちらが勝つかも白熱!それと同時に
タイムアタックでもあるので心臓が高鳴る。 コースを
ちらりとみるとエキスパートタイムが27秒らしい。
ますますレースの鼓動になってしまいます。
(すみやさんがタイムを計測して下さりました♪)



Q STEER race1
序盤戦でのストリートレーサー選手のマシン


ストリートレーサー選手のデモカー
Qステア大会のシルバーメダリストは講座では
覇者となるか?ストリートレーサー選手のデモカー
といわれているS2000。ブルーメタリックカラーが
クールなレーサーの扱うマシン!オープンでレース
というところもクール!

ストリートレーサー選手の走り

「これが本当にQステアなのか?」と思うぐらい滑らか。
まるでコースを「このように走れ」とプログラムされたか
のような正確なステアリング。そして地を這うような
バランスの良さも。「走り」から一目見て「すごいもの」
が伝わってきました。

(この場を借りてとなり恐縮ですが、S2000が
ストリートレーサーさんのデモカーとして広まる
といいですね!応援してますo(^-^)o)

ゴールしてからしばしのウィニングラン。
シャッターチャンスをいただきました。




Q STEER race2
準々決勝のハコスカとFDのスタート直前
(それぞれプラモ好き選手とストリートレーサー
選手)


プラモ好き選手のマシン
ベースはハコスカ。レース仕様に、随所に

改造されています。特にフェンダーミラーが
ポイント。準々決勝ではフェンダーミラーが
片方のみ。クラッシュバトルではありませんが、
激しく戦った痕跡!詳しくはプラモ好きさんの
記事を。写真よく取れています。→コチラ


カスタムマシン対決!ストリートレーサー選手は

マシンチェンジ!50勝のハコスカ。ロータリーのFD。
空力特性も完璧。緊張感が漂う。

同世代同士の対決もナイス!個人的にこの組み合わせ

期待していました。それぞれ自分らしい走りをしていて、
いい勝負でした!(速すぎて撮影できず。)



Q STEER race3
   決勝のハマーとFD、スタート直前

(それぞれ狂Q病感染者選手とストリートレーサー
選手のマシン。)

狂Q病感染者選手のマシン
ハイスピードユニット搭載。マシン上部のバーはシルバー
塗装。ホイールも、アルミ質のシルバー塗装。デザインも
シールによって装飾され、マイマシンというにふさわしい
オリジナルハマーH2。


フリー走行ではS2000よりさらに速い印象だった
ストリートレーサー選手のFD。決勝は異種格闘技戦。
Qステアをはじめとしたコントロールカーならではの
対決とも言えるでしょう!

準々決勝同様、ストリートレーサー選手はインから
第一コーナーを狙う。



Q STEER race4
        激しい残像、速い!


狂Q病感染者選手のハマーは難関のV字コーナー
を激走!ストリートレーサー選手のFDはハマーH2
を大きく引き離し、ホームストレートを駆け抜ける。

アウトからコースを攻め、ベストラップを狙う!
コチラのレースもプラモ好きさんのレポートが

ナイス。→コチラ ←です。



皆様お疲れ様でした!



感想戦(レビュー)
将棋ではないが、レース後、ストリートレーサー選手と
感想戦?!マイマシン(ハマーH2)で走ってもらいました。
V字のコーナーで右ステアが切れず、敗因の原因と。
マシントラブルのままレースしていました。ステアの切れ

方に個体差があることを教えていただきました。走らせて、

いろいろ試して見なくては!と思い、Qステアの世界が
広がりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを

キュートな視点で初心者の方にも
丁寧にお伝えするチョロQ☆スタイル


今日のテーマは「タルガ」。
本日タルガから届いたメールの紹介です。

タルガからのメール、バリエーションが
増えるのは嬉しい事だが何のバリエーション??
だろうかっと心の中で思いながら、期待しつつ、
最近は「ぬぬっ」っとちょっとばかり一瞬身構えてしまう。
今回のエディションは、










「Mercedes-Benz
 Special Edition」











金属コクションボックスの6300円。
ラインナップはシルバー、ゴールドの
コンプリメンタルなデザインが特徴的だった
あの5種。

 ・Aクラス
 ・Eクラスワゴン
 ・SLK
 ・300SL ロードスター
 ・C9

です。



欧州で人気というのが売りで、
「THE BLACK & WHITE」。


シルバー、ゴールドのエディションと同様で、
ブラックとホワイトの2エディション!
ボディカラーと内装のカラーがcomplementary
なのが最大の特徴!

 ・ブラックボディ と ホワイトの内装
 ・ホワイトボディ と ブラックの内装

という2バージョン!



このタルガ発売チョロQは、コアなチョロQファンが
中心に買うことが想定されると思うが、それと同時に
コアなチョロQファン(大人、そして小さくても熱狂的な
チョロQコレクター)は買わないのではとも感じている。
明らかに大人向けの色合いが強く、子供のおこずかい
ではとてもでないが追いつかないと思われるし、過去、
現在、未来に発売した、発売中、発売予定チョロQに
よってそれに置く価値観や好みも変化するのではと

感じています。


そんな大人のコアな(非常に熱狂的な)コレクター向け
アイテムだが、実際手にとってみて初めてわかる魅力も
楽しみなところでしょう。メルセデスという車一本で、チョロQ
でもメルセデスのみコレクションした場合、メルセデスの
高級感とあわせて統一感ある美しさがでると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
チョロQの最新情報やコレクションを

キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル



今日のテーマは「チョロQで遊ぶ!」
8月19日、静岡のSBS学苑パルシェ校
での講座です。チョロQ学園のオフライン講座。
講師は「チョロQ学園 」ばかりでなく、
チョロQのblog「チョロQ研究序説
でもおなじみのすみやさんです。



参加された皆さんはすでに紹介していますし、

いくつかのシーンでは、シャッターチャンスを
戴いた事もあり、blog「プラモ好きのCARライフ 」の
プラモ好きさんなどと構図が似た写真がございます
がどうぞよろしくお願いいたします。



今回は講座の前編としてQステアのレースまでの
様子をお届けいたします。
Q class-1



Qステアの電源の入れ方、バンドの決め方、
走らせ方など基本を解説して各テーブルを
回るすみやさん。




Q class-2
講座のレースに使用されたコース

Qステアの公式レースのワンマットサーキット
のグランプリコースα。それをblog「Qステア94%」
さんがコースとして使えるようにしたものだと思われ
ます。左の黒いのはより本格的なレースが出来る
あれです。レース魂も呼び起こされる・・・。スタート
シグナルです!(詳しくは、すみやさんのblog
「チョロQ研究序説」参照です。)





Q class-3
Q class-4
     DUAL MODE VEHICLE

Qステアで再現!してくださった方のです。

まさにそのまま。「DUAL MODE VEHICLE、
Qステアバージョン」!まさか講座でこれを
操る事が出来るとは。

機構はレールを走れるように車輪の改造を中心に、
レールとそれ以外の面両方走る事ができます。
レール時はQステアのコントローラーは直進のみ。
レールから離れたら自在に操る事が出来ます。



Q class-5

プラモ好きさんのフィギュアを中心に、
すみやさんの東海支部のショッカーと顔合わせ


次回レースの模様を紹介します。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。