10周年

テーマ:
本日、2014年1月23日。
私たちジールアソシエイツは創立10周年を迎えました。



何か、もっと泣くと思ったんですけどね(笑)
特に感慨は無くこの日を迎えましたのですが、今、このブログを書いていると色んなことが走馬灯のように頭を駆け巡り、少しだけ泣きそうになります。


2004年、28歳の時に「やるしかねぇ」という気持ちで、人形町の雑居ビルでスタート。
とにかく「負けたくねぇ」という気持ちだけで頑張ってきた。
家には寝るだけに帰り、休んだことすらも記憶にないなぁ(笑)


5年経った時、こんなブログを書きましたが、この5年も色んなことがありました。
設立5年の時よりも、10年を迎えるまでの5年の方が大変だったかも(笑)

リーマンショック、東日本大震災もあったしね。
意気揚々と作った過度なオフィスを8ヶ月で潰したり(笑)
信用していた大人の裏切りで、会社が窮地に追い込まれたこともあったし。
期待していた社員から見切られ、相変わらず定着率が悪く、苦悩の日々を過ごしたこともある。

ただ、それは全て「社長である私の責任」と思えるようになったのはいつからだろうか。
この5年で一番培った財産は「自分が変わらないと何も変わらない」という事かな。

そんな事を教えてくれる、大先輩達にも出会え、そして友人も増えました。
一人で悩んでも何も始まらず、自ら外に出て「体験」することこそが、自分を変える一番の近道だという事も改めて学んだ5年だったかな。


そんな10年を過ごしましたが、社員みんなで乗り越え、今は60名の規模になりました。


もはやジールは、設立した頃の風評など聞かなくなり、色んな方々が協力して頂き、僕が設立した頃に考えていた規模とは雲泥の差がある会社へ成長を遂げました。


ただ、この10年はあくまでも通過点。
何かを成し遂げた訳ではまだない。


次の10年はこの普遍不屈の言葉でジールはスタートします。



情熱をもって創る。
世界に「驚き」と「感動」を。




JMAの最後の講座で刺激を受けて始まった「企業理念プロジェクト」。
5ヶ月、皆で話し合いで生まれた、当社の「基本」です。
迷った時に立ち返る「言葉」です。
皆で考えたこの「企業理念」を胸に、改めて初心に戻り、次の10年を走り抜けたいと思います。



最後に。
クライアントの皆様。
協力会社の皆様。
ジールに関わる全ての皆様。

皆様との出会いにより、私も会社も成長することが出来ました。
本当に、本当にありがとうございます。

そして、
残念な事に退職した社員からも本当に色んなことを学びました。
当時はいい会社じゃなく、何もしてあげられなかったかもしれない。
ただ、本当に感謝しています。

最後に。
社員のみんな。
本当に、本当にありがとう。


ただこの会社はこれからです。
まだ「基盤」ができたぐらいです。

絶対に、業界を変える会社を創ろう!



2014年1月23日
今までの10年の「感謝」と、次の10年への「情熱」を込めて。

代表取締役 永門大輔


AD