設立9年

テーマ:
本日1月23日をもって、私達ジールアソシエイツは創立9周年を迎えました。


これも皆様の支えあっての事です。
本当にありがとうございますm(__)m


後1年で10年か・・・・・。
はぇぇな。



現在は60名近いスタッフが働く会社へ成長する事が出来たのも、ほんっとに支えてくれる皆様のお陰であります。


毎年言っている事ですが、ITのような成長産業では無いこの業界において、ゆっくりですが着実に力を付けているのは、本当に素晴らしい事だと自負しています。


それは、業界の「良い所」を取り入れ「悪い所」を捨て、まったく新しい考え方を取り入れる会社の方向性を、社員が何の抵抗も無く吸収した結果かと思う。


ただ、この1年が、基盤作りの最後の年かと思うと、本当に時間がなぁぁぁい!


やるべき事はたくさん。
この1年、本当に頑張りたいと思っています。

そうそう、ひとつ言っときたい事が笑

===================去年書いた記事

これからの2年は更におもしろくなる。
そう、なーんかそんな予感がもの凄くするんだよね。






社員のみんな。
ね、あたったでしょ?笑



まずは10年目へ向けて走り抜けましょう!



最後に。

クライアントの皆様、協力会社の皆様、そしていつもジールや私を支えてくださる皆様。
いつも本当に支えて頂きありがとうございます。

そして、残念な事に退職したけども、少しでもジールの社員として働いてくれた方々。
皆にはいろんな事を教えられた。本当に感謝しています。


そして、社員のみんな。
この9年、本当にありがとう。
これからも、業界に風穴を空けてやるような、クレイジーな会社を作っていこう!


2013年1月23日
代表取締役 永門大輔
AD

物事の意味と本質

テーマ:
本年、一発目。
ちょっと愚痴も多いが許してちょんまげ。

Facebookにも書いた物事の意味と本質をもう少し詳しく書こうかと。


良く「勘違いしていました」とかの言い訳をする人がいるんだけれども、それは物事の本質を考えないで「ただ、ただ進めている」から起こりえる話だと私は思います。

物事には必ず意味と本質がある。
その意味と本質をちゃんと理解しようとしていけば必ず「疑問」にぶち当たる。
その「疑問」を解決していく事こそが、本当の仕事だし、成長だと思うんだけどな。
その疑問にぶち当たっているのに「事なかれ主義」を貫く人間は絶対に成長なんかしないと思う訳です。

お願いした仕事の報告を受けたとき、イメージと全然違う内容の資料が出てきたときに良く「勘違いしていました」ってセリフを良く聞く。
まぁ確かに「勘違いすること」ってあるんだけども、本当にちゃんと考えてやった結果なのだろうか?といつも思う訳。

相手が何を考えて、この資料を作ってくれ、調べてくれ、と言っているのか。
相手がどんな物を欲して「デザイン」を頼んでいるのか。
その意味と本質を見抜かなければ、作った資料の時間は「無駄」のひと言に尽きる。


会議の内容が違う観点にいっているときってあるでしょ。
そんな時に一度整理出来ない人っているじゃん。
「いや、それは違うだろう」と思っても、バカみたいに黙っている。
まぁ、言えない環境ってあると思うんだけども、言い方を考えて言えば誰も文句言わない。

ずっとやっている事がぶれる事ってあるとは思うんだけども、そのブレた時に改めて、その意味、本質を考える事が本当に必要な訳。

なぜこれがスタートしたのか?
なぜ、クダラナイって皆思っているのに、修正しないのか?

答えは簡単。
意味があるからスタートした訳。

やってみて意味がないならヤメるか、改善すればいい。


黙っていては何も解決しなくて、ただ、ただ無駄な時間が流れるだけ。
疑問に思ったときは、必ずその物事の意味と本質を考えてみる必要があるのでは無いだろうかね。












AD
新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様よろしくお願い致します。

2012年はジールにとって本当にいい1年となりました。
過去最高の売上を記録し、利益も想定した事業計画を大幅にクリアーしました。
これは全て社員の頑張りです。

そういった意味で、昨年は社員の成長が目に見えてわかる1年でした。
6年続けてきた新卒採用がやっと実になってきたと実感しています。

1月23日には、設立9年を迎えます。
10年がひとつの節目であるならば、後1年、本当に会社として「成長」する大事な大事な1年です。
そして、4月には初の大台13名の新卒が入社します。


いや、賭けじゃないですよ笑
ちゃんと事業計画に基づいた採用です。

彼らをどうやって育てるか?
が今年の一番の課題でしょう。


そういった意味で今年のテーマは、、、、、



「成長」


です。



会社も、社員も、そして何より僕自身が成長する事!



本年もよろしくお願い致します!




AD