被災地支援 〜石巻市へ②〜

テーマ:
蛇田中学校は津波の影響はあまりなく、普通の田舎の風景が広がっていました。
車を校庭に止めて降りると、もの凄い風と砂嵐。
持って来たゴーグルとマスクを付け、防寒着に身を包み、担当の方と校庭で軽くmtg。

今の時期の石巻市は、これぐらいの風は当たり前との事らしいですが、いや、普通ってレベルの風じゃないです。


事前に確認をして、必要な物を持って来たつもりでしたが、避難場所の状況は一日、一日変わるようで、持って行った、物資の1割も必要では無いとの事。。。。
改めて持って来た物資の確認をして、必要な物をピックアップ。
漫画、パンチカーペット、日用品等の物資を少し降ろして、直ぐに作業終了。

そして、少しばかり体育館の中を見せていただいたのですが、想像以上に状況は酷いものでした。
テレビでよく見る、段ボールの仕切りも無く、テープが敷いてあるレベルでの境界線。
持って行った、パーテーションが正に役に立つ状況である事を確認して、改めて担当の方に確認しますが、必要が無いとの声。

事前に決めておいた「善意の押し売りだけはヤメよう」という事を改めて確認し、次の目的地、青葉中学に向かいます。


================
石巻市蛇田中学校  
避難人数 約300名
石巻市蛇田字新金沼20-1
0225-22-2558
================


その③へ続く



AD

被災地支援 〜石巻市へ①〜

テーマ:
16日(土)の深夜から石巻市へ被災地支援として救援物資を届けに行ってきました。
今後の救援活動の参考になればと思い、数回に分けて状況をお伝えします。


当初は、自主的に被災地支援に向かう予定でしたが、我々の協力会社会である「情熱会」の支援により、大量の救援物資を揃える事が出来ました。

まずは、ディスプレイ業界らしく、プレイベート空間を作るための、パーテーションや、パンチカーペットと呼ばれる床材、電気工具、スノコ、本棚、スチールラック等を準備。
食料は現状では十分にあるとの事で、日用品(シャンプー、ボディーウオッシュ、紙皿、紙コップ)等を大量に購入、準備。
そして、子供達のレキュリエーションの為に、屋外用のバスケットゴール、フットサルゴール、サッカーボール、バスケットボール、漫画、お絵描き帳、クレヨン等を準備。

車両は、4t×1台、ワンボックス×2台、乗用車(プリウス)×3台、マイクロバス×1台という布陣。
パーテーションの施工があると思われたので、人数は18名程集まって頂き出発しました。


道中、東北自動車道は順調。
心配された燃料も、全てのSAで給油が出来ました。

7時間程を予定したのですが想像以上に順調で、あまりにも早く着き過ぎると逆に被災地に迷惑をかけると事になるので、国見SAに午前4時頃到着後、各車両と軽くmtgし、6時半まで休憩を取る事に。



出発後、50km程走ると、仙台南部有料道路に入り、仙台東部有料道路と進む訳ですが、
そこから状況が一遍。
道路は所々壊れ、自衛隊の車が往来します。
一般の救援物資を届ける車両も多く見られ、途中から渋滞が始まります。


早めに出たつもりが、渋滞により結局時間通りの9時に最初の目的地である蛇田中学校に到着。




蛇田中学校(リンク)


~その②へ続く~
AD

被災地支援

テーマ:
明日から、石巻市へ被災地支援として救援物資を届けに向かいます。
ニュースを見る度、元気な我々が心が折れちゃイカンと思い続けながらも、心が何度も折れそうになりました。
何か出来ることは?と自問自答を続けてきた1ヶ月。
考えれば、考えるほど、迷惑では無いか?と足が竦む自分に腹が立ちました。
そんな中、背中を押してくれたのは、社員と、いつも仕事をしてくれている仲間でした。準備に時間が掛かりましたがようやく明日出発です。

少しばかりですが、善意の押し売りにならないように、皆で集めた「心」を届けに行ってきます。

今回の活動にご賛同頂きました「情熱会」の皆様。
心より御礼申し上げます。
そして、コーヘー、チョモ。ありがとう。








AD

震災から一ヶ月

テーマ:
震災から一ヶ月経ちました。



犠牲者の方々のご冥福を心からお祈りします。
また、被害額の方々に心からお見舞い申し上げます。



余震が続いています。
いつまで神様は我々に試練を与えるのか。
一ヶ月経ち、関東も落ち着きをみせて始めた矢先だった。
本当に心折れそうになるが「ここで折れちゃぁ男が廃る」と奮い立たせている。


そんな中、このニュース。

福島第1原発:最悪のレベル7に 保安院

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20110412k0000e040006000c.html


いやはやです。
聞くところ「チェルノブイリの放射線の1割程度」という報道。
1万テラベクレルって何さ。



さ、やるぞー。
頑張るしかねー。



国際イベント総合展

テーマ:
自民・町村氏「何から何まで自粛はいかがか」 相次ぐイベント中止に


蓮舫氏、石原都知事の「花見自粛」に反論 「権力の社会制限は最低限に」



やっと気づいたか。
震災から一ヶ月ー まで後10日。何としても自粛ムードを一掃してください。


という事で、ジールは震災から初めての展示会となる、国際イベント総合展@ビックサイトに出展します。

=================

名称:第3回国際イベント総合展2011
   Event Promotion Expo 2011(略称:EPEX)

会期:2011年4月6日(水)~8日(金)

会場:東京ビッグサイト(東京・有明)

入場:無料(事前登録制)


公式ホームページ
http://www.pishow.com/epex/3epex/index.htm

ジールブースは東6ホールE-80番です。

==================


震災後初の展示会とあり、注目度が高まっていると思われる。
盛り上げていきまっせ!



スリーマイルは1か月後、安全な冷温停止状態に


ふーん。
状況は全然違うにしても、一ヶ月で冷温停止に出来るのは出来るんだ。




入社式

テーマ:
入社式 企業トップ、復興を呼び掛け 震災の影響色濃く

ウチも本日入社式でした。4名の新しい仲間が増えた訳ですが、中々自分での言葉で表現する事が難しいので、祝辞は野田秀樹氏の「劇場の灯を消してはいけない」というコラムを読み上げました。



一部抜粋

劇場で守る「ココロ」というのは、人間の営みに欠かせないものであると申し上げたい。日常の営みを消してはならないように、劇場の灯も消してはいけない。そう思うのです。劇場の灯が消える時は、「ココロ」の灯が消える時です。ただ生きるために「ココロ」を忘れて、今最も苦しんでいる被災者のことも忘れて、モノを買い漁る日が来る時です。私は、そう信じて演劇をやっている人間です。



気持ちは同じです。
我々がやっているイベントも劇場と同じだと思います。
「ココロ」の灯を消してはいけない。その「ココロ」を取り戻す「ココロ」を勇気づけるような事をやれればいいなぁ、と本当に思います。

新入社員の皆さんも、今日の「ココロ」を忘れないように、立派な社会人になってください。
そして、必ずや明るい光をさしてくれると信じています。



========================================
話変わって。


蓮舫氏、石原都知事の「花見自粛」に反論 「権力の社会制限は最低限に」

蓮舫、嫌いだけど、これには同意です。


石原都知事の元の記事です。


「ウコンやしじみで酒に強くなるわけねーだろバーカ」社長のブログから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

目的は手段を正当化しない。「被災者と痛みを分かち合う」という目的のために、「公園での花見を強制的に自粛させる」ことが正しいのか。強制することの野蛮さを自覚していない指導者というのが、僕は嫌いである。


こちらも同感。


何を隠そう、今日の記事は「ウコンやしじみで酒に強くなるわけねーだろバーカ」社長のブログからほぼネタ仕入れさせて頂きました(笑
敬意を込めてこちらを紹介。(「ウコンやしじみで酒に強くなるわけねーだろバーカ」社長が制作した総統閣下シリーズ)


買い占めするなら金送れ




今日の総統閣下




元木さんありがとうございます。