昨日の夜にロッテ行って、いつものようにバシバシ打って自分の打球にホレボレ(笑)してたら、
隣の打席からす凄んごい音がする訳ですよ。



ドカッ!



みたいな。





ダフってんのかなぁ?
ってよくよく見てたら、160y近辺のグリーンに全部載ってる( ̄□ ̄;)

しかも9番で(@ ̄Д ̄@;)





段々と、長いクラブに変わって来て、ドライバーを振った途端に、






ドゥワキーン!







みたいな。
もの凄い音がする訳ですよ。







そのドライバーに着いてたシャフトがコレ。

$人形町ではたらく社長のアメブロ



UST Mamiya AXIV-X × Noisy×2 MIEKO UESAKOコラボモデル。



あれだけウマイと、こんな派手なシャフト付けてたら、カッチョ良く見えるんだねぇ。。




多分、大学のゴルフ部かプロか、そんな感じの人だと思いますが、あんな球みたらやる気無くなって帰って来ちゃいました~。Σ(~∀~||;)



頑張れオレ。
AD

選択と集中

テーマ:
先日、テレビを見ていた時に「選択と集中」という言葉を多様していた。


======================
選択と集中とはー

自社の得意とする事業分野を明確にして、そこに経営資源を集中的に投下する戦略。

1980年代にGE*1のCEOであった、ジャック・ウェルチ氏の戦略として有名である。ウェルチ氏は企業が行っている事業のうち、ナンバー1ないしナンバー2の事業に注力する一方で、弱小事業は他企業へ売却ないし廃止等のリストラを行うというもの。GEはこの戦略に基づき、事業の再編成に伴う資源の再分配を行うことで、業績を飛躍的に向上させた。

我が国企業は、1980年代のバブル経済期はむしろ多角経営が是とされ、この経営手法が注目されるようになったのはバブル崩壊後の1990年代半ば過ぎであった。


=======================

先日、ウチの会社の組織変更も同じく「選択と集中」であります。


選択と集中は、ある種のドラスティックな改革をしなければ、出来ない事でもあります。
経営者の経営判断次第です。



まだまだ「選択と集中」の本質までは到達出来ていませんが、もう一度事業を見直し、改革を押し進めます!