チーム全体の力で勝ちきった

テーマ:
$人形町ではたらく社長のアメブロ

ザッケローニ監督のひと言。

「後から試合に出るサブのメンバーたちの力が非常に大きく、チーム全体の力で勝ち切った。そのことはきょうの李(忠成)のゴールが象徴している」

香川選手のひと言。
「監督始め、仲間一人一人が信頼し合い最後まであきらめない気持ちがあったからこその勝利」




これこそ、団結力、「和」ですよ。


李選手のゴールも、長友選手の絶妙なセンタリングも、そして「オーラが無い」と言われたディフェンス陣も奮起して0点で押さえた事も、皆が与えられた仕事を、そして自分で掴みとったチャンスを、失敗した事の修正を、きっちりやり遂げた事が、この大きな勝利に繋がったんだと思います。


まぁ、それにしても、ザッケローニ監督の采配は素晴らしい。
日本人に合ってるんだろうなぁ。


さて、こんな素晴らしい勝利を見ると、年初に書いた言葉を思い出します。



「和を持って尊しとなす」



ネットで調べてみると、こんな文章が出てきました。


「和」の本当の意味は、自分の中に正直に、自己に正直に生きるということ。
自分を裏切らないということです。

不平不満があれば、正直に表現してぶつけ合うこと。
悶々としておべっかいって、言いたいことも言わないというのは間違い。

その中でお互い歩み寄り(妥協ではない)理解していくことが「和」である事。


正に、前年のロッテの優勝も、今回の日本代表の優勝も、日本が古来から大切にしていた「和」への原点回帰が生んだ「日本人の勝利」では無いでしょうか。


そして、本多の生意気さも健在(笑

「パッサーみたいなプレーをやったのが不本意。常に攻撃はオレが仕切ると思ってやっている。優勝したかったから、そこを貫けなかった」「今度何かの大会で優勝するときは、オレが優勝させたといえるようになりたい」
 「オレは自分の周りを幸せにすることを一番に思っている。もっとうまくなりたい。強いヤツに勝ちたい。世界中に認められたい。それを考えたら日本代表、本田圭佑はまだまだレベルが低い


うん。こーゆーのも大事だ。



最後に涼のブログから見つけたコレ。







カッコイイです。
是非見てください。

AD

オーラ無い

テーマ:
本田圭好きだなぁ。



すんげー生意気だけど(笑)



この記事


「ウチのDFラインには、この4人が並ぶだけで崩せる気がしないというのを与えるオーラが足りない」とまで言った。




今まで、こんなタイプの日本人選手はあまりいなかった気がします。




人に言う以上は、自分も結果を出す。
自分から率先してやる。
自分をこうやって追い込む人は本当に強いと思います。



会社に置き換えても同じ事が言え、年頭に掲げた「和」のテーマを勘違いして、仲良しサークルみたいな会社には絶対にしちゃダメで、波紋を呼ぶ事や孤立する事を嫌い「何も言わない」ってのは間違っていると思う訳です。


ただ、言いたい事だけ言いっぱなし、何も解決方法を見いださない、同調する事を嫌うってのはもっと間違ってる。
問題定義をし、その問題をどうやって解決していくか?を話し合っていく事こそ、強いチーム(組織)が出来上がってくるんでしょう。





次のオーストラリア戦、鬼のように楽しみだ。
本田、絶対に結果残すぞ!


でも、香川出れないのね・・・。こりゃ残念だ。
AD

ふむ?

テーマ:
さて、コレどうなんでしょうね。



確かにチーム運営にも問題があったような記事が見受けられますし、チームを守る事が先決というJBLの気持ちもわからなくも無いです。


ただ、

フ社の代理人は「処分によって株主、債権者の権利が失われた」として、損害賠償を求めて提訴する方針を明らかにした。


と書いてあるように、少なからず運営中、そのチームを支えて来た人達にも「権利」がある訳であります。裁判所が、JBLのこの決定を簡単に認めてしまうと、プロスポーツビジネスに「トカゲのしっぽ切り」が広がる可能性もあり、それこそ日本のプロスポーツビジネスに×が着くのではないでしょうか。

選手やスタッフ等が、継続している以上、このケースは「事業譲渡」であり、株式は売却、債権は運営を引き継いだ会社が引き継ぐべきであります。

どのような経緯があったにせよ、他にも解決方法が絶対にある訳で、JBLの浅はかな決定であると私は思います。

下記、JBL HPから抜粋。
スポーツビジネスとしての成立のために― 立つべき2つの視点(価値最大化と長期展望)

■価値最大化
リーグ、チーム、選手の持つ諸権利を効果的に活用し、スポーツビジネスとしての発展のために、バスケットボールの持つ価値の最大化を図ります。
■長期展望
クラブや選手が安心して目指すことのできるリーグとして、将来にわたって存在するために、安定した経営を持続できるビジネススキームを構築します。


よー言うわ。。。。
”クラブや選手が安心して目指すことのできるリーグ”ならば、なぜトカゲのしっぽ切りをやるのかわからん。
リーグとは別法人であるチームの”生き死に”までリーグが奪えるような力を持っているのであれば、誰も安心して目指す事なんか出来んだろ。



こんな事やってるから、日本のプロバスケは強くなんないのよ・・・。
AD

設立7年

テーマ:
先日、1月23日でジールは設立7”執念”を迎えました。

周年と打とうとしたら、変換ミスで執念と出てきたのですが、正に、周年では無く執念(笑)で迎えたような7年目です。


これも皆様の支えあっての事です。
本当にありがとうございますm(__)m



記念と言っては何なんですが、支えていただいた”協力会社”様との改めての結束を強めるために、
40名程のゴルフコンペを開催させて頂きました。



$人形町ではたらく社長のアメブロ




このコンペで優勝してやろう!と、照準を合わせ練習してきたのですが、またもや前日に手のひら腱鞘炎にかかり、クラブが握れず。スコアは散々な結果に終わりました(笑


その後、場所を都内に移し、パーティー会場へ。
協力会社の皆様は、スーツやらジャケット着て来ているのに、私はゴルフウェアのまんま(笑
ドレスコードぐらい教えとけって!(←実行委員会へ苦言)

$人形町ではたらく社長のアメブロ



何と、優勝したのは、友人の岡田君。
栄えある一回目のコンペで、優勝するとは何か”縁”があるんでしょうね。

$人形町ではたらく社長のアメブロ


更にその後、2次会場へ移りまして大盛り上がり。






あの方もちょい顔を出しに来てくれました。


$人形町ではたらく社長のアメブロ




ありがと!





とても、とても、楽しい会でした。





次は10周年に向けて頑張って行きます!
皆様、これからもよろしくお願いします!

名言集16

テーマ:
=============================

No Rain, No Rainbow
(雨が降らなきゃ、虹はできない)

ハワイのことわざ。

=============================



雨が好きな人なんてあんまり居ないと思います。
ただ、憂鬱な雨が振るからこそ、こんなに素敵な虹が見れる。

なんてHappy!

ハワイらしい、素敵な言葉です。
(日本の『雨振って、地固まる」と似てますけどね。こっちの方が何かHappyな気持ちになります。)

ワイハ、絶対に行かなきゃ。


$人形町ではたらく社長のアメブロ

次のステージ

テーマ:
経営者のブログを見てると、良く「次のステージへ」という言葉が聞こえてきます。
また「飛躍の年となった」も良く聞く言葉です。


解釈は色々あると思いますが、我が身に置き換えてみると、正に今年が「次のステージ」になる1年になると考えています。



今年の始めから、組織をぐるっと変えました。
ポイントは簡単。


「わかりやすく」です。


当社の事業は空間デザインが中心ではありますが、「運営」「演出」等に高いスキルを持っているのが当社の強みです。


その運営や演出といった業務を得意とする人材を、各部に散らばせる事で「空間プロデュース」という概念で事業を形成していましたが、これではクライアント側から見ても「何でも出来るのはわかるんだけど、わかりにくい」という言葉を多々頂き、組織をわかりやすく変えました。



空間デザインに強い人材は「空デ部門」。
イベントに強い人材は「イベント制作部門」。
施工等に強い人材は「空間制作部門」。


「最初からそうすれば良いじゃん」
とお叱りの言葉を受けそうですが、一昔は「何でも出来る」が業界の会社の大きなセールスポイントでした。
ですから、どの会社も「ゼネラリスト」を教育する事が事業発展の第一歩だった訳です。
また、中々人数が少ない状況では、その部門形成は中々出来ませんでした。

人を定期採用し、育成する、といったどうしても時間が掛かってしまうプロセスを乗り越えたからこそ、出来る事です。


時代は代わり「何でも屋」は自然淘汰され、やはり専門性が高い事業をしている会社の方が強くなってきている気がしています。




また、空間制作部門にも、大きな投資をするのも今年の大きなポイントです。
これも先に書いた「専門性」に付随する投資です。

間もなくリリースしますが、今年のキモかもしれません。




そんな「次のステージ」を今年は乗り越え「飛躍の年になった」と言いたいものです。

任せる

テーマ:
「任せる」



と良く経営者やマネジメントする方なら一度は言った事がある言葉です。
「任せる」=その部下が出来る能力、知識を得ていると判断しているからこそ上司は言える言葉ではあります。

しかし、最近は「任せる」=「好きにしていい」と勘違いをする若手が多いと思うのは私だけでしょうか。


僕が思う「任せる」とは、その業務において、最大限の効果、利益を「任せられた相手」に貢献する方法を考えだす。そして、報告をし、承認を受け、業務を遂行し、また報告する事であります。


任せる!という言葉が、実はどれだけ重い言葉なのか、もっと理解させねばと最近、頭を捻っております。
どうしたら良いのかねぇ。

ちょい見つけたブログ。

http://hirog.fonfun.co.jp/item/97

今年初打ち

テーマ:
今年の初打ちに行ってきました。


atゴールド佐野カントリー。


めちゃめちゃ奇麗で素敵なゴルフ場。
また必ず行く事でしょぅ。



スコアは、48*42の90。
後半が何か異様に良く、16番まで3オーバーと自分でも怖くなるようなスコア。
しかーし!17番ボギー、18番ダボと持ち前のメンタルの弱さを発揮し、42。
でも、今年の目標のアベレージ95以下を大幅にクリアした良いラウンドとしときましょう。

でも、ドライバーがとにかく良くなったな。
PINGは本当にお勧めですよ!


訃報

テーマ:
本日、かなりビックリしたニュースが午前中に入ってきた。






乃村工藝社会長、乃村義博氏、心不全の為死去。61歳。





最初、僕の知っている乃村義博会長とはまったく思えないぐらいびっくりした。
ディスプレイ業界の会合で、何度か挨拶をさせて頂く機会があり、少しお話をさせて頂いた経験がございますが、とても紳士で素敵なジェントルマンでした。




ご冥福をお祈り致します。







 

地元愛

テーマ:
最近、ミョーに博多に帰りたい。(帰りたいって言っても、一時帰郷ね)




最近覚えた、地元の友人ブログが原因。
ゴルフやらやら、酣(親友が経営する店)での同窓会やら、うらやましか~!



そんな、地元の愛すべき友達との交流も捨て、東京に出てきたんだから寂しがってもしょーがねーんですが、なんかミョーに寂しい。
(ってか何だろうね、この年になって、また交流が深くなってきたんじゃないのかね?)


最近、友達になった同い年の方々がたくさん居て、彼らのゴルフコンペとかに参加させてもらったりしてるのですが、その彼らの「昔からの友人やり取り」を見てると、ミョーに地元愛がヒョッコリ顔を出してきました。




という事で、地元に遊びに帰ります。



2月決行。



地元の愛すべき友人共。
日程連絡するから、何ぞや計画してくれんね!





ちなみに、酣(リンク)は僕の親友である江頭が経営する、博多の店。
「あぶらぼうず」という煮付けの魚が異様にウマイです。

博多に行った際は是非。
僕の紹介だって言ってくれたら、サービスしてくれるハズ!?