チョッパー

先日、11月24日の日付が変わろうとする23時35分。
僕の愛猫、チョッパーが他界しました。
11歳と5ヶ月でした。


約2ヶ月前、調子悪そうなチョッパーを病院に連れて行った所、腎臓の「末期がん」診断されました。
「手の施しようが無い」と言われ、あまりにも突然過ぎて呆然とする日々を送ってました。

しかし、ツイッターでチョッパーの事を知った友人が、猫専門の病院「シュシュ」を紹介してくれ、改めて診断した所、多発性嚢胞腎というペルシャ猫やチンチラなどに多い病気と判明。
先天性の病気らしく、生まれたときから発病する猫も多く、発病してからはゆっくり進行するようなめんどくさい病気らしいです。


末期がんでは無かったものの危険である事には変わりなく、その時にしてあげられる事と言えば、毎日自宅で点滴を打ってあげる事と薬をあげる事といわれ、3日に一回、瑞枝まで足を運び、チョッパーに「ホルモン注射」を打ち、毎日自宅で朝晩点滴を打つという闘病生活が始まりました。

$人形町ではたらく社長のアメブロ



血液検査の結果も「生きてるのが不思議なくらいだ」と言われる程悪い状況であり、ごはんすら食べれないのでは?と言われてるのにも関わらず、毎日朝になれば、ご飯の催促をし、そして、ちゃんと毎日ご飯を食べ、食べては嘔吐し、それでも食べ、嫌な点滴も薬も我慢し、一生懸命生きようとしてました。


それから二ヶ月後。
僕の帰りを待っていたかのように、帰宅後1時間程でこの世を去りました。

僕が帰ってきて、顔を見た後、まだ生きようと立ち上がろうとするその姿を見て「もういいよ、チョッパー。もう頑張らなくていいよ!」と言ったその後に、ここ数日声も出なくなっていたのにも関わらず、最後の力を振り絞って「にゃー」と鳴きました。

「ありがとう」と言ってくれたのだと思っています。


最後は、本当に寝ているような顔で。
亡くなっても可愛いって罪だよ。チョッパー。


$人形町ではたらく社長のアメブロ
(口の周りは、大好きだった鰹節ね)


チョッパーは、僕が24歳の時に下北沢に住みだした頃、西新宿のZOOというペットショップで買ったのをはっきり覚えています。
当時、なんだか超寂しくてねぇ。。。(笑



購入する事を決意してペットショップに行き、値段を見たところ愕然。
犬も猫もあまりにも高くて「あーあ、まったく手が出せないや」と凹んでいたところに、当時の店長が「血統書は無いですけど、とっても可愛い猫ちゃんがいますよ」と。

まだブリーダーの所にいると言われ、1時間程車の中で待ち、出会ったのがチョッパーでした。

$人形町ではたらく社長のアメブロ


価格は5万円(笑)
出会ったときに「ウチ来るか?」って聞いたら「にゃー」と鳴いたのを覚えています。


それから、チョッパーとの生活が始まるのですが、いやはや。。。
あんまりケアしてあげれなかったなぁ、、、(泣

毛玉だらけだったし。
ぞうきんみたいな時もあったし(笑

$人形町ではたらく社長のアメブロ


チョッパーが来てからというもの、ほんとは家にちゃんと帰る理由が欲しくて買ったのに、僕が鬼のように仕事が忙しくなり、全然帰れない日々も続き、寂しい思いもさせたなぁ、、、、。

でも、あり得ないぐらい忙しくなったのは、チョッパーが招き猫だったんでしょう。
それぐらい異常でした(笑


迷信かもしれないけど、なんだか僕は信じたいなぁ、、、。


チョッパーが招き猫だったって事を。



チョッパー。


どれだけ、君に励まされた事か。
どれだけ、君に笑わされた事か。
どれだけ、君に支えられた事か。
どれだけ、君に癒された事か。
どれだけ、君に教えられた事か。


この2ヶ月。
完治を信じ、一生懸命生きようとした君の精神力。
本当に考えされられたし、力になった。

そして、いっぱい針刺してごめんね。
痛かったろ?

一緒に歩いてきたこの怒濤の11年間。
深く胸に刻んで、これからも頑張っていきます。



チョッパー!!


本当にありがとう!!



$人形町ではたらく社長のアメブロ
AD

最近の出来事

テーマ:
まずゴルフ。

ちょー!一生懸命に練習して、やっと安定してきました。
先日は、47の46で93。


課題は安定しないドライバーと、寄らないアプローチ。
グリーンに、のるにはのるのだけれど、ワンパット圏内に寄せれず。
あ、後、160~180ヤードがのれば、もっと楽しくなるんだろうけどなぁ。
距離が長いコースだと、まだこのスコアは出せません。。。




仕事。
ウチって、3月決算なんですけど、12月決算に変更すべく動いています。
なんだか、12月の方が良くないです?
1年終わりました!みたいな。
3月だと、1年が2回終わってる気がして、どうも1年が早い。。


6月決算や、9月決算とかはまだわかるんですけど、なんか3月決算が馴染めないんですなぁ、これが。



で、12月の声が聞こえてきて、何やら”超”が着くほど忙しくなってきましたが、頑張りまっす。


AD

ハラプロに習って

テーマ:
友人のブログに習って、オレも写真を多彩に使うと決めた。



第一弾。

$人形町ではたらく社長のアメブロ






目の前の渋谷君。
新卒3年生。


後ろは弟の優作。


写真がつまらん。
渋谷の表情がイラッとする。
後、メアドがムカツク。
AD

更に更にロッテに学ぶ

テーマ:
http://ameblo.jp/super-salesman/entry-10700679024.html

田町で働く社長のブログさんからの引用です。
あざす。


ロッテの主力選手が若い事。

キャッチャーの里崎選手が34歳ですけど、MVPの今江選手は

27歳、他の選手も25歳前後がダントツに多いような気がします。

組織というのは若手の活躍があってナンボ、それを育成出来る

仕組
があってナンボってことを教えてくれた優勝だったと思います。

ふと自分の会社を振り返ってみても、今活躍している営業マンを

見てみると、新卒5年目くらいからそれ以下の人間が大きな力

発揮している・・・。

それを教育してきた管理職、中堅社員の努力の賜物だと

思います。

史上最大の下克上

テーマ:
あんまり興味の無かった今年の日本シリーズ。


いやはや、久々にテレビを見ながら手に汗握る展開で、面白い試合でした。



今年就任した西村監督が掲げたスローガンは「和」です。


去年のロッテは最悪でした。
フロントも監督も選手もファンもバラバラで、ファンからも罵倒を浴びせさされ、キャプテンに任命された西岡が、ヒーローインタビューの時にファンに「ちゃんと応援してくれ!」と怒りを露にした事をよく覚えています。

過剰なまでの勝利の飢えをキャッチコピーにする事が多い球団が多い中「和」というキャッチフレーズは新しかったですね。
それだけ、組織の和の重要性を痛感していたんだと思います。


下記文章は、検索して出てきた方の引用。


「和を持って尊しとなす」という言葉があります。
古来より日本人が大事にしてきた和の精神への回帰。「洋」から「和」へ。
このスローガンからはチームの再建を任された西村監督の決意が読み取れますし、またチーム内で今年起こるであろうパラダイムシフトを予感させます。

もちろん「和」が大事だからと言って仲良しクラブになってはいけません。
あくまでも勝負の世界ですから、戦う姿勢が必要です。それこそ山本終身名誉監督の口癖「気迫」を前面に出していってほしいです。




正に、ロッテにパラダイムシフトが起こりました。




もの凄く秀でた、選手が居た訳でも無い。
どの選手の勝利コメントを見ても「決めてやろうと思った」とか「改心の当たりでした」等の話も無く、「なんとか繋ごうと思った」等の「和」を大事にしたコメントが多かったのも印象的でした。
この「なんとか繋ごうと思った」という言葉こそ、僕が前に言っていた「粘り」であります。



もしかすると清原や松坂等の特別なヒーローでは無く”和に徹する事が出来る人材”こそが、今の時代、本当のヒーローなのかもしれませんね。



「史上最大の下克上」。
今の時代を象徴した日本一だと感じました。


そして落合監督のコメントも印象的。

落合博満監督は「誰も責めるつもりはない。よくこの1年戦った」と選手をたたえ、「勝敗は誰のせいでもない。監督の責任」と、敗戦の責任を背負い込んだ。千葉ロッテについては、「強さを感じさせなかったこと。それが相手の強さなのかな。表面に出る強さと、強さを感じさせない強さは別物だなと」と、独特の言い回しで表現した。

ちなみに

テーマ:
吉田社長。
ありがとうございまーす。


http://blog.rebo-lution.com/archives/50517335.html





「せっかく失敗したんやから次に生かさんかい!」



by 松下幸之助


そうです。凹んでる暇なんかないんですよ。


もひとつ付け加えておくと、ミスをした社員が「いかなる処遇も・・・」などと軽はずみな事を、平気で言います。

これは、完全に「逃げ」以外の何者でもありません。
本当の意味での仕事の重さを理解していない、または、仕事に対しての覚悟が無い証拠。


本気でそう思うなら、申し訳無いと心からそう思うのなら、逃げずに前を向き続けること。
これが、最大の信用回復に繋がるのです。





教育について

テーマ:
先日の記事を書いた後、社員から何通かメールをもらいました。
その中で「教育」の観点について、少し補足したいと思います。(偉そうですみませんが)


例えば、社員として優秀であった人材がマネジメント職に着いた途端に、まったく力を発揮出来ないことが多々あります。
それは、教育という概念を間違ってるような気がするのです。

社内の提出物に関して優等生だった人間が、自身はできても、部下にはさせられない。
同じ新入社員でも半年経つと、部署によってあきらかに実力の差が出てくる。
入社した社員が直ぐ辞める部署、辞めない部署が歴然。
トラブルが多い部署、少ない部署が歴然。


こんなケースの場合「部下の誰それには言っている」とか「報告はしています」とか言い訳が仕方が非常に多い気がします。

この場合、部下に対して、、
「○○の件、ちゃんと管理しろよ」とか「伝票ちゃんとだせよ」とかの「伝達」だけで、終わっていています。
それは「命令」でしかなく「教育」では無い。


辞書を引くと、、、、

教育するとはー
他人に対して、意図的な働きかけを行うことによって、その人間を望ましい方向へ変化させること。

命令するとはー
上位の者から下位の者に対する強制的な指図をすること。



昔はその「命令」のやり方でも良かったのでしょうが、今はそれが通用しない。
昔は、会社というある種の小さな村社会で、カリスマ的な上司や先輩の命令を聞き「考える」事で、いつの間にか状況が好転し、「ああ、上司の言ってる事は正しかったのか」と、気付き、そうやって人材は、成長してきたんだと思います。

しかし、今の時代そんな時代じゃない。

インターネットを始めとした、色んなメディアが発達し、見れなかった隣の畑を知る事が簡単になって、何が正しい成長なのか、教育なのか、と悩み、自ずと自我の成長を止めてしまっているんだと思う。

昔のように、一方向の情報伝達(=命令)では何も生まれないんですよ。
インターネットの要に、営業も企画もデザインも教育も、インタラクティヴ(双方向)(=コミュニケーション)で無いと、これからは絶対に、会社も人も成長はしないハズです。


僕が数年前から口酸っぱく言っているコミュニケーション。
それは、報告についても、教育についても、まったく同じことが言え、どちらかがそれを怠ったら、歪みしか生まれず、成長は絶対に鈍化します。


よく、悩んでいる上司等に、僕の好きな山本五十六の言葉をメールしたりしていますが、僕も最近になって、この言葉の意味がわかってきた気がします。


やってみせ、いって聞かせて、させてみて、
褒めてやらねば、人が動かじ

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。



何も無い、あの時代にこれだけのインタラクティヴ(双方向)(=コミュニケーション)を意識したコニュにケーションをやっている山本五十六という人間は、やはり時代の先を見据えていたという事なんでしょうね。

いや、逆か。
何もなかったからこそ、コミュニケーションを取らないと、力を引き出して上げれなかった、、という事でもあるのかな。
便利になった世の中だからこそ、色々な情報が入ってくるからこそ、古風な話合いをもっと、もっと、社員同士してもらいたいと切に思います。



その為には、一人で会社で弁当なんか食ってたら、絶対にいい事ないよ!
まずは、ランチからでもいいから、コミュニケーションをしっかり取ってみたらどうだろうかねぇ??


給与はコストか投資か

テーマ:
「給与はコストか投資か。僕は社員と給与の話しをする時にこう聞くんですよ。」
先日、こんな話をある社長が私にして下さいました。


結論から言うと、僕も給与は「投資」だと思っています。


その社長は「コストです」と言った社員には「わかった。じゃぁ徹底的に見直しをし、不必要な”コスト”はどんどんカットしていきます」と話をするそう。

逆に「投資です」と言った社員には「そうか。では君の給与の10倍は稼いでもらわないと投資として見合わない。早く成長し、投資した分だけ早く会社に利益貢献しなさい」


と話をするそうです。

今日、藤田さんのブログに給与に対しての「基本的な考え方」が書かれていたので、僕も敢えて。
藤田さんの文面から抜粋させて頂きながら、私の考えを述べさせて頂きます。
(文章力無いので、すみません)


まず私たちが事業を行うネットビジネスは、
大規模な設備投資(土地、工場、資材、物流など)
を必要とせず、
わずかなPCやサーバーなどのコストを除けば、
大半の必要投資は人件費であり、それと同時に
人材自体(情熱、アイデア、営業力、技術力、
マネジメントなど)がそのまま競争力になります。

高成長を目指す経営者ならば、当然
将来の成長に向けて、得た収入を再投資すべきです。
ただし上述のように、
大規模な設備投資を必要とせず、
企業文化的な理由から
大型のM&Aをしない方針である
当社の場合、
人材への投資が将来成長に向けての
正しい投資と私は考えています。



僕らの業種も実は近いものがあります。
ほとんどの同業種は「工場」を持っていません。

大きな工場を持てば、高い収益性を得ることが可能になってきますが、それは”仕事が沢山ある”状況での事で、今のように不景気になってくると維持するだけでも大変。
稼働率が下がれば下がる程、ただの赤字事業に転落してしまいます。

ですから、当社は大きな工場では無く、営業活度にプラスになる程度の規模を作り、多少ですが、収益性を高めるように努めています。


となれば、SAと同じように、我々の大半の設備投資は、人件費であり、同時に人材自体が会社の財産となっていく訳です。(情熱、企画力、デザイン力、営業力、技術力、マネジメント)(文章そのままでホントにすいません)

先日、ツイッターにも書きましたが、設立10年目に向けての「3カ年計画」を社員に発表しました。「長く勤めることが出来る会社への変貌」が私の頭の中にはあり、平たく言えば崩壊した終身雇用制度を新たな形で、構成していきたい、という僕の中でのテーマが含まれています。


しかし、それは「給与を上げる」「福利厚生を良くする」などの浅はかな考えではありません。


社員の年収が高い優良企業を見ていて、
私が常々感じていたのは、社員の「粘り」が違う
ということです。

製作にしても、
交渉ごとにしても、
運用にしても、

努力をしている会社はたくさんありますが、
最後の粘り強さは、決定的な差別化と競争力を
産み出し、勝敗の大半を決めると思ってます。

リリース直前まで僅かでもクオリティを上げる
ことを諦めない製作力。
少しでも良い条件を引き出すためなら
最後まであらゆる努力を惜しまない交渉力。
ひとときも集中力を切らさず、地道な改善を
積み重ねていくような運用力。


そこで働く誇りや責任感が成せる業であり、
その「粘り」を引き出すためだけでも
人材に投資をする意義は十分にあると思います。




社歴が浅い当社のような会社は、優秀な人材の確保や人材の流失を止める一番の方法は平均年収のアップという考えを持つ会社が多い気がしています。
ただ、給与を上げただけでは、社員の「粘り」は引き出せません。
よく同業種からの転職組で、キャリア的にも年齢的にも「有り得ない給与」をもらっている人が面接に良く来ますが、それが上記のように人材の流失を避ける一番の方法であると、考えた会社の結果でしょう。ちゃんとした仕組みが出来てないのに、流失を怖がって意味も無く収入を上げれば、必ず事業は衰退していきます。





現状とても残念なのは、給与は「コストだ」と考えている社員がまだ多いこと。
働いた時間だけ給与が欲しいと思う社員が多いこと。



そう考えている社員こそ、藤田さんの言う「粘り」が全くない。
限られた24時間の中で、制作にしても、営業にしても、惰性の中でダラダラ仕事をするのではなく、高い意識を持って、時間内にすばやく高いクオリティを出せる社員。
そして、引き出しを増やすためにオフもちゃんと遊ぶ事。

そんな社員を育てるには、まずは、給与に対しての意識を変えて行く必要が多いにあると僕は考えています。




何が何でも、数字を達成するぞ!という粘り。
何が何でも、高いクオリティを出すんだ!というデザインの粘り。
何が何でも、いいブースを作るんだ!という制作力の粘り。
何が何でも、会社の独自性を作るんだ!という粘り。




「あ、すみません。その仕事無くなりました」とか「あ、忘れてました」等と、簡単に言う社員は明らかに、自分の給与が会社に取ってコストであるという認識しか無いんだろうなぁ、と思います。

投資だと思えば、無くなった仕事に対しての反省点、改善点を見つけ出し「現状は、反省点を活かし、このような案件を進めています」等の回答が合って然るべきであるのですが、まだまだそこまでの成長を見せている社員は少ないです。


僕もその「粘り」を引き出す為に、人材に投資をするのは当然の事だと考えていますが、まだまだ当社は、”考え方”を切り替えさせることが先決であり、教育が必要だなぁ、、と思った次第です。



ただ、少なくともこの数年で描いた形は全て100%では無いが、達成し、会社は少しずつですが、成長してきています。
ネット業界のように、成長産業ではありませんが、まだまだチャンスがゴロゴロしている業界である事は間違い無く、頑張らなきゃな、と改めて強く感じている次第です。




しかし、最近の藤田さんのブログには、ホントに共感出来る事が多々あり勉強させてもらってます。
それだけでも、ブログを長いこと書いていてよかったなぁ、、と思う次第です。