新しいマーケット

テーマ:
「新しいマーケットを切り開く」




本日午前中にお邪魔した会社で凄く刺激を受けた言葉。





一般的に良く出てくるワードだったりするけど、僕らの商圏に近い会社で「新しいマーケットを切り開く」という感覚を持ってる人に初めて会いました。



僕は昔から、この業界は「もっともっとマーケットは開けるハズ」と言ってましたが、その方法がボンヤリしかイメージ出来てませんでした。「売れるクリエイティブ」の開発ってのは難しいんです。




そもそも、パイの奪い合いが大好きなこの業界の風潮が、この業界自体を苦しめているのだけど、それに気がついて、新しいマーケットを切り開こうとしている経営者は本当に少ない。
そして、新しいクライアントを開拓する事を会社の新しいマーケットだ!と勘違いしている人も多い。

でも「新しいサービスの開発」を作り、新しいマーケットを開拓していく、、、といっても、正直それは難しい。
クリエイティブって組織に蓄積されるものでは無く、個人に蓄積されるものだからね。
「売れるクリエイティブサービス」を会社に蓄積するのは本当に難しいのです。


そもそもイベントって、お祭り騒ぎ的な感が強いですが、商品に対する購買意欲を高めるという点に置いて一番パワーがあります。
画面で見る商品より、手に取って見る商品の方が購買意欲が明らかに増すでしょう?
イベントがダイレクトメディアと呼ばれる由縁です。

僕のテーマは昔から同じ。
いかにイベントや空間のディスプレイを「媒体」として昇華させ、クライアントに提供出来るか。

ジールが持つ、デザイン力、制作力は業界でもトップクラスだと自負している能力をもっと新しいマーケットに対して提供するにはどうしたらよいか?


そのボンヤリイメージが少し実現に向けて動き出した気がします。

本日の出会いによって解決しそうです。




本当はもっとスピードあげてやらんといかんのだけどねー。
ここ数年多いなー。
思いついたんだけど、忙しくてやれなく、他社がやっちゃった系。


今回はやったるぞー。
AD

Abercrombie&Fitch

テーマ:
N.Yで立ち寄った「Abercrombie&Fitch N.Y」




人形町ではたらく社長のアメブロ


左の方ね。




12月15日に銀座にオープンとの情報が耳に入って来た。

しかもビル建ててるらしい。。。

人形町ではたらく社長のアメブロ

NYのアバクロは何がすげぇって、まずスタッフが超カッコイイ。
そして、超可愛い好
もちろん、黒人と白人が中心でしたが、日系の外人(言葉おかしい?)も凄く多く、めちゃ可愛かった記憶が。。。

そのカッコいい&可愛いスタッフは、真っ暗な店内でガンガン音楽がクラブみたいにかかってるのだけど、
そのガンガン音楽に合わせて、ずーっと踊ってる。

しかも激しく(笑)

接客もせず、ひたすらえ゛!



何だか聞く所によると「モデル枠」というのがあって、モデル枠のスタッフは一切接客をやらないらしい。
店内の「オブジェ」的な扱いらしく、給与も高いらしい。



この話はちょっと驚いた。



銀座の店舗はどうなるんですかねぇ。
日本でもそのような雇用体系をするのかねぇ。


となると、是非行ってみたいねぇ。
楽しみだわ。




多分、場所はココでしょう。


フェラガモの隣ね。


大きな地図で見る

会社ちょーちけぇ。


AD

首都圏ダービー【最終戦】

テーマ:
先週末はレギュラーシーズン最終戦。
埼玉ブロンコスとの首都圏ダービーでした。


なんと観客は3519人満員御礼ぺこ


最近はチケットの販売も調子良い。
もう代々木第二だと箱的にキツイかもね。


抜群の安定感だった、仲摩純平のスリー。
人形町ではたらく社長のアメブロ


仲摩純平からのパスからアリウープを決めるティッゾジョンソン。
人形町ではたらく社長のアメブロ




最終戦は、メインの選手は殆ど出場せず、出場機会に恵まれなかった選手達が出場。


全員素晴らしいプレイ。
特に仲摩純平がハンパ無かった。

スリーポイントが7本中6本成功。
凄い成功率ですよ。コレ。



87v63で見事勝利を納め、通算成績33勝19敗。




お陰さまで我が東京アパッチは、無事レギュラーシーズンを2位で終える事が出来ましたかお





ありがとうございますかお





2位という事は、、、、、、そうです。
カンファレンスセミファイナルにホームゲームで出場決定となった訳です。

トーナメント表はこちら


カンファレンスファイナルの対戦は、

浜松(1位)vs新潟(4位)
東京(2位)vs仙台(3位)

という戦いになりました。


2位になったおかげで、アパッチはホームコートでのゲーム開催。
これは大きい。


土曜日にこの2位を確定させたが為に、東京のメインの選手は出場せず、出場機会に恵まれなかった選手がメインで出た訳ですね。
でも、メインで無い選手が活躍して勝利したのはもの凄く大きい。
選手層がもの凄く厚くなった気がする。。。




悲願の優勝まで、後4つの勝利です。





5月9日(土)~5月10日(日)の二日間。
是非、有明コロシアムへ。





そうそう。
ゲーム終った後に、メシ食いに行ったら隣の席に侍ジャパンのメンバーでもある、西武の中島選手と遭遇。もの凄く好青年。


人形町ではたらく社長のアメブロ



もの凄くファンになりました。バッテイングフォームがカッコいいんだよねぇ。

プライベートなのに時間を取ってくれてありがとう!


AD

SLUMDUNK

テーマ:
人形町ではたらく社長のアメブロ







届きました。


スラムダンク『あれから10日後-』完全版/井上 雄彦

¥2,100
Amazon.co.jp



衝撃的なエンディングから10日後の話。
何度見ても泣けます。
この間、風邪ひいて死にそうな時に書庫から引っ張りだして来てもう一度読んじゃいました。

僕の原点ですなぁ。





自分の根性が無かったが為に諦めてしまったバスケ。
今、、、、30歳を超え、再びバスケに出会い打込む事で、自分が諦めてしまった青春の1ページを、ポッカリ空いた「何か」を埋めようとしているのかもしれない。


















なんつって!








似合わねーなぁ!やっぱ。





あ、もう直ぐ3時のおやつだ。

新しい命

テーマ:
二ヶ月程前、ウチの取締役稗田くんと結婚退職した風間さん。






写真はこちら










本日、無事に元気な赤ん坊を産み落としましたキラキラ







母子ともに元気だそうで、何より。
女の子だそうで「無愛想な稗田くんにお願いだから似ないで欲しい」というのが会社の中でのもっぱらの話題。




なんつって。
早くご対面したいですね。





いやー、しかし。。。
この会社を作っていなければ、産まれなかった命なんですよね。
なんだか不思議な気分。。。


良し。
名前を「汁”子」にしてもらおう。

立ち戻る

テーマ:
昨日、友人でもあり、クライアントでもあり、友人でもあるM君とメシ食ってきました。






秋葉原の串カツ屋立吉で。
ウマかったなぁ好





変わりダネの串揚げがたくさん出て来て色とりどり。







あ、





写真撮るの忘れた泣









仕事の話ってより、昨日は友人としての話が多く、何やらいい話が出来ました。
悩んでいる時は友人との会話が一番良いです。


はい。




自分が今、置かれている立場を考えると中々踏み出せなかった事があり、ちょっと踏ん切れました。
サンクス!

テーマ:
最近、あまりにもブログを更新しないので、母親が心配して電話をしてきました。








「あんた、ごはんちゃんと食べよーとね!」








上京してきたばかりの学生じゃあるまいし「ごはんちゃんと食べてるの?」って。。。。。
親からしたら、子供はいつまでたっても子供らしいっす。





いや、特に何かあった訳では無いんだけど、書く気が失せておりますうう



なんつって。




書けない事の方が多いって方が正しいなぁ。。。







つーか、風邪もひいてたし。
風邪と思ってたら、花粉症も勃発。

負けて勝つ

テーマ:
プロ野球が開幕しました。
下馬評が高かった巨人は広島にぼろ負け。
その下馬評を覆す、原動力はこんな事だったんですなー。

===================================


広島は対巨人開幕3連戦で2勝1分けの好スタートを切った。興奮気味の主砲・栗原健太内野手(27)を直撃すると、意外な“WBC効果”がカープにもたらされていることを明かした。(聞き手=夕刊フジ・宮脇広久)

  [フォト]巨人・クルーンの大暴投にのけぞる広島・栗原

 5日の第3戦は延長12回引き分けの激戦だったが、巨人ベンチではほとんどの選手が腰を下ろし、小笠原ひとりが立って腕組みしているのが目立った。一方の広島は、9回に代走を送られてベンチへ退いた栗原をはじめ、選手たちがベンチ最前列の手すりから身を乗り出すようにしてグラウンドに向かって声援を送っていた。ちょうど、WBCでの侍ジャパンのベンチのように…。

 「そこなんですよ。僕はWBCでは、準決勝を前にして緊急招集されたので、最初はチームのムードに溶け込めませんでした。準決勝はベンチスタートで、僕はここ数年試合に出られないという経験がなかったからなおさらでした。でも試合が進むにつれて、周りの物すごいテンションの高さに巻き込まれていったんです。自分が打つ、打たないだけでなく、みんなが本当に心からジャパンのために戦っているという雰囲気。これだけはカープに持ち帰ろう、自分が率先してやろうと思いました」

 --4日の第2戦でM・中村から逆転3ランを放った際は、右腕を突き上げ、先発投手の前田健を抱きしめるなど大きなパフォーマンスを見せた

 「それも、今季は大きなポーズで盛り上げようと決めていたことです。今季の僕のテーマは『ハイ・テンション』でいきます」

 --確かに侍ジャパンのムードが乗り移ったような雰囲気で、絶好のスタートが切れた

 「1年間この雰囲気を続けていけたら、絶対良い成績が残るし、優勝も見えると思います」

 栗原はWBC宮崎合宿最終日、代表候補からの落選という屈辱を味わった。ところが横浜・村田の故障で、準決勝を前にして急きょ米ロサンゼルスへ呼ばれた。WBCでの出番は準決勝、決勝の2試合でわずか3打席。2三振1併殺打という散々な結果に終わった。それでもベンチ内から大きな収穫を得て戻って来たというワケ。

 広島に開幕カードで出ばなをくじかれたのが、侍ジャパンの指揮官でもあった巨人・原監督。広島のWBC日本代表選手は栗原と、出場わずか1試合で打席0の石原だけ。そんな広島により大きな“WBC効果”が表れているとすると、皮肉というしかない。
==============================

そのときの自分がダメでも、何かを得ようとする心構えが大事です。
勉強、勉強。