2004年

テーマ:
私に取って激動の一年が終わろうとしています。
本当に色々ありました。

去年の今頃は、本当に必死だった。
もしかすると借金まみれで、借金に追われる日々を過ごしてもおかしくないような状況から一点し、会社も安泰してきた。

本当に良く頑張ったと自分を褒めて上げたい。

世の中も「災」の一文字を良く目にする一年でした。
ついこの間あったスマトラ沖地震。
死者が10万人を超えるかもしれないと言われていますね。。。。
10万人っすよ!10万人。
地球がおかしくなっているのかもしれませんね....。

と、まぁ色々ありましたが、私に取っては本当に良い1年でした!!!
このブログでお知り合いなった方々また来年もよろしくお願いします!!





AD

最近

テーマ:
最近、色んな事があってすっかりご無沙汰しちゃってます。
でも、順位は落ちてない。何で??

色んな事が本当にあった。
良い意味でも悪い意味でも。

一番大きなニュースは、下請けの木工屋さんが大騒ぎの状態になった事。
まずは1500万の負債を食らった事。
一件大丈夫そうに見えた会社が急に不渡り。
まともに1,500万もかぶったそうだ。。。

で、大変・大変と大騒ぎしていた所に警察から電話。
何かと思えば、「おたくの社員が飲酒運転で人をひき殺したので事情聴取をさせて下さい。」

もう60才になる経営の大先輩。
流石にまいってるかなと思い電話したら、意外に普通。
から元気かもしれないけど。

頑張って下さい。


AD
ある人のコラムから抜粋。

傷つかないためにはどうしたらいいですか?



何もしない事です.

何かをすれば波風が立ちます.

その波風は決して耐えられるものだという保証はありません.

ましては、その波風に自分が反応した行為が人のところに行ってまた波風になって自分に戻ってきます.

そしてそれはたいてい自分が起こした最初の波風より大きいものです.

そしてそれに人は傷つきます.

だから傷つきたくないのなら何もしない方がいいのです.



会社に対して新しい提案なんか辞めておきましょう.

たいていは「ここがダメだ」「ここが不明だな」と罵声を浴びせられます.

そんなものに耐えるという行為をしなくてもお給料は同じです.

誰かに「好きです」なんて言う行為も辞めておきましょう.

たいていは「いい返事」なんて帰ってきやしません.

これは”格好悪い”です.人に言われて後ろ指までさされてしまうかも知れません.

告白さえしなければ傷つく事はありません.

じーっとしている事です.

出来れば部屋からでない事です.

それでも生きていけるのならば部屋からでない事です.

部屋の中で「匿名」でネット上に書き込んでいるだけならば傷つけられる事はありません.安全です.



なぜ人は余計な事をしてしまうのでしょうか?

社会の中で生きていくのにも「なるべく波風を立てない」生き方はあるはずです.

だまっ~て、就業時間が過ぎていくのを待っていれば平穏な会社の過ごし方は出来るはずです.

ましてや「そこそこの年になって」ルールを壊してまで何かをしてしまったら「大きな波風が立ってしまい」ます.それに耐える事は本当に大変な事です.

少しぐらい気に染まぬ事があっても「見て見ぬ振り」をすればいいだけです.



やり過ごそうとした.

黙ってニコニコしていれば過ぎていく事だとわかっていた.

しかしそれが出来なかった.

「したい、したくない」ではなく「できない」のだ。

だからどんな波風が立っても行くしかないのだ.

それが自分というものに誠実であろうとする事であるならば.

傷つく事を覚悟する.

周りの人間の罵声を覚悟する.

波風がどんなに大きくなろうとも進めるところまでは進む事を覚悟する.

進んでいるうちは結果は出ていないはずだから.

「参った」と言わなければ負けた事にはならない.



外に出よう!

自分の身を世間の風に当ててみよう!

冷たく強い風は「痛い」かもしれない.

でもその風に当たる事をじっと耐えてみると「風」の中にも時たま”ふんわりと優しい風”がある事に気がつくだろう.

それは”身をさらしてこそ”気がつくものだ.

風に向かって歩いてみよう!

しばらくすると腹が減る。

そこで食べるものは「部屋で食べた何か」とは違う味がする.



とりあえず外に出よう!

人のために出来る事がないかを考えてそれをやってみよう.

自分のためにやる事は部屋の中でさんざんやってきたはずだ.

人のためにやったって感謝なんかしてくれない.

「ナニ余計な事やっているんだ」と迷惑そうにされるのがオチだ.

そんな冷たい風をまず受けてみよう.

でもそんな風は自分のからだが変わるのか?風自体が変わるのか?なぜか必ずいつか暖かく感じる日が来るものだ.

だからとにかく外に出よう.



今は冬.

外に出て世間の風の冷たさを感じるにはいい季節だ.

そしてその風が少しずつ暖かくなっていく事を感じるのにもいい季節だ。

とにかく外に出て「自分の身をさらす」という怖いけれど、きっとその先に大きな喜びがある事を信じて…外に出てみよう.
AD

葛藤の1日

テーマ:
何か急にオープンカーに乗りたくなりました。

やっぱデザイン会社の社長だけに、かっこ良くいかんといかんだろう、、、

みたいな意識に取り付かれ、クソ忙しいのにネットで車を探しまくった。

で、見つけたのがBMW Z4。

ディーラーに電話したら直ぐに試乗車を会社まで持ってくるとの事。

早速試乗してきます。

凄いね!

テーマ:
キレイになるための、事業立上げ記録というブログをご存知ですか?
藤田社長の所にも紹介があったようなので、今回で知った方も多いかも。

サイバーお得意の新規事業コンテストにて入賞(って言うのかな)し、実際に新規で事業を立上げる事になった25才の女性の奮闘記なのですが、事業が立ち上がる頃なんかは、ハラハラして結構面白かった。

会社を立ち上げるのと同じような事で、仕入れから売りまで、マーケット調査・ブランディング含め、総合してプロデュースされた訳です。
予見ですが、担当された方は結構美人だったりします。
※やっぱ女性は美人だと特ですね。

もちろん、サイバーというバックボーンがあってこそ!だとは思いますが、
1から物事を作って行く努力というのは楽しいけど大変苦しいものです。
今までは生みの苦しみ。今度は、育ての苦しみを味わう事になるかと思いますが、これからも頑張って欲しいですね。

さて、私の会社はというと、、、、
同じ25才の女の子がおりますが、まだまだ。

サイバーは若い社員がホントしっかりしているらしいですが、どうやって教育されているのか、ホント教えて欲しいですわ。

与えられた仕事をこなす事と、仕事を自分で作ってこなす事は全然違う。
そこに早く気付くんだろうな、、、と思います。サイバーの教育環境は。

会社って、主となる売りがあって初めて成り立つ訳なんですが。

サイバーはネット広告という主を売りなのはご周知の通り。
で、広告って結果的に媒体先があってこそ、なんですね。

サイバーは、媒体先に掲載料を払うぐらいなら、媒体先を自分で開発しちゃえ!とネットビジネスらしい発想で、各種新規事業にどんどん着手しております。

その仕組みをよくよく考えると、本当に良く出来てる。
世の中が欲しているものを、見つければ、直ぐ行動に移せる。
しかも、予算をあまり掛けずに、具現化出来る。

やっぱりネットビジネスって非常に新規事業なるものを計画しやすい業種ですね。

ホントうらやましいです。

私がやっている事業は、まだまだ下積み的な要素が非常に大きい為、中々新人が使えるようになるまで、時間が掛かる。

まだ、これから、これから。と思っていると時間があっという間に過ぎる。

私も今の職種を主として、何か計画をしよう。

来年の目標はそれだな。ネットビジネスへの参入。

社員に急募してみよう。新規事業計画について。

極悪がんぼ

テーマ:
極悪がんぼというコミックをご存知でしょうか。
カバチタレ!!を書いている方が出している社会風マンガなのですが、非常に面白いです。
社長さんに凄くオススメ。

まぁ、簡単に言うと「裏」の社会に生き、中小企業や倒産整理などを狙いにし、依頼者から、報酬を貰う「整理屋」のお話。

現在、6巻まで出ているんですが、全部読破しています。

今回、特に生唾を飲んだ話が6巻の本間社長の話。

これから読む方もいらっしゃるかもしれませんので、内容はお話しませんが、、、、

内容は、とても辛い.....。

会社なんかやるもんじゃないなと本当に思います。


冬期ボーナス

テーマ:
昨日は、弊社も世の中の波に乗ってボーナスの支給日。

最高額で152万円。
最低額で35万円。

恐るべき差でございます。

ウチの会社は完全実力主義。

ボーナスの差額は半端じゃないのだ。

もっと成績を上げたら、200万のボーナスも夢ではありません。

次の賞与は、決算賞与。

この3ヶ月で査定をひっくり返すほど頑張って欲しい。

1円株式会社

テーマ:
このニュース見ました?
へぇ~って感じです。

最低資本金制を廃止 法制審部会、会社法現代化へ要綱案

ベンチャー企業を応援します!とか政府は言ってますがね、まったく応援する気なんぞ無いんですよ。実際のトコ。

最低資本金制度を無くした所で、別に良い事が起きる訳では無いと私は思います。
1円で企業した所で、運転資金は無い訳ですから、まともに経営出来る訳が無い。

となると、会社を悪い事に使う人が大勢でてくる訳ですよ。
脱税とか、幽霊会社とか。

乗っ取りとかも「株式」の単価が低いだけに、多くなるとも思われるし。

まぁ私が思うに、最低資本金制度の金額を落として300万でも株式に出来るとか、
もっと具体案が欲しいなぁ、、と思います。

しかも、1円で起業する人というのは、多分ネット系のサイドビジネス系が中心になると思いますが、そんな人が増えてくると、自分の本業がおろそかになり、本業の会社は全然繁栄しなくなる。

はたまた、「お金が無いから起業出来ない。」という考えがまったく無くなるので、優秀な人間がどんどん起業してしまう。

となると、元々の会社もどんどん人が辞めて、本来の企業の繁栄も無い訳ですよ。

という、悪循環が起きるような気がします。
彼らが考えている事が、景気回復になるでしょうか。


ベンチャー先進国のアメリカは、企業して数年間は法人税というものを徴収しないそうですよ。

ベンチャー企業を本気で応援するのであれば、起業する事を応援するのでは無く

て、起業した後の企業を応援(融資制度を楽にするとか、税金の%を落とすとか)

しなければ、いつまでたっても、ベンチャーの繁栄は無いと思うんだけどなぁ。




おかしい

テーマ:
凄く久しぶりに書いているような気がします。

最近腰が痛いのと、仕事がめちゃんこ忙しいのとで、中々PCの前に立てません。

もうぼちぼちクリスマスですね。

Mariah Careyの恋人達のクリスマスって曲ご存知ですか?

さっきラジオで掛かっていたので、思い出しました。


この曲が主題歌として使われたドラマ「29才のクリスマス」が放映されてもう10年がたちましたねぇ。

私、19才の時にこのドラマを見て、えらく影響されました。

「あー俺は、このドラマみたいに29才の時は、素敵なクリスマスを過ごしてるんだろうなぁ、、、」みたいな。

その29才にやっとなり、今月「29才のクリスマス」を迎えます。。


えー、現実は、、、、、、、、寒空の中、現場です。

夢と現実は全然違うもんです。






どうでも良い事

テーマ:
昨日、スパイダーマン2をようやく見ました。
面白いですね。
久々に、ハマル映画でした。

でも、結果的に、、、、、愛の力....なんですよねぇ。。。。

ヒーローはそんな感じかしら。