2013年01月26日(土)

大須レポート〜佐喜

テーマ:酒場レポート(名古屋)
おはようございます!昨日告知した通り、今日は金山で呑んできます。
ですがその前に、酒場レポートを更新していこうと思います。
ここのところ、名古屋呑みのレポートも少ないので、今日は大須での呑みから一軒。
先週新たに訪れた酒場を紹介したいと思います。

$酒場ライターになるまでは死ねん!

場所は大須観音近くの商店街。以前紹介した「串平」のすぐ隣にあります。
屋号は「佐喜」。この前を通る度に気になってはいましたが、なかなか行けずにいたので、
今回遂に訪れようと決心しました・・・って、大げさ過ぎますねw

「串平」同様、昼から呑める大須では貴重な酒場。
串カツ・どてという暖簾を見てしまったら、もう呑むしかないですよね~。
早速入ってみましょう。

店内はカウンターのみで、7-8席程度の小さな酒場です。
母娘らしき二人で切り盛りしていて、暖簾の肩書き通り、
カウンター前にはどて鍋に色んな具がグツグツと煮込まれていました。
う~ん、これを見るだけでも涎が出てしまいますねw

$酒場ライターになるまでは死ねん!

早速、酎ハイからスタートです。FBで知り合いになった方から聞いたのですが、
この焼酎ハイボールには地域限定缶なるものが存在し、
その中の名古屋の秋冬バージョンの缶のデザインは、何とこの酒場をモデルにしているそうです!
実際に、その缶を手にした事はまだないのですが、探してみようかな~^^

そして、暖簾にも書いてあった串カツをどてで頂きます。
衣がしっかりとつけてある上に、肉自体の大きさもかなりもので、
二串と言えど、結構満足出来るボリュームですよ。
どてに漬けて適度にフニャーっとなった衣の食感と
どてを吸った味が、またたまらないんですよね~><

$酒場ライターになるまでは死ねん!

$酒場ライターになるまでは死ねん!

次は味噌おでん。気になっていたどて鍋に入っているものを頂けます。
今回は牛スジ・焼き豆腐・卵・はんぺい・厚揚げの五点を頼んでみました。

どての味は、同じ名古屋にある酒場でも雲泥の差があると言う事を以前、
このブログでも書いたかと思うのですが、ここのどてはどうかと言うと、
名駅前のこってりと甘さが強調されたものとは全く違い、
甘さよりかは塩辛さの方が若干強いという感じ。もちろん、若干の甘味はあるんですけどね。
でも、どて初心者であれば、ここの味は割ととっつきやすいと思います。
いきなり名駅の個性の強いどてを頂くと、その余りの味の濃さに驚くでしょうからw

$酒場ライターになるまでは死ねん!

さらにさらに~、酎ハイをお代わりしつつ、えびのフライも頂きました~。
三本からの注文にはなりますが、気になったものでw
小振りとは言えど、むしろ酒肴として頂くのであればコレ位のサイズが丁度良いですよね。
えびのプリプリさが活きていて、衣の付け具合も程良い感じで美味しかったですよ^^

と、頼んだ料理はこんな感じでしたが、ブログ用に写真を撮っていると、
隣の常連さんの方から、「ブログやってるの?なら俺たちも撮ってよ」との声があったので、
恐縮しつつも、店員さんにカメラを預けて、撮ってもらいました~。

$酒場ライターになるまでは死ねん!

久々の顔出し。ちょっと恥ずかしいですが、良い感じで撮ってもらえました~^^
常連さんのこの笑顔、酒場をエンジョイしているのが良く現れていますよね。
この後、その常連さんからは一杯酎ハイを奢ってもらってしまいました!
「上手にブログ書いてよ」と、プレッシャーながらも有難いお言葉を頂き、
結局、ここで酎ハイを缶四本分も開けてしまうのでしたwう~、流石に効きましたね~^^;

店員さんもしっかりと対応してくれますし、料理の種類も結構豊富です。
寄り道する目的で、千ベロ程度の感覚でサクッと寄っていくのも良し、
少しだけ長居して、色んな酒肴を楽しんでいくのも良しという、
色んな楽しみ方ができそうな酒場でしたね~。
「また来て下さいよ」という常連さんに「はい」と笑顔で答えつつ、
いつかまた、ここに再訪する事を心の中で誓う僕なのでした・・・。

さて、ではこれから名古屋呑みに行って参ります。
また新しく訪問した酒場があったら、紹介したいと思いますのでよろしくです^^

~続く~
PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード