思い立ったが吉日。

40代女子、思い立ったらまずチャレンジ☆


テーマ:

先週、見なきゃ見なきゃと思いながら見ていなかった

「コウノドリ」を初めて見ました。

題材的に、読んでみたいと思いつつ、絵が好みではなくて^^;)
そして、綾野剛も好みではなくて(笑

テーマが「高齢出産」「不妊治療」だったので、

よしっと、見てみました。

感想は・・・・。キ、キツイ。


治療や、仕事ととの両立、高齢出産の現実、父子家庭の

しんどさ、どれも突き刺さったのだけど。

何よりキツかったのは、不妊治療を長年頑張って、

子宮筋腫の手術もして、やっと授かったのに31週で

子宮破裂、子宮全摘、赤ちゃんも助からない高齢妊婦さんの話。

ダブり過ぎる。

私は、顕微授精、前回帝王切開、今年の初めに子宮筋腫の腹腔鏡手術

その際に、前回の帝王切開の傷も再縫合、そして高齢と

リスクオンパレードで37週での帝王切開が既に決まっているんだけど…。


そうだよな、こんなこともないとは言えないんだよな、と。

不安でたまらなくなってしまった…。

辛いよなー。


頑張って、頑張って、

やっとやっと授かって、大事に大事に31週まで来たのに。

あんなことが待ってるなんて、堪らないよな…・。

短い取り上げられ方だったけど、あの夫婦のことが

気になって仕方ない。

今日は、自然分娩にこだわる人がテーマみたいだ。

見てみようかな…でもな、綾野剛のピアニスト姿はいかがなものかと…^^;)

あ、個人的な好みです。ファンの方、すみません。

さて、長くなっちゃいましたが

2012年の絨毛検査&胎児ドッグのお話を。


これは2012年の出生前診断の話です。

もしかしたら、現在と変わっている可能性があるので、

それをご承知頂きで読んでいただければ幸いです。


このクリニックでも、検査は海外の病院に委託?

していました。私の時は香港の病院だったと思います。

それもあって、検査結果まで時間は掛かります。

異常のあるなしが分かるのは、1週間以内だけれど、

染色体をきちんと調べた結果が分かるのは2週間後くらいだった

と思います。


私は、すぐにでも知りたかったけど、

旦那氏に

「急いでも結果が変わるわけじゃないし、

きちんと最終結果を見て判断すればいい。交通費も馬鹿にならない」

となだめられました。


生きてる心地のしない日々で、半ば覚悟はしていました。

結果も予約をして行きましたが、かなり待ちました。

説明は、院長が直々してくれて、今回の新型出生前診断より

結果報告も丁寧で、染色体のコピーのあり、3枚ありました。

結果はネガティブでした。

言われた瞬間に、手先に血の気が戻ったのを覚えています。

院長先生は

「よかったね、本当によかったねー」と言ってくれました。

当時読んだ、陽性だった方のブログでは

クリニックでは、とことん相談に乗ってくれると書いてありました。


そのことについて書いて、出生前診断の話を終わりにしようかと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

昨日、保育園にお迎えに行くと入口にお知らせ。


嘔吐の症状がある子が複数出ています。

お迎えは、玄関口で行います


ひぃぇ~~~~~~Y(>_<、)Y

とうとう、嫌なシーズンがやってまいりました・・・。

とほほ。

祈りながら帰宅しましたが、本日まんまと38.5度の発熱。

熱だけで済んでくれ~~~。

さて、出生前診断の話です。


これは2012年の出生前診断の話です。

もしかしたら、現在と変わっている可能性があるので、

それをご承知頂きで読んでいただければ幸いです。


早速もう、時系列がちょっと定かでなくなっていて申し訳ないのですが、

午前中胎児ドッグの時、後半は院長先生が診てくれます。

私は、首の後ろの少しの浮腫み、鼻が低いことを指摘されました。

胎児ドッグの後、細かく説明を受けます。


年齢や、ドッグの見解のリスクを色々考慮した確率が出ます。

私の、陽性確率は・・・高いもので50%でした。

2分の1の確率。

一気に、喉の水分が飛んだのを覚えています。

理系の旦那は「確率」に対して冷静でしたが、

色々記憶が飛んでるのは、その衝撃かもしれません…。

午後は絨毛検査でした。

行く前に色々、そのクリニックで絨毛検査を受けた人の

ブログなんかで読んでましたが、リスクを避けるため

院長先生が納得できる状態になるまで、検査はしません。


胎児の位置や、エコーの診易さなんかのようです。

最初にエコーで先生が診て、直ぐ検査できる人もいれば

散歩を長時間指示される方もいるみたいですが、

わたしは、「おしっこ20秒だけ出してきて」でした。


なかなかの難問でした。

大体にして、出たら途中で止めるって難しいですよねえ。

ともかく、それで無事検査に進みました。

まず、お腹に麻酔をしますが、私はこれが結構痛かったです。

その後、長い針をガシガシお腹に入れていくんですが、

シャカシャカ先生が動かす度に、エコー越しで

赤ちゃんが飛び跳ねるように動いて、ドキドキしました。

妊娠も、お腹からのエコーも、しかも鮮明なエコーも

初めて尽くしなうえに、未知の世界の絨毛検査。

とてもナーバスになっていました。

でも、先生はとてもさばさばしていて、胎児ドッグの時から

「治療ガンバったね、よかったねー」とか言ってくれて。

手先は当たり前だけど、しっかりしえいて、軽口を叩きながらも

エコーを見る目は真剣で、信頼できました。


検査を受けることや、その後の選択はみんなそれぞれ

というようなことをおっしゃってました。

(多分、リスク計算が高かったから?)


短い時間だったと思うけど、私はとてもとても長く感じました。


検査の後は、1時間くらいだったかな。

別室のマッサージチェアみたいな(マッサージはついてない←あたりまえ?)

椅子で安静にして、自分の体調や胎児の心音を

院長ではない先生に確認してもらった後、帰宅しました。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プレミア12の韓国戦、あまりに後味が悪く

寝付けず、目覚め悪し!!!


何故、あの球数とピッチングでもう1回大谷じゃないのよ!

則本何故、2回もいくのよ!!

そして、その後がなぜ松井なのよーーーーー!!


あ、失礼しました。


さて、3年前の出生前診断の話です。

もしかしたら、現在と変わっている可能性があるので、

それを承知で読んでいただければ幸いです。

私が受けたのは、絨毛検査という検査です。

何故、絨毛検査を受けたかと言えば、
確定診断を受けたかったから。

羊水検査より早い時期に知りたかったから。

羊水検査よりリスクが少ないと判断したから。

です。

何故、大阪まで行ったかと言えば。
東京で出来る施設が極端に少なく、その施設での出産が前提だったから。

そして、
大阪のクリニックは、専門クリニックで技術力が高く
少しでもリスクを減らしたかったから
です。

大阪の病院は、常に混んでいて

実施できる期間内に予約が取れるか心配だったので、

心拍確認後直ぐに、電話をしました。
(それまでも、数値低い→子宮外の疑い→大学病院転院

→正常妊娠と、バタバタだったので福助の初期は本当に気が休まらなかった)

そこのクリニックは

・胎児ドッグを受けることが前提

・アスピリンを飲んでいる人は受けられない

・結果を含め、夫婦で来院できない人は受けられない

という条件がありました。

そして予約をしていても、当日はかなり待ちます。

待合室には、人が溢れていました。雰囲気は、新型出生前診断を受けた

大学病院より重い感じで、だから先日の大学病院で

待っている夫婦がみんな談笑していたことに違和感を覚えました。

流れとしては、胎児ドッグ→絨毛検査でした。
胎児ドッグ(超音波)までは、院長ではない先生ですが、

本当に丁寧に見てくれます。

心臓、むくみ、鼻はもちろん、隅々まで見ます。画像は4D?でとても鮮明です。

とても長く見るので、動く姿を初めてみて感動しました。

そこでもまた、これで陽性だったらどうするのか…と考えました。
夫も同席して、一緒に見て、画像も頂きました。


その後、胎児ドッグでの見解の説明を受け
「絨毛検査受けますか?」と再度聞かれました。
私の時は、ほぼ1日がかりで、午後から

絨毛検査でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

霧の埼玉からこんにちは。


先日、専業主婦で2姉妹を育てている友達と

愚痴大会をしました。


私も相当やさぐれていたんですが、友達は

「私ね、今の生活って牢獄だなって思うの」


ろ、牢獄?!( ̄□ ̄;)

「でもね、この子たちが大きくなるまで服役する覚悟はあるの」


ふ、服役?!(  ゚ ▽ ゚ ;)

み、みんな色々抱えているんだな…がんばろ。(笑

さて、今回は福助の時に受けた出生前診断のこと。

2012年、福助の時に受けたのは、絨毛検査&胎児ドッグでした。

今回の出生前診断を受けた理由が、覚悟とか心構えならば

福助の時は、不安だったから、です。

ともかく不安だった。


だから、確定診断をしたかったけれど、

羊水検査まで待てなかった、そこで陽性と出た時を

想像するのが怖かった。

ので、絨毛検査を選択しました。
当時、絨毛検査をやっている施設は限られていて、

ハードルも高く、リスクも不安ではあったので、

色々考えて、大阪の有名なクリニックで受けました。

妊娠が分かってから、決めるまでに時間がなくて

本当に悩みました。

周りで受けている人はほぼいなかったし、

治療までして授かったのに、こんなことしていいのか?

でも、高齢でハンディあある子を本当に育てられるのか?

産むことは、子どもにとって幸せなのか?


色々色々考えて、ほとんど時間切れ状態で受けた

というのが、正直なところです。

ただ、ダウン症の赤ちゃんを産んだ友達が

「受けた方がいい、受けて安心した方がいい」と

言ってくれたのが、イチバン大きかったかもしれません。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

雨の東京です。

我が家は、東京から1時間圏内の埼玉。

それでも、天気も温度も違います。(笑


出る時、降ってなかったのに…(笑

そろそろカウンセリング活動も、出来る事が限られてきて

仕事(アルバイト)も、いつまでどうするか会社で

話し合いがありました。

帝王切開で、出産日が先日決まった私。

それを踏まえて話したら、しゃちょさんが

「とりあえず、席は残しとくから」と。


まだ、どうなるか分からないし、どうするかも決めてないけど。

ありがたやーーーー。


さて、出生前診断のお話です。

検査から、結果まで2週間。

なんでそんなに掛かるかと言えば、海外の会社に

検査を依頼しているから。

いくつかの会社が実施しているようですが、

検査の日、先生からどこの会社か、どういう会社かも

説明がありました。

結果も、夫婦で聞きに行きます。

私が受けた病院では、検査する人の時間帯と

結果を聞く人の時間帯が分かれていました。

部屋に入って、まず検査が無事出来たことの報告。

(場合によっては、上手く結果が出ない場合もある)

それから、調べられるケースについての話を再び。

前回も書きましたが、NIPTは確定診断ではないので


・陽性の場合は、羊水検査で確定診断という流れ。


・陰性の確率は、99%以上(99.9%)でかなり高いが、100%ではない

です。

私は、幸いに全ての項目で陰性結果でした。

それでも、「この数値で陰性でない場合もありますか?」

と聞いたところ

「この結果なら、まず安心していいでしょう」とのこと。

安心は、しました。


ただし、この検査で分かるのは

13トミソリー、18トミソリー、21トミソリーの3つで

その他については分かりません。

それは、心に留めておかねばと思います。


この検査を受けて、陽性だった場合

羊水検査まで進まずに中絶を選択するご夫婦も多いようです。

何度も言いますが、NIPTは確定診断ではありません。
どうか、それだけは覚えておいて欲しいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、まいちんです。

検査の件で、問合せやご心配頂いたりしとります。

すんませーん。早く返信します。記事書きます(汗

さて、私が今回受けた出生前診断は

新型出生前診断(NIPT)というものです。


よく、羊水検査と流産のリスクを比較されますが、
羊水検査が確定診断のに対してNITPは確定診断ではありません。

ですから、NITPで陽性の場合には再度確認する意味で、
羊水検査をすることになります。

陰性と出た場合も、確率は99%とかなり高いですが、
100%ではありません。
(先生は、陰性に関してはほぼ大丈夫とおっしゃってましたが…)

この検査は、今は研究のために実施されているので、
受けるには色々条件があります。そして、結果は研究に使われます。
また、基本的にその病院で出産することが前提になると思います。

私は高齢なことと、病院で手術を受け、出産もするので受けられました。

検査日、結果を聞く日は、必ず夫婦で受診することが前提です。

私の病院では、

まず、受付を済ませると説明の紙(A45枚くらい)を渡され、
それからポータブルDVDで説明を視聴します。


その後、診察室で重要事項

(NITPの実施方法、意義、判断確率、実施検査機関、検査で分かること、研究…など)

について先生から直接説明を受け、質疑応答。
その後、同意書にサインをします。

それから、検査。

夫は頬粘膜を採取、妻は採血。

結果は2週間後です。

費用は、検査結果や説明料(遺伝カウンセリング)含め、20万くらいです。
保険はききません。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

書く、書く詐欺のまいちんです。

こんにちは。

以前に書く、と言っていた出生前診断のこと。
やっと、書ける日がやってまいりました。


が、いつ完結するかは…(笑

さて、以前の記事で↓
http://ameblo.jp/choiko/theme-10092519845.html


そのとき書いたように、我が家が出生前診断を受けようと思ったのは

「産んだ後のこれから」を考える為、でした。

夫婦の年齢、福助のこと。もし、陽性だった場合どうするのか、それを

考えるために受けました。

福助を妊娠できたときは、また違った理由でした。
それは、「不安」だったから。

初めての妊娠、41歳での妊娠、妊娠も出産も初めてで

しかも、4年の治療でかすりもしなかった末の妊娠で

手放しで喜ぶことがどうしてもできなかったのです。

不安を抱えたまま、妊娠継続することに耐えられなかったのです。


そして、身近でダウン症の赤ちゃんを出産した友達がいたのも

大きなきっかけでした。


ありうることなんだ、そう思いました。


その時は、「陽性」だったら…。

そこから考えよう、という気持ちでした。

友達がダウン症の赤ちゃんを育てていることで、

絶対無理!という感じではなかったものの、やはり不安はありました。



ここに出生前診断でたどり着いた方にお願いしたいのは

ご自分で必ず確認してください、とうことです。
私の記事は、あくまで私の場合であって、あなたの場合ではありません。

私の気持ちは勿論、受ける検査、受ける施設で

色々異なることもあります。

また、今後私の時に常識だったことが非常識になること

その逆もあるかと思います。

そんなこともあり、今回受けた出生前診断を2015と書きました。

ところで、
大きなくくりで出生前診断と言われるものが何種類あるか

ご存じですか?

それらで何が分かるかご存知ですか?

確定診断はそのうち何かご存知ですか?

検査することのリスクはご存知ですか?


何故、出生前診断を受けようと思ったのか?

ご夫婦でどのように話し合われたのか?

ご夫婦で、気持ちや考え方は一致したのか?

もし、陽性と判定された場合どうするのか?


受ける前に是非、

立ち止まって考えてみてください。

答えが出なくても、是非、考えて話し合ってみてください。

そして、ネットで疑問に思うこと、迷ったことがあるならば

素人のブログ←あたしとか(笑
で最終決断や、安心などせずに、病院、お医者様に

確認してください。

前置きが長くなりすぎたので・・・


つづく(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。