こんつは。
旦那が出張で、巨人優勝の浮かれポンチにつき合わなくて

済んだまいちんです。平和だわー(´∀`)

通常、優勝が決まりそうな場合は1画面で(贅沢なのです。笑)テレビ観戦。

(数年前は、危うく生で優勝を見そうになって肝を冷やした)

スポーツニュースを翌日まで梯子。スポーツ新聞を全紙買う

という苦行ですからね。


ぜーーんぶ、回避。(笑)

穏やかな土曜日です^^)

さて、会社で道端で

「いよいよだねー」「楽しみだねー」「やっと会えるねー」

と言われることがものすごく増えました。

が…・。


すみません。全く実感が湧いてこない、ハハになるワタシ。

むしろ、胎動で命の重さをヒシヒシと感じ、

その責任の大きさと、自分が受ける未知の手術に
怖くて不安で心細くて堪らん、という思いの方が

募る一方。

はあ…(嘆息)こんな覚悟のないハハで
本当に、赤さんにも申し訳ない気分。
そしてまた、不安になるというスパイラル…。

そんなことも手伝って(言い訳)、出産準備で買ったものは。

短肌着2枚と、ベビーバス。


以上!我ながら呆れます。

引き換え、周りの人々は本当に楽しみにしてくれていて。

「あれあるよ?」「これあげるよ」「それ貸せるよ」と…。


みなさんのご厚意に甘えて借りた(る)もの、頂いたもの全集。

・ベビーカー(AB兼用)

・ベビーベッド&ハイローチェア&バウンサー

・オムツポット、紙おむつ、おしりふき、ベビーマット

・スリング、授乳枕、ミトン、靴下

・産褥ショーツ、ガーゼハンカチ

・セレモニードレス


中でも凄いのが、弟&嫁の義妹ちゃん(特に義妹ちゃん)

義妹ちゃんは治療仲間でもあるので、ほんとに色々話せるし

喜んでくれて、気遣ってくれます。

引越し早々、空気清浄機(加湿除湿付き)を
お祝いで買ってきてくれて
(ネットで調べたら、凄い金額だった…(大汗))

思い立ったが吉日。-1

上記のリストも半分は義妹ちゃんから。


で、色々メールしながら
「すっかり甘えちゃって、全然準備してないよー(笑)」と言ったら。


「お姉さん!ちょっと多すぎると思って遠慮してたんですが

もう、何も買わなくていいです。とりあえず肌着&洋服

半年分くらい送りますんで、足りなかったら買ってください」


と、今朝届いたのがドーン!


思い立ったが吉日。-2

・・・すげい。

義妹ちゃん、3姉妹でね。

3姉妹で7人の子供がいるんだけど。

姉妹で使ったものかき集めて、男の子っぽいの

選んで送ってくれて…。

中には、使ってないようなものからブランド物まで

ありがとーーーーーぅ゚(T^T)゚。


とりあえず、水通しは頑張るよ!うん!(笑)

AD
不安定な天気だけど、涼しくなってきて
気持ちいー☆と思っていたら、旦那が風邪をひきました。
鼻水ダラダラ、咳ゴホゴホ、おまけにデコ触ったら熱っ!

「熱あるじゃん!」と言ったら
「あると思うけど、計ると弱気になるから計らない!」
と、わけの分からないことを…。

病院、行ってくれ(涙

ちなみに、姪っ子も高熱で救急病院に駆け込んだそうです。
寒暖の差に参っちゃったのかな…。
皆さんもご自愛くださいねー。

こんつはー。寒暖の差では参ってないまいちん。です。
その代わりと言っては何ですが、現在手足に蕁麻疹が
出ております。とほほ。

月曜日、助産師外来と検診に行った後に皮膚科に行ってしまい、
薬の可不可確認できず、ムヒで乗り切っております…。
馬鹿です。

えっと…検診の結果
逆子は相変わらずでして、今後週1で確認だそうでございます。
頭と背骨の位置を確認するんだそうです。
何と、帝王切開入院のその日まで確認するそうで。

「え、じゃあ入院準備万端で来ても、直ってたら返されるんですか?」
と聞いたら。

「勿論!(°∀°)b 」と。

まあ、そらそうなんだけど。
落ち着かないっすね…。l心の準備とか。

助産師外来は、「出産に関する想うこと」と言われたので
出産準備のこととか、仕事のこととか、里帰りのこととか、
帝王切開のこととか話したんですけど。

「焦りと不安でいっぱいいっぱいね( ´艸`)
完璧に備えるなんて無理だから、その時その時でいいのよ」
と言われました。
初対面の、若くてまつ毛エクステがきれーな助産師さんに。
たはは。

出産に関しては、基本希望に沿うけど
病院側がベスト、と判断したら容赦ないみたいっす。

友達にソフロロジーのCDを借りてるので、使えるか聞いてみたら
「基本、流せるし呼吸法は大事にするけど、
必要な時は、無視してゲキは飛ばします」とか(笑)

そして、逆子に関してはやはり冷えを改善せよ、と。

「妊婦さんはね、大丈夫?ってくらい汗かいてちょうどいいの」
だ、そうです。

生野菜禁止、味噌汁推奨、飲み物常温、腹巻靴下必須。
シャワーより湯船、ほどほど運動。
ははは、赤さん待ちの時と同じでR。がんばります。


iPhoneからの投稿
AD

おばんです。

冷やしてはいけない、と散々言われているけれど
どうにも暑くて、寝る時にクーラーをタイマーにして
扇風機を点けているまいちん。ですσ(^_^;)

ちゃんと腹巻もして、長いズボン履いて寝てるけど…

足、攣ります。

もれなく、両足(*_*)。しかも、最近は足裏でもふくらはぎでもなく
足首!!!\(゜□゜)/て時も。

治し方、わかんねーーーー(´□`。)

そんな9カ月の体調防備録。8か月からあまり変わってないけれど。


◆体重トータル9kg弱増。
→2週間で1kgくらい増えるペースで、病院で怒られると
 停滞、というのを繰り返している。
 怒られる前に気を付けろ!でございます。

◆妊娠糖尿の、負荷検査で問題なく胸をなでおろしたのもつかの間!
 今度は、コンスタントにプラスを叩きだす蛋白の精密検査に。
 すんません。
→現在血液検査の結果待ち。

◆甘いものブーム、去る。(笑)
 ケーキやパフェは絶対食べきれず、シュークリームやエクレアは
 中のクリームを捨てて食べ、生クリームを見ると頭痛がするほどだったワタシが
 突如、甘党になって早半年近く。酷い時は、ガリガリくんやケーキ、ドーナツを
 1日2個食べる有様で、長年の友達は信じられないといった目で見つめ、
 旦那にはマジギレされてきましたが(笑)先週、抹茶プリン食べてキモチ悪くなりました。
→以降、特に欲せず。 残念なような、嬉しいような…f^_^;

◆ともかく、息苦しい。ともかく、寝られない。
→文句、言うんじゃねえ!(喝)
 その原因は、6カ月以降毎日のように言われる腹のでかさ(  ゚ ▽ ゚ ;)
 今更ながら、抱き枕買おうかとさえ…。

 最近では、電車や店で見知らぬ人から「もうすぐですねー」と声を掛けられるほど。
 「いえいえ、10月末なんですーー」と言うと、固まってから
 「大変ですね」と遠い目で言われる。


 取引先からも、「今月で?」とか「この後は?」と言われる。

 「すみません、こう見えて来月いっぱい出社します」と答えると。
 「あ、そっか!」と、予定日を思い出す模様。


 ちなみに、週末の両親学級で旦那に「あの人の方が大きいね」と
 囁いたら、「鏡よく見ろ!お前の方が断然デカイ!おのれを知れ!」と言われた。


 週末、出産前最後となる美容室で「100系だね」と…新幹線ひかり(。・ε・。)。

 ちなみに、前回ミスチルのジェンになった髪型は
 今回、ガラスの仮面、月影先生仕様。

 「まいちん!恐ろしい子!」

思い立ったが吉日。-1

そんなどーでもいい情報は置いておいて。



最大の問題は…

◆逆子直らず、相変わらずの体育座りヽ(;´ω`)ノ

とうとう、帝王切開の予約を入れられました。
予定にはなかった予定、の予約っす。とほほん。

帝王切開は、早過ぎても肺機能が確立してないのでダメで
遅過ぎて陣痛来てもダメらしいんだけど。
10月は、連休もありつつ、加えて赤ちゃんも大きめで…。

先生も悩んでしまい…。
スケジュール帳見ながら「うーーーーーーーーん」
と、唸ってました。
とりあえず日程は決定し、術前検査をしてきました。

ついでなので、
「筋腫が胎盤に近いらしいんですが、帝王切開の場合
筋腫も取れますか?」と聞いたところ。

「帝王切開は、出血が多くなることも多いので無理はしません。
とにもかくにも、母子の安全を優先します。
勿論、開いてみて取りやすいところ、取った方がいいところに
あれば、取りますが」とのこと。

むむむ。そうですか、と思いつつ。
帝王切開の子は周りにもいるし、と

軽い気持ちで帰宅後、貰った詳細な説明書を読んでいたら、
震えあがってしまいました。

そもそも、痛がり怖がりで無痛分娩の説明会まで聞いたワタシ。
でも、麻酔の方法を聞いて「そっちの方が怖いやんけ!」
と、ビビって普通分娩にしたわけです。

だのに、帝王切開の麻酔もそれと同じく「硬膜外麻酔」
背中に刺すヤつです。

しかも、管をつないだまま2日とか。
引っ張ったり押したりする感覚は残ったままです、とか。
感覚残したまま、開腹して赤さんを取りだすって…

ひーーー! サイババだよーーY(>_<、)Y
と、勝手にビビりました。


よせばいいのに、ネットの経験談も読んでしまい…。

一気に怖くなり、鍼灸に行こうと思ったのだけど
ヤギ先生のところに行く体力がないため、会社近くで以前お世話に
なったところへ。

先生はオンナ先生で、昨年出産もしているので色々聞きました。

お灸はよく効くんだけど、敢えて赤ちゃんが逆子の場合もある

という話をしてくれて。


筋腫持ちの患者さんで、直らなくて帝王切開になったんだけど

開けてみたら癌だった、と。

自然分娩だったら分からなかったかも、と。

「不思議だけどあるのよー、赤ちゃんが教えてくれることって。

だから、治らなくても筋腫を避けてるのかもしれないし、それはそれで

いいかもしれないよ」


「それにね、どっちにしろ痛いんだから」と。

「私は陣痛と会陰切開が痛いと思ってたけど、実際は、痔だったわよ!!」


「切開が間に合わなかったんですか?」と聞いたら。

「違うわよ!いきんだら腸が出ちゃうの!いきんで腸が出ちゃうんだよ?

考えられないでしょ?」と。

お母ちゃんて、凄いなあ。
ワタシ、ちゃんとなれるのかなあ。一気に不安になったけど。


これが4年間、ずっと願っていたこと。

これもひっくるめて、願ってたことなんだもんな。

肩の力抜いて、感謝しなくちゃな。

どんな方法でも、痛くても。
元気に元気な赤さんを生むのだ。

気も引き締まった、9か月の防備録。


AD
週末、母ちゃんから電話があって
赤さんの布団を作ってくれる、という。

最初は断ろうと思ったのだけど、
今のところ、何から何まで貰いものか借り物なので(笑
布団くらいは新品でもいっか、と思い直し
お言葉に甘えることに。

その流れで、肌着もついでに買おうかな、
と口を滑らせたら。

「あんたの頃は、もう涼しいし、
あれとこれと…」と言いだした母ちゃん。

「病院でもそう言われたけどさ、ホントに涼しくなるのかねえ」
と、ぐったりのワタシ。

「ホントだねえ」と、母ちゃん。

残暑厳し過ぎますよね!!!!秋、来るんですかね?
こんにちは、夏バテまいちん。(´□`。)です。

週末、母ちゃんの電話の前に
旦那氏と、
病院の母親学級最終回&保育園の現状を聞きに市役所へ
行って参りました。妊娠も9カ月です。

旦那氏は、妊娠が分かってもタバコ止めんし
胎動にもさほど興味はないし、
名前も考えてるんだかどうだかだし、
4Dエコーに関しても
「生まれるまでの楽しみでいいじゃん」
と言った感じで。

「こいつ、ホントに嬉しいのか?」と若干、モヤモヤもあったのだけど。
(まあ、胎教もせず、食事も適当なワタシに言われたくはないか…(;´▽`A``)

学級では、ワタシより率先してメモを取っていて
赤ちゃんの模型を抱っこした時は、
にやにやして、気持ち悪…
いや、微笑ましかったので、ちょっと安心。

でも、出産ビデオを上映された時、後出産で胎盤が出てくる有様に
本気でえづいていたので( ゜∋゜)立ち合いはないな。(笑)

「俺、やっぱり医者は向いてないんだな(´・ω・`)」と言っていたけれど。
多分、それ以前の問題かと…。ははは。

笑えないのは、保育園の現状。(´□`。)

市は大きいので、それなりの数の保育園はあるけれど。
最寄りの駅で、なおかつ通える距離となると
頑張っても3園くらい。
さらに、0歳児となると、2園。で、希望数週になると1園。
でも、そこは2歳児まで。

駅に近いマンションにしたが故に、いずれにせよ
送り迎えには、自宅から遠ざかる。

案としては、認定家庭保育室で2年。
2歳児から、保育園に転園て感じになるのかも。
もう、園庭がどうだの給食がどうだの
選ぶ余地とかは皆無。

言っても仕方ないんだけど。

前に住んでた街は、近所に3つ認可保育園。
駅前にも、3園認可外があったんだよなあ…。
ついでに、陣痛タクシーも前のとこは出来たけど
今の街は手配できなさそう…。
ついでにファミリーサポート制度も使えない内容…。

まあ、あれだ。
人生は、何もかも計画通りにはいかんつーことだ。

そもそも。復帰だって、予定通りになるかは未定。

でも、準備だけは、ね。

iPhoneからの投稿