思い立ったが吉日。

40代女子、思い立ったらまずチャレンジ☆


テーマ:
本日、セカンドオピニオンで
急遽、大学病院に行ってきたまいちんです。

あめー。今日も、雨ーーー…。

でも、まあ。
行ってスッキリしました。

向こう2週間、ちょっとアメンバーの記事が増えるかも
しれませんが、必ずオープンにしますので、ご理解頂ければ
幸いです。

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
通院日は、雨…まいちんです。
とほほ。

午後からって、言ってたのに…。

今日は、着床治療をどうすべきかの意見を聞きに
大学病院にゆきました。

何が不安て、「流産予防」というコトバが…ね。
最初は手術か否かというところから始まった
今回なのに、何かを得ると、失うのが怖くなるものですね。

もう怖くて堪らんとです。

そうです。
皆さんに誤解を与えてしまいましたが、
アメンバー記事を隠してしまったのは、怖くなってしまったからです。
皆さんにお祝いのお言葉を沢山頂いたのに、自分のキモチが
ついてゆけなかったのです。

低いながらも数値が出た時から、
「そんな上手い話は転がってない」と思っていたし。

「諦めた途端」とか、「何も考えてなかったのに」とかいう話を
誰より信じてなかったですから。(笑)

だから、時間と共に思ってもいなかった希望が見えれば見えるほど、
失いたくなくて、不安になってしまったのです。
怖くなってしまったのです。ごめんなさい。

そんなこんなで、受診した本日。
先生はいつもの先生じゃないけれど、サクッと事情を説明して
検査結果を見せました。

「悩んでいるのは、妊娠の経験も流産の経験もないので
判断材料がない」、ということ。
「流産と聞くと不安になってしまう」、ということ。

まあ基本、「産科」ですからね。

予想はしてたんですけれど、
「自然に妊娠してますし、その必要があるようには思いません。
何度も流産を繰り返したり、今まで1回もというのであれば
試す価値はあると思いますけれど」とのこと。

「でも、不安ならアスピリンは処方しますよ。」と言われたので。
本日から服用します。

何となく、自分でも自然の力を信じてみたかったし
旦那は旦那で、今ここで人工的にしかも輸血という治療は
怖い方が大きかったみたいなので、納得できました。

診察後、着床病院に電話したら。
看護師さんが(前回とは違う)、滅茶苦茶いい人で泣けました。

「おめでとうございます!ホントによかったですねえ」
と言った後、
「どんな治療でも、ご本人さんやご夫婦が納得してやるのがイチバンなんでね。
特にこの治療に関しては、そういう要素が強いですからね。
今回は、自然妊娠の力を信じてみるとご夫婦で思われたなら、
それがイチバンだと思いますよ。それでいいと思いますよ。
寒いですから、温かくして大事にしてくださいね。」と。

前日のキャンセルになって申し訳けない旨を伝えると
「全然、そんなこと気にしなくていいんですよ。
ホントによかったです。
また、分からないことがあったらいつでも電話してくださいね」と。

高い検査だったし、結局検査しただけだったけど。
とても信頼できる病院でした。
通える地域だったら、きっとお世話になっていたと思います。

電話や、看護師さんの対応、医師の診察。
ただの一度も嫌な思いをしませんでした。感謝、感謝です。

そんな金曜日、今日から自費診療でした。
3分の診察で驚きの6500円。マジか!!!

皆さん穏やかな金曜日を。

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
大雪の東京です。
深夜2時過ぎには、緊急地震速報まで鳴りました…

大事な日やイベントでは、ほぼ荒天のまいちんです。
30分余裕を見て家を出たのに、予約時間ギリギリでした。

不安過ぎて、タロットを引いたら「塔」が出た
と書いたら、Tっちゃんは笑い転げ、cozooさんは
「スカイツリーが話題の今、最高のカードじゃん!」と
励ましてくれました。

朝イチで、カンヌさんがなうに「足元きをつけて」とメッセージを
くれたのを、遅れている電車の中で確認して。

そんな一つ一つの優しさを抱えて、診察行ってきました。

とはいえ、
診察台での緊張は最高潮。口から心臓が出る勢いでした。

ほどなくして、先生の

「赤ちゃんの袋、ですけどね」
という声が聞こえました。

「ですけどね」…否定形か…
と、力が抜けた瞬間。

「チカチカ、心臓が動いてきてますよ」
と、カーテンを開けてモニターを見せてくれました。

身を半分起こしたワタシに、先生が
「遠くて見ずらいかな?ここの端っこですよ」
と、胎嚢の端を指してくれました。

「何となく、分かるような。そんな気もするような…」
と、言ったら笑われました。

騙されてるかもしれません。(笑)

でも、「心拍確認」と、先生が言ってくれました。
瞬間に、診察台の上で泣けてきました。

万歳とか、喜ぶとかではなく。
ただただ、感謝しかありません。

cozooさんがスカイツリーと言ってくれたけど。

ワタシのお腹に、小さな命の灯が点灯したと思うと、泣けてきました。
元気に育ってくれれば、この灯は生涯に渡って輝き続けるもの。
何とかして守りたい、というキモチで一杯です。

2週間後、赤ちゃんが確認できたら母子手帳を貰って来てください
と言われました。夢みたいです。

その時が来たら、どうであれ記事をオープンにしますので
それまでは見守ってもらえたら嬉しいです。

長かったっす。

こんな日が来ることを、丸4年待っていたけれど。
本当に来るとは思えない道のりだった。

ただの一度も陽性判定を受けたことはなく。
ただただ、負けては立って、負けては進む4年間。

友達の幸せを心から喜べなかったり、
友達の優しささえ、拒絶したくなることもあった。

だから…。
突然の自然妊娠など考えたこともなく。

多分、陽性が出た時点で普通は喜ぶんだろうし、
ワタシも今までみんなにそう言ってきたんだけど。
心から反省しています。

こんな日が来るなんて夢じゃないかと思うキモチ、不安なキモチ。
分かって頂ければ幸いです。

と、言いますか。
計算では7週、見た感じ6週と言われ
「まあ、これくらいの誤差はあります」と言われたものの
不安になり。(苦笑)

着床病院に電話したら、2回は治療した方がいいし
アスピリンを飲んだ方がいい、と言われ早くも不安で迷い中です。
(ちょいこなので、病院で色々聞くの全部忘れた…)
ははは。

なかなか落ち着きませんが、取り急ぎご報告まで。

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんちは。

恥ずかしながら戻って参りました。まいちんです。(`_´)ゞ

なんだか、先週からジェットコースターに乗ってるみたいに
時間が過ぎてゆきます。(´□`。)

常夏のグアムから戻った、日本の冬。
身震い一つして、覚悟を決めて朝イチで大学病院へ。

いやあ、大学病院。
分かっちゃいたけど、待ちますなあ。
でも、産科・婦人科だっただけまだましなのかも。
飛び込みみたい人は、殆どいないからね。
それでも受付から会計までおよそ3時間でした。


何か、一気にグアムの青い海も吹っ飛びましたよ。(笑


はてさて。

受付を済ませてから、婦人科の受付へ。
血液検査→採尿→予診→診察→会計の流れだったのだけど。


採血の下手なこと下手なこと!!
看護婦さん、早々に諦めて予診の先生を呼んでくる始末。

で、

「腕の真ん中は、採れません。今まで採れたことないですから」
と言ったのに、意地でも真ん中で採ろうとする予診先生。


無論、敢えなく敗退…



なんなの?何の意地??

で、両脇なら問題ないって言ってんのに。







結局、こんなことに。(-з-)



photo:01



あ、これ手首です。わかりずれー(笑)


いやあ、治療病院の看護婦さんプロだわー。( ´ ▽ ` )ノ
って、くだらない話が長くなりました。すんません。



予診の後、診察の先生は感じがいい若先生。


「突然出来たの?」(突然て…(笑))

「(苦笑)いえ、4年くらい治療してて。
秋から休んでたんですけど、
治療再開しようと思った周期に、たまたま生理が来なくて」

「なるほどなるほど。」

「排卵は確定してないけれど、タイミングから見ても周期から見ても
胎嚢は見える時期だけど見えないし、数値も低いので、と」

「なるほどなるほど。とりあえず診てみましょうか」


ほーい、

と、入った内診室は、こちら側にモニターもなく超不安!


嘘言ったりしないよな、ちゃんと確かめさせてくれるよな
と、超失礼な疑心暗鬼の中、台が上がって。


「じゃ、内診しますねー」の先生の声。







で。







「えっとねー。ちゃんと袋見えてますよ。赤ちゃんの袋。
正常妊娠ですよ」








は??( ゜∋゜)







「ホントですか?!ホントに見えてるんですか?」←超失礼

「ちゃんと見えてますよ。筋腫で見えづらかったのかなー」

「先生…すみません。
実は諦めてお酒も飲んでたんですけど…すみません」

「僕に謝られてもね。はっはっは。経過でちゃんと育ってれば
飲んでも問題ないですから。とりあえず今日からは止めときましょうね」

止めます、止めます。勿論です。




って、・・・最初の質問、どんな懺悔。

っていうか、本当に意味が分からずパニクっており、
診察室に戻っても

「先生、でも金曜日の数値hcg400くらいで。
5週目は100ちょいだったんですけど。
子宮外じゃなくても、厳しいってことですよねえ?」

「いや、今日は7000ありましたから。問題ないですよ」







は??? ( ゜∋゜)



な、ななせん?!


「ホントですか?!先週末400で?!」←また失礼

「6週で、胎嚢見えて7000あれば問題ないですよ。
勿論、正常妊娠ということと赤ちゃんがちゃんと育つということは
別問題ですけどね」

「分かってます、分かってます」

いやホント。訳わからんのですけれど…、分かってます。 (;´▽`A``



狐につままれてるって、こーゆーこと言うんですかね?







とりあえず、来週また診察になりました。



何かもう、ぽやーーんとした頭のまま会計。







証拠の胎嚢写真も頂きました。



証拠って(笑)













思い立ったが吉日。-t










が、これすらも本当にこれ胎嚢?というキモチでして(汗)

ホントだったら、ごめん。チビよ。←だから本当だって。



旦那と、数人の友達に連絡したら、
みんな「おめでとー」って言ってくれるんだけれど、
何がおめでとうなのかよく分からないと言うか・・・。


こんな上手い話ある訳がない!騙されんぞ!!



どっかにオチがあるに決まってる!!



と、なんかバット片手に構えてしまうような自分がいるんです。







だって、4年の治療ですよ?

1回もかすってないんですよ?で、自然妊娠なんて…。



本当だったら、じんわり泣いたり
喜んだりするところなんだろうけれど…。

ぬか喜びだけはすまい、と思ってしまう面倒な性格のワタシがいます。







はあ…全く一体どうなっちゃってるのーー?



意味が分からないよーーー。







ともかく、禁酒だけは決行します。(笑



お騒がせして、ホントすんません。











iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。