選択理論マニアのためのトリセツ

心理カウンセラー渡辺奈都子が選択理論に関するマニアックな気付きを書いているブログです。
(日本選択理論心理学会および日本リアリティーセラピー協会の公式見解ではありません)


テーマ:
こんばんは.。
選択理論マニアの会 代表のnatsukoです。



グラッサー博士は、

「オーナーシップを感じる関係ほど
外的コントロール の習慣を使いやすい」


と言っています。


オーナーシップ(所有意識)があると、

「相手は自分の思うようになるはずsei」という錯覚を持つ

というのです。



それは、

カカーが子ども息子に対して
「この子は私の言うことをきくはずだ」と思うこと。比呂

夫(妻)が妻(夫)に対してけんか
「彼女(彼)は私のいうことをきくはずだ」と思うこと。なんで

上司ゴーンが部下おとうさん。に対して
「部下は私の言うことをきくはずだ」と思うこと。もー

教師が生徒に対して学校
「生徒は私の言うことをきくはずだ」と思うこと。コラー

カウンセラーがクライエントに対してソファ
「クライエントは私の言うことをきくはずだ」と思うことデスネ

汗あせ4・・・・



家や車くるま。Rのオーナー(所有者)ならば、
それらをどう思う通りにしようと問題ありませんOK



しかし、

人間関係において、
他者を所有している人は皆無であり・・・
*はっ


つまり、このような感じ方は、錯覚なのですビックリマーク叫び






どんなに自分に近い(親しい)存在であったとしても
自分の思うようにコントロールすることはできません。



たしかに、相手の成長を願う関係では、
何も変化を期待せずに接するということは困難です。


ただ気をつけなければならないことは、

「こちらで答えを決めてしまわない」

ことです。


オーナーは、それをどのようにすべきか
自分の中にイメージを持って、それに近づけようとしますが、
(家のリフォームはこうしよー!家とか、車のボディーの色を変えちゃおうー!くるま。とかね)


人間関係においては、
誰も答えを統制することはできません。



もし仮に、あなたの身近な人があなたの言うことを聞いてくれているとしたら
それは、あなたとの関係に得たいと思っていることが「まだ」残っているからでしょう。そうか…。
(所謂、ラッキー!まだ間に合う~!というやつですわ…汗


それが、皆無にならないうちに
(もう、この人との関係は自分にとってはいらないや~と思われないうちに)
あなたの外的コントロールを手放す準備をし始めませんか?







+++++++++++++++++++++++++
カテゴリー変更のために、
過去記事に加筆・修正してアップしています

+++++++++++++++++++++++++




ペタしてね



↓関連記事↓
星「期待する」のは外的コントロール?

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

渡辺奈都子@メンタルオーガナイザーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。