赤ちゃんの「今」を残す手形アート*出産祝い・内祝・誕生日記念に

赤ちゃんの手形・足形が、おしゃれでかわいい作品になる手形アート。誕生日記念や成長記録として、祖父母へのプレゼントにも。オーダー受付、企業・各種団体さま依頼によるイベント開催、講師育成講座を行っています。
手形アートで赤ちゃんの「今」を形に残しませんか?

NEW !
テーマ:
赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta**やまざき さちえです。



またまた最近読んだ本について。

{6F060E98-D2F8-4E44-AF1D-CC4E1C5E68C9}


「おとなになるってどんなこと?」吉本ばなな

「本音で生きる」堀江貴文




本が好き、と言いながら、新書の類はあんまり得意ではないんですが。

今回は、めずらしくどちらも新書。

一見対極にありそうな著者の本。

もちろん、内容も全く違います。



ただ。

何というか、その根っこを深く深く追求していくと、テーマは一緒なのかな、とも思いました。



自分を生きる。

ありのままでいる。

私らしくある。

つまり全て

個の追求。





きっとこれは、現代社会を表す一つのキーワードになっていて。

日本では、今この価値観が一つの軸となっている。

流行りのテーマなんだと思います。



世の中には、

ありのままの自分、というものを発信する人や、

私らしさ、を標榜する団体がたくさんあって。



歌、演劇、映画、小説、雑誌など、

さまざまなジャンルでも取り上げられることの多いテーマですよね。

去年芸能界の話題をさらったSMAPが、以前に大ヒットさせた「世界に一つだけの花」の歌詞なんて、まさに個の追求と、その正当性をうたった歌なわけで。



歌自体も素敵だし、それを歌ったSMAPに魅力があったのはもちろんですが、

その内容が時代に求める価値観と一致していた

ということも大ヒットの一つの要因なんじゃないかと思っています。

って、私、何様なんだって分析ですが 笑。

専門家でも何でもないのに、偉そうにすみません。





ただそう思うと、

個の追求というものは、流行りに乗ったテーマだと言うこともできますし

その一方で

歌や物語などの芸術分野では、古来から問われてきたものであり、単なる流行ではない普遍のテーマである

とも言えるように思います。




かく言う私もSNSなどで、よく自分らしくありたい、などと発言していて。

その価値観は私の中にも、知らず知らずのうちに根をはっているようです。



ただ、どちらにせよ、やはり私にとっては大切な価値観だという気持ちも強く。

いつでも自分らしくありたい。

これは、時代を経ても揺るがない価値観だと思います。





一方で、これが流行の価値観でもあるのだとしたら、

20〜30年経つと、主流は別の価値観に変わっているのかもしれませんね。

みんな一緒がいい、とかね。

あ、これは以前に流行った価値観かな。



もしその価値観が変化するとしたら、どんな風な価値観が主流になり、その価値観が反映された社会はどんな社会なのか。

それが楽しみでもありますし、

その価値観が、それはそれで重要なものだったとしたら、取り入れてみたいなとも思います。



一方で、

自分らしくある

という今の価値観も忘れずに持っていられる自分でありたいな、

と思っています。





さて、ちょっと話を戻して。

今日は、吉本ばななさんの本の話を



吉本ばななさんの小説は、高校生の頃によく読んでいて、それからも折に触れて読んでいる作家さん。

表紙の

「子どもの自分」を抱えて生きる、すべての人へ。

という一文が印象的で、思わず手に取ってしまいました。

詳しい感想は省きますが

今回も読みながら、久しぶりにばななワールドに帰ってきた、という気持ちになりました。





吉本ばななさんに限らずですが。

音楽でも、文学ても、絵画でも。



作品に触れた途端に、

その人の色や匂いや空気感、

みたいな世界観が目の前にばーっと広がる「つくり手さん」っていますよね。



そういう世界って、やっぱり人を惹きつけます。

そして、その世界は賛否両論があるにせよ、やっぱり強いんだな、と思います。





最初に触れた

自分らしく生きる、つまり、個の追求

という価値観に関しても同じです。



同じテーマを掲げていても、語り手(もしくは作り手)の切り口や、表現方法によって、その中身は全く異なるわけで。



それがよくある話として、ふわっとしたままで終わると、人の心を掴まないし、

そこに何らかの人生経験などによるオリジナリティーが付与されると、ぐっと深みを増すんだろうな、

と思います。



その点において、今回読んだ2冊はやっぱり優れていて。

読みやすい

分かりやすい

という基本はもちろん。



やっぱり作者の人生経験やその感性が色濃く投影されていて。

それが、時に共感を呼び、時に新たな気づきとなるうる。

だからこそ、多くの人の心を惹きつけるんだろうなと思いました。





特に、吉本ばななさんは、

言葉をつむいでいる、

という表現がぴったりくる人だな、と個人的には思っていて。

(基本的に女性作家さんは、そういうイメージの方が多いんですが)

今回も同じことを感じました。





そして、私もそんな風に、人の心の柔らかな部分に届くような言葉をつむげる人になりたいな、と思いました。



丁寧な想いで、

丁寧に言葉をつむぐことで。

私の考えていることを表現できたらいいし、

その言葉がプラスのエネルギーを伴って、誰かに伝わり、そのエネルギーが循環すればいいなと思っています。





私は本当はこういうことをもんもんと考えるのが好きなタイプでして。

読んでいる人はつまらないかな、とも思いながら、また長々と書いてみました。

眠くなった方がいたらすみません 笑。



次は堀江貴文さん(ホリエモンですね)の本について書こうかな、と思います。

が、読みたい人いるかな。

気が向いたら書きますね 笑。





今日もみなさんにとって素敵な1日になりますように。


{5164F48D-A5B6-43FC-A4C4-D13C52B335D3}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta**やまざき さちえです。



もうすぐ節分ですね。

週末に豆と鬼のお面をゲットしてきた私です( *´艸`)

さて、以前もアップしたことがありますが、節分モチーフの作品を。
{BD98D081-E414-4897-B32A-105B1BFE49A8}
これは飾りのところに、マスキングテープではなく、折り紙とか千代紙とかを使っています。

顔はママの指でぺたぺた。

コツはですね、和柄の飾りを使うことです。

雰囲気がぐっと和な感じになります。

逆にもっと現代風にアレンジしたい場合は、いつものマステはもちろん、英字新聞とかを使ってみても良いかと思います。



あと、鬼の顔もちょっと優しげにしてあげたところも、私的にはポイントでして。

鬼だからって必ずしも怖い顔じゃなくていいかなーと。

小さな頃に読んだ「泣いた赤鬼」の絵本を思い出しながらつくりました。

あの本好きだったんですよね。



って、こんなこと去年もブログに書いたような。。。

兄弟鬼、姉妹鬼、はもちろん、

家族みんなのカラフルな鬼があってもいいと思います。

私も久々につくってみようかな(*^_^*)



ちなみに著書「親子で楽しむ手形アート」にもつくり方が記載されていますので、良かったらこちらも( *´艸`)

{E691BB81-111D-41A7-9C97-8BB00457E784}




季節ごとの行事を楽しみながら過ごせたらいいですよね。

今日もみなさまにとって素敵な1日になりますように。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta**やまざき さちえです。



12日は対面での「手形アートのやり方講座」でした。

{C9EA2372-9360-447A-84CF-B99E79AB599C}
 
 

広島のあちこちからはもちろん、関西から来ていただいた方もいて。
 
なかなかみなさんに面と向かっては言えないのですが、本当に本当に、嬉しく思っています。

そして、講座中の写真、今回も撮り忘れました 爆。

本当にすみません。。。




感想を一部ご紹介します。

(掲載OKの方のみです)


〈参加した動機〉

前から手形足形アートに興味があったけど、参加する機会がなかなかなくて、今回ネットを見たらこのイベントを見つけて



以前、イベントには参加させていただいたことがあって、手形アートの楽しさを仕事に出来たらと思いました

 

 
〈感想〉

参加する前は、こんななか高いお金を払ってまで参加すべきなのかすごく悩んだけど、参加してみると手形足形アートのいろんなことを教えて頂き、すごく勉強になりました。
来月には2人目が生まれるので、2人目の手形足形アートを楽しみたいと思います。



テキストにメモすることがたくさんありました 汗。
でも、それだけ内容が濃く、今日来て良かったと改めて思いました。
ありがとうございました。
時間があっという間で、まだまだずっと話を聞いていかたったです。
これから家で練習し、自分なりのオリジナル作品を作っていけたらと思います。




感想ありがとうございます。

率直なご意見、とても参考になります。

講座では、短い時間にたくさんの情報を詰め込むので、メモが大変だとは思います。
 
ですが、来ていただいたからには、一つでも多くの知識を持って帰っていただきたくて。
 
ついついしゃべりすぎてしまいます 笑。



金額に関しても、ご指摘の通りで。

確かに、ぱっと払える額ではないかもしれません。

それを踏まえた上で講座を受講していただけることがとても嬉しいですし、満足していただけて良かったです。



この価格に関しては、僭越ながら内容に見合うものだという自負がありまして。

今までの経験や知識を踏まえた上で、ここを知っておいて欲しい、というところを凝縮してお伝えしています(*^_^*)



マインド面での話も多いんですが。

実際に教室を続けていく際に大切になってくるのは、このマインドだと思っています。

またいつか、このことについては記事に出来たらと思います。



ただ、私にもまだまだ未熟な部分はたくさんあることも事実。

これからも努力を重ね、よりよい情報をお伝えしていけたらと思っています。

講座を受講されたみなさんには、ぜひお伝えした内容を落とし込み、実生活にもイベント開催などにも、役立ててもらえれば光栄です。


{073A1694-A310-4EA9-B0E5-E20BE4457894}




 
で、ですね。

ここからは余談になりますが。
 


帰宅して、ふと鏡を見ると。
 
上の服がボーダーなのに、靴下もボーダーだった私(。-∀-。)
 
だっ、ださい!!

(ボーダー×ボーダーでもうまく組み合わせる人はいるんでしょうが、無意識のダブルボーダーはかなりださかったです)
 
朝バタバタしていて、よく見てなかった。。。 
 
一人恥ずかしくなった私です 笑。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta**やまざき さちえです。



昨日から広島でも雪がちらちらしています。

私が住んでいる地域は、広島でもあまり雪の降らない地域なんですが

今朝はちょっとだけ積もっていました。



そんなわけで朝から張り切って遊びに行ったおにいちゃん。

大きな雪だるまはお外ですが

小さな雪だるまはお家に持って帰ってきたので

顔を付け足してみました。



{9DE5ED59-CA03-4F6D-A165-D0732AD23480}


目は爪楊枝を黒く塗ったもの

耳は南天

帽子はドリンクのキャップにマスキングテープを貼ったもの



形はいびつですが(笑)、ちょっとほっこりしますね。





晴れの日には晴れの日の楽しみを。

雨の日には雨の日の楽しみを。

雪の日には雪の日の楽しみを。



その時その時に応じた楽しみを見つけながら、日々を過ごしていきないな、と思っています。

寒い1日ですが、みなさんも素敵な1日をお過ごしください(*^_^*)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
赤ちゃんの「今」を残す手形アートpetapeta**やまざき さちえです。



著書「親子で楽しむ手形アート」


{5BD0575A-687E-482B-B5AD-99B6E3709CE5}


 
台湾・香港に続いて、韓国でも翻訳版刊行のお話をいただきました。
 


発売後まだ一年も経っていない中、3カ国での翻訳版刊行が決まるなんて

 本当にありがたいお話です。
 


実用書の翻訳版は、契約から1年〜1年半で発売になることが多いそうで。

実際の発売はもう少し先のことですが、今からその日が楽しみです。



国内では全国書店を始め、Amazonでも購入できます。

良かったら、チェックしてみてくださいね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)