2017ばいちゃ♪

テーマ:
せっかくの年の瀬、
犬と串のメルマガで配信された

劇団献身の公演の振り返りとともに

ブログを絞めたいと思います。

そもそも、Twitterのほうが便利なもんで
あまり更新してなくてすみません。


12月23日に書きました💕

ただいま絶賛本番中の劇団献身の楽屋でこれを書いてます。いまは土曜のマチソワ間ですね。

お陰様で毎日通路も埋まらんとする勢いでたくさんのお客様に御覧いただき、
板倉が、むしろ、お客様と劇団献身の勢いに感動しておるのですが♪♪

この感動に感謝を込めて。
今回のメルマガは劇団献身のメンバーを端的に分かりやすく紹介していきたいと思います。
(※もはや、ただの板倉の今月あったことのコーナーですがお許しを。)


・奥村徹也→優しくていいやつ

劇団献身主宰。
演出家としては、言わずもがな。
とにかく周りを見てて優しい男。
開場中の客席案内・仕込みでも先陣をきってナグリを使う大将軍。
着いていきたくなる背中を持つ。
キングダムでいう王騎・麃公将軍タイプ。

・加瀬澤拓未→うまくていい先輩

写真真ん中♪
とにかく演技が繊細。
自分で持ってくるネタもおもろい。
普段はめちゃ温厚。
袖で本番中に小道具のパンを食べる姿はホームレスそのものだった。いい意味で。

・木村圭介→とにかく明るい木村

手前が木村♪奥は献身準レギュラーとも言える不思議な天才:渋谷裕樹。
年下でもしぶさんと呼びたくなる存在感。

木村は稽古場を盛り上げてくれる。
犬と串でいうハギハーン的なポジション。
ただ、後に意外と繊細なメンタルの持ち主だと発覚。そこらへんもこみでいとおしい系男子。


・永井久喜→真面目でいいやつ

とにかく真面目。芝居に対しても真面目。色気がある。
劇場入りしたときの永井の周りへの配慮は、板倉の出来なすぎた付き人時代を圧倒的にしのぐ気遣い。
顔が小さい。板倉が顔がでかい説もあり。
俺の嫁。

・崎田幸紀→静かでいいやつ

演出部。奥村くんが顔合わせの日に『本当に喋らないので喋りかけてあげてください。』というぐらい喋らない。多分プライベート的な会話はマジで俺からしか話しかけてないと思う。
ただ、喋りかけると素敵な顔をして話を返してくれる。純朴。

・吉井優香→腰が低くていいやつ
・安達咲里→可愛くていいやつ

右が吉井。演出助手。とにかく腰が低い関西弁女子。慶応という学歴を持ちながら、社会のゴミクズ板倉にまで、しっかりと礼を尽くす女。
芝居を見てよく笑ってるから心の底から献身を愛してるのだろう。

左が安達。制作として働く敏腕娘。
可愛くて元女優志望なのかと思ったらそうではないらしい。
仕事がものすごくテキパキしてる。
嫁にしたいタイプ。
ただ料理はあまり作らないらしい。
それを補って嫁にしたいタイプ。
つまり、俺の嫁。

・緒方豊→板倉のことを好きだと言ってくれたいいやつ。
謎に包まれた公務員。
顔出しNGの働く劇団員。
トラックなども運転してくれる劇団献身におけるミスター献身的な存在。
公務員の傍ら劇団に尽くす一番愛に溢れている戦士。

以上、
読んでいただいて分かるように、
劇団献身にはいいやつしかいなかったのである。

こんないいやつだらけの劇団で好き放題やらせていただき、
2017年締めくくりの舞台はとてもハッピーであった♪
本当に出演できてよかった♪

皆さんも機会があれば、見に行ってください♪
そして、またその場に板倉がいればなおよいですね♪

というわけで、皆さんよいお年を(*^^*)
また来年お会いしましょー✨

ヨーッ!!!!!🙏(一本締め)

ってな感じで愛すべき劇団献身とともに
今年は締めくくります。

愛すべき犬と串の本公演ピクレジもぜひともよろしくお願いいたします(^^)v

では♪♪


予約はこちらだ♪♪

犬と串本公演 case.17 
「ピクチャー・オブ・レジスタンス」 
 
 
結成 10 周年を迎える犬と串。次なる標的は、「流行」!? 
客演に山中健太、山中翔太そして星元裕月を新たに迎えて贈る、バブリーでサイバーな世界観で描かれる情熱の物語をお見逃しなく!! 
 
 
あらすじ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
驚異的なスピードで、流行が移り変わる近未来…。 
軽薄過ぎる時代に立ち向かう、「絵画」に関わる人間たちがいた。 
 
 
近未来―そこは世界が長期の不景気を脱し、かつてない好景気に沸く時代だった。 
また、急速に発展した科学技術によって、超高性能のアンドロイドが一家に一台所有され、「道具」を超えた「友人」となっている時代でもあった。 
時間と資産を持て余した人類は、驚異的なスピードで移り変わる流行を、熱狂的に追うようになる。 
そんな中、他の芸術と同じく、「絵画」もまた、日々違うものが持て囃され、べらぼうな価格がつけられていくのであった。 
アンドロイドと共に歩むこの世界の在り方を、誰しも疑っていなかった。 
一枚の絵が、白日の下に晒されるまでは。 
 
画商、画家、科学者、アンドロイド…絵を巡る様々な意図が交錯し、やがて世界を変えるほどの、大きなうねりとなる。 
果たして人類は、自らの手に「流行」を取り戻せるのか? 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
 
【出演】 
藤尾勘太郎(犬と串) 
山中健太 
山中翔太 
 
板倉武志(犬と串) 
満間昂平(犬と串) 
ホリユウキ(犬と串) 
萩原達郎(犬と串 ) 
 
奥田努( StudioLife ) 
綾乃彩 
佐河ゆい 
 
星元裕月 
ほか 
 
【作・演出】 
モラル(犬と串) 
 
【タイムテーブル】 
2018 年 2 月 21 日〜 25 日 全7公演 
21 日 ( 水 )19:00 
22 日 ( 木 )19:00 
23 日 ( 金 )14:00/19:00 
24 日 ( 土 )13:00/18:00 
25 日 ( 日 )14:00 
 
【会場】 
恵比寿・エコー劇場 
〒 150-0011  東京都渋谷区東 3-18-3 ( JR ・地下鉄恵比寿駅 徒歩5分) 
 
【チケット情報】 
S 席 6,000 円  
A 席 4,500 円  
(価格は税込表記、全席指定席) 


【特別協賛】 オリエンタルバイオ 
【特別協力】 メディアミックス・ジャパン 
【主催】犬と串 
 

AD

劇団献身に出るよ♪

テーマ:
12月に入りましたね♪♪
めっきり寒く眠気しかない毎日ですが、
眠い目をこすり頑張ってます☆★

今日も昨日寝てしまったから朝6時ぐらいからファミレスでエスプレッソ飲みまくりで
お腹キュルキュルの板倉です。

というわけで今年ラストの舞台宣伝させてください🙇

来年の犬と串もぜひ来てほしいですが、

ぜひ年末に板倉を見に来て『よいお年を』って
言わせてくれたら嬉しいです💕

メリークリスマスも言いますよ🎄

何卒よろしくお願いいたします✨
甥もそう言ってます笑

劇団献身 第10回本公演
「俺は大器晩成、〜四十にして大輪を咲かせる予定〜」
2017年12月20日(水)~24日(日)
@下北沢 駅前劇場
作・演出 奥村徹也

今年で28歳になる。

下落合の古いアパートは、西武新宿線の急行が通過するたびに、
どうかと思うほど揺れる。

30代で売れた人を、ネットで探して、安心しようとしている。

頑張ってる。頑張ってきた。

だけど、そろそろ、もういいだろうーーー

劇団献身、節目の第10回本公演!3分に1度やってくる絶望!
ド暗い嫌な物語、ナンセンスギャグを携えて、ポップとロックの狭間で描く!
6年前、超局所的に話題となった作品を大幅リメイクし、満を持して再演!!

【出演】
​加瀬澤拓未
木村圭介
永井久喜(以上、劇団献身) 

石井エリカ
板倉武志(犬と串)
伊与勢我無(ナイロン100℃)
城築創(劇団プレステージ)
北口美愛
粂川鴻太
渋谷裕輝
高木健(エンニュイ)
髙橋龍児(ブルドッキングヘッドロック)
田口智也
福富朝希

【タイムテーブル】
2017年12月
20日(水) 19:00~ 
21日(木)  19:00~ 
22日(金) 14:00~/19:00〜
23日(土) 14:00~/19:00~
24日(日) 13:00~/16:30~

受付開始は開演の45分前・開場は開演の30分前。
 
【会場】
下北沢 駅前劇場
http://www.honda-geki.com/map.html

【チケット】日時指定・全席自由席
前売り    
・一般 3200円 
・ペア割 5400円
当日券
・一般   3500円
 
【ご予約はコチラ】
《板倉武志専用予約フォーム》
https://www.quartet-online.net/ticket/kenshin10?m=0fhijdg
【劇団HP】
http://gekidankenshin.wixsite.com/kenshin3
【劇団Twitter】
https://twitter.com/gekidankensh
【お問い合わせ】
gekidankenshin@gmail.com
090-9204-3288 (制作・安達)




AD

犬と串10周年へ♪

テーマ:
最近めっきりこちらのブログ更新せずにすみません。

わりとツイッターが何かと便利でそちらばかりやっております。

ですが、この熱き宣伝はこちらじゃなきゃ無理だ!!

というわけで、
10年目の年に入る犬と串がお送りする本公演の情報解禁(о´∀`о)

お初の山中健太さん山中翔太さん
星元さんだけでなく、

なんとついにあの。
あの。日本一面白い俳優。
奥田努パイセンが、
犬と串に出ます🤗


自分の中では、不思議というか。
うれしい。

それにお馴染み綾乃ちんとハイテンション佐河ちん😁
ちなみに、綾乃の隣は佐河ちんではなく、
サカナクンです。

ぜひ見に来ていただけたら幸いです💕


犬と串本公演 case.17 

「ピクチャー・オブ・レジスタンス」 
 
結成 10 周年を迎える犬と串。
次なる標的は、「流行」!? 

客演に山中健太、山中翔太。
星元裕月を新たに迎えて贈る、
バブリーでサイバーな世界観で描かれる情熱の物語をお見逃しなく!! 
 
【出演】 
藤尾勘太郎(犬と串) 
山中健太 
山中翔太 
 
板倉武志(犬と串) 
満間昂平(犬と串) 
ホリユウキ(犬と串) 
萩原達郎(犬と串 ) 
 
奥田努( StudioLife ) 
綾乃彩 
佐河ゆい 
 
星元裕月 

ほか 


【作・演出】 
モラル(犬と串) 
【タイムテーブル】 
2018 年 2 月 21 日〜 25 日 全7公演 
21 日 ( 水 )19:00 
22 日 ( 木 )19:00 
23 日 ( 金 )14:00/19:00 
24 日 ( 土 )13:00/18:00 
25 日 ( 日 )14:00 
 
【会場】 
恵比寿・エコー劇場 
 ( JR ・地下鉄恵比寿駅 徒歩5分) 
 

あらすじ

驚異的なスピードで、流行が移り変わる近未来。 

軽薄過ぎる時代に立ち向かう、
「絵画」に関わる人間たちがいた。 
 
そこは世界が長期の不景気を脱し、
かつてない好景気に沸く時代。 

急速に発展した科学技術によって、
超高性能のアンドロイドが、
一家に一台所有され、
「道具」を超えた「友人」となっている時代でもあった。 

時間と資産を持て余した人類は、
驚異的なスピードで移り変わる流行を、熱狂的に追うようになる。 

そんな中、他の芸術と同じく、
「絵画」もまた、
日々違うものが持て囃され、
べらぼうな価格がつけられていくのであった。 
アンドロイドと共に歩むこの世界の在り方を、誰しも疑っていなかった。 

一枚の絵が、白日の下に晒されるまでは。 
 
画商、画家、科学者、アンドロイド…絵を巡る様々な意図が交錯し、やがて世界を変えるほどの、大きなうねりとなる。 

果たして人類は、自らの手に「流行」を取り戻せるのか? 
 

【チケット情報】 
S 席 6,000 円  
A 席 4,500 円  
(価格は税込表記、全席指定席) 

【チケット情報】 
■出演者先行 ( 抽選 ) 
板倉武志専用受付 URL   
受付期間: 10 月 20 日(金) 10:00 ~ 11 月 05 日(日) 23:59 
  
 
公演に関するお問い合わせ:犬と串  info@inutokushi.com 
 
 
【特別協賛】
 オリエンタルバイオ 
【特別協力】
 メディアミックス・ジャパン 
【主催】
 犬と串 





AD
こんな熱い夏が人生であと何度来るのかなぁと思う。
そんな夏です。

それぐらい熱い夏に熱い作品です。

毎日厳しくも楽しい。

チームの仲間も最高です。

まぁあんまり態度には出てないでしょうが笑

もう30歳越えたこの歳でこんなにがむしゃらな夏を迎えれたことに感謝です。

もう折り返しちゃってますが、
まだ間に合いますよー✨

そんなお芝居やってますのでよかったらぜひ❤

アイスホッケーを題材にした唯一の舞台だと思います。実在するチーム・人々をベースにした奇跡という綺麗な言葉では、表現できない真実のお話。

だからこそ、舞台のどこかに必ず皆様に響く生き方があると思います。
難しいこと言ってしまいましたが、とにかく
熱いお芝居。
氷上なのに熱い。
リンクを溶かす熱いお話。



『penalty killingーremix ver.ー』

2015年2月、下北沢ザ・スズナリにて初演。
事件とまで言われたアイスホッケー男子芝居penalty killingが、
最強のニューキャストを迎え、
追加取材による完全リニューアルバージョンとして
シアタートラムで上演されます。

【出演】
粟野史浩(文学座)
板倉武志(犬と串)
碓井将大
岡野康弘
岡本篤(劇団チョコレートケーキ)
五島三四郎(流山児★事務所)
酒巻誉洋
佐野 功
杉木隆幸(ECOHES)
高木健(エンニュイ)
田島亮
筒井俊作(キャラメルボックス)
照井健仁
三原一太(はらぺこペンギン!)
森下亮(クロムモリブデン)
(五十音順)

《東京公演》

【日程】
2017年7月14日(金)~7月23日(日)

【会場】
シアタートラム
東京都世田谷区太子堂4-1-1

【時間】
2017年
7月14日(金) 19時
7月15日(土) 14時/19時
7月16日(日) 14時★
7月17日(月・祝) 14時
7月18日(火) 19時
7月19日(水) 14時/19時
7月20日(木) 19時
7月21日(金) 19時
7月22日(土) 14時★/19時
7月23日(日) 14時

★印の回、ゲストをお呼びしてのアフタートークあり

【料金】
[全席指定]
前売 4500円
当日 5000円
学生 2000円

【チケット発売】
予約はこちらから✨

【協賛】H.C 栃木日光アイスバックス
【提携】公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
【後援】世田谷区
 





ただいま絶賛稽古中♪
これがペナキリです♪

稽古場から本番同様のアイスリンクでガチガチに練習してます✌

稽古じゃない、もはや、練習だ!!

本当に見てもらいたい作品です。

ろばさんが圧倒的な取材により
アイスホッケーを題材にした唯一の舞台だと思います。

実在するチーム・人々をベースにした奇跡という綺麗な言葉では、表現できない真実のお話。

だからこそ、舞台のどこかに必ず皆様に響く生き方があると思います。

何より激しくて面白いです♪



難しいこと言ってしまいましたが、とにかく
熱いお芝居。
氷上なのに熱い。

リンクを溶かす熱いお話。

そして、個人的にも初シアタートラム。
豊橋での地方公演。
気合い入ってます。
ぜひ来てください❤


『penalty killingーremix ver.ー』

2015年2月、下北沢ザ・スズナリにて初演。
事件とまで言われたアイスホッケー男子芝居penalty killingが、
最強のニューキャストを迎え、
追加取材による完全リニューアルバージョンとして
シアタートラムで上演されます。

【出演】
粟野史浩(文学座)
板倉武志(犬と串)
碓井将大
岡野康弘(Mrs.fictions)
岡本篤(劇団チョコレートケーキ)
五島三四郎(流山児★事務所)
酒巻誉洋
佐野 功
杉木隆幸(ECOHES)
高木健(エンニュイ)
田島亮
筒井俊作(キャラメルボックス)
照井健仁
三原一太(はらぺこペンギン!)
森下亮(クロムモリブデン)
(五十音順)

《東京公演》

【日程】
2017年7月14日(金)~7月23日(日)

【会場】
シアタートラム
東京都世田谷区太子堂4-1-1

【時間】
2017年
7月14日(金) 19時
7月15日(土) 14時/19時
7月16日(日) 14時★
7月17日(月・祝) 14時
7月18日(火) 19時
7月19日(水) 14時/19時
7月20日(木) 19時
7月21日(金) 19時
7月22日(土) 14時★/19時
7月23日(日) 14時

★印の回、ゲストをお呼びしてのアフタートークあり

【料金】
[全席指定]
前売 4500円
当日 5000円
学生 2000円

【チケット発売】
予約はこちらから✨

【協賛】H.C 栃木日光アイスバックス
【提携】公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
【後援】世田谷区
 
《豊橋公演》

 【日程】
2017年7月29日(土)~7月30日(日)

【会場】
穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
愛知県豊橋市西小田原町123番地
TEL 0532-39-8810
  FAX 0532-55-8192 

【時間】
2017年
7月29日(土) 14時30分★
7月30日(日) 14時30分
★印の回、演出家によるアフタートークあり

【料金】
[日時指定・全席自由・整理番号付・税込]