ちょこボラ!しよう

「ちょこボラ」とは、「ちょこっとボランティアする」こと。今すぐ簡単にはじめられる「ちょこボラ」の数々を紹介します。


テーマ:
日本国憲法誕生秘話を描いたドキュメンタリー『日本の青空』。藤沢市民会館で鑑賞してまいりました。

改憲が取りざたされている昨今、何かと耳にするのが「現在の憲法はアメリカから押し付けられたもの」という見方。しかしこの映画を観ると、アメリカからの押しつけなどではないことがはっきりとわかる。日本人の英知と誠実さ、戦争を二度と起こすまいとする情熱が土台となっていて、アメリカが手を加えたのはほんのわずか。しかも日本国憲法起草時には、ドイツのワイマール憲法やフランスの人権思想など、平和主義を重んじる考え方がそこはかとなく取り入れられている。つまり、日本国憲法は平和憲法の理想そのもの、というわけですね。まさに「憲法9条を世界遺産に!」と叫びたくなっちゃう。この映画を観ると、「なんで改憲しちゃうの?」としみじみ思ってしまいます。わんわん

それとこの映画、考えてみると、すごくぜいたくです。って、もちろん制作費をかけているという意味じゃありませんよ。自主上映でドキュメンタリーっていうと、ふつう、すごーく地味なものを想像しますよね。でもこの映画には第一線で活躍、あるいは長年活躍してきたビッグネームが出演していて、ドラマとしてもじゅうぶんに楽しめます。テレビドラマならよくあるかもしれないけれど、これだけ有名な俳優、女優さんが出演している自主上映ドキュメンタリーって、私ははじめて。「こんないい映画なんだから、ぜひ全国ロードショーで!」とも思いますが、こういう地道な上映のされ方というのが、またいいのかもしれない。むしろ映画好きにはぜいたくな感じがしなくもないな。と思うんですよね。(といってもこの映画、まだまだ制作費が赤字とのことで、ぜいたくなんてのんきなこといってゴメンナサイショック!

『日本の青空』は現在、全国各地の市民会館などで上映されています。興味のある方はぜひ
http://www.cinema-indies.co.jp/aozora/index.html
にアクセスしてみて。参議院選挙も間近だし、改憲について考えるよいきっかけになるかもしれませんよ。



日本の青空

ロビーで販売されていた九条茶。このほかおそばやTシャツなど、9条関連のグッズがいろいろ販売されてました。わずかですが、購入すると活動支援になるそうです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
もえちゃん2
寝たきり猫となるも、愛らしさを保つもえ(ちょー親ばか?)

退院後小康状態を保ち、浮腫も解消されて腹水も抜いたけれど、もえはその後どんどんやせてしまった。抗ガン剤のほか、癌に効果的といわれる漢方薬を与えたり、レバー、ブロッコリー、きのこをゆでてつぶした「癌撃退メニュー」、造血作用のあるまぐろの赤身などを与えたりした。が、最初のウチは食べたものの、やがて口にしなくなり、獣医師がくれたチューブ入りの栄養剤と、バニラアイスしか受け付けなくなった。

そしてある日とうとう、何も口にしなくなり、歩くこともままならなくなった。呼吸はしているものの、目を開いたままからだがぐにゃり。急いで動物病院に連れていき、酸素室(ケージ)に入れてからだをあたため、点滴を打ってもらったが、これ以上打つ手はなし。回復の見込みはないため、あとは自宅でだいじにしてやって…と獣医師。

万事休す。

点滴針のさし方を看護士さんに教えてもらい、リンゲル液や消毒綿の入った点滴セットと瀕死のもえを抱えて帰途につく。しのつく雨をやりすごし、うちに戻ってソファの上にもえの体を横たえると、「さよなら」の予感が容赦なく沸き上がる。とたん、栓が外れたごとく、嗚咽が溢れ出た。

なにもしてやれなくってごめん。ごめんね。
でも、いっしょにいられて幸せだったよ。
ホント、幸せだった。ごめん。ありがとう。

その1時間くらいあと、動かなくなっていたもえが、突然激しくけいれんしはじめた。目を開いて、あごをがくがくさせて、全身はげしく身震いしている。

いよいよか。

体をさすりながらもえの名を呼び、目を閉じてこころのなかで祈る。
かみさまどうか、少しでも苦しみませんように…。どうか楽に逝かせてあげてください…。


*******


30秒くらいのけいれんのあと、ぐったりしていたたものの、もえはまだ生きていた。その晩私はもえに添い寝し、いつくるともわからないお別れの瞬間にそなえて、うつらうつらの寝ずの番をした。

翌朝、もえはぱっちりと目をさまし、点滴のあと栄養剤とバニラアイスを食べて、おしっことやわらかいうんちをした。からだは変わらず不自由だが、上半身だけはかろうじて動く。薬を飲ませようとすると、鋭い猫パンチ。うれしいような、腹立たしいような。

その後3日ほどたつが、とりあえず細々と、もえはまだ生きている。そして私は介護の日々。夜は3回ほど起きて様子を見て、朝になると点滴を打つ。おしっことうんちをさせて、床擦れしないよう向きを変える。体が冷えないよう、ペットボトル湯たんぽを用意する。失禁して汚したバスタオルを取り替える。ひっかかれながら薬を与える。バニラアイスと栄養剤、時にはまぐろのブツ、柔らかく高品質なキャットフードを食べさせる…。などなど。

たいへんだし疲れるし、お金もどんどんなくなってゆく。

だけど、もえ。

なにもしてやれなかったという台詞が撤回できるかもしれないことが、今はこのうえなく、うれしいよ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
悪い予感的中。

もえ、腎不全のほかリンパ癌・心筋肥大症であることが判明。
抗ガン剤治療しなければあと2週間の命と宣告された。

10日間の入院、点滴による抗ガン剤治療を経て、小康状態を保っているとのことで昨日帰宅。
でも、小康状態とはいえ腹水と前肢のむくみがひどく、ほとんど歩けない状態。食欲はあるので、なんとかもっているというかんじ。

推定年齢13~14歳。外出もしないし、キャットフードも健康的なものを食べていたので、病気もせず眠るようにして逝くものと思っていた。2月の検査でも、特別な異状は見られなかったのに…。

「爆弾のように抱えていたものがあるとき突然、何の前触れもなく出て、あっというまに重篤な病気になることがあるんです」と獣医師。
「もって、3か月から半年でしょう」

人間でいえばもう70代後半。いつさよならになってもおかしくはないと常日頃覚悟はしていた。でも、そうはいっても、わかってはいても、さよならがくるのは、やはりこわい。動かなくなるもえを見なくてはならないと思うと、逃げだしたくてたまらなくなる。

ラジオから、ビージーズの「若葉のころ」が流れている。

もえがはじめてうちにやってきたときのこと、10年間の思い出があとからあとから溢れ出る。
ずっとずっと、そばにいてくれたんだよな。何となく、そばにいてくれたんだよな。もえ。

どうしたらいいんだろう。
喪失の恐怖。心の有りようがわからない。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。