ちょこボラ!しよう

「ちょこボラ」とは、「ちょこっとボランティアする」こと。今すぐ簡単にはじめられる「ちょこボラ」の数々を紹介します。


テーマ:
愛猫のモエが急きょ入院した。腎不全が進行、貧血もひどく、点滴による治療をうけることになった。
「激やせしてるし、毛艶も悪い。(血液)検査の数値もよくないし、入院して様子をみましょう」
と、動物病院の先生。
そ、そんなに悪かったのか。激やせは年齢のせいだと思ってたし、毛艶の悪さもよくわからなかった。時折食べたものをはいていることはあったけれど、食欲もあるし、腎不全の進行もじょじょにおさまるものと高をくくっていた。でも、体重はわずか2.5キロ。たしかに、あまりにも小さすぎる…。

おとといときのう、もえはわずかながらおねしょをしていた。でも、おしっこからは、猫特有の強烈な悪臭がない。おまけに、もえお気に入りの定位置であるソファではなく、ふだん行きもしない部屋のすみっこに身をひそめていた。なんだかおかしいな、と思って病院につれていったのだが、やはり病気が進行していたらしい。…くそっ、どうしてもっと早くきづかなかった?

「よろしくお願いします」そういって先生にもえをあずけるとき、不覚にも涙が出た。大雨(大涙)にならないうちにすばやく退出。家路をチャリで飛ばしながら、顔はずぶ濡れ状態だった。

モエは10年前、4人の飼い主を経て私のもとにやってきた。いたずらもせず手のかからない猫だったが、愛想のない甘えベタな子でもあった。存在がさりげなさすぎて、いつもそこにいて当たり前、存在感が自然すぎる猫だった。

それだけに、不在があまりにも重い。
気付けばソファの上で丸まっている、当たり前のその姿がそこにない。
そのことが、しくしくしんしん、そこはかとなくつきささる。
不在がもたらす、軽やかでしつこい、ひっそりとした痛感。

幸い、わずかではあるが、点滴後数値は改善にむかっているらしい。食欲もあって、入院によるストレスはないようだとのこと。相変わらず無愛想で淡々としていて、甘えベタ。なぜか不思議と、ほっとした。

でも、嗚呼、そうだ。この子はそれほど長くはあるまい。今はかりそめの不在だけれど、いずれは本物の不在がやってくる。今回の入院はその準備、心の練習といったところか。



もえちゃん

エリザベスカラーをまかれての面会。思ったより元気そうでちょっと安心。相変わらずしれっとしてて、無愛想。ネコ
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
フィカス

見て見て~ラブラブ!ハート形の葉っぱがこんもりだよっ。

先月終わり頃から新芽を出し始めたフィカス・ウンベラータが、ほら、こんなに立派に葉っぱを茂らせました!なかなかみごとなものでしょ?

じつはこのウンベラータ、昨年引っ越してきたときにネットで購入したんだけど、買ったそばからどんどん葉っぱが黄色くなって落ちてっちゃったんです。でもって、3か月後には丸坊主しょぼん。エアコンのせいでもないし、日当たりが悪いわけでもないし、虫や病気におかされているふうでもなし。いろいろな花屋さんに聞いてみても、「う~ん、わからないですねー。この季節はどんどん葉っぱが出てくる時期のはずなのに…」と首を傾げるばかり。

「根っこに原因があるとすると、植え替えなければいけないのでけっこうやっかいですね。でも、ひょっとすると、その場所に適応するために、繁茂する力を控えているのかもしれません。根気づよく見守ってやってみてはどうでしょう?」

あこがれの一戸建て生活を祝して(おんぼろ借家だけど)、奮発して買ったウンベラータだったのに、そのときの私はほんっとに「が~ん!」叫びでした(けっこう高かったんですヨ)。
「しかしまあ、しかたない。幹はしっかりしてるから、枯れちゃってるわけではないだろう。どうなることか待ってみるか」

そう気を取り直して、期待するでも見捨てるでもなく、淡々と1年が過ぎたこの春。ふと目をやると、なんと新芽がちょぼちょぼと出始めているではないですか!「こ、これはもしかすると!」

その後あたたかくなるにつれて、ウンベラータはどんどん葉っぱを多く大きくしてゆき、ゴールデンウイークにはウンベラータらしい勇姿をようやく見せてくれたのでした。クローバー

それにしても、彼はなぜ、昨年は元気がなかったんだろう? 花屋さんのいうとおり、感興に適応するため、エネルギー消費を控えていたのかな? 1年かけてのんびりと我が家になじんで、「さーて、今年はいっちょやったるか」ってんで、本領発揮したのか?

感心しながら訝りながら、自分の顔より大きくなったウンベラータの葉っぱの下に入って、植物と語らってしまう私なのであった。にゃー


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
犬2頭、わが家にやってきましたわんわん。といっても、来てからもうひとつきほどになるんですが。
この犬たちは、山梨の山奥でうろうろしていた野良ちゃん夫婦。放っておくと殺処分にされてしまう叫びということである方が保護し、うちでしばらくあずかることになったのです。

ずっと山奥暮らしで、かなりワイルドでナーバス…ビックリマークと聞いてたんですが、実際に会ってみたらおだやかなわんちゃんたち。仲良しになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、来たころよりもずいぶん慣れてくれました。

とくに、シロ(白いほうの犬。女の子)はちょー食いしん坊ハンバーガーで、ごはんのときはうれしそうにそばによってきますし、おやつをくれくれとせがみます。でも、食べ終わって頭をなでなですると、怪訝そうな顔をして小さな声で「ぅぅぅぅ」とかいうんです。「じゃ、咬め!」と手を差し出すと、ぷいっと横を向いてしらんふり。食いモンもらうときだけかい、なつくのはっむっ
ボス(黒いほうの犬。おじさん)はあまりなついてくれませんが、頭をなでても「ぅぅぅぅ」とかはいいません。されるがまま騒がず怒らず、でも、心を許すまでにはいたっていないってかんじかな。だけど、穏やかで頭のよさそうな犬ですしっぽフリフリ

うちの2匹の犬たちと仲良くなれるのか?と最初は心配してたのですが、意外に早く仲良しになりました。同じ小屋で寝るし、小競り合いをすることもないみたい。でも、そこはかとなくうちの犬たちは「俺らが上」と思ってるような感じ。そのへんは、尊重してやらないといかんですよね。

いつまであずかることになるのか?さだかではありませんが、4匹の犬たちがそれぞれのお気に入りの場所でのんびりひなたぼっこをしている姿を見ると、いや~和みますなあ晴れ


シロ&ボス
夕ご飯をがつがつ食べるシロ&ボス。ボスは愛妻(悪妻)の食いっぷりにいつも押され気味。

シロ&あた
左はうちの犬=あたる。シロと仲良しになりたいみたいなんだけど、シロがなかなか打ち解けない。「私ダンナいるんだから、近付かないでよっ」ってところかな?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。