ちょこボラ!しよう

「ちょこボラ」とは、「ちょこっとボランティアする」こと。今すぐ簡単にはじめられる「ちょこボラ」の数々を紹介します。


テーマ:
すろーしねま

かなり前になりますが、視覚障がいを持つ人といっしょに映画を見て映画を語る「シティ・ライツ」の活動をご紹介したことがありました。障がい者の方のガイドをしつつ、いっしょに映画を楽しむというこのボランティア、映画ファン、映画マニアにはおすすめのちょこボラでした。私は、マニア…というほどではありませんけど、映画を見るのが好きなので、「映画にまつわるちょこボラ、もっとないかな~」と探していたところ、あった、あった♪
それは、「すろ~しねま」というプロジェクトが行なう「活弁」を取り入れた映画鑑賞。このすろ~しねまでは、「これからの娯楽産業は消費を促す装置としてではなく、ごく当たり前のこととして、自然および社会環境の保全に寄与しているべき」との考えのもと、NPOと連携して、入場料の一部をNPOなどに寄付したり、地域通貨などを受け入れることによって、環境活動を支援するとのこと。つまり、すろ~しねまの主催する映画を見ると、その入場料のいくらかが地球環境のために寄付される、映画でちょこボラってことになるわけですね。おまけに、「活弁」という古きよき伝統を守るという、文化的ちょこボラにもわずかながら寄与することができる、と。

で、活弁シネマライブですが、いや~、これなかなかよかったんですよ! 最初に上映された小津安二郎監督の『大学は出たけれど』を見たときは、短縮版ということもあってか、「ちょっとたるいかな」と思ったんですが、休憩後に上映されたエルンスト・ルビッチの『結婚哲学』を見て、引き込まれてしまいました。字幕や吹き替えとちがって、活弁士がライブで語るというスタイルが、古い映画に軽妙さをもたらし、まさに「ライブのような映画」を演出してくれる。また、弁士の語りとともに演奏されるギターとピアノのユニット生バンドも絶妙! 「いや~ライブって、ホントにいいですね」と、思わず淀チョウさんになってしまいそうでした。。。

ちなみに、入場料は前売り2500円(『大学は出たけれど』『結婚哲学』2本立て。茅ヶ崎市民会館小ホール)と、通常の映画料金よりやや高いのですが、300~500円は寄付になって、しかも映画&ライブ感の両方を楽しめちゃうというのだから、むしろリーズナブルでしょう。ホームページをチェックして、おもしろそうなものがあったらまた行こうっと♪
(お芝居、京都、活弁映画。ここんとこの私は、なんかアクティブだな~)

すろ~しねまのホームページ。
http://slowcinema.com/pc/
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
手作り市

14、15、16日と、京都に行って参りました。
旅の目的は、百万遍知恩寺で毎月15日に行なわれる「手づくり市」。手づくり市は「手づくりのものを出品する」が基本で、漬け物やはちみつ、お菓子やパンなどの食べ物のほか、手縫い手編みの小物やガラスビーズのアクセサリーなど、さまざまなお店が300店近く並びます。当日はあいにくの雨でしたが、市は予定通りに開催、傘をさしながら老若男女多くの人が参加していました。
この手づくり市、本当にさまざまなものがあって、半日近くぶらぶらしていても飽きません。歩き疲れれば、御影堂というお寺のお堂の階段でのんびりと腰掛けられるし。また、市にはお買い物のお店のほか、ネイルケアの店や占いの店などもあって、目先を変えて楽しむこともできる。フリーマーケットではないので、「値段の安いものがたくさん並ぶ」市ではありませんが、リーズナブルなお値段のものが比較的多い感じ。なかには、山ぶどうの木で編んだカゴ(約)三万円みたいなものありましたが、その質のよさは格別。手づくりの品物のあたたかみ、奥深さをしみじみと実感させていただきました。

ちなみに、私が手づくり市で購入したのは、京都工芸大学の学生さんたちがインドネシア地震支援のために販売していたジャワのお皿1000円、空と雲の柄のロウソク500円、紫檀でつくられたお箸4膳で1000円、ユニークな表情のうさぎのあみぐるみ1500円(これ、一目惚れでした。あとで写真をご紹介します!)。同行した5才の娘は、同じく同行したおばあちゃん(私の母)にぬいぐるみと木製パズル、自家製はちみつ、南高梅の梅干し(娘は梅干しが好き)、ガラスビーズのペンダントを買ってもらっていました。

それにしても、何度訪れても思うのですが、京都ってエコロジカルな街ですよね。町家を利用したオシャレなカフェやレストランが並ぶ四条河原町。古きよき御茶屋が軒を連ねる花見小路。体力と知力と人情で、観光客をもてなす人力車。伝統をだいじにするってことは、イコール地球を守るってこともである。いにしえの都・京都は、ちょこボラの都・京都でもあるんですね♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
やわらかい服

久しぶりの観劇。永井愛作・演出の「やわらかい服を着て」というお芝居を新国立劇場で見てきました。
この作品は、イラク戦争反対や難民支援活動を行なうNPOの若者たちの群像劇。NPOリーダー役に、舞台は初めてという吉田栄作、リーダーを支えるホットな女性スタッフ役を小島聖が熱演していました。
吉田栄作さんは初舞台ということもあって、周りの役者さんたちにくらべてテンションがやや低めな印象を受けましたが、やたらはりきっちゃうより、むしろ自然体で好感がもてました。それに、吉田栄作というと、「モデルっぽくてかっこいいあんちゃん」というイメージが強かったんですけど、このお芝居を見てちょっと印象が変わりました。演じることに対して誠実な感じを受けたし、コミカルな雰囲気も無理なく出ているって感じ。これからも持ち味をいかして、いろいろなお芝居に挑戦してほしいな。

作品では、NPOが抱える問題や課題、苦労や苦悩などを等身大に表現していて、戦争や支援について考えさせられると同時に、人間臭さも如実に描かれていました。映画には表現できない、お芝居の魅力を感じさせてくれた作品だったと思います(なあんて、お芝居に詳しくない私がえらそーなことを書いてしまったりして)。

ところで、作中では「イラクの子供を支援するために、イラクの子供が描いたイラストとチョコレートをセットにして販売する」というエピソードが出てくるのですが、写真はそのイラストとチョコレート。実際に、劇場のロビーで販売されていたものです。
これ、まさに「ちょこボラちょこだ!」と思い、即買いました。ホンモノのチョコレートは、見た目はイマイチだったんですが、それがまた手作り感たっぷりで素朴。食べていて、愛おしさを感じました。

それにしても、イラク戦争が起きたのって、もう3年も前になってしまったんですね。私たちのなかでは「過去に起きた世界の事件のひとつ」になってしまってますが、イラクの人、そしてイラク戦争で命を落としたすべての人にとっては、現在進行形の苦しみなんですよね。。。

これからも折にふれて、こういうテーマのお芝居や映画を積極的に見ようかなと思います。だからって、世の為人の為になるとはいえないけれど、「忘れないこと」「知ろうとすること」も自分にできるちょこボラかもって思うし。
それに、やっぱりお芝居を見るのって楽しいしパワーをもらえる。たまには、お家を飛び出して「演劇でちょこボラ」といくのも、よいもんですね♪♪♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
エコバッグ

エコバッグ、買いました!
左のほうは新聞ストッカーで、右の猫がらはお買い物、お散歩用。
新聞ストッカーはヒモ穴つきで880円。いろいろ見てみましたが、「シャプラニール」のものがいちばん安かったと思います。「ピープツリー」のものは、もうちょっと機能的でデザインもオシャレっぽでしたが、ちょいお高めだったのでこっちにしました。。。
右のバッグは、600円で安いし猫がらがかわいくて衝動買いしたのですが、これ、すごく使えます。たくさんお買い物をするにはちょっと小さいけれど、近所にちょっと買い物とか、ぶらっとお散歩ってときにぴったりなサイズ。手にもっても長過ぎないし、肩から下げることもできる。使う人の身になって作られている感じがすごくしました。
それに、このジュートという素材が思った以上にいいんです。「ジュートってラフすぎるかな」と思ってたんですが、下げてみるとまったく気にならない。型くずれもしないし、インテリア的にもいい感じ。それに、個人的には、ジュートのちょっとクセのある匂いが好き。この香りクセになりそう。自分、ジュート・フェチかも。。。
というわけで、フェアトレード&環境にもやさしいという「ダブルちょこボラ」なジュートエコバッグ。おすすめです。ジュートの匂いも(って、それは私だけか)。

ご参考までに、シャプラニールのアドレス。
http://www.shaplaneer.org/
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
zakka

じつはこの4月、湘南にお引っ越しをしたんです。
都心からはずいぶん遠くなりましたが、海のそばに住むというのが長年の憧れだったので、更新をきっかけに移り住みました。
はじめは「ううう、ずいぶん遠くに来てしまったもんだ」と戸惑いもおぼえましたが、自転車で海まで5分行けてしまうというのは大きな魅力(別に泳ぎが得意なわけでも、マリンスポーツをするわけでもないんですが)。今ではすっかり、湘南の住人になりきってます♪
それに、私が住んでいる場所は、駅からは遠いのですが、おいしいケーキ屋さんとかオシャレな雑貨屋さん、カフェなどがたくさんあるのです。散歩がてら、ついつい立ち寄って雑貨を買い込んでしまったりして、あ~もうおこづかいがない。。。
ところで、そんなご近所雑貨屋さんのひとつに「MASAYO HENDERSON NEW YORK」があります。このお店は有名なお店らしくて、東京からやって来る人も多いとのこと。たしかに、店の外にはたくさんのカゴやガーデニンググッズなどが並べてあり、ちらっと通りかかっただけで「うわあ、入ってみたい~」と思わせるオシャレなお店。ちょっと高価なアンティークからお手ごろ価格のキッチン雑貨まで、バラエティ豊かな品揃えです。
でも、私がこのお店でお買い物をするようになって改めて感心したのは、売り物だけでなく、包装紙や紙袋、それに包装紙に張り付けるシールなどにもセンスのよさが行き届いているということ。これって、こだわりのお店すべてに共通することだと思いますが、包装紙や包装用のヒモ、シールがキレイだったりかわいかったりすると、捨てるのがもったいなくて、2次使用したくなってしまいます。たとえば、写真みたいに、お店のシールをマイボトルに貼っちゃったりして。。。商品を包む紙は、きわめてシンプルな再生紙を使用しているだけだと思うのですが、センスのよいロゴが入ってるだけで、これまたひとつの「雑貨」になっちゃいます。こうして見ると、センスがよいってことは、捨てるものを減らす「ちょこボラ」なのかもしれないですよね。
好きなものにこだわったり、頭を使って自分に似合うものを吟味する。センスのよさを磨いたり、オシャレなことに意識的になるのも、ちょこボラのひとつなんだと思います。

(ちなみに、購入したのは写真手前のバラ柄のフキン。やわらかくて使いやすそーです)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。