最近のもろもろ

テーマ:
ご無沙汰しておりました~。

これと言って何かがあったわけでもなく
恒例のお盆を帰省で過ごし
夏休みは相変わらず毎朝4つの弁当を作り続け
暑さにとろけそうな日々を送っております。



実家の庭プールにて。
次男に水鉄砲で狙われる三男を守る長男の図。



とある日の我が家。
一緒に遊びつつ自分のペースに持っていこうとする次男の図。



実は真ん中に長男が隠れているの図。


男三兄弟家でおとなしく遊んでいる
…わけもなく
毎日が夕立のような騒がしさです。


そして今日は三男が発熱…。

バーーーン!!
(ピアノの鍵盤を一気に10個くらい叩いた音をご想像ください)

朝から病児保育の準備やらなんやらでバタバタし
慌ただしく出てまいりました。

昨日に比べて機嫌も良かったので
楽しく過ごしてくれるといいな。


夏休みもあと少しです。

9月から
16時までだった時短勤務を
17時までに延ばす予定です。

今も退社が結局17時くらいになることもあり
それでも家のことがそれなりに余裕を持って回っていることと
長男のバスケが終わるのが18時過ぎなので
一旦帰ってまた迎えに行ってと無駄な時間も多いので
それならば17時に職場を出るのでも一緒かなぁという理由です。

あとはこの1時間の延長で
多少なり責任のある仕事を任せてもらえたらいいなという
若干の期待感もありつつ。

でもうちの会社の場合
所詮時短は時短なので
役職をもらえるとかそういった可能性はほぼ0だと思います。


この1年16時までの時短生活を送って
平日の親子の会話がぐんと増えました。

フルタイムのときは
はいご飯 はいお風呂 はい寝て
と息つく間もなく
会話らしい会話もほとんどする時間がなかったように思います。

今親子で学校からの帰り道
今日はどんなことをしたのかとか
どんなことがあったのかとか
会話の時間があって
次男が道でイタズラをしたら何がダメかを注意して
そんな当たり前の時間が
我が家にはずっとありませんでした。

今は一生懸命
そんな親子の時間を取り戻しています。


正直この1年間
葛藤したことも多々ありました。
責任のある仕事がしたかったし
出世していく周りの人にうらやましさを感じたりもしました。

でもやっぱり
まだフルタイムには戻せません。

このたった1時間で
キャリアがストップすることも十分に分かっていますが
それでも仕事にこの時間は捧げられない。


先日社内報の社員紹介で
2児を持つ役職ママが載っていました。

激務の中実家の母の助けを借りて
保育園の送り迎えから夕飯の用意
時には寝かしつけまでしてもらっているんだとか。

私は近所に身内がいないので
彼女のように働くことはできません。

ファミサポやシッターを駆使して
同じようにやろうと思えばできないことはないかもしれませんが
子どもの生活が荒れるのが目に見えている。
実際荒れていたし。


兄弟それぞれの
まだ成長しきれていない面を見るたびに
保育園時代にもう少し親子の時間が取れてたらまた違っていたのかな
という思いがどこかにあったりします。


でも我が家の場合は
どちらかを選択するとするならば
小学校時期の付き添いの方が必要だった気がします。

だからこの期間は大切にしたいし
今は私の仕事に対する意欲は
ちょっと休憩時期なんだと思います。


1年間ずっと抱えていたモヤモヤが
最近になってやっと自分の中で答えが固まってきた気がします。


長男も部活を頑張っているし
そんな風に没頭できる何かを
母として精一杯応援したいです。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ