-外国為替-
2010年03月07日 04時31分45秒

第82回アカデミー賞受賞予想

テーマ:MovieReview

いよいよ日本時間3月8日に発表されるアカデミー賞。

先日のノミネーション予想の答え合わせと一緒に受賞予想でも。

★が本命、☆が対抗です。


【作品賞 -Best Motion Picture-】  My Predictions : 8/10
  アバター Avatar
  しあわせの隠れ場所 The Blind Side
  第9地区 District 9
  17歳の肖像 An Education
★ハート・ロッカー The Hurt Locker
☆イングロリアス・バスターズ Inglourious Basterds
  プレシャス Precious
  A Serious Man A Serious Man
  カールじいさんの空飛ぶ家 Up
  マイレージ、マイライフ Up in the Air
  インビクタス 負けざる者たち Invictus
  NINE Nine
――――――――――――――――――――――――――――
「インビクタス」「NINE」がOUT。「しあわせの隠れ場所」「第9地区」がIN。
作品賞のノミネート枠は拡大したものの、やはり監督賞に挙がっていない5作は受賞は厳しそう。
更に、例年作品賞とノミネートが重なることが多い編集賞から漏れた「マイレージ、マイライフ」も厳しいか。
「プレシャス」もモニークの助演女優賞に票が集まる分、ここでの受賞は難しそう。
残る「アバター」「ハート・ロッカー」「イングロリアス・バスターズ」の三つ巴の中では、「ハート・ロッカー」が一歩抜き出ている感。ただし、プロデューサーによる不正なキャンペーンメールの件がどれだけ投票結果に影響するかによっては逆転もありえそう。
ここで逆転があるとすれば、技術面に注目が集まっている「アバター」よりも「イングロリアス・バスターズ」のほうが有利か。
個人的な希望は「イングロリアス・バスターズ」に受賞してほしい。


【監督賞 -Best Director-】  My Predictions : 5/5
★キャサリン・ビグロー Kathryn Bigelow (ハート・ロッカー)
  ジェームズ・キャメロン James Cameron (アバター)
  リー・ダニエルス Lee Daniels (プレシャス)
  ジェイソン・ライトマン Jason Reitman (マイレージ、マイライフ)
☆クエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino (イングロリアス・バスターズ)
――――――――――――――――――――――――――――
予想通りの面子になった監督賞では、キャサリン・ビグロー vs ジェームズ・キャメロンの元夫婦対決に注目が集まっているが、キャメロンは既に「タイタニック」で受賞済みでこれが2回目のノミネート。
連続で賞をあげるほど優れたディレクションだったかというと疑問符が付きそう。この2人なら、勝つのはビグローのほう。
リー・ダニエルスはアフリカ系の支持は集めるかもしれないが、ほぼノーチャンス。
ジェイソン・ライトマンは若手だし作品を作るたびに高評価を得ているから、今回取れなくてもいつか取れるだろうとスルーされそう。
クエンティン・タランティーノは固定ファンが付いていそうだし、これまでの実績もある。ビグローを逆転できるとすれば彼だろう。


【主演男優賞 -Best Leading Actor-】  My Predictions : 5/5
★ジェフ・ブリッジス Jeff Bridges (Crazy Heart)
☆ジョージ・クルーニー George Clooney (マイレージ、マイライフ)
  コリン・ファース Colin Firth (A Single Man)
  モーガン・フリーマン Morgan Freeman (インビクタス 負けざる者たち)
  ジェレミー・レナー Jeremy Renner (ハート・ロッカー)
――――――――――――――――――――――――――――
ここも予想通りのノミネート結果。
ジョージ・クルーニーを猛追し、ついには逆転したジェフ・ブリッジスが、これまでの功労賞的な意味も含めて最有力。
クルーニー、モーガン・フリーマンは前回の受賞が記憶に新しく、それを凌駕するほどのパワーは感じられない。
コリン・ファースは作品自体の評価がそれほど高くないのが足を引っ張りそう。
ジェレミー・レナーは知名度の低さがネック。


【主演女優賞 -Best Leading Actress-】  My Predictions : 5/5
★サンドラ・ブロック Sandra Bullock (しあわせの隠れ場所)
  ヘレン・ミレン Helen Mirren (The Last Station)
  キャリー・マリガン Carey Mulligan (17歳の肖像)
  ガボーレイ・シディベ Gabourey Sidibe (プレシャス)
☆メリル・ストリープ Meryl Streep (ジュリー&ジュリア)
――――――――――――――――――――――――――――
ここも予想通りのノミネート結果。ただ、受賞予想は難しい。
まず、ヘレン・ミレンは前回受賞からの期間や作品評価を考えるとノーチャンス。
ガボーレイ・シディベは助演のモニークに票が流れそう。
キャリー・マリガンはフレッシュな魅力でオードリー・ヘップバーンの再来とも言われている人。作品賞にもノミネートされているが、そちらでは受賞は難しいと予想される分、彼女に票が流れるかもしれない。決してチャンスがないわけではない。
メリル・ストリープはアカデミー賞の常連で今回が通算16回目のノミネート。ただし受賞は2回だけで1982年の「ソフィーの選択」が最後。そろそろ3回目をあげたい会員も多いはず。更に今回の役は実在の人物というのも有利。ただ、作品賞にもノミネートされていない作品で彼女に演技賞を与えてもよいものか、もっとふさわしい作品が今後いくらでも出てきそうと考えると今回もパスされてしまう可能性もある。
そこへ来ると、サンドラ・ブロックは有利。どちらかと言えば芸術性よりもヒットを飛ばす女優、しかもコメディ寄りということでアカデミー賞には縁がないタイプ。今回を逃すと次はないかも知れない。対象作は作品賞にもサプライズノミネートされていて、興行的にもヒット。さらに今年は「あなたは私の婿になる」もヒットさせている。ただし「All About Steve」はコケて、ラジー賞にもノミネートされてしまった。でもでも、それさえもプラスに変えてしまうだけのパワーがありそうな気がする。
ということで、個人的な希望も含めてサンドラ・ブロック。(ラジー賞と同時受賞して、ハル・ベリーみたいにスピーチで株を上げてほしい)

【助演男優賞 -Best Supporting Actor-】  My Predictions : 4/5
  マット・デイモン Matt Damon (インビクタス 負けざる者たち)
  ウッディ・ハレルソン Woody Harrelson (The Messenger)
☆クリストファー・プラマー Christopher Plummer (The Last Station)
  スタンリー・トゥッチ Stanley Tucci (ラブリーボーン)
★クリストフ・ヴァルツ Christoph Waltz (イングロリアス・バスターズ)
  クリスチャン・マッケイ Christian McKay (Me and Orson Welles)
――――――――――――――――――――――――――――
クリスチャン・マッケイがOUT。マット・デイモンがIN。
この部門は、クリストフ・ヴァルツの一人勝ち状態で、他の候補者は作品自体の評価も伸び悩み、ほぼノーチャンス。
ここ数年間、悪役を演じた俳優がこの部門を受賞し続けているが、今年もその例に倣いそう。


【助演女優賞 -Best Supporting Actress-】  My Predictions : 3/5
  ペネロペ・クルス Penélope Cruz (NINE)
  ヴェラ・ファーミガ Vera Farmiga (マイレージ、マイライフ)
  マギー・ギレンホール Maggie Gyllenhaaal (Crazy Heart)
☆アンナ・ケンドリック Anna Kendrick (マイレージ、マイライフ)
★モニーク Mo'nique (プレシャス)
  ジュリアン・ムーア Julianne Moore (A Single Man)
  メラニー・ロラン Mélanie Laurent (イングロリアス・バスターズ)

――――――――――――――――――――――――――――
ジュリアン・ムーア、メラニー・ロランがOUT。ペネロペ・クルス、マギー・ギレンホールがIN。
マギー・ギレンホールがサプライズノミネート。好きな女優なので嬉しい。このノミネートはジェフ・ブリッジスの主演男優賞受賞を後押しするはず。彼女自身ももしかしたら…。
ペネロペ・クルスは「それでも恋するバルセロナ」で前年同部門受賞。作品の評価を考えても、さすがに2年連続は厳しいか。
ヴェラ・ファーミガ、アンナ・ケンドリックは同一作品からのノミネートで票割れしてしまうかも。
モニークは作品の肝となる役柄で、強力なパフォーマンス。作品賞や主演女優賞の望みが薄い分、ここで票が集まりそう。


【アニメーション映画賞 -Best Animated Feature Film-】  My Predictions : 4/5
  コララインとボタンの魔女 Coraline
☆Fantastic Mr. Fox Fantastic Mr. Fox
  プリンセスと魔法のキス The Princess and the Frog
★カールじいさんの空飛ぶ家 Up
  The Secret of Kells The Secret of Kells
  くもりときどきミートボール Cloudy with a Chance of Meatballs
――――――――――――――――――――――――――――
「くもりときどきミートボール」がOUT。「The Secret of Kells」がIN。
「崖の上のポニョ」はノミネートならず。残念。
代わってノミネートされたのはフランス製アニメ「The Secret of Kells」。"Book of Kells"を完成させるべく奮闘する12歳の修道士ブレンダンの冒険の物語、らしい。
ここは、候補作の中で唯一作品賞にもノミネートされた「カールじいさんの空飛ぶ家」が受賞するはず。怖いのは、作品賞と票割れして他の候補作に逆転されること。
もしそうなってしまったら、作品賞のノミネート枠が拡大したために受賞を逃すという皮肉な結果に…。その場合は、「Fantastic Mr. Fox」が攫っていきそう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

chobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。