民主党の藤村修衆院厚生労働委員長は26日、委員長辞任の意向を山岡賢次国対委員長に伝えた。体調不良を理由にあげている。民主党は後任に鉢呂吉雄氏を充てる。与党は厚労委で労働者派遣法改正案の審議を急いでおり、野党の反対を押し切って6月上旬に衆院を通過させる方針で、党内では強行採決に慎重な藤村氏が身を引いたとの見方も出ている。

【関連記事】
転倒なのに「内科」診断書? 総務委員会で“三宅注意報”発令
亀井とタッグ、江本孟紀氏が出馬会見「最近の政治状況にイライラ」
鳩山と対話より海兵隊との交流…辺野古住民の複雑なホンネ
「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連
民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」
虐待が子供に与える「傷」とは?

他人名義カードで買い物 詐欺容疑で政治団体会長ら4人逮捕 警視庁(産経新聞)
外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)
<中部国際空港>ベトナム航空がホーチミン線復活(毎日新聞)
音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展(Business Media 誠)
郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲―亀井担当相(時事通信)
AD