職務質問を拒否して乗用車で逃走し、歩行者らをはねたひき逃げ事件で逮捕された千葉県市川市大野町、自称廃品回収業者、石田宏明容疑者(44)の車内から覚醒(かくせい)剤が見つかり、警視庁中央署は覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、石田容疑者を再逮捕した。

 同署によると、逮捕後の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため車内を捜索、警察犬が運転席の下から微量の覚醒剤を発見した。石田容疑者は「おれのものじゃない。警察犬が置いた」と供述しているという。

 逮捕容疑は17日午前、車内に覚醒剤約0・2グラムを所持していたとしている。

 石田容疑者は8日夜、東京都中央区八丁堀の路上で、乗用車を停止していた際に警察官の職務質問を拒否し車で逃走。男性(41)ら2人に軽傷を負わせるひき逃げ事件を起こした後、約5キロ離れた江東区亀戸で身柄を確保され、自動車運転過失傷害などの容疑で逮捕された。

【関連記事】
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕
中国、麻薬犯罪に厳罰主義 小学生から教育徹底
覚醒剤使用の大阪市職員を免職
元光GENJI赤坂被告に懲役1年6月 千葉地裁判決
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待-政府(時事通信)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
帯広市長選 石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
AD