日本の調査捕鯨問題を巡って岡田克也外相は25日、ニュージーランドのマカリー外相と電話で協議した。岡田氏は、オーストラリアが国際司法裁判所に提訴する考えを示したことを「残念だ」と指摘。日本は「国際捕鯨委員会(IWC)、2国間協議を通じた外交的解決を目指す」と伝えた。マカリー氏は「外交的解決を優先させるべきだ」と応じた。反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の妨害活動について「海上の安全を脅かす危険な行為で容認できない」との認識で一致した。【野口武則】

【関連ニュース】
調査捕鯨:豪州、提訴も…IWC不調なら 外相会談で表明
岡田外相:豪に対処要請 反捕鯨船寄港時
シー・シェパード:保護したメンバー、海保が事情聴取へ
シー・シェパード:「日本の法廷で闘う用意」
シー・シェパード:メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入

ジブラルタ生命 3665人分の顧客情報紛失 パソコン盗難(産経新聞)
産廃の不法投棄 罰金最高3億円 環境省改正案(産経新聞)
JR信号替わらず1.3万人影響 東海道線・米原駅(産経新聞)
<事業仕分け>公益法人は7基準で “隠れ天下り”にもメス(毎日新聞)
<さいたま市立病院>院内? 8人CD菌感染1人死亡(毎日新聞)
AD