川崎市は6月15日、「認知症フォーラム2010~早期発見と地域ケア~」を開催する。「長谷川式認知症スケール」の開発者として知られる聖マリアンナ医科大の長谷川和夫名誉教授らが講演する。

 長谷川氏が「認知症~医療とケアを地域で創るために~」をテーマに基調講演。また、東京工業大の武者利光名誉教授が「脳機能低下を簡単・正確・高感度で検出する新技術」と題して講演する。

 さらに、川崎市と仙台市での取り組みが紹介されるほか、有識者らによるパネルディスカッションが行われる。


【関連記事】
認知症の人と家族の会、公益社団法人に
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
認知症の人の支援に「地域のつながり」を
認知症の専門医「全然足りない」―武田認知症対策専門官
認知症家族の「情報格差が大きい」―都認知症会議

未記載 政治献金400万円、片山元総務相の岡山支部(毎日新聞)
27歳母、浴槽に10か月娘投げ殺害図った疑い(読売新聞)
減るか「強風運休」京葉線が防風柵設置へ(読売新聞)
知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
都の漫画児童ポルノ規制条例 自公、修正案提出へ(産経新聞)
AD
 神奈川県は6月24日、がんの研究に取り組むバイオベンチャー企業の研究・開発に関する発表会を開く。

 発表会では、玉川大発ベンチャーで、主に国内で採集された微生物ライブラリーを有するハイファジェネシスの石崎孝之主任研究員が、制がん剤などの医薬品や食品に活用できる生理活性物質スクリーニング用アイテムを紹介する。
 肝臓がんや膵臓がんを標的とした新たながん治療用抗体の研究・開発に特化した創薬バイオベンチャーのリブテックの中村康司社長は、新たな治療標的分子に対する「抗体医薬品」の創薬研究と実用化への取り組みを発表する。
 このほかの講演は、投薬前に簡便に遺伝子の変異を検出できる試薬を開発したダナフォームの土生雅英社長による同試薬の商業化への挑戦など。

 午後1時20分から5時25分までの開催で、会場は横浜市の神奈川中小企業センタービル6階大研修室。参加費は無料。


【関連記事】
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会
新規緑内障治療薬の開発・販売権を米バイオベンチャーに供与―旭化成ファーマ
米バイオベンチャーを227億円で買収へ―エーザイ
新たな腎細胞がん、多発性骨髄腫治療薬の承認を了承―医薬品第二部会
ノバルティスの腎細胞がん治療薬は「比較的使いやすい」

<常用漢字>196字追加 文化審が答申(毎日新聞)
<強盗>古本店から7万円奪われる…愛知・豊川(毎日新聞)
「自分の言葉で首絞めた」=小泉元首相(時事通信)
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
自民党 安倍元首相 保守勢力新党との連携に前向きな考え(毎日新聞)
 民主党の藤村修衆院厚生労働委員長は26日、委員長辞任の意向を山岡賢次国対委員長に伝えた。体調不良を理由にあげている。民主党は後任に鉢呂吉雄氏を充てる。与党は厚労委で労働者派遣法改正案の審議を急いでおり、野党の反対を押し切って6月上旬に衆院を通過させる方針で、党内では強行採決に慎重な藤村氏が身を引いたとの見方も出ている。

【関連記事】
転倒なのに「内科」診断書? 総務委員会で“三宅注意報”発令
亀井とタッグ、江本孟紀氏が出馬会見「最近の政治状況にイライラ」
鳩山と対話より海兵隊との交流…辺野古住民の複雑なホンネ
「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連
民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」
虐待が子供に与える「傷」とは?

他人名義カードで買い物 詐欺容疑で政治団体会長ら4人逮捕 警視庁(産経新聞)
外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)
<中部国際空港>ベトナム航空がホーチミン線復活(毎日新聞)
音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展(Business Media 誠)
郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲―亀井担当相(時事通信)