‘R’機関よdocomaでも

地吊HomePage;OSr『スケルトン』『小籠包』でs-TAP周辺機器環境改善


ブランド支点=ナルシズム

創始者精神批判の前に

根底を理解する知恵とユトリ


淘汰のルール;

暗黙な継承の可否

『R』=“連動”
これはレジェンド

there, to be![そこにあるままで.]日本の九州は霧島連山の坂に立つといわれる矛をヒントにデザイン。

漢字を使用する中華及び日系以外の國の人々には登山者が杖を置いて休む姿をイメージして頂きます。




にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ iPadへ にほんブログ村
トレードマーク地吊

Copyright © 2013 chizurushi - chipper.ne.jp - homepage; All rights are reserved.

レジスタードトレードマークchizurushi uses its original content from various public sources on the Internet. If you are the author of an article, inform us
and we'll put a link to your site or we'll remove that content. If the copyright of any writing belongs to you, contact us and we'll remove it or we'll mention the author.



にほんブログ村 PC家電ブログ タブレット型端末へ
にほんブログ村


日本の俳句・川柳文化を広める                       にほんブログ村 タブレット型端末


「モップねこ レースクィーンが 夢のあと」  タワシおじさん


「遅咲きの 桜切株 道標」  越えて行け


「プルタブを 引いてプルッと 寒桜」  花曇


「雲泥や 張り子ポッタ~ 穀雨かな」  パンSTOP  


「雲泥や 五穀豊穣 キタイする」 御足労キタイダ~03


「廻り寿司 タッチパネルも こしひかり」  魚沼さん


「パネルごし 胸算用か 税関で」 入国再管理局


「あるきかん ガス燃料も リサイクル」 萌えないゴミ


「窓口で どの席ですか 運転席」    六つ子


「窓口で いかがしましょ そこのけや」 みどりん


「窓口で 洗ってからと 念を押し」   唐戸の湯


にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

東支那撰短歌;


春の日に イエス夕刊 寝過ごして  叱咤激励 イエス長官



にほんブログ村

テーマ:
国立病院機構や大学病院など主な274医療機関で、昨年
起きた医療事故は2708件(うち死亡216件)で、
過去最多となったことが日本医療機能評価機構の集計で分かった。

 年間の統計を取り始めた05年の2・4倍に上る。評価機構は
「事故情報を報告しなければ、再発は防げないという意識が育ってきた」
と見るが、任意で参加する民間病院などからの報告件数は増えておらず、
今後の課題となっている。

「患者様が死亡する医療事故が生じました。誠に申し訳ありませんでした」。

今月18日午後、東京・霞が関の厚生労働省。
国立国際医療研究センター病院(東京)の中村利孝院長が深々と頭を下げた。

 足腰の痛みを訴えて入院した女性(78)が同16日、脊髄の
造影検査を受けた後に死亡。検査を担当した5年目の研修医が、
脊髄への使用が禁じられている造影剤を誤って投与していた。

 病院は同日中に警察に届け出た上で、遺族の了解を得て、
外部への公表を決めた。病院担当者は
「ミスを隠蔽する時代ではない。公表は再発防止にもなる」と話す。

読売新聞
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずは6割まで超特急で仕上げる《PHP Biz》

     

◆「とりあえず6割」だと気持ちが楽になる◆

仕事を依頼されたときは、「まずは6割まで超特急でやってしまう」ことを基準にしています。

 なぜ6割か? それは、「6割くらいなら、とりあえず、なんとかクリアできるだろう」というイメージが持てるからです。

 たとえば、テストで70点取れと言われたら、ちょっとハードルが高い気がするし、50点だと半分だから低すぎる。でも60点だったら、「イケそうだな」と気持ちが乗ってきまませんか?

 6割というのは、気持ち的にとても動きやすい数字なのではないかと思うのです。

 たとえば、出版社の方に「次回作の企画書(目次案)を作ってください」と頼まれたら、6割くらいの目途で、できるだけ早く仕上げてしまいます。

 そして、「こんなイメージでどうですか?」とメールでお送りし、お返事を待つのです。

 超特急で6割をやっておくと、「仕事が速いね!」と思って頂けたりしますが、それだけでなくさまざまなメリットがあります。

【メリット1 全体像のイメージが湧く】

 6割くらいやれば、相手にも大体のイメージが湧くので、具体的な話し合いがしやすくなります。

【メリット2 修正に応じやすい】

 相手に投げて、「こういう方向じゃないんだよね」と言われたとき、6割なら方向転換に応じやすくなります。もし、100%まで仕上げていたら、修正の手間も、精神的な疲労度も大きくなってしまいます。

【メリット3 仕上げまでにゆとりが持てる】

 早めに6割終わらせておけば、あとは仕上げるだけなので、精神的にゆとりが持てます。また、たとえ方向転換を迫られても、締切までに修正の時間がきちんと取れます。



◆「全然やってない!」という事態を防げる◆

 社内で企画書などを作るときも、アイディアを出すときも、とりあえず6割までバーッと一気に作り、「これ、どう思う?」と社内のスタッフに意見を聞きます。

 6割作れば、スタッフにもイメージがつかみやすいですし、方向転換が必要になっても、それほど負担になりません。

 「全部終わった~」と思ってから、これは全然違う、という事態は、できるだけ避けたいですからね。

 もちろん、6割というのは、あくまで途中段階なので、ここで満足するのではなく、最後には100%まで気を抜かずに仕上げます。

 勉強でも同じことです。

 たとえば、試験直前期になるまでに、どの科目も6割くらい仕上げておくと、「あっ、あの科目は全然やってなかった!」となるのを防げます。

 6割終わったら、あとは100%目指して詰めの作業に入りましょう!

(『現役東大生がこっそりやっている、すごい!勉強のやり方』より)


■清水章弘(しみず・あきひろ)〔株〕プラスティー教育研究所代表取締役
昭和62年千葉県船橋市生まれ。海城中学高校、東京大学教育学部を経て、
東京大学大学院(教育学研究科)に進学。中学高校時代は生徒会長、サッカー部、
応援団長、文化祭実行委員などを経験しながら東京大学に現役で合格。大学では
体育会ホッケー部に所属し、週5日練習するかたわら、20歳の時に、勉強のやり方
や時間の使い方を含めた、「学ぶ力」を育てる学習塾・プラスティーを設立。
若手起業家として注目を集め、平成21年NEXT ENTREPRENEUR AWARD優秀賞を受賞。
大学院にて教育学を研究しつつ、雑誌への寄稿、全国の学校での講演など、多岐に
わたる活動を行なっている。平成24年より青森県三戸町教育委員会学習アドバイザー
にも就任。
主な著書に、『習慣を変えると頭が良くなる』『勉強がキライなあなたへ』
(以上、高陵社書店)『自分でも驚くほど成績が上がる勉強法』(実務教育出版)など。
著書は電子書籍を合わせて累計10万部を突破し、海外でも翻訳されている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
■ 縦社会の中で「言われたことはやり遂げる」男性

男性は縦社会の中で生きています。野球やサッカーといったチームスポーツに慣れ親しんでいる彼らは、「上の人から言われたことはやり通す」し、「いつかは上の立場になりたいと願っている」生きものです(参考記事:「男は野球、女はままごとで仕事を学んだ」)。 

 頼まれたビニール袋がなかったら別のコンビニを探してみる、あるいは、ほかの商品で代用を考えるといった、最低限の臨機応変さすらなかった男子中学生が、責任を持って任務を果たし、喜々として周囲を動かし始める。その変貌はひとえに「配り係の隊長」に就任したから。少々危険なものすら感じるほどでした(スタンフォードの監獄実験が思い出されたのです)。

 これはそっくりそのまま、ビジネスの世界にも置き換えられること。男性社員をうまく活用しようと思ったら、
「内容と結果が明確な任務」と「プライドを満たすだけの権力・肩書き」を与えるのがいちばんというのは、人材活用の現場ではセオリーです。

 男性は「縦社会」で生き、「結果」と「プライド」をバネに仕事をする。女性は「横社会」で生き、「過程」と「共感」をバネに仕事をする。これが女と男の基本原則と思われていました。


■ 「任務」も「肩書き」も与えられない現代の男子たち

 「言ってくれればやる」「権力を与えてくれればさらに頑張る」。
 男性たちがそうやって原始的なモチベーションをたぎらせる一方で、現代の仕事のあり方は大きく変わってきています。

 ビジネスの高度化に伴い、仕事は自ら発掘すべきものになりましたし(待っていても降ってきません)、刻々と変わる状況に臨機応変に対応する能力が要求されるようになりました(ひと昔前、「コミュ力」なんてものは必要なかったのです。不器用に黙々と作業をこなしていれば、それでお給料がもらえて、結婚もできていた時代でした)。

 さらには「肩書き」も満足に与えられません。出世ゲームでは上がつっかえ、みんな「権力なき責任」を押し付けられ、疲弊しています。そして、イクメンブームだの、ワークライフバランスだの、と社会のあり方も複雑になる一方。正直、うんざりしてしまうこともあるはずです。

 ですが、今後、日本経済が奇跡的に好転し、ポストも仕事もふんだんに与えられるようになる、と夢を見ている人はいないでしょう。となれば、男性もモチベーションの湧かせ方を変える必要があります。「周囲と共感し合いながら」「プロセスに喜びを見いだす」ような働き方を身に付けるしかほかありません。

 大丈夫、お手本はごく身近にいます。

 周囲の女性社員こそ、今後、自分が積むべき「新OS」の先行機種だと思えば、「自然な敬意と興味」が生まれるのではないでしょうか? (東洋経済オンライン/五反田達成)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
来年の新入生のタイプは「官僚型」?!

 毎年3月に日本生産性本部から発表される新入社員の特徴が今年も発表された。

記事によると、平成26年度新入社員のタイプは「自動ブレーキ型」とされている。
「知識豊富で敏感。就職活動も手堅く進め、まずまずの内定を得ると、壁にぶつかる前に活動を終了。何事も安全運転の傾向がある。人を傷つけない安心感はあるが、どこか馬力不足との声も。どんな環境でも自在に運転できるようになるには、高感度センサーを活用した開発(指導、育成)が必要」
(出典:公益財団法人日本生産性本部)と書かれている。

 ちなみに平成25年度新入社員「ロボット掃除機型」である。

「一見どれも均一的で区別がつきにくいが、部屋の隅々まで効率的に動き回り家事など時間の短縮に役立つ(就職活動期間が2カ月短縮されたなかで、効率よく会社訪問をすることが求められた)。

しかし段差(プレッシャー)に弱く、たまに行方不明になったり、裏返しになってもがき続けたりすることもある。能力を発揮させるには環境整備(職場のフォローや丁寧な育成)が必要」(出典:公益財団法人日本生産性本部)

では来年の新入社員のタイプはどのようになるのだろうか。

 思うのは「官僚型」タイプである。
「頭は良く、その場の空気を読むことができるので、今までそれなりの努力で壁を乗り越えてきたものの、少ない情報で全てを判断して決めつけてしまう傾向が強い。ネットでほとんどの情報が取れてしまうので、実際に足を動かさないでも就職活動を乗り越えることができてしまう。一方で人との関わり方においては、自分の意見よりも相手の望む意見を主張してしまい、イエスマンになりがち。能力を発揮させるには、しっかりと意見を傾聴する姿勢を見せることが必要」

現在の就職活動生が平成27年度の新入社員になるのだが、学生を見ていると、安心安定を求める学生が今までとは違った傾向で増えている印象を感じる。

大手企業に入って給与や福利厚生が充実している企業は依然として人気なのだが、
「離職率が高いからブラック企業」や「ネットで検索すると激務」などといった理由で安易に企業を判断してしまい、人気ランキング上位の企業を志望する傾向がある。

ネットでの就職活動がますます進むにつれて情報の取捨選択が曖昧になり、一部の情報に踊らされてしまう学生が多いので、説明会やOB・OG訪問会で直接社員の方と会うことで得られる、生きた情報が重要になってくるのではないか。そこで得られた情報と感覚に従う勇気を持つことで、入社してからのギャップを埋めることにも繋がるだろう。(SankeiBiz)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1番モテる答えは「ドR」だ!?

 飲みの席や合コンとかで、いまだに「キミってドS? ドM?」なんて
質問を嬉々としながら周囲に向かってしている阿呆をよく見かける。
 ホント真面目に答えるのも面倒な話なんだが、いきさつ上、ど~しても
答えなきゃいけなかったりする場合、アナタはどう答える? はい。

ボク、は「ドRです」と答えマス!

 人間を安易な二元論でドSかドMに種分けすることの愚かさに
ついては、ここでは省略させていただく。じゃあ、「ドRってなんなの?」
ということになるのだが、ズバリ「ドR」の「R」は「○×▲□」の「R」。
 勘違いしないでくださいよ~。「リバース」の「R」ではないですから。
つまり、これはど~いうことなのかと言えば、

「自分のマインドを常に‘ア~ル’状態にしておき、相手のSっ気・Mっ気に
自分の振り先と幅を合わせる」だけの柔軟性と覚悟の持ち主であることを表明する、
大げさにはフェミニズム運動の一環なのである。もうちょっと噛み砕いた表現をする
ならば、

「ボクは、いつでもアナタ色に染まります」

「アナタの変態指数がボクの変態指数です」

「ただ、アナタの喜ぶ姿だけが見たいから!」(武田鉄矢調に)

 ということなのだ。たとえば、相手が「アタシの○×▲□を飲んで!」と望むなら、
すすんでグビグビ飲むけど、自分からは決して「アナタの○×▲□飲ませてください!」
とは望まない。相手があくまでノーマルなセックスを望むなら、最後までノーマル
を貫き通す。さらには、そういう相手の性癖や変態性を口頭陳述からだけではなく、
セックス中の些細なリアクションからも読み取れるよう全神経を集中する
――どうです!? こんな男、最高でしょ? これでモテなきゃ、もう出家するしか
道はない!

 ただ、「ドR宣言」をする際に、どうしても生理的に受け入れられない絶対NG項目
だけは頭の中で整理しておき、それを前もって相手に告げておくことも重要だ。
 ボクの場合は「運子」と「流血」と「ホモ」。ボクのドR宣言に興味を示し、
身体を許してくれた女性から、

「アタシの○×▲□も食べられない口先野郎!」

 と失望されるのが、R男としてはもっとも屈辱であるのだから。

 あと、「ドR」を告げるときは、大きな声でハッキリと。「R」は得てして「ノーマル」と聞き間違えられやすいかも、なのが唯一の弱点なのだろうか。<原文/日刊SPA!>
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 景気回復ムードの中、転職市場が活況だ。

 30代以上の即戦力を求める企業が急増し、もはや「35歳転職限界説」はなきものになりつつある。しかも、業種・業界を超えた人材大移動が起きているのだ。盛り上がる転職市場の背景には何があるのか? 

 中途採用を積極的に行う企業の事情と求める人材像、転職成功者のキャリア戦略を紹介。人材サービス大手のインテリジェンスとリクルートエグゼクティブエージェントに、転職市場の概況をうかがう。


■ すべての業種で求人数が増加

 転職を考えているが、なかなか踏み出せない。もう年齢的に無理だ……。

 そう考えているビジネスパーソンに朗報。転職市場がかつてないほど盛り上がり、ほぼすべての業種で求人数が増加している。しかも、転職成功者の年齢が上がり、異業種・異業界への転職が多い。

 インテリジェンスの転職支援サービス『DODA』(デューダ)編集長の木下学さんによると、求人数は平成25年1月ごろから右肩上がりに伸び、26年2月まで9カ月連続で過去最高を更新。2月の求人数は、前年同月比の24.7%増だ。

「例年、1月は来年度に向けて中途採用の求人が一瞬、増えて、3月になると落ち着くのですが、25年はまったく落ち着かず、リーマンショック前の最大値を年6月に超えて、すべての業種で求人が止まらない。転職希望者数も毎月、過去最多数の記録を更新している」

 アベノミクスによる好景気感が現れてきたようだ。しかし、今回の活況は少し様子が異なるという。

 以前の転職希望者の中には不況でリストラに遭い、今すぐに転職せざるをえないような人たちがかなりいた。今回は景気回復ムードの中で、よりよい会社を求める人、あるいは今の会社に居続けることに疑問を感じて、能動的に転職活動をしている人が非常に増えている。

■ 「35歳転職限界説」は過去のものに

 「今の転職希望者の特徴は大きく3つある」と木下さん。

 ひとつ目は、年齢の高まり。いわゆる 「35歳転職限界説」が過去のものとなりつつあり、35歳以上の人も転職を希望し、成功している。

 2つ目は、リベンジ転職が多い。リーマンショックの不況時に就職がうまくいかなかった20代後半の世代が再挑戦している。

 3つ目は、女性が増えている。政府が推進する「女性の活用」に後押しされて、一生働いていくためのキャリアを考え、女性を積極的に活用している会社を探している。

 「35歳転職限界説」が崩れたのはなぜか。
平成19年10月の雇用対策法改正により、求人広告に「年齢制限」の記載ができなくなったことも影響しているだろう。

『DODA』の調査によると、転職成功者の平均年齢は、19年4~6月期の29.2歳から上がり続け、25年10~12月期は過去最高の31.3歳。6年間で2歳も上がった。調査開始時の4~6月期に比べて、35~40歳の転職成功者の割合は全体の8.0%から14.3%に、40歳以上の転職成功者の割合は2.5%から9.3%に上昇した。35歳以上の転職成功者は全体の4分の1を占めるようになり、むしろ20代の転職成功者は全体の割合からすると減ってきている。

■ 第二新卒を育成できなかった反省が企業にある

 幹部層の人材サービス大手、リクルートエグゼクティブエージェントのエグゼクティブコンサルタント、森本千賀子さんは、
「転職市場は活況だが、『第二新卒』(20代前半)は以前のような勢いはない」と話す。

 リーマンショック前には第二新卒層から100人、200人と3ケタの大量採用を実施する企業も数多くあった。第二新卒は、社会人経験はゼロではなく、マナーやビジネススキルの基礎を前職で教育されていて、考え方も柔軟……。

 企業はそう考えて大量採用したのだが、結果として想定以上にはうまく育てられなかった経緯がある。
「ある意味、第二新卒は、会社に入って数年で辞めるという選択をした背景もあり、しっかりキャリアプランを立てて転職しないと、同じことを繰り返す。
 転職先の環境にもなじめず、安易に辞める人も少なくない。
 第二新卒者を即戦力化することが難しかったという反省が、企業側にはある。
 当時、ごっそり採用した第二新卒層をマネジメントできるような即戦力を求めて、今、ミドルの中途採用を積極的にしている企業も多い。」(森本さん)

 企業は30代以上の即戦力に期待しているのだ。【東洋経済オンライン】



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
職場での悪口…
「どう思う」と聞かれた時に使われて来た型に嵌った対応とは?

 最悪の場合「話がわからない人」などと敵にまわしてしまうこともあるかもしれません。「ねえ、あの人ってさ…」職場での陰口や愚痴は、聞いていると嫌な気持ちになりますよね。けれど組織内での人間関係を考えると「それって悪口だよ」とはなかなか言えないものです。

Rテク1.悪口を聞かされたときは「あなたはそう思っているんですね」というスタイルで聞くのが無難です。このとき使える言葉はふたつ。

「(あなたは)そう思ってたんですね~」
「(あなたに)そんなことがあったんですね~」
同意はせずに相手の話をオウム返しする形式です。このときの主語は「あなた」になるよう気をつけましょう。

また、「どう思う?」と聞かれたときはひとことだけ「まあ、いろいろあるよね」と返して話題を終わらせるのが大切。「いろいろ」という言葉で曖昧にし、細かい内容には触れずにごまかしましょう。

Rテク2.相手が悪口を言ってきたら、瞬時に話題を変える方法です。

このときに話す内容は、仕事の内容、最近見たテレビ、読んだ本などなんでも構いません。「ところで」「そういえば」という接続詞を使って話を変えると自然です。

また、うまく話題を変えられずに悪口トークに花が咲いてしまいそうなときは「あっ!」と突然思い出したようにびっくりした声を出すのもひとつの方法です。

 ポイント:このとき、相手の悪口に対しては触れずに話題を変えてください

Rテク3.愚痴や悪口の話の流れになったときは、ぼんやりした顔でとぼけてみるのもひとつの手です。遠くをみながら気づかないふり、聞こえないふりをします。「話ちゃんと聞いてる?」と振られたときはとぼけパターンで対応してください。

「ごめん、ぼうっとしてた!ところで…」
「ごめん、眠気が…!そういえば…」
はっと我に返った様子であやまり、速やかに話題を変えましょう。

Rテク4.なんらかの無難なアクシデントを起こして空気を変えるという方法もあります。目の前の現実に夢中になっているときに、他のことを同時に考えるのは難しいことです。

「あれ、口に何かついてるよ」
「顔にまつ毛ついてるよ」
相手から愚痴を言いたいムードが漂ってきたら、相手の顔に何かついていると告げてカマをかけてみましょう。相手は悪口よりも自分の顔に夢中になります。また、一緒に鏡を見ている状態などで相手の顔を指摘しにくい状態のときは、

「目にまつ毛入った…!」
「くしゃみ出そう…」
などと自分の身に起こっていることを伝えるのも手です。

 お会計シーン;「ちょっとトイレに行ってくるね!」と言ってしばらく立ち去る?

Rテク5.人は誰でも自分のことを「良い」と思ってくれる相手には、その印象を崩したくないと思うものです。

 悪口を言うような雰囲気になったときに「あなたって、とても良い人ですね」と相手のことを褒めるのも悪口から逃避するのに効果的です。

「あなたはとても人望が厚くて、信頼もあって羨ましい!」
「○○さん(悪口を言われている相手)が、あなたのことを優しいって言っていましたよ」
こんなふうに言われると、悪口を言いそうになっていた相手も陰口を言う気持ちを失います。むしろ楽しい会話ができるかもしれません。

 不快な言葉ばかりだと仕事のやる気もなくなってしまいますよね。かといって愚痴や陰口を避けるのは至難のワザ。無難に交わして快適な職場環境とメンタルを保ってお仕事ができるといいですね。なお記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮していただくようお願い致します。(nanapi)

※現実の実行に関して当方では余り御奨め出来る内容では御座いません。悪しからず。

≪“正解は、いつも同じ球種とは限らない。”≫

 日本人投手には「捕手の言うとおりに投げておこう」というケースもある。
しかし、田中は通訳を介してマッキャンと話し合う姿がテレビで見られた。自分の考えを素直に伝えたのだろう。

 正解を感じ取る力、そしてコミュニケーション力が7回3失点というクオリティ・スタートを作り出した。

 ジラルディ監督は試合後、
「田中は2回までは落ちつかなかったが、その後は精神的にも安定していい投球が出来た。試合中に修正できるのは安定した投手の証拠」とコメントしている。

 野球の面白いところは、正解がいつも同じ球種とは限らないことだ。
次回、日本時間10日のオリオールズ戦で、田中はどんな正解を導き出すだろうか。

なぜ田中は変化球を多投したのか?

 メジャーリーグでは、ブルペンで多くの球数を投げることが出来ないから、その日のフィーリングにピタリと来る球を見つけられない。

 黒田博樹の場合は、
「1回に持ち球を試してみて、感覚のよかった球を中心に組み立てていきます」と言うほどだから、1回は手探りの状態なのだ。

 田中の場合、変化球が多くなった理由はなにか?

 捕手のブライアン・マッキャンが要求したからだ。おそらく、マッキャンの頭の中にはオープン戦を通じて田中の変化球、スライダー、カーブ、スプリットの質が素晴らしく、「これで組み立てていける」という手ごたえがあったはずだ。しかし、スライダーが甘く入るなど、序盤は制球力に難を抱えていた。

 この日の正解は、「フォーシーム」だった。

田中将大は、もう何年もメジャーリーグでプレーしているかのようだった。

 いや、こう言っては失礼か。何年も楽天のエースナンバーを背負ってチームを引っ張ってきたのだから。

 注目された4月4日のブルージェイズ戦での初登板、私が印象的だったのは、次のふたつ。

・打たれた後も、淡々としていること。
・試合途中で柔軟に配球を変えるなど、「適応力」の高さを見せたこと。

 私のメジャーリーグでの取材経験で、日本人投手たちから口々に言われたのは次の言葉だった。

「ホームランを打たれた後の、次の打者の1球目。これが大事。とんでもないところにボールがいくようだと、精神面をコントロールできていない証拠。気持ちが切り換わっていれば、普通にストライクを投げられる」

 田中は初回、いきなり先頭打者のカブレラにホームランを打たれ、精神面での変化があったはずだ。

 しかし、次の打者のラスマスへの初球は、外角へのフォーシーム(ストレート)で、これが質の高い球だった。ラスマスはこれをひっかけて内野ゴロ。

 最初のホームランを引きずることなく、自分の投球を心掛けたところに田中の「成熟した投手」の証拠を見た。

 また、この内野ゴロではベースカバーが必要になったが、一塁方向にすぐに走りだし、ホームランのショックはなく、試合に集中していることがうかがわれた。

 打たれても、気にしない。

 これがメジャーで成功する秘訣でもある。

そしてもう1点、3回途中からリズムをつかみ、4回、5回と三者凡退に取ったあたり、田中の配球の変化も見逃せなかった。

 試合後のインタビューで、

「最初は変化球が多かったんですが、途中からストレートを中心に組み立てて、それが良かったと思います」

 と答えている。


引用;生島淳のスポーツ・インテリジェンス原論
『田中将大、初勝利の裏側を読む。
メジャーで見せた意外な‘コミュ力’。』(Number Web)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10年前にも上層部は責任逃れ

 理化学研究所(理研)は4月1日に最終調査報告書で、
STAP細胞が万能性を持っている証拠の画像を小保方晴子
ユニットリーダーが「捏造」し、しかも「不正行為は
小保方さんひとりで行った」と明言した。だが、理研の
報告には研究者からも疑問の声が上がっている。
 免疫細胞、血液病理学の権威である難波紘二・広島大
名誉教授は疑わしい点のひとつをこう述べた。

「理研は3月14日の会見では『悪意がなかったからシロ』
といい、それが4月1日には『悪意があったからクロ』と
いう。悪意があったかどうかなんて証明できないでしょう。
それも欠席裁判で、彼女に弁明の機会も与えないのは
おかしい」

 実はこの点は今後、小保方氏が理研を相手に裁判を起こ
した場合、理研側に不利に働く可能性がある。

「会見では、『悪意は、刑事事件なら故意というところ』
とまで言及している。裁判になれば理研側が『悪意』や
『捏造』を立証する責任があるが、本人が否認している
場合、証明するのは簡単ではない。小保方さんが精神的
苦痛を被ったとして名誉毀損を訴えると、逆に理研のほう
が苦しい立場に追い込まれる可能性もある」(弁護士の若狭勝氏)

 理研は10年前の平成16年にも、血小板の研究で画像データの
改ざんが発覚したが、研究員2人の辞職で済ませ上層部は責任を
逃れた。このとき後に辞職した研究員に「論文不正に積極的に
関わったと受け取られかねない表現」をしたと名誉毀損で訴えられ、
HP上の表現を削除するなどして和解に至った過去がある。

 トカゲの尻尾切りが、窮鼠猫を噛むに転じる……理研は
またしても暗黒史を繰り返すのか。

※週刊ポスト4月18日号

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
新卒一括採用が悪なのではなく、就活のチューニングが必要なのだ。

 ネット上でコラムを書き始めてかなりの時間が経つ。雑誌、情報誌の年間コンテンツラインナップがだいたい決まっているように(例えば、夏は花火、冬はクリスマスというように)、ネット上でウケるコンテンツについても、年間スケジュールのようなものがある。

 ちょうど、この時期は毎年、新卒一括採用批判、就活かわいそう論がウケる。新卒一括採用はおかしい、やり方を改めるべきという話である。そこそこ有名な人が発信するから、それなりの説得力を持ってしまう。

 ただ、ここは常識と感情を手放して考えたい。今年、私は40歳になるが、自分が就活をしていた20年くらい前からこのような論は見聞きしてきたが、それでも今年も新卒一括採用は続いていく。続いていることには何らかの合理性があると見るべきだ。

 私は、新卒一括採用は必要悪だと思っている。企業も学生も、時期がほぼ決まっていてわかりやすいし、経験よりも可能性にかけて採用することなどにおいてはメリットがある。教育なども行いやすい。

 また、企業は新卒一括採用「だけ」を行っているわけではないし、その新卒一括採用も多様化している。中途採用も活用しているし、新卒一括採用と言いつつ経団連企業のうち既卒者に門を開いている企業は約7割いるし、採用時期も夏採用、秋採用など多様化している。

 やや余談だが、経団連が毎年発表している「新卒採用を行ったか」という調査をみると、00年代前半の就職氷河期の時期では採用を取りやめた企業も目立ったが、その後、景気回復もあるが、ほぼ右肩上がりで採用実施企業は増えている。リーマン・ショック後、やや落ちたが00年代前半よりも高い水準で推移した。もちろん、何人採用したかという問題はあるものの、企業が新卒一括採用を重視しているということが伺えるデータではある。

 新卒一括採用廃止という論が盛り上がるのだが、それはできる人の論理である。新卒一括採用を廃止すると、普通の若者はずっと仕事を探し続けなければならない可能性がある。そしてこれは慣行であって、制度ではない。

 問題は、肥大化・煩雑化してしまった就活(企業からみると採用活動)だ。新卒一括採用と就活はセットで議論されがちだが、私はわけて議論するべきだと思っている。

 特に90年代後半にリクナビ、マイナビなどの就職ナビが登場した後、就活は肥大化・煩雑化していった。企業には応募が大量に集まってしまう。しかも、一括エントリーが可能なので、「なんとなく」応募する人も増えてしまう。

 そのために、いわゆる学歴フィルターで選別したり、エントリーシートなどの負荷を重くする。学生はたくさんの企業をネットを通じて閲覧できるようになったが、その分、選択肢が増えてしまった。良いことでもあるのだが、なかなか内定するのが難しい企業に何度も応募し、落ちてしまう。

 テクノロジーが進化しているのにも関わらず、学生と企業がなかなか出会えない構造になってしまっている。

 就職ナビ「だけ」に頼らない、例えば、公的機関や大学が媒介する仕組みなどの構築が鍵だと私は考えている。これらの組織が斡旋する仕組み、人と企業を人でつなぐ仕組みを構築すると学生と企業の負荷の軽減につながる。

 実際、公共事業として未内定者を企業に紹介する仕組みは何度か立ち上がったことがあった。今後は、就活の時期が繰り下げになり、期間も短くなる分、未内定者の増加が懸念される。媒介する仕組みの構築は急務だろう。(AllAboutNewsDig常見陽平)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんご期待される<社会>への貢献度

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)は、全国9カ所に散らばる理研の研究エリアの中でも「理想的な研究所」として知られる。若手や女性の研究リーダーを積極的に採用し、有名科学誌に数多くの論文が発表されてきた。中でも、研究室間の風通しの良さが特徴だ。CDB出身で、若手登用の「成功例」とも言われる斎藤通紀・京都大教授は「いろんな分野の人とオープンに議論でき、共同研究もしやすい」と語る。だが、STAP細胞研究は例外だった。

 小保方(おぼかた)晴子・理研研究ユニットリーダー(30)は平成22年、若山照彦・CDBチームリーダー(当時、現山梨大教授)の研究室の客員研究員としてCDBにやってきた。23年末、若山教授が、小保方氏が作製した細胞を使い、万能性証明の決め手となる全身にSTAP細胞由来の細胞が散らばるマウス(キメラマウス)作りに成功したとなると、CDBの幹部は色めき立った。「これは面白い」

 i-PS細胞に代わりうる新たな万能細胞の登場であれば、ノーベル賞級の衝撃を与える可能性を秘める。CDBは、この研究の将来性を見込んで小保方氏を研究ユニットリーダーに採用するなど、特別な位置付けのプロジェクトになっていった。別の共著者は振り返る。「小保方氏がCDBへ行ってから、研究に関する情報が入らなくなった」

 さらに、研究チーム内でも、研究内容やデータを議論する機会が少なかったとみられる。発表されたSTAP細胞の論文2本には14人の研究者が名を連ねるが、中には論文の実験や解析に全くかかわっていない「共著者」がいたことが、取材で明らかになった。

 その研究者は「自分はSTAP細胞研究には携わっていず、論文中のデータにも一切貢献はしていない。草稿も見ていない。共著者の1人に頼まれて(論文投稿に必要な著者としての)サインをした」と明かす。疑惑だらけの論文になってしまった今、後悔する。「(サインを)迷うべきだったかもしれない」

「オープンな議論」が売りだったはずのCDBの共著者らは、ずさんな論文を見逃した経緯について取材に応じていない。再生医療に詳しい研究者は「若手研究者を育てるため、論文の原稿を仕上げる部分は協力していたものの、データのチェックが十分でなかった可能性がある」と話す。

 研究倫理に詳しい御園生誠・東京大名誉教授は「共同研究者は当然、生データをベースに議論すべきだし、それを怠ったとすれば問題だ。不正行為に直接手を出していなくても、指導的立場にあったシニアの研究者たちの責任は、小保方さんと同等以上に重い」と話す。【毎日新聞/須田桃子、斎藤広子、八田浩輔】


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。