おばちゃんの お散歩

ブログの説明を入力します。


テーマ:

14日から 国宝展4期が 始まり、昨日さっそく いってきました。

朝から 雨ですが 人は 多かったですよ。

今回は 松山応挙の『雪松図屏風』が すんごく良かったです、写真を見るより 実際のほうが めちゃめちゃよかったです。

尾形光琳の『燕子花図屏風』、与謝蕪村の『夜色桜台図』、どれも よかったです。

この日も 2時間で 国宝展を回りました。

 

紅葉には まだ早いのですが 京都市内で 紅葉が見ごろになってた 圓光寺と 知恩院の友禅苑のライトアップにいきました。

圓光寺の近くには 曼殊院門跡、詩仙堂など 紅葉の綺麗なお寺があるのですが 圓光寺だけが 見ごろで 曼殊院門跡と詩仙堂は 色づき始めだったので いきませんでした。

先ほど国宝展に 丸山応挙の『雪松図屏風』があり感動しましたが 圓光寺には 丸山応挙の 『雨竹風竹図」がありますよ。

↓圓光寺

↓木魚を枕に お地蔵様?

↓緑の苔の上に 落ちた紅葉も綺麗です。

↓水に浮かぶ紅葉

↓円山公園

 

 

知恩院は 御影堂が修復していて 枯山水の庭や 七不思議は みることができないので 友禅苑のライトアップに いきました。

 

 

↓友禅苑

↓お茶席

↓水面に 写ってます。

 

あと 10日程で どこでも 紅葉が見れるようになるでしょうねラブラブ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日、5日は 奈生子と 高野山 町石道(ちょういしみち)コースの山歩きに 参加してきました。

高野山町石道は、弘法大師(空海)が 高野山を開創した際、木製の卒塔婆を 建てて道標 とした 表参道です。

 弘法大師はこの道を通り、月に9度は 山をおりて 慈尊院に滞在 していた母のもとに 通われたといわれ、現在の地名「九度山」の由来となりました

今も 高野山への道しるべとして 1町(約109m)おきに石柱がたっています。

慈尊院から 壇上伽藍の大塔まで 約22kmの道のりにある180基を たどりながら歩きます。

↓この180町めの石塔から 語り部さんと一緒に 壇上伽藍 目指して歩きます。

↓六本杉峠

↓二つ鳥居は 丹生(にう)明神と 高野明神の鳥居で 弘法大師の建立と伝えられてます。

神田地蔵堂で お弁当休憩です、トイレもあります。

矢立てまでは 歩きやすい道です。

矢立てで 「スカッと柿酢」をもらいました、柿酢ドリンクを飲むと 疲れが軽減するようです。

慈尊院から 矢立てまで およそ14キロです。

少し休憩して 出発です、ここからは 登り坂が多くなります。

↓袈裟かけの石、弘法大師が 袈裟を掛けた石と言われてます。

↓袈裟かけ石を くぐると 長生きするらしいですよ。

↓押上石(おしあげいし)、弘法大師の母親が 女人禁制の高野山へ 入山しようとしたとき 激しい雷雨が 火の雨となったといわれ、その時 弘法大師が この石を押し上げて 母親をかくまったと 伝えられてます、両手の跡が残っているとか?

↓鏡石、この石に向かって「南無大師遍照金剛」と唱えると 願いが叶うそうです。

↓大門まで あと少しです。

 

このあたりから先に進むと 足が疲れてきて 思考能力もなくなり 無心に 手を動かして足を前に出す境地になってきます。

そして 矢立てから 6キロ歩くと やっと 大門に 到着です。

↓ゴールの 壇上伽藍です。

↓金堂

↓ゴールしました!

↓参加記念品を いただきました。

紅葉も綺麗でした。

↓根本大塔

↓奈生子が ゲットした 三本松

実は なかなか見つからず 外国人のかたから いただいた三本松です。

これを 持ってると幸運になるそうですよ。

 

↓これは 奥の院を目指す 1町めの石塔です。

奥の院、弘法大師の廟を目指して もう少し歩きます。

奥の院は 写真なしです。

弘法大師御廟に着いたときは 日が暮れて 暗くなっていて たくさんの燈籠が綺麗でした。

帰り道は 燈籠の灯りだけで 暗くて 怖かったです。

今日は ここまで 48000歩 27キロ歩きました。

ここから バスで 高野駅まで行きましたが ケーブルが 台風の災害で 不通なので またバスで 橋本駅までいきました。

橋本駅から 急行で 難波まで 1時間です。

良いお天気で 充実した1日を過ごしましたラブラブ

奈生子、お疲れ様でした、最後まで歩けたね、楽しかったわ~ドキドキ

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

やっと 晴れましたね。

先週は ほとんど毎日雨で 土・日は お祭りでしたが 土曜日だけ 雨の中 だんじりが でました。

日曜日は 台風の接近もあって 中止でした。

また 日曜日は 投票日でしたが 期日前投票したので 昨日は 午後から ハルカス美術館の 『北斎』に いってきました。

少しまえに  北斎のドラマや 作品の番組をよくやってたので どうしても いきたくて 台風のおかげで いくことができました。

↓上町祭屋台天井絵

この波しぶきのことも テレビで やってました。

北斎が 描く 波しぶきの先の爪のような表現が 実際に見ることが できるのか カメラマンが カメラをもって海に入り 波の写真を 撮りました。

シャッタースピードを 1000分の1秒にしたときに 北斎が描いたような写真が 本当に 撮れました。

びっくりですよね。

北斎が 実際に見ることが できない波の様子を すでに絵に描いてたんですから・・・

北斎の感性の すごさでしょうか?

68~69歳のころ 脳卒中で 半身不随になったが 柚子とお酒を煮詰めたものを 服用し 回復した後に 富嶽三十六景など 晩年の有名な作品の数々を描いてます。

 

「50歳の頃からは随分たくさんの絵や本を出したが、よく考えてみると、70歳までに描いたものには、ろくな絵はない。

73歳になってどうやら、鳥やけだものや、虫や魚の本当の形とか、草木の生きている姿とかが分かってきた。

だから80歳になるとずっと進歩し、90歳になったらいっそう奥まで見極めることができ、100歳になれば思い通りに描けるだろうし、110歳になったらどんなものも生きているように描けるようになろう。」

と 言ってたようですが 88歳で 亡くなってます。

引っ越しは 93回したとか・・・

 

11月19日まで ハルカス美術館で 開催してます。

 

 

物販で 買いました、額縁は 家にあったものです。

 

北斎に はまってますラブラブ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。