読書好きなアホmamaのblog

30代後半で×1ママの放任かつ自由奔放な気まぐれblog


テーマ:
夏と花火と私の死体/乙一
¥440
Amazon.co.jp

 今日は、この本をご紹介!

乙一さんの書いた本です。初めてこの方の本を読んだんですが、最後の最後で大どんでん返しがくるとは、

思ってもいなかったっていうのが、本音の作品でした。


 中身は、2編なんですが、この本のタイトルにもなっている「夏と花火と私の死体」と「優子」というものです。

私的には、「優子」の方が気に入りました。



 「夏と花火と私の死体」は、出だしに、


「かごめかごめ

かごの中の鳥は

いついつ出やる

夜明けの暁に

鶴と亀とすべった

うしろのしょうめん

だあれ」


というところから始まり


一日目


っていう書き出しになっている。

そして、主人公の4日間の出来事をかいてあるのだけれども。。。

本当の主人公は誰なんだろう?って、思わせる書き方をしてあるので、不思議な感覚に陥ります。



「優子」は、千代菊的にはこっちの方が妙にはまりました。

これも、最後の最後でえ~~~~~~~~っって感じに終わるんですけど。。

奇妙さでは、まだこっちの方がさらって読める分、ええ感じがします。


でも、どちらにしても、乙一さんの作品は乙一さんワールドがあるように思えます。

ご興味あったらご一読を!


読まれたら、レビューをコメントとして書いていただけたら幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
いちご同盟/三田 誠広
¥410
Amazon.co.jp

この作品を買ったきっかけは、去年の夏の読書フェアの一冊としておいてあったというのもあるが、

あらすじを読んでいてなんとなく読んでみようと思ったから。。。


この本は、三田 誠広(みた まさひろ)さんという方が、書いた物。

この方の作品は、初めて読んだが、なかなかいい話だと思った。


内容は、とある中学3年生の男の子が、同級生で野球部のヒーロー的存在の子に、突然

「野球の試合をビデオに撮ってくれ!人の命がかかってるんだ!!」

と頼まれるところから、話が展開していく。

その後、知り合う女の子との恋愛や友情、生と死、受験等というものに対する、

思春期で多感な頃の少年の心の動きを描いたもの。

ドラマのようなシチュエーションなのに、涙が止まりませんでした。(その時、聞いていた曲がキンキのsnow snow snowだったからそれも影響しているかもしれないが・・・)

でも、ちょっと中学時代の気持ちに戻ったつもりで、読むといいかもしれませんよ。

みなさんもご一読を!!!


読んだ方のレビューも書いていただけたら幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
070331_193905.JPG
今日で、バイトが最後の子ォがいてたきに、前からプレゼントは何がええかと聞いてたんやけど、教えてくれへんで、冗談っぽく「いきなり団子でいいっす!」って、言うてはったんを思い出した千代菊は、母におねだりをした。
「31日にいきなり団子を作って!」っと。
それを快諾してくれた母には、感謝する。
っという事で、写メしました。
アンコ入りの今の団子とカライモだけの昔の団子です。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。