読書好きなアホmamaのblog

30代後半で×1ママの放任かつ自由奔放な気まぐれblog


テーマ:
虹の女神
¥457
株式会社 ビーケーワン


この本も、元々は映画化決定という文字が帯に付いていたために、

手にとってしまったものである。


しかし、最近の千代菊の本の買い方からは珍しく、純粋に読んだ後

映画も観たかったなと、思った作品でした。


最後の方は、本当に泣きながら読んでました。。。

職場でそれも仕事を始める前に、お鼻グズグズ状態でしたあせる

同僚に、風邪ですかはてなマークって、聞かれる始末。。。

それくらい、感動しました。


中身はというと、映画も終わったので、少々ネタバレしても構わないかなはてなマーク

って、くらいで話しましょう。


物語の始まりは、主人公の智也が、ふと空を見上げた時に見た水平の虹を写メしてあおいに送るというところから、

始まり、その後TVでアメリカの飛行機墜落事故のNEWSを伝えていて、犠牲にあった日本人の名前を告げている時に、

目にした佐藤あおい 27歳の文字。。。

そこから物語が始まり、あおいと出会ったいきさつから、事故のところまでの回想シーンが続く。。。

そして、追悼上映会をしてからが、事故後の智也を描いてある。

ラストは、そのあおいの意思を継いで、この本のタイトルと同じ映画を作るというところで、終わっている。


そして、最後の言葉は智也の本当の気持ちを、最初で最後に言えたのではないかなはてなマークって、思えた。

だから、大好きな言葉のリストに乗せてもいいかなと思えてたほどであった。


それくらい、智也とあおいの関係は、純粋でPureでそれでどことなく不器用な二人の友情的恋愛をしていたのだろうなと

思わせてくれるものであった。かつ、こういう関係って、ものすごく憧れてしまう千代菊である。


ラストの言葉を、これを読んでくださった方に、お教えいたしましょう。


 生きている限り、ずっと君の気配を感じていたい。もう離れたくない。だからこの映画を作った。

 やっぱりぼくは、君がそばにいてくれないと何もできない男なんだよね。情けない奴だと思われても仕方ない。

それが裸のぼくの姿なんだから。もう、そこから逃げないよ。

 君に、恋をしていた。

 ぼくが生きているこの世界は、何もかも君に向かってまっすぐ繋がっていた。あまりに心のすべてだったから、

恋が見えなかった。たった一度のかけがえない、愛の感情に気付けなかった。

 いつも君に見守られて、支えられて、歩いていたのに、ぼくは君を守ってあげられなかったね。気づけないまま

失ってしまったどうしようもなくバカな奴だから、今も君が残してくれた光を目指していくことしかできない。

いつか君に追いつくまで。

 ひとつだけ頼みがあるんだけど、聞いてくれる?いつか虹の向こう側で君と再会したら、「智也、あの映画、最高だったよ」と

笑顔で言ってくれ。


です。本1ページ分書いてしまいましたが、智也の素直な気持ちが出ているシーンだと思われませんか?

そう思うのは、千代菊だけなのでしょうか?

読んだ方、ご感想をください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
天使の卵(エンジェルス・エッグ)
¥390
株式会社 ビーケーワン


この本も、映画化すると帯に書いてあったので、購入したタイプの本である。


もう公開されているのか、上映終了したのかは忘れてしまったので、

どうしようか迷ったのだが、もし公開がまだだった場合は、ネタバレになるかもしれないことは、ご了承願いたい。


読み終えた後の感想としては、話の展開がラストで急展開したなって、思った事と、これは映画を観たら

解決されるのだろうか?という疑問が湧いたことだ。


そう書いたら、駄作なのかって思われてしまうけれど、そうではなくてあまりにも急展開に話が終わりに行ったので、

少々付いていけなかったというのが、本音だ。


でも、一目惚れから偶然の再会。

そして、父親の死。

さらに一目惚れした彼女の境遇は、主人公の境遇と似ている。。。

だから、惹かれあったのか・・・

それはわからないが、ああいう恋愛もあるんだなって、いう思いはとてもした。

うらやましい気持ちにもさせられたカップルでもある。

最後が、あまりにもあっけなくてというか、唐突で読んでいる私が整理がつかなかったのも、

これを読んでくれた方は、少々はわかっていただけるかもしれない。。。


ただ、『手紙』同様、映画も観て見たいなと思わせてくれた作品ではある。

公開に間に合わなかった場合は、レンタルででも観て見たいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
手紙
¥1,429
株式会社 ビーケーワン


この本は、映画館でポスターを見て、東野さんの作品なんだ~って、

単純にそう思って、映画を観てから買うか、買ってから観るか悩んだ末に、

映画を観れなかった場合を考えて買ったものです。


なので、今公開中なので、内容はあまり書けませんが、

たぶん、多少なりとも原作とは違うと思うので、純粋に本の感想を書いてみます。


毎度の事ながら、最近の読書時間が職場の仕事が始まる前までと、決めているので

あまり進まないために、読み終えた時は、終わった!

って、感じなのですが、今回の最後は珍しく映画の方が気になった本です。


と、いうのも私的にはその後が観たいと言うか、どうなったのかが観たいなって思ったんです。

そういうなんというか、尻切れトンボと言うか、消化しきれていない感がになめなくて。。。


でも、最近の私は涙腺が弱くなったのでしょうか?

元々、感動した物とかは泣くのですが、まさか公衆の面前でポロポロと泣くなんて事が、

毎回あっていいものだろうかと思ったくらいです。

2回ほど、不覚にも泣いてしまいました。。。


そして、一番心に残ってるのは、本の帯にも書いてあったのですが、

直貴の就職先の社長が言ったセリフで

「『強盗殺人犯の弟』という運命で、差別はね、当然なんだよ。

犯罪者やそれに近い人間を排除するというのは、しごくまっとうな行為なんだ。


我々は君のことを差別しなきゃならないんだ。

自分が罪を犯せば家族をも苦しめることになるということを、

すべての犯罪者にそう思い知らせるためにもね。」


というところです。

実際、そうかもしれないなって、納得してしまえる自分がいることと、

でも、それだから犯罪は減らないんじゃないのかって、思えてくる自分と二極した

自分がいることに驚かされたところが、この本のすごいところやと思いました。


しかし、兄弟のいないわたしとしては、あくまでも想像でしかないのですが、

兄弟のいる方なら、また違った見方があるのでしょうね?

感じ方も違うと思うんです。

私は、逆にこれを読んだ方が、どう思ったのか感想をいただけると

ありがたいなと思います。

最近、このアフィリのためだけにこれを書いていて、寂しくなるんですよ。

コメントがないのって、なんだかひとりよがりなのかなって、思えてしまって。。。

なので、読んだ方が感想を書いてくれれば、すごくうれしいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。