横浜カラーサロン色を味方にマイナス5歳! コーラルブーケ市村 知絵

自分に自信がない。似合う色が分からない。髪色に悩んでいる。コーディネイトできない。黒やグレイばかり着ている。老けて見られる。ガラスに映ってる自分にガッカリするなど
あなたの悩みを一緒に解決致します。


テーマ:

お子の携帯のSIMカードが壊れたので
再発行の手続きをしようと思って、水城路へ・・・

急がないと、こっちって新着メールの保留期間が
短いのよね。

数年前に、私自身が、携帯をすられたことがあるので
番号をもとの番号に戻すことや
SIMカードの再発行が簡単にできることが
分かっていました。

自分のパスポートといちおうもう1つ写真入りの
証明書を持って、中国移動へLet's go!!

私の携帯は、聯通。お子のは、中国移動。
確か、前調べた時は、中国移動は、パスポート
持参するだけで良かったような・・・

聯通の場合は、写真入りの証明書が
2つ要ります。しかも外国人の場合は
パスポートでなければいけません。

そうそう。

虹橋路×水城路にあった中国移動。
いつもこみこみで、

「みんな何のために、こんなに
 中国移動の営業所に用事があるんだろう・・・」

と思っていたから、ここに営業所があるという記憶は
残っていたのだけれど
それは、地下鉄が通る前の事だったらしく

すでに水城路沿いには、無くなっていた・・・
数年前のあやふやな記憶。

外からネットで、近くの中国移動を探そうとしても
つながらず、いったん家に帰ることに・・・

普段、中国移動に用事なんてないのは、そのへんの人も一緒。
素直に、帰ってネットで調べたら、近くだと

古北路×仙霞路と威寧路×天山路、仙霞路×林泉路が
ありました。

いちおう古北路×仙霞路の営業所に行くと
すごい人だかり。

めげそうだったわ。あまりの人に。

銀行と同じで、お客様番号を取ろうとしたら

「どうしたの?」

って営業所の女の子が声をかけてくれたから

「SIMカードが壊れたから、再発行してほしい。
 携帯の電話番号はこれです。」


って渡したら、パソコンで調べてくれたら
「あ、これね。あってる?パスポートある?」

と言われて、出したら、
名前が違うって言われて

パパが道端で適当に電話番号を買ったというわりに
きちんとパパの名前で中国移動に登録してあるし。

「本人のパスポートでないと、何もできません。」

「いや~、主人は、今パスポート持って、日本だし。
 名字が一緒だからいいでしょ。」


と無理やりなことを言ってみたけど
こっちは、張さん、周さん、林さん
夫婦がたまたま同じ姓なんて、めずらしくないから
いくら、名字が一緒でも駄目なのね。

「本人いないから、本人のパスポートなんて
 ないし、コピーでいいなら、持ってくるけど。」


って言ったら、女の子がパパのパスポートのコピーでいいって
言ってくれたから、また戻ることに・・・

ここで、女の子のいうことがころころ変わったら
困るので、念押し。

「主人のパスポートのコピー以外に、何か他に必要ですか?」
「パスポートのコピーと、最近かけた電話番号が分かればいい。」


というので、パパのパスポートのコピーを取りに、家へ。
ここで、営業所を変えたり、この女の子に言わない限り、
またふりだしに戻りそうだし、コピーじゃ駄目だと言われたら
困るので、いっそいでいったん家に帰りました。

パパのパスポートのコピーやら証明書になりそうなものを
ごっそりもって、また古北路へ。

他の女の子に、窓口で「コピーは、駄目だよ。原本ね。」
と言われかけたから「さっき、あの女の子がコピーでいいって言ってたよ。」
って言ったら、「じゃああなたのパスポートもコピーさせて。」
って言うから、今度は、私のパスポートのほうが、必要なの???
と思いましたが、素直に出し、手数料5元払って、
無事、再発行してくれました。

この5元っていうのも、拍子抜けする金額よね。

携帯すられたとき、再発行するのに、2往復。
今回は、場所が見つからないので3往復しちゃったわ。経験が活きてないわね。

「手続きか・・・再発行か・・・」
って、思うと、気が重いけど、終わってみるといつも
「たいしたことなかったな。片付いた・・・」

って思うわね。
でも、日本でも中国でも、こういう営業所や銀行って、なんか苦手。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

携帯電話をスラれた次の日、

PCで聯通の営業所(服務中心)の

自宅から一番近いところを探し、住所をメモして、

でかけました。


街中の中国移動のでかオフィスとくらべて

こじんまりした感じ。確かに、聯通使っている人

少ないですね。


「あの・・・、昨日携帯なくしたんですが・・・

 前と同じ番号使いたいんですけど・・・汗(どきどき)」


こちらを見ることもなく、PCをいじりながら


「電話番号は?SIMカードの再発行?

 ユーザーカード持っている?証明書は?」


うわ、すごい早口でまくしたててる・・・

怖い・・・


「ユーザーカードは、ありません。

 証明書なら、パスポート持って来ました。」


「他には?証明書は2つ以上ないと駄目なんだよね。」


「だったら、パスポートとそのパスポートの中に

 ビザがありますけど。


「顔写真いりの証明書が2つ。必要なんだよね。

 コピーとって、番号控えるから。」


少し考えて、顔写真入りの証明書・・・

持ってないなあ~。


「日本の車の免許証でもいいの?」


「ああ、大丈夫だよ。日本が発行しているものでも。」


後で考えたら、茶芸師や品評員の中国の職業証明書でも

きっと、大丈夫だったなあ。


いっそいで、タクシーに乗り、自宅に戻り

車の免許を持って、そのまま聯通の営業所に

戻りました。


「これ(パスポートと車の免許)で、手続きできる?」


「ああ、大丈夫。5分ぐらいかかるから、座ってて。

 その間、最近かけた電話番号、かかってきた電話番号

 どっちでもいいから、7個か8個、記入して。

 確認するから」


古~いほうの携帯を見ながら、主人や友達の番号を

8個、書きました。


パスポートや車の免許は、以前の証明と

言うよりも、これからこの番号のユーザーであり、

悪用もしませんという確認ですね。


このかけた電話番号を記入するという行為が、

本当にこの電話番号を使っていたという証明に

なるんですね。


なるほど。よくできてるシステムだ。

それだけ、みんなすられたり、失くしたりしていると

いうことですね。


チャージしてあった350元も、戻ってきて

SIMカードの再手続きも15元で終わりました。


なくした携帯は、戻ってこないけれど

番号も戻ってきて、プリペイドチャージしていた分も

そのまま戻ってきたので、少し気分も落ち着きました。


店を出ると、聯通の職員、隣の床屋の店員、レストランの

店員など、見える範囲の人たちが同じ方向を向いて、

軍隊のように整列して1人も動きません。


車は、止まり、いっせいにクラクションをならしています。


時計を見ると、2時半近かったので、

「黙祷しているんだ・・・」

と言うことに気づきました。


遠くにいる人にできることは、黙祷したり、

募金したりすることだけですものね。

洋服や靴も渡したいけれど、どこにもって行けば

いいんだろう・・・


中国政府も、日本のレスキュー隊を

もっと少し、うまく使えたのではないか、

もっと人をたくさん救えたのではないかと残念に思います。


得意の都市型のレスキュー(がれきの下の人を助けるなど)

をあまり、させてもらえなかったというのは、びっくりしました。


10時間、移動させられたり、

山のほうに連れていかれたりして、一刻をあらそうときに

無駄な時間も多くあったようです。


従うしかないということは、とても残念なことです。







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の夜、携帯がすられていることに

気づいたのは10時半。


パパはゴルフで疲れているのですでに、就寝中。

お子ちゃん女の子をベッドにしまいこみ、

携帯で、目覚ましをかけようとしたときです。


中国で買った目覚まし、本当にしょっちゅう

こわれるので、最近は携帯を目覚ましに使っていたのです。


「うわ~、携帯がどこにもない!○○(お子の名前)!

携帯鳴らして~~~。」


淡い期待を胸にしたもの

鳴るはずもなく、絶望へ・・・


パパもたたき起こして

1人では、寂しいので

騒動に巻き込むことに・・・


パパは、寝ぼけながら

「始末書書かなきゃ。何回目だろう。」

と言ってました。



お子女の子は、パパに「はやく寝ろ!」

って叱られながらも、一生懸命

ママを明るくしようとしたり、

面白い話をしようとしたり、

歌を歌ってくれたりしました。


お子女の子の頑張りもむなしく、

ママは、気持ちが晴れることなく

朝を迎えたのでした。


さて、まず、何をするか・・・

PCで、「上海 携帯 紛失」

を検索したら、どうすればいいか

出てくるに違いないということで検索してみたものの

具体的なアクションが書いてない。


私が具体的に知りたいこと

それは・・・


「今まで(盗まれるまで)、使っていた番号が

その日のうちに手に入るか!」


ということ。


あんまり具体的な内容は書いておらず

用戸カード(ユーザーカード)と身分証明を持って

営業所に行くということが日本のヤフーと中国の

ヤフーから、たどって分かりました。


でも、パパが部下に頼んで、道端で買った

電話番号にユーザーカードなんてついていないし、

しょうがないから、駄目もとで、営業所に

行ってみることに・・・


私のパスポートがあったところで

住所も書いてなければ、

なんせ私の携帯番号だ!って

言い切ったところでなんの証拠もない・・・


さて、どうなることやら・・・

パスポートと昔、デコをほどこした汚い携帯をとりあえず

充電し、かばんにいれました。


Let's go!


→ 長すぎるので、つづく・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。