イベントのご案内

テーマ:

千歳市に湖があるのは、ご存じでしょうか?

本州の方にはあまり知られていないようですが、環境省「湖沼水質ランキング」で8年連続全国1位の支笏湖(しこつこ)という湖が千歳市にはあります。

その支笏湖で、支笏湖とその周辺の魅力を伝えようと「千歳写真集団」主催の写真展が開催されています。

メンバー6人による33作品が展示されていて、四季ごと、また一日を通して変化する支笏湖の表情を紹介しています。

開催期間は、6月30日(木)までで、開催時間は、毎日9時から1730分までです。最終日(630日)のみは、15時までとなっておりますので、ご注意ください。

開催場所は、支笏湖ビジターセンター多目的室です。

お問合せは、千歳写真集団 五十嵐会長(電話:090-2056-4882)までお願いします。

なお、入場料は無料ですが、お車でいらっしゃる方は、駐車料金がかかります。





新千歳空港から支笏湖までは、車で約40分です。

ぜひこの機会に、支笏湖まで足を延ばしてみませんか。




AD

昨年度、初開催された「本気の移住相談会」が今年も開催され、千歳市も出展することが決定しました。

625日(土)10時半より、AP浜松町にて開催となります。







入場料は無料ですが、事前予約が必要になります。

定員は300名となっておりますので、北海道への移住、定住を検討されている方はお早目に北海道移住・交流総合案内窓口(NPO法人住んでみたい北海道推進会議 内)にお問い合わせください。

電話:011-251-1055(受付時間は、平日900120013001700

メールアドレス:madoguchi@kuraso-hokkaido.jp

AD

58日(日)に泉沢向陽台で千歳市向陽台地域振興会が主催する「桜まつり・お花見大会」が開催されました。

場所は、泉沢中央通(千歳市里美23丁目、柏陽12丁目)で、約800mの桜並木の下、開催されました。

当日は、道路は歩行者天国として開放され、フリーマッケットや模擬店が並び、フラメンコ舞踏などのイベントが盛りだくさんでした。

ゴールデンウィーク中は、なかなか天候に恵まれませんでしたが、この日は風こそ強かったですけど、晴天に恵まれました。










AD

桜の季節、到来!

テーマ:

  ゴールデンウイークもあと少しとなりましたね。

北海道も桜の季節がやってきました。

札幌管区気象台は、札幌市の桜が平年より6日早く、5月1日に満開になったと発表されました。

千歳市では、4月30日に季節外れの雪がチラつき、気温も下がり、春は一時遠ざかったように思えましたが、やっと気温が上がってきました。

今日の千歳市の天気予報では、最高気温が 16℃になるようですので、桜の開花も進むかと思われます。

桜の開花が早かった昨年よりは遅い開花ですが、今年は今週末には泉沢向陽台の桜並木も見ごろになるのではないかと思われます。

今週末はぜひ、泉沢向陽台の桜並木を見にドライブに来てみませんか?

 

 

本日(5月6日)の桜並木

 

 

先日のブログで、平成28年度の分譲価格を据え置くことのお知らせをしましたが、新年度向けの泉沢向陽台住宅地分譲のパンフレットもようやく完成し、4月から配布できるようになりました!



パンフレットは、前回のものよりページ数を2ページ増やして、千歳市や泉沢向陽台の魅力を前面に出した作りとしています。パンフレットを読んでいただいて、泉沢向陽台に興味を持っていただけると幸いです。



パンフレットのお求めは、お電話か、又は千歳泉沢向陽台ホームページ から、お気軽にお申し込みください!

なお、パンフレットの発送は4月に入ってからとなりますので、ご了承ください。

現在、新年度向けの分譲地パンフレットを作成している最中ですが、新年度の文京ニュータウンと福住住宅地の分譲価格は、今年度の価格を据え置くことに決まりました。


黄色で囲んだ部分が福住住宅地、赤で囲んだ部分が文京ニュータウン


さて、今年度の分譲地の売行きについては、大変好調な状態となっており、特に道外からの移住者の方に購入していただくケースが多くなっています。


向陽台の魅力は、空港や高速道路ICへのアクセスの良さ、自然豊かで広い区画、お求めやすい価格帯ではないかと思います。出張や転勤の多い方、自然に囲まれた中で子育てをしたい方、都会では味わえないスローライフを求める方、土地代を抑えて建物にお金をかけたい方などには最適な場所ではないでしょうか。


最近では、数年前から行っている「北海道暮らしフェア」や「泉沢向陽台住宅地見学バスツアー」の参加者が契約に至るケースもでてきており、分譲地に興味や関心を持っていただく機会が増えてきたのではないかと思っております。来年度も引き続き、各種フェアへの参加、バスツアーの開催など検討していますので、決まり次第、このブログなどでお知らせしたいと思います。


千歳市は雪解けが進み、文京ニュータウンや福住住宅地では、新築の工事が増えてきています。現地案内も随時受付していますので、北海道旅行のついでにいかがでしょうか?


千歳・泉沢向陽台にある文京ニュータウン及び福住住宅地について、興味のある方はこちら(千歳泉沢向陽台ホームページ) をご覧ください。

今年の1月末に文京5丁目のバス通りに面した場所にパン屋さんがオープンしました!

パン屋さんのオーナーは東京の学校でパンの勉強をし、昨年、栃木から千歳市へ移住された方です。


オーナーにお話を伺ったところ、おすすめは道産小麦と小豆などを使用したこだわりの「あんぱん」です。

他にも、食べごたえがあり、病みつき間違いなしの「スペシャルブレッド(食パン)」、クッキー生地をパティシエ感覚で作り、チョコチップがたくさん入った「メロンパン」もおすすめだそうです。





また、オーナーは 「からだ思いのパン作り」を心がけていて、パンは常時16~17種類ほど販売しているそうです。新作も毎回出しているようなので、行くたびに新たなパンの発見を楽しめそうですね。


なお、売り切れることも多いようなので、早めの時間にご訪問されることをおすすめします。



[お店の情報]

■住所:千歳市文京5丁目1-5

■電話:0123-28ー4533

■駐車場:6台

■営業日:月・水・金(変更有)

■営業時間:10時頃~15時 ※焼き上がり~完売まで

毎年恒例の『千歳JAL国際マラソン』が6月5日(日)に開催されます。


種目はフルマラソン、ハーフマラソン、10km、3kmがあり、コースは青葉公園~支笏湖林道~ダイナックスアリーナ(千歳市スポーツセンター)となっています。新緑の季節に原生林で囲まれたコースは、毎年全国各地から参加申込みのある人気のマラソンコースです。


各種目定員があり、先着順での受付となっています。申込み期限は、4月6日までですが、一部の種目では定員間近なものもありますので、エントリーを希望される方はお早めにお申込みください。


詳しくは、こちら(千歳市体育協会ホームページ) をご覧ください。

先月、平成27年10月に行われた国勢調査の速報が発表されました。


その結果によると、北海道の人口は538万3,579人で、前回(平成22年)から12万2,840人減少(2.2%減)しました。

北海道の市町村別人口では、札幌市が195万3,784人で最も多く、北海道の人口の36.3%を占めています。


人口が減少している道内の市町村が多い中で、前回の国勢調査から人口が増加したのは札幌市(40,239人増)、千歳市(2,060人増)など8市町であり、増加率でみると千歳市は2.2%で4番目、増加人数で2番目となりました!

北海道の中で10番目の人口、95,664人が暮らす千歳市

さて、このような千歳市の人口増加に比例し、千歳市で分譲している「泉沢向陽台住宅地」でも、今年度は道外の方を中心に多数契約をいただいています。 また、道外からのお問い合わせや現地案内も増えています。


人口およそ1万人、4,500世帯が暮らす、泉沢向陽台


空港や高速道路へのアクセスが良く、自然豊かな泉沢向陽台住宅地について興味のある方は、こちら(千歳泉沢向陽台ホームページ) をご覧ください。

1月29日(金)から開催していた千歳・支笏湖氷濤まつりは、2月21日(日)にフィナーレとなりましたので、その結果についてお知らせします。



開催期間中の来場者は、昨年の23万人を上回るおよそ26万人となりました!国内外から多くの観光客が訪れる冬のイベントとなっています。



夜の氷像のライトアップは、とても幻想的です。今年来場できなかった方は、ぜひ来年千歳・支笏湖氷濤まつりにご来場ください!