千歳の夏をいろどる「千歳市民夏まつり」が、716日グリーンベルトおまつり広場でのオープニングを皮切りに、いよいよ幕開けとなりました。


716日から18日まで市役所横の千歳川河畔には清涼感あふれる噴水が設置され、夜は市内小学生が描いた行燈に灯りがともり、鮮やかにライトアップされました。また、同期間中には、市役所駐車場で「2016スカイ・ビア&YOSAKOI祭」も開催されました。


お祭りに加えて、716日(土)と23日(土)には、青葉多目的広場にて花火大会が催されました。お天気が心配されましたが、両日共に晴天の中、綺麗な夜空を楽しむことができました。


この後も、728日から30日まではおいしいビールと食べ物を楽しむ「第4回ちとせ川 ビール祭り」、87日には全国各地から航空ファンなどが訪れる人気のイベント「千歳基地航空祭」が開催されます。


また、81718日には日本の夏の伝統行事である「納涼盆踊り」がグリーンベルトおまつり広場で、819日(雨天は20日に順延)には市内中心部を盆踊りで練り歩く「納涼盆踊り大会」が行われます。さらに、期間中は各商店街でも夏まつりが開催されますので、北海道の涼しい夏を楽しみに、ぜひ千歳に足をお運びください。





 

 

 

 

 

 

 

AD

千歳市産業振興部産業支援室開発振興課では、泉沢向陽台住宅地の販売促進活動の一環として、昨年に引続き、「行こうよ向陽台!泉沢向陽台住宅地見学ツアーVer.」を8月20日(土)に開催します。




  バスに乗車していただき、千歳市・泉沢向陽台の環境や利便性の良さをご覧いただくほか、自然豊かな泉沢向陽台住宅地の散策や、千歳市の魅力の一つである「名水百選」のおいしい水を味わえる「名水ふれあい公園」の見学、災害を「学ぶ・体験する・備える」ことができる防災学習交流センター「そなえーる」見学等を予定しております。今年はさらに、千歳金融協会による住宅ローン講座も予定しております。




参加料は無料(ただし集合場所までの交通費・昼食代は自己負担)で、定員は先着40名様となっています。昼食は、近隣にございますアウトレットモール・レラまたは千歳駒そば亭がオススメです。千歳市への移住や泉沢向陽台住宅地に興味のある方のご参加をお待ちしています。




「開催概要」及びFAXでお申し込みされる際の「FAX送信フォーム」については、泉沢向陽台ホームページ の新着情報をご覧ください



インターネットでのお申し込みは 専用入力フォ-ム



なお、お申し込みは、先着順に受付しますので、インターネットやFAXで営業時間外にお申込みされた場合、営業時間外に定員に達する場合がございます。その場合は、後日代表者様にご連絡をさせていただきます。ご了承ください。










 


AD

以前ブログでお伝えしていましたが、625日(土)10301600に東京都港区の AP浜松町で開催された「~北海道へ~本気の移住相談会2016」にブース出展しました!

 

昨年も好評を博した本イベントですが、今年は首都圏などから全体で132組のお客様が来場されました。その中で千歳市ブースには4571名のお客様に相談にお越しいただきました。熱心に相談される方が多く、タイトル通り本気度が強いことが伝わってきました。

 



2016本気の移住相談会



当市の交通の利便性が高いこと、仕事・住居・気候などの条件がよく住みやすいまちであることをお客様に分かっていただけたのではないかと思います。

 

また、昨年よりも1名多い職員で対応させていただきましたが、開場から終了まで当市のブースが非常に混雑しており、長い時間お待ちいただいたお客様や途中までお待ちいただいて断念されたお客様には大変申し訳ございませんでした。

 

なお、泉沢向陽台webサイトの新着情報でもお伝えしておりますが、今年度の千歳市移住関係のイベントとして、「泉沢向陽台バスツアー夏Ver.」があります。820日(土)に開催(要予約)します。詳しい内容は、近日中にこのブログなどで周知いたしますので、ぜひ、ご参加ください。


AD

子育てするなら千歳市

テーマ:









千歳市では、“子育てするなら、千歳市”をキャッチフレーズに、妊娠・出産から子育てまでの切れ目のない支援を実施し、子育て世代がしあわせを実感できる「子育てのまち」を目指しています。平成26年度から積極的に子育て支援事業に取り組んでおり、これら事業のうち、いわゆる「小1の壁」に対する施策として導入したのが「ランドセル来館」です。



ランドセル来館は、パート就労等で学童クラブの登録基準に満たない場合や、出産、病気や家族の介護等により、一時的に昼間保護者がいない場合にも利用できる千歳市の独自制度です。対象は、保護者が就労等により昼間家庭にいない市内に在住する小学1年生から6年生で、市内9か所の児童館において実施しています。



児童館は、通常、ランドセルを家においてから遊びに行くところですが、登録要件を満たした児童は、ランドセルを背負ったまま学校帰りに児童館に行くことができます。

利用する児童は、常駐する指導員の見守りを受けながら、児童館のルールの中、自分で遊びを選択して過ごします。



「ランドセル来館」を導入することで、子どもの自主的活動を支えるとともに、放課後の子どもの安全が心配な保護者を支えています。



子育て制度の取組については、千歳市のホームページで紹介しておりますので、ご覧ください。


<千歳市ホームページ> 「子育てするなら、千歳市」のご案内

https://www.city.chitose.hokkaido.jp/index.cfm/95,70300,167,883,html
















イベントのご案内

テーマ:

千歳市に湖があるのは、ご存じでしょうか?

本州の方にはあまり知られていないようですが、環境省「湖沼水質ランキング」で8年連続全国1位の支笏湖(しこつこ)という湖が千歳市にはあります。

その支笏湖で、支笏湖とその周辺の魅力を伝えようと「千歳写真集団」主催の写真展が開催されています。

メンバー6人による33作品が展示されていて、四季ごと、また一日を通して変化する支笏湖の表情を紹介しています。

開催期間は、6月30日(木)までで、開催時間は、毎日9時から1730分までです。最終日(630日)のみは、15時までとなっておりますので、ご注意ください。

開催場所は、支笏湖ビジターセンター多目的室です。

お問合せは、千歳写真集団 五十嵐会長(電話:090-2056-4882)までお願いします。

なお、入場料は無料ですが、お車でいらっしゃる方は、駐車料金がかかります。





新千歳空港から支笏湖までは、車で約40分です。

ぜひこの機会に、支笏湖まで足を延ばしてみませんか。




昨年度、初開催された「本気の移住相談会」が今年も開催され、千歳市も出展することが決定しました。

625日(土)10時半より、AP浜松町にて開催となります。







入場料は無料ですが、事前予約が必要になります。

定員は300名となっておりますので、北海道への移住、定住を検討されている方はお早目に北海道移住・交流総合案内窓口(NPO法人住んでみたい北海道推進会議 内)にお問い合わせください。

電話:011-251-1055(受付時間は、平日900120013001700

メールアドレス:madoguchi@kuraso-hokkaido.jp

58日(日)に泉沢向陽台で千歳市向陽台地域振興会が主催する「桜まつり・お花見大会」が開催されました。

場所は、泉沢中央通(千歳市里美23丁目、柏陽12丁目)で、約800mの桜並木の下、開催されました。

当日は、道路は歩行者天国として開放され、フリーマッケットや模擬店が並び、フラメンコ舞踏などのイベントが盛りだくさんでした。

ゴールデンウィーク中は、なかなか天候に恵まれませんでしたが、この日は風こそ強かったですけど、晴天に恵まれました。










桜の季節、到来!

テーマ:

  ゴールデンウイークもあと少しとなりましたね。

北海道も桜の季節がやってきました。

札幌管区気象台は、札幌市の桜が平年より6日早く、5月1日に満開になったと発表されました。

千歳市では、4月30日に季節外れの雪がチラつき、気温も下がり、春は一時遠ざかったように思えましたが、やっと気温が上がってきました。

今日の千歳市の天気予報では、最高気温が 16℃になるようですので、桜の開花も進むかと思われます。

桜の開花が早かった昨年よりは遅い開花ですが、今年は今週末には泉沢向陽台の桜並木も見ごろになるのではないかと思われます。

今週末はぜひ、泉沢向陽台の桜並木を見にドライブに来てみませんか?

 

 

本日(5月6日)の桜並木

 

 

先日のブログで、平成28年度の分譲価格を据え置くことのお知らせをしましたが、新年度向けの泉沢向陽台住宅地分譲のパンフレットもようやく完成し、4月から配布できるようになりました!



パンフレットは、前回のものよりページ数を2ページ増やして、千歳市や泉沢向陽台の魅力を前面に出した作りとしています。パンフレットを読んでいただいて、泉沢向陽台に興味を持っていただけると幸いです。



パンフレットのお求めは、お電話か、又は千歳泉沢向陽台ホームページ から、お気軽にお申し込みください!

なお、パンフレットの発送は4月に入ってからとなりますので、ご了承ください。

現在、新年度向けの分譲地パンフレットを作成している最中ですが、新年度の文京ニュータウンと福住住宅地の分譲価格は、今年度の価格を据え置くことに決まりました。


黄色で囲んだ部分が福住住宅地、赤で囲んだ部分が文京ニュータウン


さて、今年度の分譲地の売行きについては、大変好調な状態となっており、特に道外からの移住者の方に購入していただくケースが多くなっています。


向陽台の魅力は、空港や高速道路ICへのアクセスの良さ、自然豊かで広い区画、お求めやすい価格帯ではないかと思います。出張や転勤の多い方、自然に囲まれた中で子育てをしたい方、都会では味わえないスローライフを求める方、土地代を抑えて建物にお金をかけたい方などには最適な場所ではないでしょうか。


最近では、数年前から行っている「北海道暮らしフェア」や「泉沢向陽台住宅地見学バスツアー」の参加者が契約に至るケースもでてきており、分譲地に興味や関心を持っていただく機会が増えてきたのではないかと思っております。来年度も引き続き、各種フェアへの参加、バスツアーの開催など検討していますので、決まり次第、このブログなどでお知らせしたいと思います。


千歳市は雪解けが進み、文京ニュータウンや福住住宅地では、新築の工事が増えてきています。現地案内も随時受付していますので、北海道旅行のついでにいかがでしょうか?


千歳・泉沢向陽台にある文京ニュータウン及び福住住宅地について、興味のある方はこちら(千歳泉沢向陽台ホームページ) をご覧ください。