つぼみとご縁

テーマ:



タイムマシンにっき シリーズ




6月の大イベントも無事に終え、


7月にタイムスリップ。



いよいよ夏らしくなって参りました。(たぶん暑かったはず・・・)



今月は2回!歌わせていただきました!






まずは、久しぶりの代々木Barbaraさん。



イベントタイトルは「Bloom in Barbara」



なので、つぼみがほころぶような、そんな歌を歌いたいな、と思って。


出演者はみんな女性だしね、花柄のワンピースで植物的、フラワー的な演出をしてみましたよ(笑)



基本ピアノ弾き語りだったので、いろいろと刺激を受けた夜。


ああ、こんな構成、作り方、演奏の方法があるのか、と。





楽しい夜でした。ありがとうございました。





終演後、みなさんでぱちり。





そして下旬には、またまたいつもお世話になっています、


阿佐ヶ谷NextSundayさんでのライブ!




私がはじめてライブをしたお店。それがNextSundayさんなのです。


はじまりの場所。大事なホーム。勝手に、そう思わせていただいています(笑)


ひさしぶりの出演でしたが、やっぱり落ち着きます。。


あったかい空間。こうも、やさしい、愛にあふれたお店。相も変わらず。



そんなホームでのライブ。



今回はいろいろと、巡り合わせというか、ご縁というか、


組み合わせの面白い日でした(笑)



共演者さまの三人中二人が、以前ご一緒していたり、お話していたという、つまりは顔見知り!


しかも出会いのきっかけ、その場所はこの阿佐ヶ谷!(NextSundayさんも絡んでいる笑)



いやはや、ご縁がありますなぁ。


いらしていただいたお客様も、多くの方が、この阿佐ヶ谷で出会い、お世話になっている方々。



あったかなご縁の日。つながりの日。


音楽を愛する心がめぐり合わせた日。でした。



リラックスできて、のびのびーっと歌えました。


素敵な夜。



改めて、NextSundayのみやこさん、京子さん、沢田さん、


永井さん、安藤さん、皆様、ありがとうございました!!!



・・・お写真、記念にとりゃよかった・・・!!!!!笑






タイムマシンにっき つづくよ














AD

同じ景色を見てみたい

テーマ:

タイムマシンにっき シリーズ




・・・やっとのことで完成したCDを引っ提げて、


臨むは とてもとても大きなイベント。



規模も、共演者さまのレベルも、いろんな面において。


大きくて、今までに経験したことのない、イベントでした。




このイベントへの出演のお話をいただいたのは、3月上旬。


レコーディングが無事終わり、


2月のブッキングライブで初めてお会いしたある方と、改めてお会いし、お話したときのこと。



イベントの内容、主旨、課せられる動員数。


それが今の私にとって、どれほど未知のものであるかということ。


レベルの高さ、プレッシャー。


私に、それが可能なのか。不安で、とても不安でした。


でも、お話をいただけたことはとても光栄で、有難くて、そのお気持ちに、どうにかして応えたかった。




不安も恐怖もあるけれど、この機会を逃してしまっては、


この先、私の成長、進歩はないと思いました。


タモリさんの言葉を借りれば、


『自分の中で「これくらいの力がついたらこれくらいの仕事をしよう」


と思っても、その仕事は来ない。


必ず実力よりも高めの仕事が来る。


それはチャンスだから、絶対怯んじゃだめ。』



ぽーんと放り出されたところで、なにかを作りだせなきゃ。


私の音楽ができなきゃ、だめだ。




・・・そう思い、お話をお受けして、それからの三か月は、ずっと気持ちが張りつめていました。




そして迎えた 6月28日。



準備はできた。やれることはやったし、あとは、力を尽くすだけ。


臨んだ本番。



私の、「今」の力は、出せたと思います。


そして今は、「ここまで」しかできない。


痛感しましたし、これは、この機会をいただけなければ、味わえなかった気持ちだと思います。


そして、共演者さまの演奏、音楽を聴いて感じたこと。




「私もいつか、あの方たちと、同じ景色が見たい」


共演者さま、特に、トリをつとめられた小沼ようすけさんのステージ。


音楽が、息をするように自然に、その体から流れ出している。


魂が歌っている。奏でている。


『楽しい。大好きだ。幸せだ。気持ちいい。』


そんな感情が、会場を、空間を、時間を、包み込んでいました。



そんなステージを創り出す方が見ている景色。


私も、いつか、同じ景色を見ることができるだろうか。



いつか、同じ景色を、私も見てみたい。


そう思った夜でした。








今回、いろんな気持ちをいただきました。


応援してくださる方々、私の音楽を「好き」だといってくれる方々。


期待してくださる方々。



本当に、本当に、有難いお気持ちです。



そのお気持ちに、応えたい。


私も、もっともっと力をつけて、前に進んで、今は見えない、新しい景色を見てみたい。




大切な、大切な、イベントとなりました。


宝物のような時間。チャンス。気持ち。


この先の私に、つなげます。




いらして下さった皆様、


会場のスタッフの方々、


ご一緒させていただいた共演者の皆様、


チャンスを与えてくださった皆様、


本当にありがとうございました。








タイムマシンにっき つづく
















AD


タイムマシンにっき シリーズ




さて、6月あたりにタイムスリップしてまいりました!




3月にいつもお世話になっている阿佐ヶ谷NextSundayさんでレコーディングした音源も、


6月中旬、ようやく完成!(´∀`)


無理ばっかりお願いしてしまい、、


今回またレコーディングからミックス、マスタリングまで手掛けてくださった沢田さんには、


なんとお詫びとお礼をしたらよいやら・・・・・



この場をお借りして、改めて、時を越えて・・・・


本当に本当にありがとうございました・・・・・!!!




生のピアノの音の繊細さ、あたたかさ。


手作りの音。手作りのジャケットや歌詞カードに版面。


歌詞カードのイラストも、なかなかお気に入りの出来。


100均のパステル、いい仕事しました。笑




よいものができたと思います。


でもまた、それは次につながる、足跡のひとつ。




ということで、完成したCDはこちら!






l.i.n.e らいん 線 つながり


糸 直線 曲線 地平線 海岸線 線路 道 脈 光 風 軌跡 天の川 流星



いろいろな l.i.n.e があって


それらが どこかで つながりあっている。


その 「線」 のうえの いくつかの 物語。




いろんな線があって、そのうえを、いろんな物語が、


流れたり、走ったり、歩いたり、飛んだりしている。


それを、辿るような、そんなCDです。



現在(8月)も、出演するライブハウスなどで販売しております!


実際に、ライブで私の音楽を聴いて下さって、気に入っていただけたら。


ぜひぜひ、お手にとっていただけたらと思います。






そんなCDを引っ提げて、臨んだ大きなイベントについては、



また次のタイムマシンにっきで。













AD

タイムマシンにっき

テーマ:

タイムマシンにっき シリーズ



8月30日(土)


もう8月も終わろうとしています。


今月のライブもひと段落し、お次のライブまでちょっと時間がある。


そういやブログさん、更新してないなー。


最後に書いたのいつだっけ?(アメブロひらく)



・・・4月・・・・・・・・・・・?





ということで、今更ながら・・・・笑



「タイムマシンにっき」



時間を遡って、過去の日記(記憶)をひっぱりだしてみよう、という試み。



(・・・ここんとこ更新できていなかったので、だいぶ遅ればせながらの思いだし日記です。)



シリーズもの。



何回かに分けて、思いだし更新していきます。



・・・気長におつきあいくださいませませ・・・・( ・(ェ)・)笑







この四か月の間に、自主制作音源完成!そしてレコ発!ライブ!ライブ!企画ライブ!


コラボ!ライブ!トリでの出演!ライブ!



と、いろんなことがありました。





・・・まずは、6月に、ターイムスリップー!









先日、13日は、楽しみに楽しみにしていた、カノミさんの企画イベント


「歌を歌い、音を奏でる、その5、、、日曜日」


でした!



イベントは無事終了。


とても素敵な夜でした。


歌を歌い、音を奏で、音に浸り、酔いしれる、そんな日曜日。


居心地の良い、空間。

楽しい時間。


そんなイベントに出演させていただけて、本当に嬉しかったです!



ピアノは流れるようになめらか、
ギターは渋くて鋭い、
それでいて繊細な響きと安藤さんの力強い歌声が、空間を震わせていました。

ギターのアルペジオが作り出す空間、とても気持ち良かった。

かっこいいワンシーン。

photo:03






音の、声の、言葉の作り出す世界に身を委ねる。

ここ とは少し違う どこか。
非日常と日常の狭間。

染み込むように、とろけるように、優しく、様々な空間に私を連れていってくれたカノミさん。

こちらも素敵なワンシーン。

photo:02






改めて、今回お誘いくださったカノミさん、

再びご一緒させていただきました安藤タカシさん、

いらしてくださった皆様、

本当にありがとうございました。


こちら、いただいたお写真。

photo:04




みなさんと!

photo:05





まだまだ、精進が必要、ですが、

やはり、私がやりたいのはこういうことなんだろうな、と

音や、歌への理想がさらに具体的になって、

そこが、まだ高いけれども、決して届かない場所ではないような気がして、

その道のりへと、トン、と踏み出しはじめたその一歩に、

なんだか、わくわくしています。


やるべきことはたくさん。

でも、ひとつひとつクリアするごとに、その「場所」へ進んでいけるのが楽しい。


自分の思うように動かなかった身体が、少しずつ言うことをきくようになってきて、

描けるものが広がったとき、

もっともっと、楽しく、気持ちよく、歌えるんだろう、と。


そう思うと、わくわく、する今日この頃。




さてさて。


そんなわくわくな深夜にお知らせするのは!


今週の木曜日のライブですよ!!!




ででん!


♪4/17(木)
@阿佐ヶ谷Next Sunday
「music under the water」
OPEN18:30 START19:00
CHARGE 1800円+D
出演:千智,akey,志伊奈,リナン,aro


「水の底の音楽」

水に漂うように、音楽に包まれ、とろけて、漂うような、そんな夜に。


お時間ありましたら、ぜひぜひ、いらして下さいね!!!


ご予約受付中でございますよー!

chisato.fff.21@gmail.com

まで、ご希望のライブ日程、お名前、ご希望枚数を記入のうえ、お送りください!




たのしみ!