暦の上ではもう秋ですが、まだまだ暑い日が続いています。そんな長くて暑い夏休みも終わりに近づいていますが、夏休みの間に食生活が乱れがちになってはいませんか?
横浜産の食材を使った“すぐに作れるお手軽料理”を覚えて、夏休みの食生活の乱れを直しましょう!
来月10月6日(土)に第1回“大学生向け料理教室”が開催されますので、ぜひお気軽にご参加ください!!

詳しい内容や参加方法につきましては以下をご覧ください。

○第1回テーマ
“簡単!すぐに作れるお手軽料理!”
・彩り野菜のどんぶり
・簡単!ご馳走茶碗蒸し
・いきなり大学芋

※料理教室終了後は1階の直売所で野菜の勉強をしながらのお買いものツアーもあります!

○日時
2012年10月6日(土)
10:30~14:00

○場所
JA横浜 クッキングサロンハマッ子
横浜市都筑区中川中央1-26-6 JA横浜ビル3階
〈アクセス〉
市営地下鉄(ブルーライン・グリーンライン)・センター北駅から徒歩1分
駅改札を出て、正面出口を右折した噴水広場奥にあります。

○募集人数
20名(先着)

○参加費
たったのワンコイン(500円)!!

○講師
長谷川さとみ
野菜ソムリエ、ベジフルティーチャー、はまふぅどコンシェルジュ

○当日の持ち物
エプロン、三角巾、手拭き、ふきん、飲み物

○応募締切
10月3日(水)

〇お申し込み方法
以下のアドレスにお名前、大学名、学年、連絡先を明記してお送りください。
chisanchisyou.yokohama@gmail.com

※開催前日にキャンセルをした場合はキャンセル料500円を頂きます。


$横浜で地産地消!
AD

今年度、横浜国立大学の学生や教員が取り組んだ地域課題課題実習の成果を
市民の皆様にご報告するとともに、3.11を踏まえた今後の「住みたい都市」についてを、

皆様との議論を通して一緒に考えたいと思います。


期間:2月27日(月)
時間:15:00 - 18:20
会場:横浜情報文化センター6F
〒231-0021 横浜市中区日本大通り11番地
(みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口、徒歩1分)


●シンポジウムのタイムスケジュール
15:00- 開会
15:10-16:30 第1部 地域課題実習 成果報告
「市民支援/環境/創造都市に関する14プロジェクトからの成果報告」
16:50-18:20 第2部 パネルディスカッション 災害を乗り越える地域づくり
・対応力を育むコミュニティ
・災害に強い社会インフラ
・レジリエントなエネルギーシステム
・空間のシビック活用による地域づくり
ゲスト:吉田信雄氏(県民活動サポートセンター・副主幹)
上原美都男氏(安心・安全科学研究教育センター・客員教授)
18:20 閉会
18:30-19:30 交流会(6Fホワイエにて)


●参加費:無料
下記メール・FAXにて御名前と所属を添えて事前にお申し込みください(当日参加も可)。
*交流会(一般:1000円、学生:無料)


●事前申込先 横浜国立大学 地域実践教育研究センター 志村
〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-3
TEL:045-339-3579 FAX:045-339-3579
MAIL:chiki-ct@ynu.ac.jp


●主催:国立大学法人 横浜国立大学 地域実践教育研究センター

AD

12月18日にワダヨコさんと協力して料理教室を行いました。

当初は親子を対象としていたのですが、参加者が集まらなかったため大学生を対象に行いました(笑)

野菜は仏向町の山本温室園さんと山本稔さんのものを使わせていただきました。


当日の様子はワダヨコさんのブログに載っているので、よろしければご覧ください!

http://ameblo.jp/wadayoko2010/entry-11114211911.html


(経営4年 昔宮)

AD