レイキ

レイキとは、自己や他者の身体に、手のひらを当てたり、かざしたりする


ことによって心身の健康を実現していく、ヒーリング・テクニックです。



【はじまり】


1922年レイキの創始者 臼井甕男(当時56歳)氏は悟りを求めて京都の


鞍馬山に登り、断食修行を行いました。


そして21日目の深夜に強力な宇宙靈氣が貫き、その後は彼が手を触れると、


癒しと浄化が起こるようになりました。


「この力を自分や家族で独占せず、多くの人々に治癒能力を授けて喜びを


共有しよう。」と考えた臼井氏は、これを「臼井靈氣療法」と名づけ、


同年4月に東京・青山にて「臼井靈氣療法学会」を創設しました。


そこでは施術を行うとともに靈氣療法の公開伝授を行い、屋外に


行列ができるほど盛況だったと伝えられています。


なお臼井靈氣療法学会は、現在でも存続していますが、現在は一般人の


入会を受け入れない閉ざされたものとなっています。


臼井先生から伝授を受けた人の中に、林忠次郎 氏がいます。


林忠次郎先生は、東京・信濃町で靈氣専門の療法所を開きました。


8つの治療台と16人の靈氣療法家により、1人の患者を2人で施術する


方式でした。


臨床体験を活かす為に「林靈氣研究会」を作り、臼井靈氣療法をベースに


独自の理論と技法を加えた「林靈氣療法」を確立していきました。


林靈氣研究会は、跡を継ぐ人がいなくて消滅しましたが、林靈氣療法を


もとに作られた「直傳靈氣」が、現在は広まっています。


林靈氣療法の施術を受けた人の中に、ハワイ生まれの日系2世、


ハワヨ・タカタ(高田はわよ)氏がいます。


ハワヨ・タカタ先生は1935年(昭和10年)に難病で、このままでは余命


幾ばくもないと診断され手術を受けることになりました。


しかし「手術以外に何か方法がある」という直感を受けた氏は


その方法を探っているうちに、林忠次郎先生の療法所を紹介されました。


そして林靈氣療法を受けた結果、健康を取り戻していきました。


この効果に感激したハワヨ・タカタ先生は、林忠次郎先生に弟子入りし、


そこで約1年間働いた後ハワイに戻って療法所を開きました。


そこでは施術に専念していましたが、1977年頃から伝授を行い、22人の


ティーチャーを育成し、1980年80歳で亡くなられました。


その翌年、ハワヨ・タカタ先生の孫娘であるフィリス・フルモト先生が


後継者として役割を引き継ぎ、レイキ・アライアンスを設立し、

多くのティーチャーたちがこれに参加しました。


しかし彼らと別の考えを持っていた文化人類学者のバーバラ・レイ氏は


1982年(昭和57年)にアメリカン・インターナショナル・レイキアソシェイション


(現在はラディアンス・テクニークと改称)を設立し、ハワヨ・タカタ氏から


伝授されたレイキは、2つの大きな流れに分かれて欧米諸国に広まりました。


現在、アメリカの病院内でレイキが認可されている州があります。


看護士学校では、レイキのワークショップを受けると単位が貰える州もあります。


イギリスやカナダではレイキヒーリングに保険が適用され、先進国においては


ポピュラーな存在となっていきました。


日本においては戦後から忘れ去られたような状態にありましたが、1980年代後半


ニューエイジブームに乗って、海外から逆輸入の形で普及しています。


1987年(昭和62年)11月、バーバラ・レイ氏の著書


『レイキ療法-宇宙エネルギーの活用』が日本で出版されました。


そして、この本の翻訳を担当した三井三重子氏が日本でセミナーを開催しました。


しかし三井三重子先生は、セカンド・ディグリーまでしか日本では


指導しませんでしたので、ヒーリングをできる人はいても、それを教えられる


ティーチャーは、日本にはほとんどいないという状態でした。


その後、1993年に、フランク・ペッター先生がティーチャーを養成するセミナーを


開催しました。


それから日本国内でも、ティーチャーの数が増えていきました。


このように逆輸入の形で海外から伝わってきたのを「西洋レイキ」海外に


伝わらなかったのを「伝統レイキ」と呼んで区別する風潮が日本にはあります。


しかし、臼井先生を創始者とし、おおむね共通のシンボルとマントラを


使用するものは、一般に「臼井レイキ」とも呼ばれています。


時代の流れと共に多様化していて、別の手法と融合させたり、オリジナルで


作ったシンボルやマントラを使用するものなども生まれていて、


これらは「発展系レイキ」と呼ばれています。



【どんなもの?】

最近の科学によれば、全て波動(宇宙エネルギー)で出来ていると


いわれています。


地球上に存在する全てのもの(鉱物・植物・動物・水・空気・惑星)は宇宙も太陽も


その他すべての物質も私たち人間を含めわたしたちは波動(宇宙エネルギー)で


出来ています。


レイキ(霊気)もその波動(宇宙エネルギー)のひとつです。


レイキの目的とは宇宙は高次元の波動を送り続けています。


「宇宙の法則に沿った生き方」 をするために、レイキを活用し自分を浄化し


不調和な波動と響きあわないように成長し、自分の波動を高めることを


目的としています。



  臼井先生の五戒


「 今日だけは
  怒るな 心配すな 感謝して 業を励め 人に親切に 」


怒りや不安などは誰しも持っている潜在意識からくる感情であり、


この不調和な感情を手放すことが健康への大きな一歩といえます。


レイキはこの不調和のエネルギーを波動により自然に流れることを


目的としています。


AD

かっさ療法

かっさ板と呼ばれる道具(石)を使い経絡 (ツボの流れ)に


沿ってこする治療法です。



【どんなもの?】


刮痧(かっさ)=グアシャ療法は数千年の歴史をもつ中国の民間療法。


中医学における皮膚部位理論を基礎にした治療法で、 経絡、つぼを


刺激することにより、気血の流れを調整して、老廃物を排出し、


内臓各器官を活発にします。


それに神経を正常に戻し、ホルモンのバランスを調整します。


それに美容効果も大きいとされています。


中国ではかっさ(刮痧)療法は健康維持、養生と疾病を治療する二つの部分に


分かれます。



【期待される効果】


○病気の予防(健康維持)
皮膚は直接外界と接触し、気候の変化の影響を受けやすいため

常に身体を守るように働いています。

そのため、外邪が身体に侵入するとまず、身体の表面に悪寒、発熱などの
症状が出てきます。その時にグアシャを行うことにより、表面にある外邪が

奥に入るのを防ぎ大きな病気にかからないようにします。


○血液を活性化し、瘀血(おけつ)を解消します。
グアシャは筋肉の収縮や拡張を調整することによって、組織間の圧力を
緩和し血液の循環をよくします。


○臓腑の陰陽のバランスを調和してくれます。
例えば、胃腸の動きが異常に亢進する場合、もしくは低下している場合は
腹部や背中などにグアシャを行うことによって症状が緩和されます。


○筋肉痛や痙攣を緩和してくれます。
筋肉が緊張すると痛みが出やすくなります。痛みがあると筋肉が緊張します。
その部位にグアシャを行うことによって、局所の体温が高くなり筋緊張を

解消してくれます。


○解毒作用で免疫力を高めます。
グアシャによって、血管や神経にほどよい刺激を与え血管を拡張させ、
血液やリンパの流れを促し、新陳代謝がよくなり体の免疫力を増強してくれます。


○美容刮痧(かっさ)

美容かっさは顔のお血を解消で顔のくすみ、しみ、しわを改善し、リフトアップ、
小顔効果もあります。毛穴の引き締めで肌の若返りなど美肌効果が期待できます。



【適応症:】

○慢性疲労、自律神経不調、不眠症、血行不良、血液をきれいにするなど。

○神経痛、頭痛、腰痛、関節痛、半身麻痺、など。

○主に関節、筋肉の病変によるリュウマチ、手足のしびれ、痛み。

○頻尿、前列腺肥大、膀胱炎症状を繰り返す、尿漏れなど。

○リンパ浮腫、脂肪肝。

○アトピー皮膚病、花粉症など。

○免疫力を高める。

○美容(しわ、しみ改善など)、ダイエット。
  
 
【かっさに不適応とされる方】

●激痩せ、皮膚、筋肉が薄い方、赤ら顔の方
●ニキビなど皮膚に炎症を起こしている部位
●出血傾向にある方
●白血病の方
●骨折時
●手術後2ヶ月間
●生理中の下腹部

AD

遊戯療法

遊戯療法とは 遊びを主なコミュニケーション手段、および表現手段


として行われる心理療法をいう。



【はじまり】


バージニア・アクスライン(Virginia M.Axline)(1911-1988 )は、


児童心理学者。


アクスラインはロジャーズの非指示的療法を遊戯療法に取り入れました。


非指示的遊戯療法は子供をコントロールしたり、変えたりしようとはしない、


それは子供はいつ何時も完全な自己実現に向けて邁進しているという理論に


基づいています。


非指示的遊戯療法の目的は子供自身による自己認識と自己による方向付けです。


設備が整えられた遊戯室のなかで子供は自分の思うがままに遊んでも沈黙を


保ってもよいとし、そして、治療者は子供が言ったことを積極的に繰り返すこと


を基本としています。


<遊戯療法の8原則>


彼女の主張の特徴は、最小限の制限の中で、子どもの自由と意思を尊重する


治療過程にあります。


以下の8項目は、彼女が治療者の基本的態度の原則として提唱され現在でも


推奨されています。


1.ラポールの形成


2.あるがままの受容


3.許容的な雰囲気作り


4.情緒の的確な察知


5.子どもに自信と責任をもたせる


6.非指示的な態度


7.治療がゆっくり進むことを理解する


8.必要な制限は与える



【実際の遊戯療法】


・対象


幼児(3から4歳)から児童期(11から12歳)までが中心的な対象となります。


ただし、大人も遊びに従事することで、単なる言語化では気づき得ないことに


至ることができるとし、大人に対する遊戯療法も実施されることがある。



・時間


週1回50-60分で実施される。



・場所


適当な広さがあって、安全面に問題の少ない部屋が用いられます。


ボール遊びのことなどを考えて、蛍光灯にカバーがしてあることや多少の水遊び


をしても下の階に水漏れしないなどの配慮が必要です。



・利用される遊具


遊具は、クライエントが内面的世界を表現する目的と、楽しさを味わったり、


創造性を発揮する目的を持っています。


箱庭用具、描画用具、家族人形、動物人形、刀、鉄砲、パンチ人形、


野球盤、将棋、オセロ、ボール、乗り物、積み木などが用いられます。


子供と子供が遊び病気が治った例もある。 遊戯療法で用いられる主な手法は


患者の副交感神経をリラックス状態にしたりその状況での医師との会話などが


主な手法として使われています。





AD