HIROのホリスティックヘルス探究記

人を「本当の健康」に導きたい!大きすぎる人生目標がある。人は十人十色。みんなみんな違うのに「この方法なら大丈夫」なんてのがあるわけない。どうすればいい?まだまだ探究中。そんな私の探究記録です。



テーマ:

す~ごく久しぶりのブログです~。
笑いヨガを、とうとう始めようと決心したのでブログも久々に書く事にしました。

私が初めて「笑いヨガ」というものを知ったのは、2007年の年末、NHKで放送されたヨガの特番を見た時でした。菅野美穂さんがインドを訪れ、公園で数人の人が集まって、ただ笑っていました。インドではこんなヨガもあるんですね、と、紹介されていました。

たった数分のこの場面が、頭から離れませんでした。

すぐにネットで笑いヨガを検索しましたが、その時には何も出てきませんでした。

それから数年後、あまりテレビを見ない私ですが、ふと目にした番組で、笑いヨガが紹介されていました。もちろんすぐに検索しました。するとなんと、数年の間に日本でも笑いヨガが広まっているではありませんか! 私はすぐに「笑いヨガリーダー」の講習会に参加しました。

 

さて、笑いヨガ。

正直言って、バカらしいです。だっておかしくもないのに、笑うんです。面白い事もないのに笑うんです。しかも思いっきり。身振り手振りを交えて。

どうです?

 

こうして文で読むと、「なにそれ?」じゃあないですか?

ちょっと、やるには勇気がいりますよね!

でもね、終わった時には身体がぽかぽか熱くて、お腹も笑い転げた時のように痛いんです。

こんなに笑ったら顔がシワだらけでは、と、思っても、翌日はむしろ張りが出ていてびっくりでした

 

生きていると、色んな事がありますよね。

楽しい事より、悩んだり、恐れたり、苦しかったり、悲しかったりする事の方が多いかも知れまでんね。

なんで自分だけ・・・

そう思ったりしてませんか?

それは間違いです!! そう思う人はきっとみんなそう思ってます。

そう思う人は、小さなことでも「なんで、なんで」と思うのではないでしょうか?

物事には必ず長所と短所があります。悪いだけ、良いだけの事や物はないんです。あなたがどの方面からそれを見るか、だけの違いではないでしょうか?

どん底に陥った時、このまま死んでしまいたい、と思う人あれば、「堕ちるとこまで堕ちたら上がるしかない」と思う人もあるでしょう。

カタカナで言えば、ポジティブか、ネガティブか。プラス思考か、マイナス思考か。

 

何かに悩んでいるあなた、最近笑っていますか? 病気で気分が滅入っているあなた、笑う気になんてなれませんよね。

そりゃそうだよ、面白い事なんてないもん、と、思いますよね。

そんなあなたは、悩みが出来る前には思い切り笑えていましたか? 病気になる前には笑えていましたか?

作り笑いや愛想笑いではなく、お腹の底から笑っていましたか?

お顔にシワひとつなく、うらやましがられるあなた、笑いの表情を作るのは苦手ではないですか?

物忘れがひどくなりつつある方も、余り笑う事のない方ではなかったでしょうか?

笑いの効果については、今では多くの医師はじめ多方面の方から言われていますが、日本に初めて「ヨガ」をもたらした、私の心の師匠「中村天風師」が既に何十年も前から唱えていらっしゃいます。

今のように、笑うとこのホルモンがどうのとか、この細胞がどうのとかいう詳しいものではありませんが、そんなホルモンや細胞の名前を聞いたところで忘れるでしょうし、覚えていたって実際に笑わなきゃ何の効果ももたらさないですよね。

 

思い切り笑う=腹筋を使って笑う

これが重要なんです。腹筋の振動はお腹のみにとどまらず、背中から脳の反射にも影響を及ぼし、全身の神経系統にも作用します。

しかも笑いヨガは、大きく顔の表情筋や、手、肩も動かしますので、笑っているだけで全身運動にもなっています。

本当におかしくて笑っている時と、笑いヨガのように作り笑いで笑っている時の区別が、脳は出来ないんですね。だから笑いヨガで笑っている時にも、「気持ちいい、楽しい」という感覚を起こす快楽ホルモンと、ストレスを抑えるホルモンが分泌されます。

血行も良くなり、自己免疫力も向上します。

この血行促進は、とっても大きい事ですよね。体を治すものは血液の中に入っているのですから、その血液が身体の隅々まで行き渡るって、本当にすごい事です。

もちろん脳の血流も増加しますし、ただ笑うだけですから、お子さんからお年寄りまで誰にでも出来ます。

「ヨガ」と言っても、いわゆるヨガのポーズなんて1つもありません。

 

笑うと、考え方も変わってきます。

悪い方面からしか物事を見れなかった自分がウソのように思えるかもしれません。

まさに、「人生が変わる」と、私は思います。

 

身体を動かし、ポーズをとり、柔軟になりたい。それもヨガですし、可動域を増やしてけがや病気を予防する事や、自分の身体について知ることは大切ですが、それはうわべだけのヨガだと私は思ってます。

本当のヨガは、人生そのものです。

まさに「笑いヨガ」は、本物のヨガの入り口です。

さあ、泣きながらでもいい、悩みながらでもいい、大きく口をあけて作り笑いでいいから笑ってみようよ。

きっと、きっと何かが変わるから
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も残すところ2日となり、あわててブログを書いています。
何カ月振りだろう・・・。
最後のブログは闘病中の父の事だったかな。
10月31日に父は亡くなりました。

でも、命はいつか尽きますからね。
大事な物はちゃんと私の中に残っています。

1年前の私と今の私は違う自分のような気がします。
徐々に変化しているため大きく違うようには思いませんが、1年前は歯科医を自営として始めたばかりでした。ヨガはまだやっていませんでした。父は癌であることが分かる前でした。
今後の事に不安を抱えながらも向かっていかなくてはな、と思っていたような気がします。

それから1年。
なんとか1年、歯科医院の夜間診療を行ってきました。ヨガ教室も開始し、会員さんも徐々にですが増えてきつつあります。faceteateも少しずつ知られてきています。
誰かに雇われているのとは違う、自覚がついてきました。

でも・・・
一番大きな変化を私にもたらすきっかけとなったものは・・・
今年の1番の宝物。
しかも、これは今年から始まるだけで、今後もずっと私の基盤として私自身と私の人生を支えてくれると言いきれる、人生の宝物。
出会いました
それは・・・出会う事が出来た事に感謝してやまない
「中村天風」氏との出会いです。
ご本人は私が生まれる1年前に他界されています。出会ったのは著書です。

日本にヨガを伝えた一人者。
まさに、まさに、私が知りたかった事、求めていた事全てがこの7冊の本の中に書かれていました
ヨガ哲学そのものでは、ちょっと困難なものも、天風さんはちゃんと噛み砕けるようにして、天風哲学として伝えてくれています。

私がヨガと出会い、ヨガに深く入り込んだのも、ここに辿り着くためだったんだなと、自分の人生に感謝でした。

天風さんの教えは、決して手っ取り早い方法ではありません。
やはり基本は人生毎日が修行、という事です。
世の中には、もっと効率よく成果を上げる方法が沢山紹介されていたりしますが、私にはそういうものは向きません。
バカみたいだけど、コツコツと、地味に努力を積み重ねるのがどうも似合っています。
天風さんの教えにも、まだまだ出会ったというだけの、始めの一歩も踏み出せていないのが現状です。
これからこの先何年もかけて、この7冊の本を何度も何度も繰り返し、書かれている事が本を読まなくても当り前のように日常のあらゆる場面で出てくるようになるまでまずは読まなくてはいけません。
もちろん読むだけではなく、それを実践していくことが何より大事です。
何年かかるだろうな。
10年?もっと?
10年かかろうと、一生かかろうと、天風哲学に出会わず、1本筋を通すことが出来ないまま毎日を送る日々に比べたら、迷ったり悩んだりした時には必ずこの本の中に解決策がある、というものに出会い、地に根を張って日々を送ることができるという事は本当にありがたいと思えます。

この先どうなるだろうな、という不安は、今年は持っていません。
天風哲学があるから、この先どんどん良い方に変化していくだろうな、としか思えていません。

人生においても、仕事においても、全てにおいて、私に力を与えてくれるこの7冊の本。天風哲学。

私はこれからも進化していきます。

天風さん、ありがとう


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
気付けば2か月以上もブログを書いていませんでした。
久しぶりすぎてうまく文が書けるかどうか心配ですが、「歯医者なのになぜヨガなのか?」と聞かれることが多いのでそれについて書いてみたいと思います。
歯医者に限らず、お医者さんやその他のお仕事をなさっている方がやはりヨガを教える、という事は、そんなに珍しいことではないと思います。
恐らくその様な方もみんな、私と同じように、それぞれのお仕事とヨガ、というものを、別々のものとしては考えていないと思います。みなさん、ご自身のお仕事を通じて、いろんな方に接していらっしゃる中で、さらにもっと、自分にかかわる色々な方々を、もっともっと良くしてあげるためにはどうしたら良いだろうか?と、考えた末に、「ヨガ」という選択肢が出てきたのだと思います。
ご自身のお仕事の延長線上にヨガをとりいれている、という感覚だと思います。
だから、私にとってヨガ、そしてfaceteate(フェイスてあて)も、全て歯医者をやる上で、歯医者としての立場、診療室という場所だけでは救えないものを患者様はじめ多くの方々に提供をさせて頂いて、私にかかわってくださった皆様に、もっともっと良い生活、健康、大げさですが人生を送っていただきたいなと思いやっているにすぎません。ヨガもfaceteateも歯医者の延長ですし、歯医者だからこそそういうものに出逢いました。
出会うきっかけは、現代病の1つである「顎関節症」です。
現在の歯科大学での授業の事は分かりませんが、私が大学生だった頃には、この顎関節症というものについての病態等を勉強する授業はあったものの、それに対する処置やら対応の仕方については実習も無かったし、詳しく教わることがありませんでした。いくつかの方法がある、だけどどうも結果は思わしくない・・・。というような感じで。
でも、実際は臨床上では、顎が痛い、口が開きにくい、音がする・・・等の症状を訴える患者さんに沢山遭遇しました。しかも、東京で働いていた時の方が現在の埼玉の何倍も多くこのような訴えを主訴にいらっしゃる方にお目にかかりました。
そんな時、私は、咬合や顎関節についてとても詳しく教えてくださる先生に出会い、何年か掛けて、週末だけですが、その先生の元に講義を受けに通いました。咬合も、顎関節も、一般の西洋歯科医学とは異なり、体の構造やら使い方、その方の性格等も含めて、その先生は東洋医学も取り入れて、「口腔・歯科」というものを、よくありがちな「部分」として考えずに、身体全体とのかかわりの上に出来あがったかみ合わせであり、顎の状態なんだ、という考えを教えてくれました。
この先生との出会いは私が今の私になる、今の考えが出来る私になった、大事な宝物であることは間違いありません。
はっきり言ったら、このような考えは西洋歯学の中ではちょっと特殊でした。なので多くの先生方にとっては、すんなり受け入れられない事も多かったようです。当時は大分批判も浴びていらっしゃったのではないかと思いますが、最近では歯科でも東洋の考えを受け入れることが徐々に多くなってきているように思います。
ただ、残念ながら、受講費がとても高価で・・・数年は頑張りましたが、勤務医の私にとってはとても持続可能な講習費ではなく、数年で講習にいけなくなってしまいました。
しかし、その後、ヨガに出会い、そこからまた整体関係の方々と知り合い、身体の事、人間の事等、奥深い事まで興味を持ち始め、色々と勉強してきました。これはいまだにing形です。一生終わることのない探究になるはずです。
正直に、自分を飾らずに言いますが、私は顎関節について、そんなに詳しくはありません。とてつもなく素晴らしい先生を見ているので、口が裂けても「私は詳しいです」なんて言えません。
その先生はレントゲン写真を見ただけで、この患者さんは何歳頃に何があったとか、どんな性格だとか、骨しか写っていないのに、レントゲンを見て顔を書けたりだとか・・・とにかく凄いんです。(それだけものすごい努力をなさって来ているからです)
私はそこまで分かりません。でも、この先生に教えて頂いたことが少しはあるのでむし歯に関する以外の顎関節に関して、レントゲン写真からいくらかの情報を読みとることは出来ます。なので、レントゲンを見させて頂いて、こういう傾向にあると思うので、こんな事に注意した方が良いと思いますよ、というような事はアドバイスさせて頂いています。でもそれだけです。
それに引き換えこの先生は、もっと詳しく患者様にアンケートに答えて頂いたり、そのアンケートを元に生活上の注意事項を与えたりしていらっしゃいました。

ただ・・・その数がとても多くて・・・

アンケートだけでも何枚もあり、項目も何十項目とあり、大学病院ではない一般開業医ではなかなかお願いしにくいボリュームかもな、とも思いました。
しかも生活上の注意事項もいっぱいありました。
コレやめよう、あれ減らそう。そうすれば治るよ、というようなものが沢山。

患者さんはそれを見れば納得です。
悪習慣がいっぱい書いてあるので、当てはまるものがきっと誰しもあると思います。
その悪い習慣をやめれば治る!ごもっともです

が・・・なかなかそう出来ないのが人間なのではないかと。
数日、数週間は我慢できても、持続するにはなかなか・・・ね。

その悪習慣の多くのものは、姿勢に関するもの、日常生活に関するものです。
それをやめるには強い意志が必要です。

だから、私はそれに代わる方法として「ヨガ」を選択しているんです。だから「faceteate」も併用させて頂いているんです。
両方継続が必要です。
アンケート上の悪習慣をタダタダやめるように言われても、やはりそれも継続してやめなければならないのは同じです。
継続なしで、一発で治るなんてことはありません。
病院に行けば、なんでもすぐに治る、治してもらえる、と思ったら、それは間違いです。
何度も過去に記事に書いてきましたが、西洋医学が得意としているものは、「急性」の症状を治すことです。慢性化しているもの、つまり、長い経過をたどって今の症状が出ているものは、当然元の姿に近く治していくためには長く期間が掛ります。しかも自分の力が必要です。そこを忘れちゃいけません
それを、すぐに治したがるんですよね。
自ら招いた事なのに、自分ではあまり労力を使わずに、病院にいってすぐに治してもらいたいと思うんです。
違いますか
ね、古臭い考えかもしれないですが、その一番大事な事に気がつかないと、何も変わらないです。
変わるための第1歩がそこです。

ヨガで筋力をつけて、姿勢を正していきます。
足の指を広げない靴やら、足で踏ん張ることをしない生活をしていた方が、ヨガを続けるようになって、フラットな靴しか履けなくなったり、靴下さえ履きたくなくなったり、今まで締めつけていた足を解放したら靴のサイズが上がった方も(私もです)いらっしゃいます。
筋トレすればいいんじゃありません。ヨガは筋トレではありません。思いもしていなかった事が、自分の姿勢の維持にどんなに大事なのか、それを自分で知っていって頂くのが私のヨガの目的です。
私が歯科医としての立場で、ああしてください、こうしてください、と言ったところで、一体どれだけの人がそれを持続して守ってくださるでしょうか?
でも、こうして自ら少しずつ変化していく自分を知り、しかも、それの方が今までよりずっと快適に過ごせるのだと言う事を自分で気付いていくからこそ、もの好きに以前のもっと悪かった頃の自分には戻ろうとはしないのですよ。自らの意志がそこには働くのですよ。その意思が何より大事です
そして、11月からは瞑想も行なう「リラックスヨガクラス」を開始しますが、この瞑想がまた大事です。きっと最初は瞑想なんてどうやってやったら良いのか分からないと思います。これもまた継続が大事ですが、瞑想により、人は変わります。中身が。考え方が。
顎関節症の大きな原因の一つです。「考え方」。
ストレスを受けやすい方、顎関節症になりやすいです。
私も瞑想はプロではありません。正直に言います。ぺーぺーです。
だから一緒に私も学んでいきます。ぺーぺーですが、瞑想は人生を最も変えるものだ、ということが分かるところまでの知識と実感はあります。私も生涯継続です。
さらに、faceteate(フェイスてあて)です。
これは、一般的なマッサージや整体の料金よりもかなりお安く、半額くらいの料金で提供している施術です(詳しい説明は11月頃から「ホリスティックヘルスケアルームHIRO」のHPに載せる予定です)。お安くさせて頂いているのにはわけがあり、1つは診療室を使用するので、時によっては診療の音が聞こえるから、です。もう1つは、ヨガクラスと診療が無い時間に限りアポが取れるので、アポ時間に制限があると言うのが理由です。でも最大の理由は、繰り返しが必要だから、です。よそで受ける1回料金で2回受けて欲しいから、よその半額にしているのです。
今まで何十年も気付かずに酷使してきた顎、首、咀嚼筋、歯肉をたった1回で治そうなんて、ちょっと考えたら無理だと言う事、お分かりですよね?使って使って凝り固まり、痛みが蓄積し、それをほぐすには、何度も繰り返し施術を入れないと無理だと・・・思いませんか?
ヨガをやれば凝りはほぐれると、思いたい気持ちもあると思いますが、凝っている状態でヨガをやっても、やっぱり使いやすい部分だけ使ってしまうんです。凝りはほぐしながら、自らの精神力と筋力を整えていく、それが私の目的とする「ホリスティックヘルスケア(包括的な健康法)」です。
顎関節症は、色んな原因で起きてきます。
咬合、嗜好、スポーツ、過去の事故、ストレス、生い立ち、仕事、姿勢、性格、生活環境、服装などなど・・・。
東京(池袋)と埼玉(鶴瀬)は電車でたった30分。でもその30分の差で顎関節症を訴える人の数は雲泥の差があります。それも何となくうなずけるでしょ?
上記した原因、全て取り除くことは出来ないですよね。
じゃあ、自分を守るために、どうしましょうか?

そこを自ら考えるところからがスタートです


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。