中目黒整体レメディオが教える 大転子 骨盤 膝下O脚のなおし方

下半身太り、X脚、体のゆがみ、反り腰、骨格 骨盤矯正 東京都目黒区青葉台1-27-10 8F 03-5773-5977

大転子のゆがみの状態・特徴

大転子のゆがみは下半身太りを引き起こす原因の一つです。そこで、ここではこの大転子についてお話していきます。
まず、骨盤の横の出っ張りである大転子は、よく間違われますが骨盤ではありません。大転子は太ももの骨(大腿骨)の一部分の名称で、股関節を形成している部分の反対側に位置します。 この骨盤の横が出っ張る、大転子が横に張り出してしまう現象は、骨盤(仙腸関節)のゆがみに対して必ず連動して起こります。

大転子がゆがんでいるときは、骨盤(仙腸関節)はゆがみ外側にひらいています。これは仙腸関節を形成している仙骨の関節面の形状に起因し、その関節面の上を寛骨がスライドしたことによっておこります。骨盤がゆがみ広がったことで、重心バランスは外側にズレます。それを太ももの骨(大腿骨)が外側から支えるために大転子が外側に張り出します。この時、単純に外側にズレるのではなく、必ず、股関節を中心に大腿骨が内側にねじれながら外側に出ます。大転子が出ている方に膝や足首にねじれがあるのはそのためです。なおす >>

大転子ゆがみにより起こされる症状

大転子の出っ張りは、骨盤のゆがみ、股関節の捻れに密接に関係します。 大転子がゆがんだことで股関節や骨盤まわりの筋肉の代謝が下がり、骨盤まわりでは、骨盤のの外側にお肉がつき、骨盤が張ったような状態に、太ももの外側では、筋肉が硬くなり内側からふくらむように太くなります。
また、大転子にはお尻の筋肉が付着しているので、大転子がゆがんだことで引っ張られ、お尻全体が大きく垂れてしまいます。ひどい場合は、お尻がピーマンのような形になってしまいます。
このように、骨盤がゆがみ大転子が出たことで、これだけ多くのことが引き起こされ下半身を太くしていくのです。

下半身・太ももを細くしたい、骨盤・お尻まわりの張りを取りたい・小さくしたいとお考えの方は、運動などのトレーニングよりも先に、根本的な原因である大転子のゆがみを矯正されることをおススメします。
※大転子(骨盤の横)の出っ張りはなおります。5~10回程度の骨盤矯正で十分改善されます。
ビフォーアフター >>

いいね!した人  |  リブログ(1)

綺麗な体の作り 大転子 骨盤 膝下O脚のなおし方さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります