中目黒整体レメディオが教える 大転子 骨盤 膝下O脚のなおし方

下半身太り、X脚、体のゆがみ、反り腰、骨格 骨盤矯正 東京都目黒区青葉台1-27-10 8F 03-5773-5977

あひる座りの癖による、太もものゆがみの原因

あひる(ぺったんこ)座りは太ももに悪影響を及ぼしています。そこで今回は、あひる(ぺったんこ)座りと太ももの関係に焦点を当ててお話します。
あひる(ぺったんこ)座りをしつづけると、骨盤全体は後傾します。それにより、太ももが股関節を支点に内側にねじれます。
これは、骨盤がゆがんだことによる代償作用で、骨盤のゆがみと太もものねじれはセットで起こります。例えるなら、ファミレスで席に着いたらお水が出てくるくらい当たり前の出来事だと考えてください。ゆがみをなおす >>

あひる座りの癖による、ゆがみの特徴

この状態に、あひる(ぺったんこ)座りをしつづけたことによって太ももがさらに内側のねじれ、股関節には過度のストレスが加わりアンバランスをおこします。いわば、骨格レベルでの過度の内股状態です。股関節周辺の深部の筋肉では、この状態を無理やり安定させようと、股関節の前側の筋肉は硬くなります。この状態が下半身をより内巻き膝にさせてしまうのです。

表層の筋肉では、深部筋が関節を固めてしまっているのでうまく動かすことができず、筋肉を正常に使うことができないため、筋力の代謝量が落ちます。それにより太もも全体に脂肪がつきやすくなり、特に太ももの外側が膨らんだり膝の上にお肉がつきます。
あひる(ぺったんこ)座りは、体に対していいことは一つもありません。しないようにしてくださいね。

ビフォーアフター >>

下半身太り 太ももが太くなる原因 >>

骨盤矯正、O脚矯正
ホームページへは、こちらからどうぞ ↑↑↑
いいね!した人

綺麗な体の作り 大転子 骨盤 膝下O脚のなおし方さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります