中目黒整体レメディオが教える 大転子 骨盤 膝下O脚のなおし方

X脚矯正、体の歪み、骨格 骨盤 矯正 東京都目黒区青葉台1-27-10 8F 03-5773-5977

片足重心で立つ癖による大転子の出っ張りの原因:

ふと気が付くと、このように立っていることが多いのではないでしょうか。
この立ち方をすると骨盤をゆがませるのと同時に、骨盤の横のでっぱりである大転子が外側にゆがみ張り出してしまいます。
下半身は片側に体重がかかったことで、太ももやふくらはぎの外側の筋肉が緊張します。膝関節にも圧力がかかるため、膝が外側にゆがんでしまいます。O脚や膝下O脚の方は症状を悪化させ、X脚の方は膝を痛める原因になります。なおす >>

骨盤のゆがみの状態:

骨盤はのゆがみは左右が斜めに傾いた状態になります。それに伴い、骨盤の上がっている側(重心が乗っている方)の骨盤の横の出っ張りである大転子が外側に張り出すため、骨盤から太もものラインが大きくふくらみます。さたにこの部分に脂肪やむくみがつくため、片側だけ、お尻・太ももの外側を太くしてしまいます。
また、腰にも傾きが出来てしまいます。そのため、骨盤が上がっている側(重心が乗っている方)のウエストにたるみが生まれ、その隙間にも脂肪やむくみが入り込み、ウエストを太くさせてしまいます。
脚を組むのもそうですが、反対側も同じようにすればバランスが取れることは、骨格レベルではあり得ません。。反対側にも同様のゆがみを引き起こし、結果ゆがみが全体に広がって、どんどんゆがみが酷くなり、なおりにくくなります。まずはこういった立ち方をしないようにすることが大切です。

ビフォーアフター ≫

骨盤矯正、O脚矯正
いいね!した人  |  リブログ(0)