【岡崎・安城】猫背矯正コーチ~手の温もりで家族を笑顔に~

不調を感じていない、痛みはない、そんな方も健康診断のつもりで来ていただけるような整体サロンを目指しています。産後ママもお子さまと一緒に来て頂けるようキッズスペースもご用意しております。【豊田・岡崎・安城・西尾】


テーマ:
こんにちは! 
手の温もりで家族に笑顔を! 
猫背矯正コーチ 
森 泰子(もり やすこ)です音譜
 
 
今日からお盆休みを頂いております。
毎回恒例の義実家のある和歌山へ。
 
まぁ遠い!暑いし子どもは愚図るし
なかなかハードなドライブでしたが
なんとか家事から解放されて
ブログをゆっくり書けることだけが
私にとって義実家への帰省の醍醐味です。笑
 
さて、今日は
[子どもの夏休みの宿題を親が手伝う]
ことについて。
 
近頃、子どもの夏休みの宿題を
親が手伝うことについて
ネットではあれこれ賛否両論ありますね。
 
 
我が子はまだ2歳児。
小学生になるまでまだ4年あるので
他人事っちゃあ他人事ですが
これまで私はざっくりと
[反対派]でした。
 
 
この反対の理由は
[何を]手伝うかですね。
 
例えば、読書感想文
親が書いたり、はたまた代行依頼とか。
 
[何のために]その課題が出るのか。
読書習慣がなければ
読書をするきっかけ作り。
 
読書って、[何を感じたか]を自分の言葉にする。
自分の考えをまとめる力って
めちゃくちゃ大事だと思うんですね。
 
もちろん、大人になって仕事にも直結するチカラです。
 
でもそれって、訓練だと思うんですね。
 
実際、私はどちらかと言うと得意な人間です。
なんせ、ものすごい倍率の大学入試を
小論文一本で合格を勝ち取ったくらいですから。笑
 
でも、その力は17歳のその時に
突然発揮されたわけじゃないんです。
 
小学生時代には
友だちと交換日記したり
交換日記風に物語を作ったりしていました。
 
この創作物語が面白くて
ある友だちが言い出したんですけど
みんなで途中まで作っていくんですよ。
だから、自分はAとBがこうなるイメージで
書いていたのに...
 
自分のところに返ってきた物語は
全く違うストーリーになっていてビックリ!
みたいな。笑
 
でも、そうして他の人が
どんなことを感じるのか
どんな言葉を使うのか
 
とても勉強になりました。
 
あとは、中学時代は
担任の先生のこだわりで
[個人日誌]は毎日提出必須
[班ノート]は5人の班員との交換日記必須
 
たまたま担任が3年間同じだったこともあり
私は3年間毎日続けました。
 
先生が、丁寧に読んで下さって
クラスの問題なんかを
コピーしてクラス通信に載せて下さったりして
[篠田さん(旧姓)が良いこと書いてくれてます]
って紹介してくれるのが嬉しくて快感だったのを
今でも鮮明に覚えています。
 
この毎日の日誌
当時は文句を言う人も多かったと思います。
でも、今思うと
先生の方が大変だったと思います。
だって、クラス35人全員のノートを読んで
コメントを返して
8班くらいあった班ノート
(A5ノート1ページは必須)
も丁寧に読んでコメントをしっかり書いて...
 
私だったら面倒だし
自分が続けられなかったと思います。笑
 
でも、なぜ先生はそれをしてくれたのか。
それを考えると
感謝の気持ちしかありません。
 
 
 
...あ、逸れてしまった。笑
 
でね、文章って
[誰かに読んでもらう=人に伝わるように考えて書く]ってことと
[他人の文章を読む=書き方を学ぶ]ってことが
ものすごく大切で。
 
だから、読書感想文だったら
作者という他人の文章を読んで
学べることがたくさんあって
それを[誰か(この場合先生)に
伝わるように書く]ことを意識する。
 
そこに意味があると思うんですね。
 
でも、それってやっぱり
誰かに教えてもらったり
練習が必要だと思うんですね。
私の場合、親は全くノータッチの人間だったので
たまたま置かれた環境のおかげです。
(上記の友だちや先生の影響)
 
だから、読書感想文を
[親が代わりに書く]とかは全くの無駄で
[親が書き方を誘導してあげる]っていうのが
私の理想だと思っています。
 
「あなたはどう思う?」
「この登場人物はどんな気持ちかな?」
分かりにくいところは
「これってどういうこと?」
そんな風に、あくまで[誘導]してあげる。
 
我が子はまだ2歳8か月。
でも、もう随分いろんなこと理解しています。
本の内容はもちろん分かっています。
 
だから、時々、
[〇〇君は、どう思う?]とか
[〇〇(登場動物など)はどんな気持ちかな?]
って、声をかけてあげて
考える練習をさせてあげたい。
 
字が読めるようになったら
手紙を書いてあげたい。
 
字が書けるようになったら
時々手紙を交換したい。
 
そんな風に考えています。
 
 
親が夏休みの宿題を
[何のためにするのか]を考えることが大切じゃないかなって思います。
だって、親が[無駄なこと]って思ってたら、多分子どもも[無駄]って思うんじゃないかな。
 
次回は自由研究について書きたいと思っています。
 
ガーベラご案内中のメニューガーベラ
施術メニューと施術の流れのご案内♪
どんな施術なの?

ガーベラお問合せ・ご予約フォームガーベラ
ご予約・お問合せはコチラ

ガーベラサロン情報ガーベラ
猫背矯正コーチの整体サロン Relief(リリーフ)

岡崎市大和町牧内45 
(「イシ・パラディ」酵素風呂と同一店舗)
JR西岡崎駅より徒歩7分/駐車場あり/キッズスペースあり
平日10:00~17:00営業
(最終受付時間16:00)
 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

【安城・岡崎】猫背矯正コーチ~人の温もりで家族に笑顔を~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。