線維筋痛症 二

 

承前

 

これは、化学的な問題であので、カイロプラクティックのケアに加え、栄養アドバイス、運動療法、そしてストレス管理が考慮されるべきです。環境の変化、身体的、感情的外傷、不適切な食事のいづれもが、この症状を悪化させます。一つの神経系を重視した厳正なアジャストメント、食事の改善、そして毎日のリラックスした歩行は、この疾患の患者に有益です。

 

下垂足

 

a.患者が一年以上の下垂足で、装具装着にて改善が見られないケースでは、カイロプラクティックにて大きな結果は期待できません。しかしながら、内なる力を信じ、諦めてはなりません。

 

b.四肢の問題では、まず、神経炎を疑い、最初に脊椎、骨盤を調べます。L1L2は、同側のEXと同様に下垂足と関連します。これは、ASEXもしくはPIEXであり得るが、プッシュでアジャストメントするのがいいです。しかし、時に、特にASEXでは、腹臥位でアジャストメントするのが容易です。

 

胆嚢の問題

 

まず、最初に交感神経系から始めますが、特にT4からT11、中でもT8T9に注意を払います。胆嚢の問題は、C1の回旋を含む上位頚椎の問題からも生じます。

 

痛風

 

a.痛風は、食事が重要ですが、カイロプラクティックアジャストメントは患者の症状を改善し、回復を早めます。脊椎レベルT12からL2に注意を払います。

 

b.患者は、赤色肉、アルコール、乳製品、大豆、そして卵の摂取を避けるようにします。揚げ物ではなく、焼くかもしくは煮た、魚、鶏、七面鳥とともに、新鮮な食物(野菜、フルーツ)を食べるように勧めます。

AD

眼の問題 二

 

c.白内障:甲状腺の影響する下位頸椎、上位胸椎のサブラクセーション、副腎に影響する下位胸椎、上位腰椎のサブラクセーションによる長期にわたる化学的異常が、これを起こし得る。白内障の手術を受けた患者には、特に頚椎では、少なくとも6週間から8週間はアジャストメントするのを待つべきです。

 

d.斜視:大抵は上位頚椎の問題です。手術を受けた患者へのアジャストメントは、手術結果を悪化させることがあります。

 

発熱

 

a./これは身体が外敵や病気に晒された時、自身を治療させるための自然の仕組です。ほとんどすべての細菌やウイルスが、僅かな温度の範囲でのみ機能します。体温のたった2℃の上昇でも、外部細菌やウイルスの感染を破壊します。正常に機能する体内で何らかの感染が起きた場合、視床下部は脳を通して体温を上げますが、これは正常反応ですし、決して排除されるべきではありません。感染が治れば、神経機能が正常であれば、普通の体温に戻るものです。薬剤にて体温を下げようとするのは、全くこの正常機能に反することになります。患者には、十分に水を飲ませ、サブラクセーションがなければそっとしておきます。

 

b.T3からT7の脊椎レベル、カロリフィック・センター(発熱センター)と呼ばれ、体温を調節しています。体温を調節しています。サブラクセーションがこの場所に見つかれば、そのアジャストメントにより熱は下がります。

 

線維筋痛症

 

交感神経系のアジャストメントで始めるのがいいです。しかしながら、副交感神経系も大いに効果を有します。

AD

めまい 二

 

c.患者が激しいめまいで気絶しそうな場合は、まず、最初に上位頚椎を調べます。しかし、特に新患の場合では、精神的な不安を伴う低血糖を考慮するべきです。このタイプの患者は、血液不足の状態やアスピリンや血液抗凝固剤の投与中である可能性があり、患者に便の色や尿中の血液に注意するように忠告します。ガンステッドはよく、低血圧患者には肝機能に問題を起こすサブラクセーションを調べ、患者に対しナチュラルなグレープフルーツジュースを十分に飲ませるようにいいました。

 

てんかん

 

a.典型的には、副交感神経系の問題であり、後頭骨からC5、特にC1を、また、仙骨、特にS2S3を注意深く調べます。てんかん発作の間、再発するサブラクセーション、特にC1に圧を加えてみる(押さえてみる)と、てんかんが止まったり、軽快する事があります。

 

b.患者がカイロプラクティック治療にて改善を示すようであれば、てんかん薬の量を減らす事を考えなければなりません。これは、医師と協力してなされるべきであり、数か月でゆっくりと減らしてゆきます。もし、薬が急激に減らさなければ、薬剤誘発性の痙攣を起こしてしまう可能性があります。

 

c.てんかん患者は、ミネラルが欠乏している事が多く、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、そしてセレニウムなどのサプリメントが薦められます。

 

眼の問題

 

a.上位頚椎のサブラクセーションが最も考えられますが、後頭骨からC7のサブラクセーションは眼に大いに影響します。

 

b.緑内障:眼圧の高い患者は、頚椎のサブラクセーションを除去することにより改善し得るのです。下位頸椎も上位頚椎同様、重要です。

AD

消化器の問題 二

 

f.裂孔ヘルニア:機械性のものでなければ、中位胸椎をみます。

 

g.回盲弁の問題:副交感神経は弁をコントロールしますが、上位腰椎もまた弁に影響します。

 

h.大腸の問題:L1から仙骨、骨盤を見ます。

 

i.下痢:まず、副交感神経からアジャストメントをはじめます。

 

j.便秘:まず、L1からL3を中心とした交感神経からアジャストメントを始めますが、下位腰椎も便秘を改善します。

 

k.疝痛:上位頚椎とS2が効果的です。腸が停滞している場合、交感神経をアジャストメントします。

 

l.腸炎と憩室炎:便秘と下痢を繰り返す停滞した腸には、交感神経(T6からL3)のアジャストメントを行い、多量の粘液と下痢を伴う場合は、副交感神経をアジャストメントします。まず、交感神経で始め、反応を見てから副交感神経を行います。

 

m.痔核:大抵、L4からL5のサブラクセーションの除去により反応しますが、時に仙骨、骨盤のサブラクセーションにもよります。

 

めまい

 

a.カイロプラクティックの優れた適応で、多くの場合、上位頚椎のサブラクセーションが関与します。起こり得る頻度の順に並べると、まずは、C1、次にC2、そして後頭骨です。

 

これは、耳鳴りにおけるサブラクセーションの頻度と同様です。これらのタイプの問題は、頚椎におけるどこのサブラクセーションでも、更に下位胸椎、上位腰椎のサブラクセーションからでも生じます。

 

b.めまいを起こす他の原因としては、鼓膜の問題、耳殻の蓄積、副鼻腔の鬱積、目の疲れ、化学的バランスの問題、妊娠と水の溜まりすぎ、またはホルモンのバランスの異常、環境や食物に対するアレルギー、カフェイン等の過剰摂取などが挙げられます。顎関節のサブラクセーション、薬剤、または低血糖症も考慮する必要があります。抗生物質は患者のめまいを増悪する事があります。

糖尿病 二

 

b.晩年に発症する糖尿病は、遺伝的要因によるのかもしれません。その場合、カイロプラクティックではね大きな効果は見込めません。症状が、10代、20代、または30代に始まる場合、それは脊椎への外傷によるものである可能性があり、この場合はT6からT12を注意深く見るべきです。

 

c.回旋型のリスティングの場合、横突起コンタクトでアジャストメントした後、直ぐに反対側から棘突起コンタクトでアジャストメントをする事で、好結果が見込めます。

 

消化器の問題

 

a.食後直ぐの胃痛:交感神経の問題。中位胸椎がサブラクセーションし、消化液が欠乏しています。

 

b.食事に関係しない胃痛:副交感神経の問題。大抵は、副交感神経のサブラクセーションによる消化液の過剰によります。副交感神経サブラクセーションは、胃酸過多による潰瘍を形成します。

 

c.食後直ぐに警戒する胃痛:おそらく胃潰瘍で、上位頚椎のアジャストメントに最も反応します。

 

d.潰瘍:一般的に、まず、T5からT9に注意を払い、交感神経系のサブラクセーションを探すことから始めます。もし、交感神経をアジャストメントしても反応が得られないときは、副交感神経に切り替えます。春、秋に悪化します。調理した野菜はいいですが、フルーツは悪化させます。

 

e.乳児が食事をとった後に直ぐに胃内容を吐き出す場合、括約筋の低下を引き起こす副交感神経サブラクセーションによります。

 

f.裂孔ヘルニア:機械性のものではなければ、中位胸椎を見ます。

脊椎圧迫骨折 二

 

c.急性の圧迫骨折では、レントゲン写真によって通常、骨折セグメントの後方移動が見られます。そのセグメントの棘突起にコンタクトし、非常に軽い圧を加えますが、それにより、患者は痛みを感じ、カイロプラクターは柔らかい砂に触れる感覚を得ます。圧は、非常に軽く、ゆっくりとしたものであるべきで、患者が耐え得る程度のものです。

 

エンドフィール(最終の抵抗があるところ)を感じたならば、患者が後方から前方の圧に耐えうることを確認し、軽いストラスを行います。優しくセットし、ゆっくりとコンタクトを話します。次に、患者に腹臥位に寝かせ、5kgの重りを骨折部位におき、良好な状態を保持します。最低1時間はこの状態を保ちます。受傷後、15日から20日間は、この状態をできるだけとらせるようにし、この間に定期的にアジャストメントを行います。

 

d.圧迫骨折が椎体の上縁のみに見られる時は、骨折セグメントに加え、その1つ上のセグメントもアジャストメントが必要となります。

 

e.圧迫骨折が椎体の下縁のみに見られる時は、骨折セグメントに加え、その1つ下のセグメントもアジャストメントが必要です。

 

f.骨折後、何年も経つ古いものでは、骨折セグメントの1つの下のセグメントをアジャストメントをします。

 

クローン病

 

クローン病の患者は、特にT8からT10のレベルのサブラクセーションに対するアジャストメントによく反応します。

 

糖尿病

 

a.B.J.はよくこう言いました。「この世の病気は、too muchtoo little2つものしか存在しない。糖尿病もそうであるように、全ての病気は too muchtoo littleです。交感神経は内分泌腺の機能を亢進させ、副交感神経はその機能を抑制します。それ故に、糖尿病患者では、最初に上位頚椎をアジャストメントする事を避けなければなりません。何故なら、これは膵臓の機能を更に抑制するからです」。

脳性麻痺(CP)

 

a.軽症と重症の2つに分類されます。軽症の脳性麻痺では、厳正で的確なカイロプラクティックで多くの効果が期待できますが、重症では変化が見られますが、それは限られたものになります。多くの場合、脳性麻痺はタイプに関わらず分娩の後遺症であり、後頭骨、C1S2のレベルでサブラクセーションが見つかれば、大いに結果が期待できます。

 

b.脳性麻痺患者に対するサブラクセーション除去に対する顕著な変化は、よだれを垂らす現象が減る事があります。これは、両親によっても大きな恩恵で、通常、1、2回のアジャストメント後に見られます。脳性麻痺の軽症例や、ある重症例は、膀胱、直腸機能が回復します。

 

c.手を握り締めたり、足の痙性伸展が見られる脳性麻痺患者では、アジャストメントを施した後、手足のリラックスが見られ正常な姿勢になれば、良い兆候です(典型的に、副交感神経サブラクセーションが痙性を起こすことを思い出すこと)

 

慢性疲労症候群

 

a.本疾患の患者は、サブラクセーションの除去により大いに改善し、疼痛も軽減します。

 

b.その効果は、甲状腺機能の改善に関わるC6からT3のサブラクセーションの除去による場合が多いです。

 

脊椎圧迫骨折

 

a.ガンステッドは、「圧迫骨折を扱うのに最も適するのは、カイロプラクティックの術者である」と言いました。

 

b.受傷後1週間以内のものは、最もよい結果が得られます。骨折が例え骨粗鬆症のようなものであっても、医師によって行われる固定、安静よりずっと優れた結果が得られます。

c.滑液胞の化学的な問題は、また食事とも関連しています。一般的に言えば、数週間は肉、白砂糖を絶たせ、もし高尿酸であれば、痛風として対処します。

 

腫瘍()

 

a.癌を撃退する方法は見つからないでしょう。癌の予防は、人間の内なる部分から来るものなので、良好な機能を有し、サブラクセーションのない神経系、規則的な運動、休養、そして適切で健康的な食事に由来します。しかしながら、これらの条件が整っても、癌は成長し得る。1つには遺伝的な問題が考えられます。5%以下の癌が遺伝的要因によるものであることは考慮に値します。過去の家族歴に基づく個人の生活習慣や思考癖は、何よりも重要な要素です。

 

b.癌患者に対するカイロプラクティックの主な効果は、疼痛を和らげることです。明らかに、脊椎、骨の癌では、アジャストメントは難しいです。しかし、患者がアジャストメントを受け容れれば、多少の疼痛軽減でも、患者には非常に大きな恩恵です。

 

c.スコープする際や軽い触診の際に、患者が異常に痛みを訴える場合は、癌を疑います。また、両側性の疼痛、例えば、両側性坐骨神経痛を有する場合も癌を疑います。患者が良質のアジャストメント、サブラクセーションの除去に対し、3回から5回の来院において反応しない場合、これも重要疾患、癌などを疑います。問診、検査の際に、家族歴、年齢、疼痛の場所、種類を考慮します(癌患者では、しばしば進行に従い灰色の皮膚色をみます)

ベル麻痺(顔面神経麻痺) 二

 

c.最後に症状が回復し始めれば、患者をそっとしておいてください。十分な時間を患者に与え、時間の間隔を空けてアジャストメントします。

 

膀胱感染

 

a.サブラクセーションがT12から骨盤のレベルで見つかれば、通常回復が見込めます。

 

b.サブラクセーションが仙骨、骨盤のレベルで見出され、よい矯正がなされれば、アジャストメントに引き続きしばしば症状が悪化するという事を患者に説明しなければなりません。恥骨上部の痛みの増加、発熱、発汗、そして目のかすみが見られる筈です。これらの症状は通常24時間か以内になくなり、患者は著しく回復します。

 

c.T4-T6は発熱レベル(カイロプラクティック用語で、発熱症状と関与が高いと考えられるレベル)であり、膀胱障害のときもこの部位のサブラクセーションを注意深く探します。

 

d.無糖のクランベリージュースは、バクテリアが膀胱壁につくのを防ぎ、膀胱をきれいにします。患者は少なくとも3日間は毎日250mlを、食前1時間か食後2時間の空腹の状態で、無糖のクランベリージュースを飲むべきです。

 

e.慢性の膀胱感染のある患者は、頻繁に排尿をします。このように患者には、なるべく膀胱が尿で一杯になるように努めさせます。

 

肩滑液胞炎

 

a.よく見られるサブラクセーションは、C5からT11、そして骨盤です。仙腸関節のサブラクセーションは、身体の化学状態を変化させ、肩の痛みをしばしば起こします。

 

b.滑液胞は潤滑用パッドであり、その潤滑性を減じる神経障害を被り易いです。不自然な姿勢で寝たりすると、滑液胞から液体が出てしまい、その潤滑の役割を不可能にします。

喘息 二

 

承前

 

d.典型的に、中高年期に発生した喘息症状は交感神経のアプローチによく反応します。

 

e.明らかに、喫煙、他の汚染物、更には匂いの強い香水などなどを避けなければなりません。というのは、これらは、どれも喘息発作を誘発します。

 

f.患者は、乳製品、カフェイン、チョコレートを避け、定期的に乳酸菌をとるべきです。喘息患者は、全ての年齢において通常消化器系、排泄に問題があります。腸が良好であればあるほど、喘息症状はよくなります。消化器系として、下位胸椎、上位腰椎を注意深くチェックします。

 

膝ベーカー嚢胞

 

a.患者をハイローテーブルかベルビックベンチに腹臥位に寝かせ、患者側に立ち、上方の手を用いたその母指球を直接ベーカー嚢胞にあてます。下方手は、患者の足を持ち、膝を屈曲させ、圧が膝の嚢胞に加わるようにします。優しく屈曲、伸展のこの動作を、およそ8回から10回行います。

 

b.肘でも同様です。または、テープを巻き、日常の肘の運動し自然の液体が吸収されるようにすることもできます。この場合、環境障害を避けるために肘の全周にまかないようにします。

 

ベル麻痺(顔面神経麻痺)

 

a.しばしば、上位頚椎サブラクセーションから生じます。症状が明らかにになってから早ければ早い程、患者を助けられるチャンスが増します。

 

b.典型的に、患者の顔に一方が垂れ下り、上下の眼瞼が口角とともに下がります。患者の目の下眼瞼が容易に閉じるようであれば、効果的に症状を治せる可能性があります。口角下垂は回復に時間を要するが、目の症状が回復すれば、最終的に口も反応します。